2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.03.18 (Tue)

乳がん記録10:入院日誌④病理検査結果

4月まで何もないので
今は病気について調べるのを休んで
エクササイズやったり縫い物やったりサッカーをせっせと見たりしております。
おだやかな日々。

なところで、
今回はちょっと重いお話し。

【More・・・】

14.02.25

術後8日目

今日も限界にひまひま。
本読んで運動してシャワー浴びて
看護師さんとリハビリ&リンパマッサージして。

リハビリゴール

暗くて分かんないかな。
壁に貼ったリハビリの目安。
ぎりっぎり横向きでの測定値がゴールに到達。(前向きより横の方が上がる)

16:00くらいから、
先生の話をダンナと一緒に聞く予定になっている。
仕事を早退したダンナが30分ほど遅れて来て、
先生の準備ができたのは、さらに30分ほど経ってからだった。

ナースステーションにあるパソコンを前に
先生の話を聞く。

センチネルリンパ節生検の結果、
最初に調べたリンパ節に転移があったので
その先のリンパ節も6つ郭清したそうだ。
取ったリンパ節には転移は無かった。
7つ取って、あったのは最初の1つだけ。

病理検査の結果、大きさは10㎜と小さいながら
「顔つき」と呼ばれる悪性度が高く、
グレード1~3のうちの3なのだと。
変形の具合と、細胞分裂の度合いが大きいらしい。

小さいけれどタチの悪い奴ってことだ。
なんだよ、私みたいなやつだな。

ホルモンレセプターがあるかどうかは、
現時点では分からず、さらに検査が必要らしい。
それも後日、外来に来てやるのだと。
えー!
それは一緒に分かると思ったのに!!

乳房温存しているので、放射線治療が必要なこと。
先生としては化学療法もやったほうがいいという見解だった。
一般的な治療の組み合わせは
ACかECを3ヶ月、タキサンを3ヶ月、
私の体に適応があれば、さらに分子標的療法のハーセプチンをやる。

なんかこう。
自分が思っていた以上に重たい結果だった。
早期に見つかってこれかよ、という思いと
早く手術できて良かったな、という思いがぐるぐる。

「放射線と、化学療法と、どちらからやりますか?」

えっ。
選べるの?
というか、私の頭の中では、
放射線→化学療法という順番が一般的なのかと思っていたので、
いきなり「選んでいい」と言われても。

つかそれってどっちを先にやった方がいいんだ?
悪性度が高いのなら、薬を先にした方がいいの?
でも郭清したし、郭清したリンパには転移が認められなかったんだよね?
私は乳がんのシロートなんだから、
先生が良いと思う方にしてくれていいんだけど。
でもいきなり、次から抗がん剤ですよってのは心の準備ができてない。

ダンナが、抗がん剤の副作用について聞いてる。
脱毛は、避けられないらしい。
「でも治療が終われば、髪は必ず生えてきます」
身体の不調は、個人差がある。
仕事を続けながら治療している人もたくさんいると。

次の外来は13日。
検査の予定はありません、と言われる。
てことはホルモンレセプターの検査もやらないんだ?
何するんだ。傷を見るだけ?
あと治療方針を確定するってことか。

先生が書いてくれた面談表と、
病理検査の結果をプリントしたものをもらう。
今は頭がいっぱいで、何を聞いたらいいのかすぐに思い浮かばない。
「それじゃ退院は、明日でいいでしょう」
わ、そんなに早く出ていいのか!!
てっきりもう1日はここにいなきゃいけないと思っていたので、
これは嬉しかった。
午前中に退院して良いって。昼からはもう自由だぞー。

とりあえず、先生とはここで話を終えた。

部屋に戻って、ラウンジへ移動する。
ダンナと二人で途方にくれる。
なんか、思っていることのうち、
悪い方へ傾いてばかりのような気がして凹んでくる。

悪性度が高いってのは予後に影響するのだ。
リンパも取られちゃったし。
化学療法もやらなきゃならない。
どこかでホルモン治療だけですませられないかと思っていたので
その検査が終わっていないこと&化学療法決定のダブルパンチだ。

なにか一つでも、軽い方の結果があれば頑張りもできるのに。

そう思ったら、じわじわと涙が出てきた。
頑張れるのかな。
ダンナが手を握って、やっぱりじっと泣いていた。
「でも早く手術して良かったんだよ。
リンパだって、転移してたんだから取った方がいいんだよ。
薬も大変だけど、頑張れば大丈夫」

ボーっとしてる間にゴハンの時間になったので
とりあえず部屋に戻ってボソボソ食べる。
先生に言われた化学療法の詳細を知りたくなったので、
8階の図書室に行き、
以前もらって帰ったブックレットを部屋に持ち帰って読んだ。

読むうちに、ホルモン治療オンリーのパターンは、
限られた条件に合う人だけのものらしいことがわかる。
化学療法とホルモン治療の両方を受ける方が、通常多いようだ。
そうなのか。
少し、ババ引いた感が薄まった。
順番的にも、抗がん剤を最初の1年くらいやってから、
つづく数年(身体が合えば)ホルモン治療をやっていく流れのようだ。

もう時間が遅いので、ダンナには帰ってもらった。
これからゴハン食べなきゃだし。

看護師さんがやってきたので
さっき先生から聞いた話のなかで分からないことなどを聞いた。
私の場合、化学療法だけというわけではなくて、
まだホルモン受容性の検査が終わっていないので
治療に入るかどうかが今は言えないだけなのだと。
そんでその検査は、術後1ヶ月くらいしないとできないのだと。

そうなのか。
じゃあまだ化学療法だけしかできないようなタイプと
決まってるわけじゃないんだな。
ここでまた、ぐっと安堵する。

先生と話ができる時間は限られていて、
その時に働く頭の回転にも限界がある。
でもこうやって少し落ち着いてから、
担当の看護師さんとちゃんと病状のことで話をして、
疑問に対して補足して説明してもらえることが本当にありがたかった。

おかげで、さっきまで凹んでいたいくつかの要素が
そうまで悲観することもないところまで浮上して
ようやく落ち着くことができた。

そのほかにも、看護師さんから
これから髪が抜けるようなことがあるので、
先に髪を短くしておくほうがいいとか、
風邪をひきやすくなるので気をつけることとか、
分子標的療法のハーセプチンは、他の抗がん剤と違って
悪い細胞に対してのみ働くものなので
身体に合うとイイですね、とか。
いろいろアドバイスをもらった。

うるさくならない程度に、明日の退院の為に片づけ始める。
消灯時間になり横になると、いろいろ考えてしまうので
RYUMEIさんの音楽を眠くなるまで聴いていた。


つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

23:21  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

そっか、そうだったのか。。。

大変なのは、きっとこれからなんだろうね。
月子 |  2014.03.19(水) 16:18 | URL |  【編集】

のもんさん

リューメイさんの歌声は癒しの一番でしょうね。
とりあえず落ち着いたガン細胞を再発させないために
最善の治療を進めてくださいね。

今は医療も治療法もずいぶんと進んでいるので 頼もしく感じます。
姉の時は抗がん剤の治療に付き合ったので 大変さは分かりますが
あの頃よりもずっとずっといい薬が開発されていることを祈ります。

民間治療で ひとそれぞれに合い方が違うので何とも言えないけど
あの頃はエスタプロント、アガリクス、丸山ワクチン、気功などを
姉は続けました。
毛は抜けなかったし(抗がん剤の種類によっても違うけど) 
本人の持つ気力ってすごい力だと思います。
姉の身体の中にある病気の種類を上げたら 未だにすごい数です。

リューメイさんの歌に聞き入っていた のもんさんの優しい顔を
ずっと思い出してるよ。
大変な治療が始まるけど 毎日 応援しています。 
生きる力は 闘う力 のもんさんのキックに期待しています。

来生さんにもメールありがとう。
コンサート会場でみんなで楽しい話が出来るかもしれないね。
それって来生さん次第かも~ う○ち話とか お○そ話はやめて
夢をくださ~~~~い!!!って わたしも手紙書くね。
空 |  2014.03.20(木) 17:28 | URL |  【編集】

月子さん

いやーホント、大変なのはこれからですよ。
まだ何とも分からないんだけどねー。
とはいえ、手術後も思いのほか復活が早かったので
なんとか頑張ります。

空さん

医療って日進月歩ですからねー。
調べる時も、発表された日時とかチェックしてます。

民間療法まではまだ調べてないんですよ。
アガリクスとか丸山ワクチンとかよく聞きますけど
どんなもんだか分かってないです。
とりあえず私の自前の療法はキックですね。はは。

来生さんのライブが、気持ちのいいものになってもらわないと困るんですよ。
これだって、私にとっては治療の一環なんだしー。
空さんも手紙書いてっ。
のもん |  2014.03.25(火) 23:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2385-675d3a19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |