2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.06.25 (Wed)

決勝トーナメントの組み合わせ、半分出ました。

中南米強いですねー。

最初のヤマの決勝トーナメントの組み合わせが決まりましたが
中南米の潰し合いの様相。もったいなーい。
個人的には、お気に入りのチリ、ウルグアイ、メキシコが残り
気になるコロンビアや、ブレイクしてるコスタリカも勝ち上がったのが嬉しい限り。
ブラジルも当然の1位通過で安堵。
クロアチアが違うグループだったらよかったのにい(涙)
胸熱な対戦カードが目白押しですが、半分消えるのかと思うと切ない。

しかしギリシャ、恐るべし!
サッカー見ていて面白いとはぜんぜん思わないんだが、
気づくと残っているというしぶといチームです。
うっかりしてると決勝まで進んで、ホスト国相手に勝っちまったりするから油断ならねー。
次がコスタリカとの対戦てのがまた、読めないっす。
コスタリカの面白さが出ないで、気づくとなんか負けてた、
なんてことにならないことを切に願います。

今大会は、チームとしてどこまで策を練り、やりきるか、というのが
勝ち上がる鍵になってるなと思います。
それが自分たちのサッカーになれば幸せだし
それがたとえ自分たちのサッカーでは無くても、
その地味なプレーの先に、個性はちゃんと出てくるもんです。
スペインを潰したオランダとチリは、
相手をしっかり研究したところから入ってちゃんと結果を出したもんね。

というか、守備をしっかりやる、というのが今の世界基準の大前提だよね。
前からプレスすること、守備に人数をかけること、
勝手に自分で判断してプレーを切らないこと、
最後の最後までやり続けること、
華やかではないプレーの連続があって、
さらに攻撃に転じた時のイメージと、勢いと、的確なパスと、
ミスがあってもミスと思わずフォローするだけの走りと、
1度のチャンスを逃さない冷静さが加わって
やっと結果につながる。

私の国の青いチームは
そーゆーの、ほんと無かったよなあ。
決定力がないのに攻撃サッカーとか寝言いってるからですヨ。

青いチームのみならず、
守備をちゃんとしないチームや、パスミスの多いチームや、雑なクロスをあげるチームや、
ゴール前でふかしてるようなチームは苦戦します。
当たり前のことです。
そーゆーの見ると、いきなりレベルがリーグ戦みたいになっちゃって白けてしまう。
今日がだめでも次がある試合とは、わけが違うのに。
ブラジルのお客さんは、単純なミスとかクソなクロスにちゃんとブーイングするから凄い。
「ちゃんとしたもん見せろ!みっともない!」

今日から、残りの半分E~Hの第3戦があるんだけど
ここまで試合を見ていて、あまり胸が熱くなるような試合はなかったなー。
あ、アルゼンチン戦は、苦手な選手がいるのでまるっと見てません。
ドイツもスイスもロシアもベルギーもポルトガルも、
それなりに興味があって見たけど
なんかこう、W杯でなくてもよくね?な内容が多くて。
イマイチ、盛り上がらない。
ドイツくらいかなあ、3戦目見ようと思うのは。(ガーナ戦で思いのほかてこずったので)

まあ連日観戦観戦で早起きしてたりするので、
ちょうどいい休みになっていいですけど。

まだまだ続くW杯!
4年に一度の上級サッカーをめいっぱい楽しみます。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

23:26  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

ウォッツアップ?
って今ののもんさんに掛けるにしてはあまりにも軽い言葉から入ってすみません(反省)。
今回のW杯、日本代表は大会前のオランダやイタリアとの試合で大量得点を奪いつつの接戦を演じたので期待したのですが「ザックジャパン」史上最も弱かったように見えました。ほぼ固定メンバーでやってきた中で、中心メンバーである遠藤が外れ、直前で選ばれたスタイルの違う大久保が起用されたことで「機能」しなくなってしまった、と自分は思ってます。
自分は他国の試合はダイジェストで充分お腹一杯なのですが、ドイツは興味あるので時間もあったので昨日一試合まるまる見たのですが、一試合で比べて見ますとレベルの違いがとても分かりやすかったです。日本代表の強味である「走る」ことに関してもドイツのほうが勝っているように見えました。この試合は足を滑らせてプチ失態を見せてしまったミュラーとパスミスをしたシュールレがアシストとゴールを決めて名誉回復?が出来て良かったです(笑)。あとは元ボーフムのクラマーが交代で入ってきた時には鳥肌が立ちました。代表に選ばれたことにもびっくりしましたが、でもまさかピッチに立つとは思わなかったので、代表の一員としてベンチに座ってる姿が見えただけでも嬉しかったのですが(笑)。
ってブロークンな日本語で長々とすみません!あまりにもまとまりのない文章でのもんさんの容態を悪化させてもいけないのでここまでとさせていただきます。最後に・・、

頑張ろう、日本!
頑張っぺ、福島(福島のネカフェから書いてます/爆)
so gehen die のもんさん!(英語でのもんさんしねと言ってるのではありません。しかも正確な意味を分かってなく使ってるという/爆)。
mas |  2014.07.02(水) 09:49 | URL |  【編集】

masさん

気まぐれでアップされるサカ記事に、コメントありがとうございます!
お久しぶりですがお元気でしたかー?
福島のネカフェから、気にかけてくれてありがとうございます!

ただいまウインブルドン真っ最中で、
W杯と並行して観戦しているため更新する時間がありません。うう。
決勝トーナメントのチリ戦は、今回のベストゲームだと思います。
ああ書きたいことはあるんだがなー!

ドイツの試合、私もアルジェリアの決勝T、最後まで見ましたよ。
最初ぐだぐだだったからどーしようかと思いましたが。
なんかガーナ戦といい、途中から大騒ぎになりますね。
ミュラーのアレは何だったんでしょうか。
サインプレーの袋小路の姿でしょうか。
そのうち、フリーキックの前に小芝居入れるチームが出てきますね。

クラマーちゃんが出てきた時は、私も感無量でした。
(呼ばれてるのその時知ったのに)
しかるべき年齢になると、ちゃんと成果が出てくるんですねえ。
ボーフムでもぴよぴよながら伸びしろのある子でした(涙)

日本のチームは、オランダやイタリアやブラジルなどの
ブランドチームじゃないとやる気にならないのか!と思いつつ見てました。
3試合しかないのに、ふわっと入ってる余裕なんてないのにねえ。
ザックが入ったころって、もっと負けてなかった印象があるので、
なんでここで守備軽視?と思いますね。
遠藤をもっとメインに据えて組めないのかなあ。

しかし他の国の試合と一緒に見ると、
日本の決定力というか、責任取りたくないように見えるほど、
シュート打たないのに笑っちゃいますね。
まあゴール前でふかすのは日本に限らないですが。

残り試合も少なくなってきました。
濃い試合ばかりが続く至福の時間を楽しみましょう。

そんで次に開幕するのが2部の試合ってのが
すごいギャップなんですよね。はは。
のもん |  2014.07.02(水) 17:26 | URL |  【編集】

のもんさん。ご無沙汰しております。
ブログは拝見していましたが、コメントは本当に久しぶりです。私の方は連日のTV観戦で睡眠不足で体調不良に陥るという社会人としてはいけないことをしております。私はただ漫然と試合を見ていることが多く、今こちらの記事での分析を読みなるほどと感じています。

で、私もmasさんと同じでクラマーが試合に出たのが嬉しくて嬉しくてしかたがありません。今回のワールドカップ、私にとってのこれまでのハイライトはクラマーの出場ということになります。
何年か前にこちらのブログにも書かれていたと思いますが、ボーフム時代に試合途中でどこかを怪我して泣き顔で交代した姿が今でも凄く印象に残っているんですよ。そんな彼がワールドカップの舞台で堂々とプレーしているなんて本当に感慨深く思います。正直に言うともう勝敗とかどうでもよくなってしまいました。(笑)

reis |  2014.07.05(土) 00:16 | URL |  【編集】

reisさん

お久しぶりです、お元気ですか?
サカ記事がめっぽう少なくなってしまったのに
遊びに来てくれて嬉しいです!

今回は社会人泣かせですよね。
でも見てよかったと思う試合もたくさんあって、
うっかり身体を崩してしまったり。

他にも書きたいことはいろいろあるんですが、
時間がないのと時間が経ってしまうのとで、
どんどん記憶から抜け落ちてしまいます。

クラマーちゃん、フランス戦でも出番が回ってきましたね。
ここから入り込んで定着できるかどうか。
しかしまさかW杯にねえ。クラマーちゃんがねえ。
人生何があるやら分かりません。

のもん |  2014.07.07(月) 21:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2428-739a6e40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |