2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.04.06 (Sun)

乳がん記録13:放射線、あとにしました

4月に入って、放射線の治療のために外来に行ってきました。
手術して退院してから、1ヶ月が経っています。

治療の日々は、頭の中も気持ちも二転三転。
自分で調べて情報を得ることが、
ものすごく大事なのだと実感します。
時間が経つことで解決していくものもあります。

とりあえず、次の段階に進みますよ。

【More・・・】

14.04.02

放射線外来に行く。
若い女医さんとまずはお話し。
今までの経緯などをカルテを見ながらざっと確認する。

以前はまだ出ていなかったホルモン感受性の検査結果が出ていたようだ。

私の癌のタイプは
HER2が陰性で、ホルモン感受性も陰性だった。

「それはつまりトリプルネガティブってやつですか」
「そうですねー」

がーん。

キッツイなあーーー。

今回、最初に放射線にしたのは、
今まで調べていた段階で、
自分の中では放射線→化学療法がスタンダードなのかと思っていたためと
それも踏まえて、
どうせなら負荷の軽いものから順を追ってやりたい、という要望があったためで
いずれにしても、自分の気持ちの問題からなのだった。
だって外科のS先生が「どっちからやる?」って聞くんだもん。

「こっちのほうがいい、って言ってくれたらそうしたんですけど」
と言うと、
放射線の先生は、
まだその時点ではホルモン感受性の結果が出ていなかったからという前置きをして、
「私でしたら、まず抗がん剤から始めることを勧めますよ」
とはっきりと言ってくれた。

放射線治療はあくまでも局所治療なのだ。
温存した乳房に取りこぼししている癌を、
焼き殺すのが目的。
化学療法は、体全体に散らばったかもしれない微細な癌細胞を
良いのも悪いのも含めて叩きのめすのが目的。

それは分かっているが、
じゃあどっちを先に潰した方が良いのか、は
私にはよく分からなかった。

私の場合はグレード3と、増殖する力が強いので
まずは全身療法をやって、それから放射線でも問題は無いのだと。
(同時にやるのは、副作用が過剰に出るためやらないらしい)

そーなんだよね。
私も、グレードが高いのでそこが気になってたのだ。
薬が効きやすいのだから、
そっちが優先の方がいいんじゃないかと。
で、
前回の外来からさらに2週間を過ぎて
今や体調はほぼマックスに回復している。
放射線をやって、少しダウンしたところからスタートするよりも
今の身体で始めた方が、もっと踏ん張りが効くのではないか。

そして。
トリプルネガティブという、化学療法だけしかやれないタイプ。

でも逆に考えれば、
ハーセプチンもホルモン療法も、
そういう癌タイプではないのだから、
やっても意味がないのだ。

化学療法をやったら、後はやれることがない。
治療はそこで終わり。
医療費だってそれ以上はかからない。
経過観察の期間に変わりはないし、再発のリスクもあるっちゃあるが、
でもこの1年ほどを頑張りきれば、終わるのだ。

普通の癌と同じと考えればいいんだよね。
たまたま乳がんには、癌のタイプによって選べるオプションがあるだけ。

「じゃあ、S先生には私からそのように伝えておきますね。
次回の外来ではその前提で話を進めましょう」
気持ちは決まった。
次は抗がん剤から行くぞー。

ついでに、
放射線の治療の上で気になることをいくつか確認した。

時間帯は、午前と午後に30分刻みでいくつか用意されているとのこと。
基本的には決まった時間帯だが、
都合に合わせて移動することは可能だそう。
それなら仕事の前後にちゃんと通えそうだ。

あと、身体につけるマーキングは、消えやすいのかどうか。
私は治療中も、できるなら運動するつもりなので
汗で落ちてしまうようだと困るなと。
「ココだけの話ですが、マッキーなんです
正規品は1本1000円とかするらしくて買えないんですって。
「本当に消えたら困るところは、カバーをします。
他のところは、消えたり薄くなっても書きなおすから大丈夫ですよ」
良かった。油性ペンなら気兼ねしなくて済む。

「半年で終わる人はそんなにいないので、
途中休みを入れたりして9ヶ月くらいかな。
またその時に、検査はしますね」

先生との面会を終え、会計を済ませる。
本日は話しただけなので220円。

ふと、
もしかして他の乳がんの人よりも、
トリプルネガティブの場合は、
一歩死に近づいたのかなと思ったら
さすがに気持ちが落ち込んできた。
家に帰って調べることが山積みだ!

まず手元にある乳がん関連の本をざっと確認する。
今まで頭に入っているようで入っていなかった文章を
さらに整理して読みなおす。

化学療法をやるだけで、
転移・再発のリスクが下がるのだと分かる。

ハーセプチンやホルモン治療は、
リスクを低減させる効果を積み上げるわけではないのだな。
あくまでも、癌タイプに応じた療法なのだ。
ちょっと安心した。

トリプルネガティブの場合、
再発・転移は最初の2、3年に起こる可能性が一番高いようだ。
(他のタイプの場合、リスクは低めだが、
かなりの時間が経ってから再発・転移するようなものもある)

だいたいな、トリプルネガティブなどという名前が良くない。
「もうオマエにはやれることがないんじゃ!」
と言われてるみたい。
単に3つの要因(HER2と、ホルモンは2種類)が、陰性だというだけなのだ。

少し落ち着いたところで、14:00ごろジムに行く。
講習会受講後、最初に身体の体脂肪とか構成を詳しく調べてくれるのだ。
結果、お腹周りに非常に残念なデータが(涙)
去年ガンガン動いてた時に調べておけばよかった。
筋肉量は標準にちょっとさしかかっており、骨の量も問題なし。
水分が少ないのと脂肪が多いので改善しましょうと。
腕の筋肉量は、左より右の方が多かったのは、
術後の運動の差なんだろうね。

その後、1時間半ほど汗を流して帰宅。

急に治療方法をチェンジしたので
短い期間に調べねばいけないことがいろいろ。
ウィッグの問題、部分ウィッグと帽子の問題、
副作用軽減のために保冷剤を持って行くための対策、
ああ眉毛の書き方もちゃんと学ばなければ・・・。

アイスグローブを自作していた人のブログを見つけて驚く。
そうか、100均の保冷バッグとか使って自分で作ればいいのか。

注)アイスグローブというのは、
手の爪を守るために冷やして薬の影響を少なくするための道具。
使っている病院もあるが、ないこともある。

来週、S先生の外来に行くまでにやることがたくさん!
時間がいくらあっても足りないよ。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

11:40  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2014.04.07(月) 20:08 |  |  【編集】

のもんさん、私もガーン。
増殖する力が強い癌って、そういうこともわかるんですね。
知るってことは、つらいかも。
でも、立ち向かう知識や心の強さを持つこともできるから、
知った方がいいんだろうね。

母は胃癌だったけど、最期まで知らないままでした。
だって「癌だったら言ってね、すぐ飛び降りるから」なんて言うんだもの、
言えませんでした。
抗癌剤による吐き気で、半年間位ほとんど食事ができませんでした。
髪が抜けたのは「栄養不足」のせいということにしました。
でも、やがて髪も生えてきて、再発はしませんでした。

前向きに立ち向かうのもんさんを応援します。
月子 |  2014.04.07(月) 20:31 | URL |  【編集】

鍵コメKさん

今回も、貴重な話をありがとうございます。
私の判断にお墨付きを頂いて、ほっと安心しました。

乳がんの治療は、
急いだ方が良いのか、
焦らずじっくり考えてから判断すればいいのか、
焦らないにしてもどの程度まで許されるのか、
けっこう悩ましいところです。
でもここまでのところ、かけた時間の分だけ、
自分が納得できる道を進んできていると思います。

最初にどんな治療をするかが大きく意味をもつ病気なだけに、
焦ることや途中で考えを切り上げることにならないように
気をつけているつもりです。

どんな癌タイプにも、不利な点・有利な点あると思います。
でも自分には自分の癌だけ。
他のタイプの治療方に惑わされずに、
自分にとって最適になるような選択をしていきたいですね。

気の持ちよう、というと大雑把ですけど、
でも言葉の一面をどう捉えるかは自分の問題ですよね。
癌の元気が良いなら、捕まえて叩きやすい。
シンプルであるなら、迷いが少ない。
山は高くても超えたらデカイ。
信じるのみですね。

Kさんの言葉、とてもとても励みになります。
忙しいとは思いますが、
また折を見て、コメントいただけたら嬉しいです。
ありがとうございました。

明日、主治医と話をしてきます!

月子さん

もうねー、一口に乳がんと言ってもいろいろな要素があります。
知るのは辛いけど、
分からない相手に無意味におびえるよりも、
相手を認識して闘う方が気持ち的には楽です。
難しい内容も、自分に関係のあるところが絞られてくると、
膨大な情報の中から、必要なものを見つけて行けます。

それに、
同じように闘って乗り越えてきてる人がたくさんいるんですよね。
だから私に出来ないわけがない。

とはいっても、やっぱ心臓に悪い情報も目に入ってしまうけどね。
なるべくポジティブになるデータを取りこんで血肉にして、
パワーを蓄えていきますよ。


コメントしずらい内容ですけど、
もうひと踏ん張りの為に、
コメントや拍手をくれると嬉しいです。
もーくっだらないところで反応してくれて、ぜーんぜんかまわないっす。 
よろしくっ!
のもん |  2014.04.09(水) 22:38 | URL |  【編集】

>分からない相手に無意味におびえるよりも、
>相手を認識して闘う方が気持ち的には楽です。

私もきっとそうすると思う。

>同じように闘って乗り越えてきてる人がたくさんいるんですよね。
>だから私に出来ないわけがない。

その通り!
のもんさんならダイジョウブ。

小田さんに「ダイジョウブ」という曲があって、
妹次女も私も大好きで、二人ともコンサートでは必泣曲です。
歌詞の〆言葉
♪忘れないで君のその笑顔は いつだってみんなを幸せにしている♪

この言葉をのもんさんに捧げたい。
月子 |  2014.04.12(土) 11:39 | URL |  【編集】

月子さん

自覚がないことが、大きいのかなと思います。
痛いとか苦しいとか眠れないとか。
手術を終わって、私の中にまだ癌細胞はあるのかないのか?
分からないけどやることきっちりやらないとね。

あと、誰でもかかっている病気だから
調べればこれから起こることも分かる。
治療の終わりが見えるから、
そこまで頑張ろうって思える。

これが、先が見えない、何が起こるか分からない、
他に同じようなことで悩んでいる人がいない、
な状況だったら、もっともっと怖いし焦ると思う。

とりあえず、目下の問題に対して具体的にやることがたくさんあるのは、
いいことだと思って取り組んでいます!
のもん |  2014.04.13(日) 20:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2390-9b77031c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |