2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.05.09 (Fri)

乳がん記録22:抗がん剤EC療法2回目

さて、昨日2回目のEC療法をやってまいりました。
今は2日目の午後。
前回よりも、ラクに過ごしています。
胃もたれもだるさも、それほどありません。
まあ前回の経験では、3日目の方がしんどかったので油断は禁物。

なこといいつつ、
次のバッグの布を裁断したりしています。

ではでは2回目の治療のお話しなど。

【More・・・】

脱毛しているくらいで、ほかに何の不自由もないまま
2回目の抗がん剤治療に行って来ました。

今日は治療なのでウィッグはやめて
すっぽりかぶれるオーガニックのワッチキャップで行った。
昼食用のパンを買って、ダンナに病院まで送ってもらう。
保冷剤をがっつり入れたバッグは前回よりも重い。
最初に血液検査と尿検査の受付。

看護師さんに、
「前回点滴の際に刺すところを探すのに苦労して4回も刺されちゃいました!」
な話をしたら、
「うーん、どうしよう、
点滴で使うところにいい場所残した方が良いよね」
と腕を動かしたり叩いたりして迷いまくっているので
「もう、一番いいとこ取ってイイですよ」
と言ったのに、
やはり、針を途中まで入れたら血が出てこない、と慌てられ
結局他の看護師さんにチェンジして、2回目で取ることができた。おいおい。
4本分を取って検査に回す。

「次は外科ですね」と言われ、診察室の前で待っていた。
今日はジョナベルセレクト本の中から1冊。
宮内さんの『ワイルド・ソウル』でした。
上下巻の骨太なヤツから始まりましたよ。

で、ずーっと読んで待ってたんだが、
どうも呼ばれるのが遅すぎる気がするので、
外科の受付に言ったら、
「まだ今日はここで受付してないですよね」などと言われてしまい
「次は外科って言うからさっきから1時間以上待ってるんですよ。
何とかしてくださいよ」
と散々ゴネて、とりあえず順番すっとばして入れてもらった。
それでも1時間40分くらいかかってしまった。んもー。
今日はセンセの話の後に2時間のメインがあるんだよっ。

「具合はどうでしたか」
「バッチリでしたよ!10日もしたら元通りでした。
吐き気もワーっとくるようなのはなくて。
胃がジミにもたれるくらいでした」
「それは良かったね。
今日の血液検査の値も、白血球は3300で低いけれど出来ない量ではないです。
血小板の数とかも問題なし」
で印刷した紙をくれました。

やっぱ白血球って減るんだなあ。
自覚がないだけにタチが悪い。
前回の数値は分からないのだけど、
入院前にやった人間ドック(2月)の段階では5800あったのだ。
にんにくサプリ飲むくらいしかやってない、
というか他に何をしたらいいのか分かんないんだけど。
どうにもならない時はドーピング(白血球を増やす注射)をやればいいのだが
それやると治療の日が延びちゃうしなあ。
なんか自助努力で簡単かつ安価でできることはないのだろうか。

胃がもたれている時は、
前に処方されたムコスタという胃薬を飲んでも良いとのこと。
あと、血液検査の際は、手術をした左側の手でも取っていいとの了承を得た。
でないと点滴でまた苦労するんだもん。
あと、気になっていたのは
「元気になったら、元気にしてていいんですよね?」
「ああ、いいですよ」
あー良かった。これで普段通りの生活ができる。

一通り疑問点などを話してすっきりしたところで
今日の治療にGOサイン。
次回は5月29日です。
また月末などという、仕事がヒサンな日から1週間休むの。
今回も、GWあけて次の日という、
仕事がヒサンな日から休んでるの。だってしょうがないの。ふふ。

続いて化学療法室へ、
向かう前にトイレで勝負服を着る。
マーカスのトレシャツです。シャキーン。

今日は窓際のベッド。
勝手知ったるで、ごそごそ準備。
保冷グッズにフリスクに氷にお茶に圧迫ソックス。
ベッドも頭の方を高くした。
最初に吐き気止めのイメンドカプセルを飲む。
こいつが良い仕事をするのである。

血圧、体温などを計ってもらいながら
看護師さんとおしゃべり。
髪が抜けてきてます、と話したら、
患者さんがタオル帽子を作ってて、使いたい人はもらっていいみたいよ、
でいろいろ持ってきてくれた。
家にも3つほどあるのだけど、せっかくなので可愛いゴリラ柄の帽子をもらう。
(ダンナに今江帽子と呼ばれた。ロッテの)
ついでに、脱毛時の使い捨て紙帽子を2つもらう。
たしかに、今は襟足とか前髪とか揉み上げあたりとか、
帽子ではカバーしきれない場所が抜けてきているので
シャワーキャップみたいなヤツの方が便利なのだ。

昼食をもぐもぐ食べていたら、
点滴の針担当の若いドクターがやってきた。
刺す場所が見つかりにくいらしいです、な話をする。
「針を刺すと痛いですか?」
と聞くので、
「針を刺すから痛いよね?くらいの痛みですが」と答える。
痛くないわけないじゃん。でも痛いです!って言うほどでもないし。
その質問の意味がよく分かんないが、針が通りにくいことと関係があるのかな。

ドクターは慎重に腕を調べて、ここ良いんじゃないですか、で
腕の甲側の、手首の上あたりに刺した。
手首を動かす時に注意が必要だけど、1回で済んだ方がイイ。

続いて吐き気止め、抗がん剤2種、吐き気止めを順次投与。
アイスブーツは針を刺した後に装着。
残りのパンを食べたりお茶飲んだりして、
吐き気止めを流したあたりから手の方も冷やす。
氷も適当に口に入れる。
前回は、あれやこれやと動き回っていたが、
今回はちょっと慣れた感じになったので、
音楽聴きながらうとうとして過ごした。
2回目となる赤い悪魔「エピルビシン」の血管痛もなく安堵。

針が1回で済んだのと、薬の説明の時間がなかったので
思ったよりも早く終わった印象。
迎えに来たダンナと、15時半ごろ病院を出る。
今回のお会計は、検査があったせいか18020円
薬はイメンド2日分とプリンペラン10日分で2550円也。

スーパーで食料を仕入れる。
早めに風呂をわかして入る。
残っている髪が少なくなっているので、
若干風呂にかかる時間が短く、なったか?
襟足や、何故かまとまって残っている部分などを念入りに洗うが
しぶとく残っているのがまだあるのが腹立たしい。
しかもひっぱるとまだ抵抗すんの。もう観念しろよ!
髪を乾かし、使い捨て紙帽子をかぶったが
うっすらと中が透いて見えるので
ダンナには刺激が強いな、とゴリラ帽子を上からさらにかぶったら
食品工場のパートさんみたいになってしまって爆笑。

夜はスーパーで買ってきた惣菜を中心に。
ゴハンはおにぎりにして食べた。
時間をかけながらも普通に、わりと普段と同じ量が食べれたな。
テレビなんか見てだらだらしたあと
21:30頃寝る。

前回よりも、だるさも少なく、食欲も落ちず、
まだ胃もたれもなく、吐き気もない。
でも一応、胃薬ムコスタを飲んでおく。

2回目の投薬も無事終了。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん EC療法

16:37  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2407-61d0d1f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |