2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.11.27 (Thu)

中田裕二「BACK TO MELLOW」蛸足的レビュー

****************

コメント欄に、sakiさんによる臨場感あふれるインストアライブレポがあります!
そちらも必読!

****************

「BACK TO MELLOW」繰り返し聴いてますよ。
今は、夕飯作りながらとかアイロンかけながらとか
たんにPCのところで呑みながらとか
そんな状況でも聴いてます。
ランダムに流すと、自分の好みがまた浮上する感じがします。

このところはずっと
「SONG COMPOSITE」と「アンビヴァレンスの功罪」を
並行して聴いていたので
今回の新譜もすんなりと耳に馴染みました。
この短期間の間に、中田クンの作る楽曲、サウンドが
すーっとしみこむ体になっていました。
元気さいっぱいの「アンビヴァレンスの功罪」よりも、
MELLOWに傾いた本作は、
ちょうど「SONG COMPOSITE」との中間にあるような感じで
バラエティに富んでいて良かったです。

「薄紅」がね、素晴らしいです。
泣けますね。
YouTubeで2回ほど聴いていたけど、
やはりそういうもので聴いているのって、
どこかで軽く扱っているんだよね。私の中で。
CDの流れの中で、あのフォークギターのイントロがつややかに聴こえてきたときの
ゾクゾクするような感じ。
たまらなかったです。
メイキングの中で言っていた「普遍的な曲」、まさにその通り。
でもそう思ってもなかなかその通りには作れないよね。
日本的な情趣がありつつ洗練された今の曲。
丁寧で広がりのあるアレンジは、曲にいい感じの重さを与えていて、
このアルバムの中で際立った存在感を持っています。
間奏の民族楽器のような音も効いてます。
「バンドではできない」音とスケール感は、アルバムならでは。

まだまだ聴きこんではいないけれど
「薄紅」と並んで好きなのは「サブウェイを乗り継いで」ですね。
ドラムの軽快な音と、どんどんパーカッションがにぎやかになって
幸せになっていくアレンジ。
歌詞とか無関係に(なのか)、このアレンジだけで存分に味わえるような曲。
どんな音がするのか、耳で探ってしまう。
まあ「アニキの愛の巣にころがりこんだ弟」って設定の中田クンはカワイイけどね。
水色の電車は私が東京に出るときに乗っています。

かっこいいなあーと思うのは「PURPLE」
「愛の摂理」はギターの音が気持ちいい。
ラストが「LOVERS SECRET」ってのもいいなあ。バラードじゃなくてね。
フォーンの入った華やかなアレンジはどっか昭和の懐かしさがあります。
久保田利伸っぽい軽やかさ。
苦手なのは「髪を指で巻く女」かな。
タイトル見た時にはえつこさんぽいなと思ったんだけど、
実際歌詞の中にはそれっぽいところもあるんだけど、
聴いてみたらぜんぜんしっとりしてない。
ちょっとこのノリは恥ずかしいです。

何も考えていないときは、
頭の中でなんかしら曲が流れています。
夜中にトイレに起きるときも、
ずっと流れていたかのように頭で音が再生されてて笑ってしまう。
相変わらず、映像っぽいものや歌詞が見えてくる感じはそんなないんですけど。
でもアレンジの細かなところとか、こんな楽器入ってるんだ、とか
そういうのが見えてきてます。

メイキングDVD

私の好きなところはですね、
ソロライブの最初のほう(LPレコードとかいっぱい詰まってそうな場所)の
髪型がツボです。
ライブの時だから、わざとなんだろうけど、
寝癖のような無造作ヘア。
「MIDNIGHT FLYER」のときの、スーツでメガネでボサボサ髪ってのも
「こういうの好きでしょう」って出されて「ごめんね!好きだけど!」
とまんまと喜んでるのが悔しいんだが。
寝癖好きのオバサンをからかうのやめてくんないかなあー。

その次に出てきた、ブルーのスーツのライブ映像。
「決めないでやる」「リクエストをもらって」な言葉を聞くと
つい1年半ほど前まで、
当たり前のように楽しんでいたRYUMEIさんのライブを思い出して
切なくなります。
それはともかくとしても、
あんな(小さそうな場所で)至近距離で、
伸びやかな声を聴けるライブってのはやっぱいいですね。
テーブルにビールが置いてあるのも、カジュアルな距離感でいいし。
(タバコは吸わないのかな)

ウッドベースの方、綾野剛に似てますね。
「サブウェイを乗り継いで」のパーカッション、
あの音こうやって作ってるんだーと興味深かったです。
「薄紅」のMV撮影した、小京都っぽい場所、飛騨古川かな?
なんか見覚えのある街並みでした。
最後のほうで、ギターの部品をコロコロ転がして慌てる映像とか
入れてくるのがズルいんだよなーっ。

とりあえずこのへんでアップしときます。
そろそろ椿屋のCDにも手をつけねば。

スポンサーサイト

タグ : 中田裕二

23:11  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(54)

Comment

おはようございます

昨日、CDとDVDが届きました。
今朝、早起きしてDVDを見ました。

ライブならではの躍動感、めっちゃカッコよかった!

購入特典のチケット先行受付があったので、
これはもうぜひとも行きたいと、
日本橋と水戸を申し込みました。
今度こそ当たりますように!

取り急ぎ携帯からの報告でした。

月子 |  2014.11.20(木) 07:36 | URL |  【編集】

初回限定版のDVD

取り急ぎ!

初回限定版のDVDの、
10:01~07の笑顔がもう。
素敵、というより泣けます。
この青年の幸せを、切に切に所望す。です。
saki |  2014.11.21(金) 11:41 | URL |  【編集】

健さんが亡くなってしまい、すごい喪失感です。
年令的に仕方ないのだろうけど、『あなたへ』を私は映画館で2回見て、
あの圧倒的な存在感に、まだまだご健在だと思っていたのに。
映画そのままに、自分には厳しく他人にはやさしい人柄が語られていますが、
本当に尊敬に値する人であったと、TVを見る度に涙があふれます。

そして、西島秀俊さんの結婚話~ おめでたいけど、ガーン!
ちょっと淋しいかも~ 今日は、向井理さんも。。。 

昨年見て、その美しい風景に感激し、ロケ地にまで行ってしまった、
奥会津昭和村を舞台にした西島さん主演の映画『ハーメルン』のDVDも
11月に発売になり、早速拝見。癒される風景です~西島さんの声もいい。


中田くんのDVD『SONG COMPOSITE SPECIAL IN NIHONBASHI』
カバーもオリジナルも、どの曲も“中田裕二”としての個性が際立っている。
見飽きません。見て楽しい、聞いて楽しい。
『BACK TO MELLOW』は、まだあれこれ語るほど聞き込んでおりませんが、
CDもDVDも、買ってよかった~楽しんでおります。

今日ははゆさんから、NHK名古屋放送のUta-Tubeの録画が届きました。
軽井沢でお会いした時に、初対面なのに図々しくお願いしたところ
快く引き受けてくださいました。大感謝です。
でも、2回目が録れなかったそうで・・・(汗)
でも、1回目だけでもすごくうれしい、ありがとうございました。
紺色のスーツで『薄紅』と『紫陽花』を歌っています。
五平餅を美味しそうに食べています~かわいい。
一つ一つの仕ぐさ・表情が、本当に素敵です~見惚れます。

sakiさん、
>この青年の幸せを、切に切に所望す。です。

でも、結婚はまだしなくていいからね、と思う月子です。(笑)
月子 |  2014.11.21(金) 16:18 | URL |  【編集】

月子さん

私名古屋に住んでるので、UTA-tubeありますよ。
もちろん2回とも。
しかも最高画質です(笑)。
歯の詰め物の色もわかります(知りたくなかったほど…。)
なんかうまい連絡方法あればよいのですが。
saki |  2014.11.21(金) 22:10 | URL |  【編集】

sakiさん

とりいそぎ。

左のメールフォームから私にご連絡いただければ、
中継ぎいたしますよ。
のもん |  2014.11.21(金) 22:54 | URL |  【編集】

sakiさん!

うれしいーーーお願いいたします。

のもんさん宛、メールしてください。
のもんさん、申し訳ありませんが中継ぎお願いいたします。

住所も名前もアドレスも伝えてください。

しかし、芸能人って、歯がきれいだよね。
時代劇の俳優さんが詰め物してたらおかしいから、白いのに治すのかしらね。
それと、時代劇なのにピアスの穴があるのもおかしいと思う。(笑)
月子 |  2014.11.23(日) 14:51 | URL |  【編集】

インストアライブ&握手会

インストア&握手会行きましたよ!

たぶんメッチャ長くなりますが…また改めて語ってもよいでしょうか…。


取り急ぎ…。
なんかもう、夢見てるみたいでした。

インストアライブは、私が慣れてないせいか、
やっぱちゃんと聴きたいなあとおもいました。
で、中田さんの手は、噂どおり、ふわっふわでした。

握手会のあとにコインロッカーに荷物取りに行ったところ、
不意にいろんなものが来て、その場で泣き崩れ、
一時間ほど涙が止まらなかった、とだけ、告白しておきます(笑)。

月子さん

了解です!
メッセ?入れておいてください!
明後日までパソコン使えないので、またお知らせします!
キュン死注意ですよ~!

saki |  2014.11.23(日) 22:11 | URL |  【編集】

追伸

私、コンポジのDVDがまだ来なくて、怒り狂ってます。
クリアファイル欲しさにHMVで予約したのですが、
入荷が追い付かないようで。
先週タワレコのDVD部門で、一位だったとか。
saki |  2014.11.23(日) 22:15 | URL |  【編集】

良かったです

月子さん

UTA-tube、sakiさんにダビングしていただけるようでホッとしました。
sakiさんも名古屋にお住まいなのですね。
私から言うのも変ですが、よろしくお願いします(笑)
はゆ |  2014.11.23(日) 23:50 | URL |  【編集】

月子さん

高倉健さんもやっぱり亡くなるのか、と不思議な気分になりました。

西島さん、まだ結婚してなかったんですね。
がっかりするくらいなら、
もう結婚してる状態で知ったほうがいい、と思います。ワタシは。
個人的には田中哲司さんが結婚したほうが、
何気にショックでした。

中田クンも、まあまだするような年じゃないけど、
これからするのかと思うと、ちょっとヤですね。
自分には関係ないけど、
ラブラブな歌を歌いながら、
彼女のことを考えてんのかと思うのはちょっとねえ(笑)

sakiさん

インストアライブ&握手会の様子は、ぜひぜひここで!
長くなっても誰も気にしません。
むしろ長いほど嬉しい。
終わってほっとして一気に押し寄せるもの。
いいなあーキュンキュンですね。

メッセージはですね、
このページの左側にメールフォームというのがありますので、
sakiさんから私宛になんかしら書いて送ってもらえますか?
公開されず、ちゃんとメールとして私に届きます。
そのあと月子さんの連絡先など教えますので。

というか、私もその番組見たいなあー!
今日は近所のツタヤで椿屋のCD3枚借りてきちゃいました。
とりあえずダビングだけして、
聴くのはもうちょっと後にするかも。
もったいないから(はじまったよ)

日本橋のDVD、早く届くといいですね。
でも今は、それがなくても生中田クンの記憶を反芻するだけで十分シアワセな気がします。

はゆさん

思いがけない盛り上がりで焦っているかと思いますが、
なんとかなるような感じですので、ご安心ください。


今はCD3枚を個別に聴いたりランダムで流したりして楽しんでおります。
レビューはもうちょっとお待ちを!
のもん |  2014.11.24(月) 21:13 | URL |  【編集】

インストア

す、すみません。お言葉に甘えて、いろいろ思ったこと書かせていただきます。
長くなりますし、ちょっと気持ち悪いですが、よかったらお付き合いください。
誰にも見つかりませんよう(笑)。

それよりまず聴いてくれますか。昨日までDVD届かなくて、
朝ジャスコから帰ったら、マンションの宅配マークがついてたので、
箱根駅伝の大手町前くらいダッシュして、エレベーターの閉めるボタンを連打したのですが、
いざロッカー開けたら米で、しかも5キロが一番上のロッカーにあって、泣き崩れました。

さて本題です。

14時からなのに10時に家を出た私。
しかも起きたのは5時。
まあ、この一か月ダイエットだけではなくて、いろいろやってましてね。
手のマッサージやらかっさのマッサージやら、
美容院やらデパートめぐりやら。
なんか楽しかったです。
これが一週間単位だと効果でないし、数か月だとめげるので、本当にちょうどよかったです。
最寄りの地下鉄の駅のホームで、やっとみられるようになったyoutube(ひと月であまりに見すぎたためデータオーバーになり、22日から解禁・笑)で、いばらのみちを見る。すでに泣いてしまう。

大安ということもあって、結婚式とかの人やら年末ジャンボを買う人がごった返して、まあ名駅すごい人でした。
ホテルで優雅に待とうと思うも、全然入れなくてサブウェイへ。「サブウェイを」じゃなくて「サブウェイで待ちながら」ですな。
でも全然のど通らない。

その後駅前のホテルのトイレを占拠し、本格的なメイクとヘア直し。
おばちゃんたちが「何者?」と見ていくが、もうなりふりかまってらんない。
で、こんなに余裕持って出てきたのにあっという間に13:30に。

「私はライブに来たわけじゃないです」的な顔をしてエレベーターに乗り込み、一旦タワレコを過ぎて、上の階のベンチで心を落ち着けてから下がる。

もう建物自体が古いので、古~い、暗~い階段で並ぶ。
女性が95%!
いや、98%!
ウワサでは怖い熟女ばっかと聞いていたのだが、全然違い、たとえるなら「友達になりたいようなカワイイ子」が多い。
30代くらいかな。
そのカワイイ子たちは知り合いらしかったのだけど、敬語で話したので、
番号も若い目とあり、関係者かなんかかと思ったら常連の人たちのご様子。
みんなが遠征の話とか、最近のテレビ出演の話とか、ファンクラブのブログの話とかしてて、
本当に楽しそう。
こういう子たちに愛されているアーティストさんなんだな、と思った。

その中には男性も二人いて、そのうち一人の子がデザイン学校にいそうな、わりと綺麗な男性だったのですが、
その子が常連らしき子たちに向かって
「もうヤバイ泣きそう、手紙1時間かけて書いた」とハニワ顔で訴えるので、なんかこっちの緊張もほぐれる。

で、時間が来たのですが、本当にせまーいところにキュンキュンに体育座りして、私は一回足がつりました。
最初はマネージャーさんが前説みたいなのをして、ご本人が登場。

「もう、顔もちっちゃくて、素敵過ぎて、歌声がもうとけそうで」
と言いたいところなんですが、なんというか、目の前で話していて、歌っているのに、
全然実感がなくて…。
ずーーーっと会いたかった人がそこにいるのに、心も体も「無」という感じで、
あーやっぱ素敵とか、歌声いいなとか、そういう気持ちも全然わかない。
ここに私もいるのに、なんかいないような、
朝の地下鉄のほうが実感あったよ、みたいな。
これはきっと「夢のよう」というものなんだな、と、自分を無理やり納得させる。

曲はアルバムから4曲。
「誘惑」「愛の摂理」「薄紅」「髪を指で巻く女」

でも曲が進め度、まったく実感ないのが続く。
インストアだから?
みんな座ってるから?
場所慣れできてなかったんですね。私。

「テンションってこんな感じなの?」
「緊張してるのかな?疲れてるのかな?」という感じで。

会場があったまる間もなく(と私は感じた)、あっという間にライブ終わりました。

で、次は握手会。
こちらは順番は関係ないため、まずは鏡チェック。
このところ他のインストの様子をtwitteで見てきたのですが、
「一人一分いかなければいいくらい、ゆっくり話せる」と聞いていた。
一言声をかける、というレベルではなくて、結構会話できるよと。
じゃあ、それならあれも話そう、これも話そう、と思っていたのですが、
トイレを出たら結構進んでいるではないか。

見てみるとスタッフが、ちょっと長く話そうとしてる人がいると、途中で「はいありがとうございました」とキレ気味に誘導している。
か、感じ悪い……。
名古屋ではダメなの???
(後で知ったのですが、そういう存在を「はがしの人」と言うそう)

ただでさえ、話すことまとまんないうちに今日になったのに、
はがしの人がいるのでテンパり、もう泣きそう。
前のお客さんと話すご本人も遠くに見えるのに、
それを目に焼き付ける余裕すらありません。


で、あっという間に私の番に。

ああ、もう。倒れる…。

全然覚えてないんですが「こんにちは」とかなんとか声をかけながら、微笑んで両手で握手をしてくれました。
情報どおり、フワッフワのほにゃほにゃの手。
その感覚で、さらに気が遠くなる。

が、なんとか
「covers見てきました。にわかファンでごめんなさい」とだけ、息も絶え絶えに言うと
「あ、そうなんですか、ありがとうございます・微笑み」(覚えてないけど)

でも手を握られているため私は「も、もうだめだ」と思わず手を離し顔を覆い、
文字にならない声を発したあと「何にも言えないと思ったので、手紙書いてきました」と渾身の作を渡す。

今度こそ本当に倒れると思い、力を振り絞って瞳を見て
「名古屋に来てくださってありがとうございました」と言い、逃げるようにエスカレーターをかけ降りる…。

1階下は本屋なので、ひと気のない絵本コーナーに入り、座り込む。
そして…いろんなSNSで「めっちゃいい匂いがしたから、必ず握手のあとにチェックするべし」
と書いてあったため、毒を食らわばの覚悟で手のひらを…(恥)。
しかし私がつけている香水とテイストが似ているのか、甘い香りはしたものの、それがご本人のものとは区別つかず。

その後やっぱり貧乏根性が出たので、
エスカレーターをのぼり、最後の挨拶を聞く(でも遠かったので全然聞こえない)。
待っていたつもりは全くないが、方向的に私のほうにハケる流れになると気づき、ドキドキ。
しかしさっきのはがしの人が「ささこっちです」とひと気のない道に誘導したので、結局靴がベージュっぽいスエードのショートブーツだった、ということしかわかりませんでした。

なんかもう茫然としてしまい、あー終わっちゃったな、荷物取りに行こ、
と駅のロッカーに行ったのですが、
一人になった途端思いがけず何かがストンと切れ、そのまま座りこんでしまうと、涙がすごい勢いで流れる。
堰が切れたように泣く。吹き出しにしたら「えーんえーん!」みたいな感じで嗚咽する。

が、人通りは割とあるので、警察でも来たら困ると移動。
とはいえ、涙はダバダバ出てきており、
仕方ないのでマスクをし、帽子を目深にかぶり、下向きながら移動する。
その間もずーっと嗚咽。小さい頃から知っている場所だったからよかったが、知らない街なら歩けなかったほど下しか見られない。
そのまま、握手会前に化粧直しで占拠した、ホテルのトイレに。
で、個室に入った瞬間にさらに気持ちが昂り、本当に泣き崩れる。

「感動した」とか「かっこよかった」とかじゃなくて、本当に言葉にならない思いで。
で、書きながら今もちょっと泣いてます(笑)。

その後も「もう大丈夫」と思って外に出ると、また涙が出てくるので、
ホテルやデパートのトイレを転々としたのだが、
それでも止まらないため、なんとなく新幹線の入場券を買って入る。
ここなら私が号泣していても、人は足早に去っていくし
「あー男の人となんかあったんだな」と気にも止めない。ということでまたベンチで泣く。
さすがに1時間泣いたので止まる。強烈におなかがすいたのでカツサンドを食べる。
日が暮れる。


と、そんな一日でした。
ライブレポ「は」一旦終わります。
ご清聴ありがとうございました。

歌声とか話した内容が全くおぼろげで、特にファンの方すみません。
「名古屋は今熱くて、手応え感じてます」とか「働きすぎてて余裕がないけど紅葉が見たい」とか言ってましたね。
あと「名古屋の女のひとはいい女ぶる」と失言してましたが、名古屋でなんかあったのかな(笑)。

なんか、やっぱり大人なので、
運営とかもすごく見ちゃいました。
「はがしの人」がいるのって、全部がそうならいいのですが、
名古屋だけなんでなのかな?とか。
だからアーティストさんの名古屋飛ばしがあるんじゃないの?ちょっとしっかりやってよ、と文句言う勢いでしたが、
事務所に迷惑かかるといけないのでやめました(笑)。

帰ってみると…もう「言いたいことが全然言えんかった」と落ち込みました。

本当に何度も何度も、ライター人生をかけたこの上なく素晴らしい内容の手紙、というか作品を書いたのですが(自画自賛すぎだな…)、
それを書いた人が誰かなんてもはや、相手にはわからなく、
なんで「私も来生っ子だと改めて気づいた!」とか少々印象に残ること言えなかったんだろう、とか。
直前に「書いたことと同じこと話すの不自然!」ということも思ったことも事実でして、
でもまあなんにもできませんでしたね。

ただ、事前に友達から「舞い上がってペラペラ話すの一番ダメパターン」と言われたり、
ファンサイトでも「あまりにも緊張してないな、っていうのはちょっと」と気難しいご本人も書いていたので、まあ、よかったのかなあと。

っていうか、私、何を求めてるの????(笑)

そう言えばTwitterであるファンが、
「ウィンクしてくださいと言ったらしてくれた〜!神対応」
とつぶやいていたのですが、それは違うよね、と思いました。
そんなんが好きならジャニでも追っかけてろ!と、毒も。
それは違うよ、それきっと絶対嫌だったはずだよ…。と思うのだが。

あとですね、思った以上にファンが良さそうな人たちばっかりで安心しました。
特に常連の子は、キュンとかじゃなくて、本当に応援してるのが伝わってきて。
ファン層って普通は気にしないのだろうけど、夏にオリジナルラブに行った時、
田島さんはもちろん良くてカッコよかったのだけど、
お客さんが、なんかすごいキャーキャー言ってて、ちょっと違うなあと…うまく言えないんだけど。
ライブでこの人たちと一緒に応援できないな、と思ってしまって。
私も気難しいですね(笑)
でも、そういうファンが全然いなくて、
すごく行儀がいいというか、いい人たちに応援されてるんだなと(しかもカワイイ子が多い)。

ファンと言えば、ファンを公言してる、CBCの丹野アナも来ていました。
やはり美しい。
で、常連組にいた子(結構かわいい)が
「わたしもさー、全力で着飾って来たけどさー、丹野さん来たら敵うわけないじゃん~!」
とガハガハ笑ったので、非常に好感が持てました。
いやいやおばちゃんはあなたのほうがカワイイと思いますよ。

最後になっちゃうのですが…
私の興奮だけで、肝心な内容が全然伝わってませんが、
マイナス面をひとつ。

インストアって初めていったのですが、なんというか…
距離は近いし、今回は握手会もあったから、ファンとしては嬉しいけど、なんか…。
私はちょっとだめでしたね。
やっぱりきちんと舞台組んで照明組んで、音もちゃんと作って、
演者さんも、びしーっと衣装着て、ピン浴びながら出てくる、
というのが正しい姿なんじゃ?と思ってしまいました。

たぶん、そういうライブを見すぎてるんでしょうね、
というか舞台はそうあるべきだと思うんです。
連日だったんですが、昨日は母への誕生日プレゼントということもあり、
中村雅俊さんのライブに行ったんです。
で、ハコも全然違うし、キャリアも知名度も違うんですけど、あーやっぱりちゃんとしたとこで歌わせてあげたい!って思いました(何様やねん)。

こんなんじゃ、いいとこあるのに全然伝わらないよ、
こんな蛍光灯の下で、衣装も着ずに歌ったらダメだよ、と思ったり、
不特定多数の人がガチャガチャいるから集中できないじゃんとか
応援したい人の前で歌う舞台を見たい、と痛切に思ってしまって、
大人になってしまったのか、わがままなのか、
号泣したのは、そのあたりの残念な気持ちも入ってたのかもしれないと思います。
そういうこともあって実感がわかなかったのかも…。

あ、もちろん行ってよかったんですけどね!


というわけで、本当に本当に長くなりましたが、
これにて終了です。
ありがとうございました。
saki |  2014.11.25(火) 11:18 | URL |  【編集】

拍手!

sakiさん、ドキドキしながら一気に読ませていただきました。
ホント、さすがのリアルな文章で、ドラマを観ているように映像が浮かんできました。

>これはきっと「夢のよう」というものなんだな、と、自分を無理やり納得させる。

そうかもねー
好き過ぎてワケわかんなくなってしまう感じが、ヒシヒシと伝わってきましたよ。
永久保存したい素晴らしい現場レポでした。

中田くんのCDを聴き、DVDを見ていて思うのは、歌い方・楽曲・編曲・演奏・見た目、
すべて中田裕二はカッコいい、ということ。シンプルな感想ですみません。(笑)
月子 |  2014.11.25(火) 16:56 | URL |  【編集】

追記

はゆさん、ご心配おかけしてすみませんでした。
sakiさんが名古屋の方だという事で、よかったです。
皆さん、親切な方ばかりでありがとうございます。

HMVは、そうクリアファイルがついてくるんですよね。
どうしようかな~と迷ったのですが、つい手軽さでいつものアマゾンに頼んでしまい、
あとから、やはりクリアファイルが欲しかったとウジウジしてます。クスン

月子 |  2014.11.25(火) 17:03 | URL |  【編集】

素晴らしすぎる。

sakiさん

最高のライブレポです。
臨場感にあふれてて、自分もそこにいるみたいにドキドキしました!
一気に読むのがもったいないほど!
濃い内容の1日でしたね。
いろいろな視点が入ってて、素晴らしいドキュメントです!
sakiさんの乙女な気持ちを追体験しながら、普遍的なものも感じて。
まさにファンの心理そのものです。

常連のファンの方たちの様子まで。
なんだかとてもいい雰囲気なのがわかって嬉しかったです。
アーチスト自身だけでなく、
どういうファンがいるのかってこともすごく気になりますよね。
バンド時代からのキャリアもあるし、
年齢的にもちょうどいいし、
自分にだって何か可能性が?と思ってしまうファンがいたり、
おたがい牽制しあったり、
なんてこともあるかもしれないのに。
ちゃんと応援して、中田クンに恥じないような態度で、
ファン同士も仲良く節度をもってつながっていてって素敵ですね。

「はがしの人」ってすごいリアルな表現。
あまりそういう人が強く出るのも印象悪くなりますよねー。

ライブのふわふわとした実感のない感じ、
握手会での緊張の中で、持てる力を出し切った感じ、
そして終わってからの怒涛の涙。
中田クンへの思いがひしひし伝わってきて、
ホント月子さんが言うようにドラマを見ているようでした。
カツサンドで〆るあたりが、もうさすがです!

ファンとして、自分だけが盛り上がってしまうのではなく、
ちゃんとアーチストのことを考えて行動をしているから、
握手会もちゃんと話をするだけの余裕を持たせてくれたりするんでしょうね。
(まあ今回はちょっとそういうわけに行かなかったようですが)
せっかくのそういう貴重な雰囲気を大事にしたいですよね。

インストアライブって私も行ったことないですが、
やはり知らない人も多くいる中でのライブっていうのは、
アーチストにとって必要なことでも、
いろいろ大変かもしれないですね。
あまり売れてほしくもないし、
でも立派なところで素晴らしい環境で歌えるアーチストにもなってほしい。
ファンの心理は複雑です。

読みながら、いろいろと自分がかつてやったことも思い出して
切なくなってしまいました。
(ミムンの時とかRYUMEIさんの時とかね。蛸足見ている人は覚えてますね)

というか、最初のお米の下りから、もう爆笑。
本職のライターさんに言うことではないと思いますが、
文章も構成の仕方も面白すぎですよ!

素晴らしいレポをありがとうございました。
この先にあるであろうライブレポも、期待大ですよ。
sakiさん、蛸足に来てくれてありがとう~。

月子さん

いやーホント、こんな素晴らしいレポでおすそ分けをもらえるなんて、
最初は考えてもみなかったよね。

クリアファイル、ちゃんと情報は得ていたんですね。
ちょっとした行動があとあと後悔の種に(涙)
そんな気分まで味あわせてくれる中田クン。
すべてひっくるめて、新鮮で楽しいです。

のもん |  2014.11.26(水) 00:04 | URL |  【編集】

はじめまして

はじめまして じょん と申します。
お邪魔させてください。  椿屋時代からのファンです。
「The Covers」のあと あちこち ふらふらとしていて偶然こちらに出会いました。 
時々読ませていただいていましたが 今回のsakiさんの壮絶なレポを読ませていただき 
つい コメントを押してしまいました。
いや~~ 読んでいるこちら側まで一緒にジェットコースターに乗っているかのようでした。
めまぐるしくいろいろな情景の中に放り込まれたようで読み終わってしばらく休憩しました。
こんなに思われている彼は幸せですね。
みなさんインストアとか イベント とか いいですね~~。ラジオも 関東圏が多いし。 
いいな~~~。
こちら地方都市なもので みなさんのレポ 読みながらひたすら「妄想」です(笑)
UTA-Tube も 全国放送を切に希望しますよね!!

また ツアーが始まったら みなさんの楽しく壮絶なレポが読めるのを楽しみにしています。
突然 失礼いたしました。 
語らう相手がいないもので また ときどきお邪魔させてください。
じょん |  2014.11.26(水) 08:01 | URL |  【編集】

sakiです☆←浮かれて付けちゃう

皆様、わたくしの拙いライブレポに、本当にうれしいご感想をありがとうございました。

月子さん

ありがとうございました。
本当にもう長い文章読んでくださって。

そうなんです、もう好きすぎてわかんなくて、
で、笑えるんですけど、顔がしっかり思い出せなくて、
その夜夢見たんですけど、前説でしか見てないマネージャーさんが「ご本人」として出てきてね。
私の記憶力どんなんなの?って思いました。

なんか、もう「素敵な人」ですよ、本当に。
次回はライブなんで、もうちょっとしっかり見てきます。
といっても150番台なんで、たぶんめっちゃ小さいのですが。

のもんさん。

全くもって、他人様の板に長々とすみません。
読んでいただいた上にお褒めくださり。恐縮でございます。


本当に長くて短い一日でした。
私こんなにファン歴短いんですけどね、なんなんでしょう(苦笑)。

ファンの層ってやっぱり大事な気がします。
こちらの蛸足さんのブログでも思いますが、
嫌な人いらっしゃいませんもん。

すごく…偏った見方で、しかも一部だと思うんですが、
妹が誰かからチケットもらって、昔EXILEを観に行ったんです。
そしたらファン層がすごくひどくて、ツアーグッズをその場であけて、その場でゴミを捨てていった、というのを聞いて。
たまたま、なんでしょうけど、そのファンの層とアーティストの人柄ってつながっているような気がしてます。

というか、私ってそういうことをすごく気にするんだ、って思いました(笑)。

そうそう「自分にも可能性が?」って思ってる子もたくさんいると思います。
でも…椿屋の残りのメンバーさんが、実は結婚していて子どももいたそうで、
まあ音楽業界ってそうかもと、私は半分あきらめてます(結婚できるわけでも、ましてや選ばれるわけでもないのですが・笑)

あ、Twitterで発見しちゃったのですが、
私が日記に書いた、キレイ目の男の子、どうやらバンドをやってるらしくて。
手紙のほかにもCDを持っていたので、なんでだろうと思っていたのですが、どうやら聴いてほしくて渡したご様子。

で、その男の子と、当日握手会に行ったファンの女の子がTwitter上で話しているのを傍観してたんですが、
全部終わってハケる時に、マネージャーさんがそのCDをがちゃっと持つのを持って、
「あ、ちゃんと丁寧に持って」と中田くんが言ったのをその女の子が見てたらしくて。
バンド男子「死んでもいい~!」ってTwitter上で泣いてましたよ。
みんな、本当にいい人ばっかです。
だからはがしの人もなんのその(笑)。

まあインストはやっぱり微妙です。

いやいやほんと、こちらこそ本当にありがとうございます。
今日日本橋のライブDVDたぶん届くので、
また失神レポしますね。

じょんさま。

はじめまして…。そして、は、恥ずかしい。
コメント見た瞬間、汗が吹き出て、ストーブ消しました。
しかも椿屋時代からの先輩とは!
しかもたまに見られていたとは!
( ゚Д゚) こんな感じです。

そうなんですよね。コメント残していないだけで、
このサイトの方だけが見られてるわけじゃないのに…ううっ…。
私のバカっぷりが他の皆様にも…。

まあ、でもいいです。

ご本人が幸せかはもうどうでもよくて、
本当に、こちらの勝手な恋心でして。
しかも私も周りに語る人がいないので、こちらに勝手にお邪魔して、勝手に書いて帰るという…。
それにみなさんコメ返くださって、そして同じ思いを共有できて、本当に幸せです。

Uta-tubeは、数年前からやってて、
結構こっちでは月一でSKEが出てまして、
楽屋訪問とかトークとか、わりと深いことやりますね。
うちの夫ちょっとした48ヲタなんで毎週録画してますが、
やっぱり全国のSKEファンも観たいと切望してるようで、
でも実現できてないので、中田くんはさらに難しいのかな…って。
確かにすごく反応がいいんだけど、こっちの状況的にはそんな気がしています。


なんか、本当にこちらの人もそうですが、
中田くんを知ったことで、ほかのところでもいろいろ出会いがあって、
それが全員いい方で面白い方で、なんかそういう人たちに会うための中田くん、
という気もしています。

では、またまた今回も長々失礼いたしました。
saki |  2014.11.26(水) 14:27 | URL |  【編集】

握手会

そうなんです。
sakiさんのお話は、お米のことからカツサンドまで、
すべて含めておもしろいというか、興味深い。
「中田くんを見た、素敵だった」だけではなく、その経緯、
こまかいエピソードが感動を呼ぶのです。
長さなど、まったく感じませんのでご心配なく。お待ちしてますので。

インストアライブには行ったことありませんが、
狭い所で体育館座りでってのがつらそうですね。
せっかくのオシャレが台無しの雰囲気。
でも、中田くんもちゃんとしたステージで歌う機会があるのだから!
雅俊さんは、昨年夏いわきでのイベントの中でのミニライブ聞きました。素敵でした♪

思い出したのですが、
来生さんも、山野楽器でCD発売記念のミニライブ&握手会を何度かしたのですが、
山野のホールは、一応椅子席だったので、恵まれていたのですね。
握手会は、来生さんはテーブルを挟んで椅子に座っていて、私達ファンも一声二声
掛けたりしたけど、せいぜいうなづく程度で、プレゼントを渡しても「ありがとう」も
言ってもらえなかったような? 両手で握り返してくれることも無かったような?
今から思えば、地味なシャイな握手会だったかも。(笑)

でも、熱心なファンの中には、緊張のあまり歩けなくなるほどの人もいたのですよ。
来生さんファンにも純情な方がいるのですね。
私とのもんさんは、緊張が無いというのかずうずうしいというのか
質問タイムに手を挙げて指名されたりもして、これには答えていただけて、
良い思い出となりました。楽しかったよね~(笑)

それともうひとつ思い出したのが、綾野剛くんの握手会の様子をTVで見た時のこと。
お客さんが皆キレイで若くて、指先にもキレイにネイルを施して、
皆がんばってオシャレしてきたんだろうな~剛くんに会うんだものね~
オバサン=私は行けないな~と、しみじみと見ていたのですが(剛くんも結婚しないでね! 笑)、
だから、sakiさんの行動が他人事とは思えずに、真剣に読ませていただきました。

中田くんと握手となったら、ホント ドキドキしそう・・・
月子 |  2014.11.26(水) 19:33 | URL |  【編集】

にぎわってまいりました

じょんさん

椿屋時代から知っている方が~!先輩!
ようこそのお越しです!!嬉しいです!
sakiさんのレポは、読んでてぐいぐい引き込まれてしまいますよね。
しばらく休憩、ってちょっと笑ってしまいました。

ここは来生さんつながりで中田クンにはまり込んだヒトばかりで、
しかも夏ぐらいからネタが出始めたところなので、
ほやほや率が高いのですが、
気にせずいろいろ話に加わっていただけたら嬉しいです。
昔の話のおすそ分けなどもお待ちしています。

sakiさんといい、ブログやってて良かったなーと思うのはこういう瞬間です。
こんな場所ですが、どうぞよろしくお願いします。

sakiさん

ここはいつも少人数で座談会みたいになってるので、
私がほかのことでお相手できなくても、
いろいろと書き込んでくれたら嬉しいです。

どんなファンがいるかって、気になりますよね。
反面教師で、
自分がアーチストにとって恥ずかしくないファンでいようと思います。

バンドの男の子の話も、いいなあ~。
男子も女子もきゅんきゅんですね!!
見ていないところでの心遣いが伝わってくると、
ファンでよかったって思いを強くしますよね。

いよいよDVD到着かな。
ここがツボ!なポイントいろいろ教えてくださいね。

こうやって新しい出会いがあるのも、
中田クンのおかげですね。
まあカテゴリ名は相変わらず「来生たかお」でやってますけど、
中田クンの愛する御大のカテの中なので、許してちょー。
(FC2は複数カテを設定できないんです)

月子さん

来生さんの山野のライブも、確かにインストアライブでしたね。
来生さん自身があまり話をいろいろする人ではないから
(言いながらなにかつっかかるのは気のせいだ)
そんなに待たされたりした記憶はないですね。
質問したなあー。思い切り顔を曇らせました!はははは!

綾野剛の握手会は、お客さんの気合が半端なく入ってそうですねー。
近づくのが怖そう。

そうそう、sakiさんのレポはリアルにシミュレーションになりますよね。

コメント読んだりお返事したりするのが楽しくて、
肝心の新譜レポをちっとも書いていないではないか・・・。
みなさん気にせず先に好きに書いていいからねー!
のもん |  2014.11.26(水) 23:07 | URL |  【編集】

日本橋

やっとDVD来まして、今見終わりました。

明日またレポしますが、
最後の恋わずらいがめっちゃシビれた…(死語)。
結局椿屋がよかったって…なんじゃそら。
でも、この曲があったからこそ、即買いしたのです。
決して、目覚まし時計が欲しいからではありませぬ。
saki |  2014.11.27(木) 00:18 | URL |  【編集】

そっか、山野楽器ライブは、インストアライブか!
なんかそんな感じじゃなかったよね、、、地味で。
でも、無料でよかったよね。(笑)

sakiさん、私 応募券を机の上に出したまま、
どれに応募するのかまだ決めかねています。
可能性の少ない目覚まし時計にするか、無難なポスターにするか。。。

ライブ映像は、さらに躍動感があって、めっちゃ素敵~
月子 |  2014.11.27(木) 00:34 | URL |  【編集】

さっそくですが

のもんさん ありがとうございます。

周りに話せる仲間がいないもので いろいろため込んでおりました。
よろしくお願いします。
さっそくですが、アルバムの初回盤についていたDVDはご覧になりましたか? 
あのなかの白い壁を背にした ブルーのスーツの弾き語りのLIVE映像は
「浪漫街道」初日の新潟 での映像です。
当日私も聞きに行ったのですが、おそらく初日ということもあり
裕二本人もペース配分がわからなかったんだと思いますが、 
序盤からかなり飛ばし、ずっと座っているのに それはもう汗だくでした。
途中 「僕も飲んでいいですか?」と飲み物をオーダーし、ダブルアンコ 含め 
3時間近く歌ったと思います。
「飲みながら歌えるなんて もうずっと歌っちゃう」といいながら。
サポートメンバーさんがMCしてくれるわけでもなく、
歌い、弾き、おしゃべりもし、大変だったろうと思います。
「浪漫街道」次の公演から 「アンコールなし の 2時間キッカリ」 と 
宣言されるようになりました。

昔の情報など 私の知っている範囲でお伝えします。
(ステージ上のドリンクと一緒に たぶん吸入器や酸素のスプレーが置いてあった とか(笑)
 ん?珍しくないですか?)
最近は安定していますが 喘息もちだったので 時々調子の悪いタイミングがあって 皆心配していました。
タバコはすいません。 カフェインもダメみたいです。
待ち合わせ とか 時間つぶしとか ジュースだとゴクゴク っと飲んじゃって、間が持てないようです。
若いころから衣装は「シャツとスラックス」で シャツはきちんと IN していました。

私は アンコールで 「じゃ 新曲やります」とギター1本で歌ってくれるのが 大好きです。 
歌詞の ひとこと、曲のほんのちょっとのフレーズでも聞き逃すまい とみんな息を殺して聞いています。(各自 脳内録音 です)
弦のきゅっきゅ鳴る音や 吐息まで聞こえる中、
いろいろアレンジされる前の、曲に込めた思いだけ というある意味非常に贅沢なひとときだと思っています。

あと「UNDO」 映像の 1分54秒 と4分40秒過ぎの裕二 に 
キュン死です。

あ~~この人,妄想の中に生きる ちょっと頭の変な人なんだと お許しください。

    も~~ 吐き出せて とっても嬉しいです。

 
じょん |  2014.11.27(木) 08:20 | URL |  【編集】

キュン死ポイント

取り急ぎ、じょんさん。

早速UNDO観ました。
ここかあ!!!
これは見落としていたが、キュン死するのわかりますね!
このだるそーな感じ。いいです~。

私、こちらで前書かせてもらったのですが、
PVってどうしても耳のほうが敏感になってしまうので、
見落としがすごい多いんですよね。
だから音消して、真っ暗で見るのがいいと最近気づきました。

で、誰も訊いてないのに勝手に答えますが、
私のキュン死ポイントは、まだまだのcoversネタで申し訳ないのですが、
「スローモーション」の最後のアップの、すがるような瞳をするとこと(ここで実際倒れた)。
「モンローウォーク」の歌い終わりの、なんともいえないクシャクシャの笑顔、
そして「シルエットロマンス」の最後の方の「激しく感じさせて~」の「激しく」の直後に、
一瞬だけ人を殺しそうな瞳をするんですけど、そこがもう(で、ここが一番好き)。


あーもう誰も見てませんように。と、切に願う。
saki |  2014.11.27(木) 10:23 | URL |  【編集】

不器用ですから…

連投すみません。

じょんさん、初回のDVDもちろんリピ見です。
すでに椿屋ベストの特典を100回くらい見たうえに、
日本橋が全然届かなかったので、もう何度も。
(なので10分1秒過ぎの笑顔にやられてる)。

あれ新潟だったんですね。
言われたから、じゃないけど、なんか緊張してる感じしました。

ファンになって日は浅いですが、
霧雨も全部さかのぼって読んで、群青をヤフオクで落として読んだので、
決して器用なタイプではなく、
じっくり準備してコツコツ積み上げるタイプだろうから、
すごく大変だっただろうな、と勝手に。
もう本当に思い込みなんですけど、私はそんなところを、とっても好ましく思ってます。
saki |  2014.11.27(木) 10:30 | URL |  【編集】

お返事遅くなりましてスミマセン。

じゅんさん

あのブルーのスーツのライブ映像は、新潟だったんですか。
もれ聴こえてくるファンの笑い声が高くて、
若い子ばっかりなんだろなーと思っていましたw

自分が行ったライブの映像が見れるって、なんだか特別な感じですね!
あのビールは途中からオーダーされたものなんですね。
ソロで、初めての試みで3時間はかなりしんどいでしょうね。
ファンは嬉しいけど。
次からちゃんとルールを明確にするのは、双方にとっていいことです。

しかしダブルアンコールとは・・・。
アンコールの無駄遣いをしているわが御大には考えられません。うう。

酸素スプレーは珍しい、ですよね。
って、ぜんそく持ちなんですね!(驚)
私は経験ないのでわからないけど、
不安を抱えつつ本番というのはプレッシャーあるでしょうね。

シャツをインしているのはご両親のしつけがいいからでしょうか。
中田クンの世代でもそうなのかしら。

ほやほやの新曲をシンプルな演奏で聴くっていいですね。
これからいかようにも変わりうる、
その原型を味わうのは、ライブならではの贅沢だと思います。

まだ見ていなかった「UNDO」見ましたよ。
あの一瞬にインサートされる、味わいの違う映像、
ドキッとしますね!!
しみじみと、歌う中田クンを見て、
私の好きな輪郭だなー、大きい口だなー、キュートな目だなーと
見入ってしまいました。
なんでこんなに綺麗にかっこいいんだろう。
やっぱり私は彼のビジュアルもあってこそ、
好きなんだなーと思います。

そしてまた映像と歌詞はまったくリンクせず、
ただ美しい&凝ってるなあと鑑賞して終わるのです。

まだまだもったいなくて、
山とあるYouTubeの映像もクリックできないものばかりなんですが、
ホント、こういう複雑な曲を、
どうやって作り、覚えているのかと。
1回聴いただけでは取り込めない膨大な情報があって、
次に聴いたときにどんな立ち上がり方をしてくるのかなと
ワクワクした気持ちになる曲ばかりです。

sakiさん

カバーズネタ、まだまだ歓迎ですよ。
自分が意識していないところを教えてもらうと、
今までの映像がまた何倍も楽しくなりますよね。
また新たなキュン死ポイントをもらったのでチェックしなくては。

文字になってるものも押さえているんですね。さすがです。
私もおいおい、椿屋のCDを楽しんでから読んでみようかな。
(言うだけの可能性も高い私)

インタビューの語りっぷりといい、
言葉にしてくれるアーチストって嬉しいですよね。
作った楽曲に関する話はファンにとってもすごく興味深いです。
ぴあ関西版のインタビュー、早く出てこないかなあ。
のもん |  2014.11.28(金) 21:26 | URL |  【編集】

ありがとうございます

sakiさん、

DVD鑑賞でお忙しいでしょうに、早速にUta-Tube映像を送っていただいて
ありがとうございました。

中田くんの艶っぽさ、色っぽさ、映像で見るとホント際立っている、素敵。
“艶ロック”って言うそうですね。あぁ~その通りだと思った。
でも、品の良い色気ですね。かわいい。あのキラキラ光る瞳が魅力です。
話しているときの表情も輝いている。目標を持ってがんばっている人の輝き。
愛用の目薬が、同じなのもうれしかったです。もうずーっとあの目薬が必需品な私。
目薬を差す中田くんのアップ映像がかわいい! NHKさん、ありがとう!

蛸足のお蔭です。sakiさん、はゆさん、のもんさん、ありがとうございました
月子 |  2014.11.29(土) 20:18 | URL |  【編集】

本当に感謝です(長文)

こんばんは。
いろいろなコメントありがとうございました。
レビューを見ていただいた上に、いつもコメントもくださって。本当に感謝です。
そして「蛸足向き」なんてお褒めのお言葉、うれしかったです。
長々と書いているのに「面白かった」とか「ドキドキした」とか、
もちろん盛って言ってくださってるんでしょうが(笑)
でも私、本当に本当に感謝しているんです。救われたんです。

というのも、聴いてくださいますか(いつものパターンではなく真剣です・笑)。
めちゃ長くなるので、時間あるときに読んでいただけたら嬉しいです(お忙しいとは重々承知なのですが…)。

関係者が読まないことを祈って書きますが…
私、三か月くらい前まで、仕事でとても辛い思いを抱えていたんです。


実は、冬から初夏にかけて、ある大物芸能人さんのエッセイ本に携わったんです。
アンパンマンの中の人です(すみません小心者なんで検索引っかからないようにしました)。

彼女は名古屋出身で、名古屋のグルメ本みたいな本を作るという企画があって、
版元は東京なんですけど、彼女は15歳で東京に出てしまってるから、名古屋の今を知らないからと、私がお世話になってるプロダクションに声がかかって。
じゃあsakiさんもメンバーに、という話をいただいたのが昨年末。
私、もともとクリエイターとしてやなせ先生を尊敬して、高知のミュージアムにも行ってて、娘が生まれてからは毎日アンパンマンにお世話になって…という、
今の中田くんに負けず劣らず、おー運命だ、みたいな感じでね。
「1ページでもいいからやりたいです!!というか絶対会いたい!!!」って名古屋の得意先のプロダクションに返事したんです。

で、ちょこっと関わるつもりが、ほかのスタッフのスケジュールとか、ご本人もお忙しいから、じゃあインタビューは全部一人のライターさんにしようってことになって、
結局レギュラー本数の少ない私が担当になったんですね。
まあ薄々感じていらっしゃるように、ゴースト的な。

彼女と何日も一緒にいてインタビューしたり、撮影したり、まあもちろん気を遣うこともたくさんあったのですが、本当に素晴らしい方でね。
国民的アニメの声優をずーっとやってらっしゃるくらいだから、当たり前なんですが、
これからの仕事や人生に活かせるようなお話もいっぱい聴けて。
帰ってからICレコーダー聴きながら、感動して泣いたりしてたんです(よう泣くなあ)。

で、それまではよかったんです。いい本にするぞ、絶対喜んでもらうって。
でもね、東京の版元の編集者と全然折りが合わなくて。
仕事の仕方も合わないし、文章の好みも合わない。私はきちんとやってるつもりなのに、もう全然。
この仕事に就いて結構がんばってきたつもりだったけど、その編集者に響かなくて、どこが悪いのかもわからないし、その人が直した原稿を見ても、どうして私のではいけなかったのかもわからなくて。
ああ、スケジュールが開いてた私じゃなくて、もっとベテランのライターさんがやればよかったのにって毎日落ち込んでて。

原稿送るたびに言われました。
流れが悪い、サラサラ読めて引っかからない、
印象に残らない、語彙が少ない、
つまらない。
直すの正直しんどいから、自分でやればよかった…。

好きな方の本だし、伺った話をみんなに伝えたい!
すごくいいものにしたい!
そうして気合い入れて、頑張ってるのに、気持ちだけ空回りして、力が全然追いついてないことにだんだん気づいて、
一度今の私ではダメなので、ギャラ要りませんから降ろしてほしいと申し出たのですがダメで、
もう何がいいのか全然わからなくなってきて、毎日泣きながら原稿書いてました。
で、どんどん落ち込んでいくから、どんどん自由に書けなくなって、最後の方は精神をきたしていたので「いいものにしよう」という気力はもうなかったんです。

で、思ったんです。才能なかったんだって。
結構長くやってきたけど、それは偶然続いていただけなんだって思い詰めて。
だからもうこの仕事納品したら、ライターやめようって。

本は無事に完成して、5月には名古屋でサイン会があって、そこにも行ったんですけどね。
ボタンがかけちがってるから、ご本人はすごく喜んでくれたんだけど、気持ち的にはもう折れ折れで。

でも有難いことに、名古屋のプロダクションは全然そんなこと気にしてなくて、普通に仕事じゃんじゃん来て、「ま、あの時だけだったのかな」なんてだんだん思い出して、
そのギャラを今中田くんに向けてガンガン使ってるんですけどね(笑)。


でもやっぱり辛い出来事で、その時ダブルパンチもあり。
当時この辛い思いを、長年信頼していた人にいろいろ相談したのですが、
もう自分もおかしくなってるから、気持ちも伝えられないし、うまく言葉も選べないからこじれてしまい(実に抽象的でわかりづらくすみません)、
もう悪循環が止まらない。
忙しいこともあり、娘の様子もちょっとおかしくなってきて。

それで、
わかった、もうすべて水に流そう、新しくやろう、って、
それが「The covers」を観る前の週だったんです。


蛸足さんのブログでね、昨日なんて「ここ向きですよ」なんて言っていただいて、
みんなが面白いとか、臨場感あるとか言ってくださる。
ライブレポなんて趣味だし、仕事じゃない。
大好きなことだから、伝えたい気持ちがいっぱいあるから伝わってるのかもしれない。
でも私は、自分の書いたものを褒められて、とても救われた。
しかも顔も知らない人に、面白かった、またお待ちしてますなんて言ってもらえた。

本当に本当に有難いし、感謝の気持ちでいっぱいです。

中田くんの握手会に行った時、エスカレーターをかけおりて、下の本屋で手の匂いを確かめた(恥)と書いたのですが、
その本屋がね、その「中の人」がサイン会した本屋なんですよ。まあ名古屋のイベントってだいたいそこなんですけどね。

中田くんと握手するために並んだ階段も、そのサイン会のときに並んだ階段と同じで。
だから「暗くて古い階段」って、無意識に言ってたのかもしれないです。

エスカレーターをかけおり、絵本のコーナーで匂いを確かめていたわけですが、
しみじみ「あー、ここって絶望的な気持ちで、編集者の顔色気にしながら立ってた場所だったよな。
でも私はたった半年後に、うれしくて幸せで満ち足りた気分で同じ場所にいる」って思ったんです。それもあって号泣したのかもしれないです。

なんか、がんばってもなんともならないことはあって、
でも凌ぐというか、それでも投げ出さずにやっていれば、すてきなご褒美って待ってるのかなあと。
のもんさんの「蛸足向きですよ」ってのはサービスだとはわかってるんですけどね、
でも私はとてもうれしかった。

仕事がうまくいかなくて、その後信頼している人との関係もおかしくなって、結構私にとっては二本柱だったので、
「The Covers」と出会ったとき「あ、めっちゃいいご褒美きたのかも」って思いました(笑)。
そしてそのこと書いたことで、こんなふうに歓迎してもらえて。


今日は中田くんのこと関係ないのに、めちゃめちゃ長くなってしまってごめんなさい。
夜って、すごく思い込みの激しい文章になるのはわかっているのですが、このまま送ります。
今後は、ここまで長いことはないと思います(あ、2月のライブまでは・笑)。

これからも、お付き合いしていただけたら嬉しいです。




saki |  2014.11.29(土) 22:37 | URL |  【編集】

もう、ちょっとサボっている間に中田くんでメチャクチャ盛り上がってるじゃないですか!
くやしーーーーー!

すっかり出遅れました。

sakiさん、じょんさん、初めまして、いこいこといいます(^^)よろしくお願い致します。

私も昨年の6月頃かな、鉄マダムさまがこちらで中田くんを紹介されてから、すーーーーっかりハマっています!
コンポジ即買って、ずっと聴いています。
実は中田くんの見た目には余り興味はなくて(スイマセン)、声!声!声のみに惚れ込んでおります。
シルロマのプロモビデオも見たんですけれどね、あまり興味は惹かれず。。。
でも「Covers」の中田くんは、素直な感じと育ちがよさそうな感じと、歌うと色っぽさと、相反する魅力が滴ってて、素敵でしたね。

2月だったかな、横浜のライブに行く予定です!
もちろん「Back to mellow」も予約して発売日前日に届いたのですが、最近生活がバタバタしていて1週間ほど手をつけられず。。
片手間に聴きたくないですものね。。
でも、結局片手間に聴きはじめておりますが。。。
DVDはまだ見ておりません。もったいなくて、片手間に見れません。いつ見れるやら。


「愛の摂理」が大好き!sakiさんインストアライブで聴いたんですね!うらやましー!


お仕事で大変な想いをされたんですね。。そこに中田くんが現れて(^^)運命の出会いじゃないですか。

私はここの皆さんと違って文章力も包容力もないので、sakiさんのつらかった状況にうまいことコメントできませんが、ひとつだけ。
後半の方に大物芸能人さんの苗字が2回書かれていますよ。大丈夫ですか?検索ひっかかりませんか?

あと、図々しいことは百も承知で書かせていただくのですが、私も名古屋で放送された番組、融通して頂くことってできないでしょうか。。。。見たくて見たくて。。。。

あー、書きたいことたくさんあるんですが、余裕がない!
のもんさん、おじゃましました。明日から12月。今年はクリコン早いぞ!あと2週間!うわー、どうしよう、心の余裕を持って迎えたい!
いこいこ |  2014.11.30(日) 16:38 | URL |  【編集】

運命

sakiさん、やはりこれは運命ですよ。
その方、時々ライブをなさるでしょ。
その時のキーボード奏者は、来生さんのサポートを長年なさっている方です。
その方は、全盛期の明菜ちゃんのサポートもなさっていた。
だから、読んでいて、なんというご縁~つながった!と、驚きました。

私は、運命とか縁とかって、すごく信じています。
それは、今まで生きていて偶然とは思えぬ不思議な縁を感じることが多々あったからです。
ドラマや小説で描かれたら「ウソでしょう? 出来過ぎでしょう?」と言われそうなことが、
実際に起きたりするのです。

だから、sakiさんが中田くんに出会って、今 大きな喜びを感じていることも、
やはりご褒美なんですよ。

中田くんがカバーズで来生さんを歌ってくれたお蔭で、私も中田くんを知って、
sakiさんやじょんさんから、たくさんの楽しい話題を聞かせてもらって、うれしい日々です。

長い文章は蛸足ではいつものことなので、全然問題ありません。
のもんさんが言ったように、座談会ですから。(笑)
私とのもんさんも、来生さんコンサートで隣りの席だったり、
ディナーショーで同じテーブルだったり、偶然が重なって仲良くなりました。
会うべき人とは、出会えるんですよね、きっと。
月子 |  2014.11.30(日) 16:45 | URL |  【編集】

同じ時代に生まれてよかったと思う

sakiさま
いろいろ大変だったのですね。
なんだか軽い調子で感想を送ってしまって 申し訳ない感じです。

でもそんなタイミングで彼の歌に出会ったのはやっぱり
「ご縁」があったのだと思いますよ。

つらいときは私たちの心の支えになって、
彼の歌が人生のいろいろな場面に寄り添ってくれると思います。
裕二から助けられて、sakiさんが また元気になられた時は、
そのパワーをどなたかに分けてくださればいいのだと思います。
お互い様ですもん。

いこいこ様
新入りです。よろしくお願いします。
じょん |  2014.11.30(日) 19:40 | URL |  【編集】

続き・・・

先程ニアミスだったいこいこさん、お久しぶり。
何してるんだろう~お忙しいんだろうな~と、思っていました。
ここに来て、中田くん話題、一気に盛り上がってますよ♪

いこいこさん、
>中田くんの見た目には余り興味はなくて

えっ、そうなの!!!???

でも、いこいこさんはCDですでにゾッコンだったもんね。
私は鉄さんの紹介でCDの試聴したまま、CDは買わなかったなぁー
でもカバーズの動く中田くん見て、見た目も含めた歌い方にひとめ惚れ♪

それで、CDですが。
やはりまずコンポジから聴きこんで、次いでアマゾンから適当に選んだ
「アンヴァレンスの功罪」そして「BACK TO MELLOW」と聴いたのですが、
オリジナルがどれもいい。無駄な曲=飛ばしたくなる曲が、1曲も無い。
(普通、どんなアーティストでも1~2曲はそんな曲があったりします)
中田くんのはどの曲もドラマチックで、つい耳を傾けて聴き入ってしまいます。
忙しいので、キッチンに立ちながらとか車運転しながら聞くことが多いのですが、
お陰で、憂鬱になりがちな台所仕事や運転が音楽タイム、楽しみになりました。

仕事(自宅でデスクワーク)の時は、机のすぐ傍のTVで録画やDVD見ながらで、
これまた仕事の苦痛が和らぐというか。あと、早起きして見る!(笑)

日本橋のライブ映像、「この初めて聞く曲はなんだ?」と思って見ると、
中田くんの作品で、やはりこの人のオリジナルはいいんだな~と実感します。
すごく饒舌な早口言葉みたいな詞とか、息切れしないのかと心配しますが、
そうですか、酸素のボトル。
「サブウェイを乗り継いで」も好き。軽やかでPOPでかわいい。

しかし、Uta-Tubeで「歌詞は実体験ですか?」なんて質問はやめて欲しい。
「そうです」なんて答えられたら、ガッカリするではないか!(笑)
「無いことは書けない」・・・渡辺淳一先生もこんなこと言ってたな。

私、はゆさんにDVDの録画を2枚お願いしたのですが、それは皆で回覧しようと
思ってたわけで、その中には当然いこいこさんも入っていましたよ。
sakiさん、私からもいこいこさんにもと、お願いいたします。
でも、ダビング10回限りでしょう、大丈夫でしょうか。
大丈夫じゃなかったら、回覧ね。
月子 |  2014.11.30(日) 20:01 | URL |  【編集】

続きの続き

松田真人さん。
ご存じない方のために紹介させていただきます。
長い間、来生さんのサポートやアレンジをなさっていたピアニストです。
でも、とても残念なことに、今は来生さんからは離れています。
その演奏とお人柄から、来生ファンから愛されていた松田さん。

今は、安全地帯そして玉置さんのステージに欠かせぬ人となっています。
私は、玉置さん~安全地帯と、何度かコンサートに行ってますが、
松田さんのピアノは、やはりとても素敵でした。
その松田さんが、12月3日水)19:00よりフジテレビ「2014FNS歌謡祭」に
玉置浩二さんのサポートで、ご出演だそうです。

Uta-Tubeで中田くんが「3歳の頃からずっと聞いている」と言っていた
玉置さんのサポートを、今松田さんがなさっている。
こじつけ・考え過ぎと言われそうだけど、
なんだか、来生さんがキーとなって、中田くんとつながっているような。。。

そうそう、のもんさんから椿の切手を貼ったお手紙が届いて、笑っちゃいました。
とてもきれいな赤い色の椿の絵が描かれている82円切手です。
本当にファンというのはかわいいもので、好きな人につながるものって、
なんでも愛しく思えるのですよね。(笑)
月子 |  2014.11.30(日) 20:49 | URL |  【編集】

sakiさん

もー盛ってなんてないっすよ!

蛸足は140文字で語れるヒト、140文字くらいしか我慢できないヒト向けじゃないんです。
携帯やらスマホとも相性悪い。
(文字数オーバーで表示できないとかあったなあ)
昔からPCでどーんと腰を落ち着けて読む仕様です。

同じものを見ていても「楽しかった、最高だった」の内訳は、
人によって違うはず。
どうせなら、自分が気が付かなかったところも教えてもらって、
貪欲に味わいたいじゃないですか。

自分の思うことを文章にすること、
それが長くなっても制御できること、
そして読むほうも長い文章を楽しむだけの素地があること。
蛸足は、気付くとおもしろいコメント書く人が集まってきて、
誰にも似ていなくて楽しいんですよね。

sakiさんは本職なので、
ほめるのもピントが外れてしまいそうですが(笑)
勢いがあるけど、ちゃんと状況がわかるので面白いんですよね。
私なんて、たまに昔の読んだりすると、
状況がさっぱりわかんないとか、
そも何について書いてあるのかすらわからないものとかあるし(大汗)

「蛸足向き」が褒め言葉、って言われると、うれしいけれど、
そんなたいそうなものじゃないですよ!
何年も平均の訪問者40人前後という、
フツーの冴えないブログです。
ま、メインストリームと外れたところで
異様に濃く盛り上がっている、ということだけは
自信をもって言えます。

最後に書いてあった「夜は思い込みの激しい文章になる」の一言。
そういうことをちゃんと知っているのが
また信頼できるなーと思うんですよ。

sakiさんも、仕事でいろいろ大変な状況だったんですね。
ブログのように好き勝手でいいのと違うから、
とても難しいと思います。
でも自身の思い入れのある方と仕事ができて、形になって、
今もプロダクションの方たちと変わりなく仕事が続けられているのだから、
負けずに頑張っただけのことがあったんですよ。

気持ちを切り替えたところで中田クンがやってきたのも、
まさにここしかないというタイミングのような気がします。

そして蛸足で私たちがこんな面白いレポ読めるんだから、なんか申し訳ない。
けどホント来てくれてありがとうって何度でも言いたいです。


いこいこさん

遅いよー。
前触れもなくいきなり盛り上がっているのが蛸足です。
って中田クンに早い段階でどっぷりはまったのはいこいこさんなのにね。
鉄さんはお元気かしら。
ぜひ混ざってほしいんだけど。

えっ見た目、そうでもないんだ。
いこいこさんの基準がわからない。
それをしのぐ声ってことなんでしょうね。
私は見た目込みの総合得点が高いです。

そうそう、今の素直そうで、育ち(しつけ)が良さそうなところがまた、オトナの女性の心をくすぐるというか。
近づきやすい安心感がありますよね。

片手間に聴きたくないってわかります。
そしていつまでもなかなか聴けないという。

クリコンもあと2週間ですね。
あっという間にやってきそうな気がします。
Uta-Tube、回覧も可能です。

忙しいと思うけど、またチェックしに来てね。

月子さん

あーそうだね!すごい、またつながってしまった。
明菜ちゃんのサポートやってたんだ。
し、知りませんでした。すごいのね。

中田クンのオリジナル、いいよねえ。
私もアイロンかけるの楽しくなった。
1回目はなんだかとらえどころがなくて
でも2回目3回目と聞くうちに、
いきなりわーっと鮮やかに曲が入ってくるの。
これ来生さんのアルバムを聴いてた時に感じたのと一緒です。

じょんさん

ほんと、ご縁ですよね!
いろいろなタイミングが絡み合って、
今こうやってみんなでおしゃべりできてるのは嬉しい奇跡です。
中田クンにも知らせたい(笑)

のもん |  2014.11.30(日) 21:26 | URL |  【編集】

どなたさまも!

いろいろありがとうございました!
書きたいこといっぱいありますが、
基本夜はパソコンやらないようにしてて(今はスマホで)
昨日は夫がゴルフの練習に行くと言い「チャーンス中田タイム!」とばかりに書きました。

で。取り急ぎ
こちらで接点ある方なら、Utatube送りますよ。
2台のテレビで録ったので、あと15くらい行けますよ(笑)もちろん高画質です。
のもんさんに取り次ぎしてもらわなきゃ、なんですが。


saki |  2014.11.30(日) 21:37 | URL |  【編集】

恐縮です!!

saki様 
ずうずうしいことは百も、千も承知ですが、見たい!という欲望に負けます。
「新入りの身で申し訳ありませんが、
私にもぜひUta-tube をいただけないでしょうか?」 
  ・・・   っ は~~ 言っちゃいました。
ホントに 大変申し訳なく、身の程知らずで 恐縮です。

sakiさんの「大丈夫ですよ」を見て慌てふためいた じょん。
じょん |  2014.12.01(月) 08:28 | URL |  【編集】

いつもありがとうございます。

sakiです。

みなさま温かいお言葉ありがとうございました。

いこいこさん、はじめまして。
こちらこそ常連さまがいらっしゃらない間に、ズカズカ入り込み、しかも長文を書いてごめんなさい。
もう恐縮でございます。
私が「The Covers」で失神寸前になったことは以前の日記にてご覧ください(笑)。

声もだけど、姿もだし、なんか中田くんが放つものすべてが、もう。
でもシルロマのPVも私は全然ハマりませんでした。

そうなんです!「育ちのよさそうな!」まさにそこでして。
音大出たどっかのお坊ちゃんだと思ってましたよ。
話し方もおっとりしていて、なんか「よき青年」って感じで。
だから椿屋のPVとか見て驚き!!
なんじゃこのずーっと怒ってる人は!って。
でもまたそのギャップにやられるという。

DVDは都合6回見てますが、まだ見られてない曲やスルーしてるのもあって。

片手間に聴きたくない、ってすごくわかります!
でも不思議なもので…中田さんの作品って、
ある瞬間にふっと懐に入ってきて、心臓ごともぎとる感じなんですよ。

だからすぐに「この曲いい!!」って感じたことがなくて、
こちらのレビュー見ても「これはこういうところがいい!」とかたくさんあるんだけど、
私はそういうふうに感じなられなくて…。
なんとなく聴いていた作品が、急に「これを聴いていない時間は生きていられない」」となるんです。
SNSで知り合った、長年のファンの人にそのこと伝えたら、すごいわかる!と。
彼女によれば「ある日突然自宅に現れた中田くんが、玄関で仁王立ちしてる感じ」
と言ってました。まさにそんな感じです。

だからリピしちゃうんでしょうね。
邪道ながら私は最初の2週間「いばらのみち」しか聴いていませんでした。
あけても暮れても。夢の中でも。
たぶん中田くんだけの作品じゃなくて、大御所の要素が加わってたから、ちょうど聴きやすかったのだと思います。
でもあの曲はちょっと攻撃的なんで、一週間くらい経ったときにちょっと目つきが悪くなった気がして、控えました(笑)。

だから「愛の摂理」私も大好きなんですけど、
心臓わしづかみまでは行ってなくて。
インストは場所なれしてなかったし、蛍光灯がこうこうとしてるし、握手会も気になって、正直あまり集中できなくて。

あと、ご指摘ありがとうございました!

途中から「知られることなんてないだろう、っていうかもう誰に知られてもいいや」と思ったり、
その編集者も秋に会社辞めて、名古屋の編集の子先月辞めたんです。
だからもう足はつかないと思ってるんですが、
よい内容ではないのでね、中の方にご迷惑かかることもゼロではないと、編集しました。
ありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いいたします。


月子さん★

これは運命??本当???
そうです、ブルーノートとかでやられてます。
来生さんつながりとは…ね、運命を感じざるをえないです。
こんなところで…不思議です。

私も運命を信じます。
必要なことしか起こらない、って思っています。
必要な人しか、自分の周りにはこないと思っています。
いいことも悪いことも、自分にとっていい人と思える人もそうでない人も。
すべて自分の幸せにつながっているのだと。

事実は小説より奇なり。本当だと思います。

実は中田くんとの出会いはどうでもよくて(いや、全然どうでもよくないけど・笑)、
こうしてつながった方々とか、そういう出会いを、神様が用意してくれたのかな?
って思いますよ。

ちなみに彼女は
「私は歌手でデビューしたので、やっぱり歌もやっていきたい。
事務所としてはなんで?っていうのもあるけど、私は本当に歌っている時が幸せだから」
と言われてました。
でも女優や声優として、本当にたくさんの影響を多くの人に与えていて、
でも自分はこっちがやりたいと思う。
大御所でも、そんなジレンマを抱えてるのか、って、頑張ろうって思えましたね。
仕事自体はつらかったし、迷惑もかけていたと思うけど、
彼女と出会ったことは、本当に宝です。

話それてごめんなさい。
私もとにかくずーっと聴いてますよ。もちろん今も。
運転ももともと嫌いじゃないけど、渋滞とかも「これで不可抗力で聴ける」と超前向きで、
「なんなら今から信号工事してもいいっすよ」くらいな。

あと、ご飯作ってるときもDVD流してるんですが、
笑わないでくださいね…
ガス台のほう向くと、DVDが見えないので、鏡付けたんです。
はずかしーーーーー。
でも、左利きな中田くんも萌えですよ(笑)。

日本橋のライブ映像、オリジナルの曲のイキイキとしたところもいいですよね。
youtubeとかCDで聴いた作品が「おお、ライブではこのように!」
と。
そうそう「MIDNIGHT FLYER」が流れる
1:18:45をお見逃しなく。です。

私も、Uta-Tubeで「歌詞は実体験ですか」なんて質問、本当にやめてほしかった。
どっち応えられてもいや~~!と絶叫してたら、
かなり大人な対応でしたね。さすが。

そうそう、私、安全地帯、当時はすごく聴いてましたよ。
ワインレッドが出たころかな…それこそ中田くんではないですが、母がすごく夢中で。
しかも、母の友人の旦那さんがキティレコードにお勤めだったんです。
だからそのころの安全地帯のアルバムは、全部見本版で持ってますよ。
まだCDが出回り始めたころで、うちにデッキなくて、結局母はレコード買ってましたけど。
関係ないけど、私夫と高校の同級生なんですが、
当時の夫は玉置浩二に似てました(笑・今は全然です)。

で、82円切手。早速買いに行かなくては。


★じょんさま

utatubeの件、全然問題ないです。
そのために高画質で、2台のテレビで録画したのですから!

っていうか新人じゃないですよ、先輩です大先輩!!
持っていらっしゃるのも、興味ありありです。
特にMステは検索しても出てこないし…。
一度ご連絡いただければと思います。

挙げてくださった中で一番興味あるのは映画ですね(笑)。
なんでそんなことになったのか、ぜひぜひ見てみたいです。
たぶんTSUTAYAとかにもないのでは…。
でもほかのも興味深いのだけど…。
のもんさん、お手数ですが中継ぎよろしくお願いします。

あと、軽い調子とか気にしないでください!
もう終わったことだし、中田くんと出会い、みなさんにお話したことで、完全に昇華しましたから!

大変だったけど、こんなに楽しくてステキな出会いが待っていたとは。
一億円くらいお釣りがきた感じですよ!
あ、ちょっとおおげさ。



のもんさん。

本当にありがとうございます。

カバーズ後、最初は曲聴いてPV見てだったんですけど、
この気持ちを誰かに伝えたくて。
友達にも伝えたんだけど、反応イマイチで(苦笑)。
結構何日も検索してたんですけどね、
「大好き大好き~私の恋人~はあと」みたいなノリのブログとか、
すごーく専門的に分析してる「文句あるなら聴くな」みたいなブログとかしか当たらなくて。
で、こちらにたどり着いた。

もともとは来生さんを愛する人というのがあったり、
イコール年齢的にはそんなに変わらないかと。
まずそれがありました。
そして、みなさん押しなべて長文を書いているのに、それが決してダラダラしてなく、
中田くんのことを、ハイテンションで書いてるんだけど、ちゃんと壁とか線があって、客観視している。
そんなところに「ここなら一回くらい書いても、読んでくれるかもしれない」と思い、書き込みました。
で、読んでくださったうえに、こんなにお邪魔してしまって。DVDのやりとりまでしてしまって。
自分の目利きに驚きです(笑)。

そうそう、普段は私ひねくれてるんですが、
こちらの方の発言を読むと「おお、それは一回見てみよう」と思える。

あ、でも
>それが長くなっても制御できること、

これは私できてないですね。全然制御できてなくてごめんなさい。以降気を付けます(苦笑)。
私も読み返し書いてたり、実は何日かたって編集してることもあるのですが、
何しろ中田愛が激しいため、もう勢い止まらないですね。すみません。

夜の文章の発言も、本当にありがとうございます。
今昼だけど、思い込み激しいですよね…もう笑うしかない…。

そして仕事のことも。
前半に書きましたけど「才能ないからやめる」と言っていた私だけが残り、
名古屋と東京の編集者は、仕事を辞めました。
同じ業界にいるのかはわからないのですが、
人生は不思議だなあと。
でも、頑張ってたというより、もうただただ終わるの待ってた感じなんですけどね、正直。
当時に中田くんを知っていても、ここまで時間取れなかったから、本当にタイミングよかったです。
12月は毎年ヒマですしね。

で、のもんさんも「一回目とか二回目は全然」って思ったのですね。
同じです。
急な心臓わしづかみ、です。
ちなみに私が今囚われているのは「ノスタルジア」です。

本当、中田クンにも知らせたいですね。
いや、あるかも(爆)!!
「中田くんが大好き大好き~」という場所ならまっさきに外されそうだけど、
来生さんファンが集まる場所だから、意外と見てるかもですよ。
あ、ごめんなさい妄想力が…。

今は荒れ放題なんですが、私あるブログを作ってたんです。
10年くらい前かな…、妹と私でNHKの「きょうの料理」の後藤アナが気になるよねえって言ってて。
ダジャレを飛ばすおじさまなんですけど、
特に平野レミさんとのかけあいが面白くて。
2ちゃんとかで書いてる人はいたんだけど、専門的にブログ書いてる人はいなかったので、勝手にアメブロで作ったんです。
月曜と火曜が後藤アナの担当だったから、その日中心に、ツッコミ入れながら後藤さんのダジャレを褒めたりけなしたり。
楽しみに来てくれてる人もいて、すごく盛り上がって。

そしたらどうもご本人らしき方のコメントが…。
恐る恐るたずねてみたところ、メールフォームから連絡いただいて、私が後藤ですと。
で、そこからふつうにそのサイトでファンとご本人がやりとりしたり「このときレミさんこうだったんですよ」とか書いてくれたり。

それでちょうど、後藤アナに、エッセイ本の話が持ち上がって(エッセイ本、よう持ち上がるなあ…)
で、ダジャレって自分では記録してないから、
ブログ転載してもいいですかと。
まだライターになって何年も経ってなかったし、大きな仕事来る?みたいな根性もあって(笑)、どうぞどうぞ~って。後から同業者に無料でそんなことするなって怒られましたけど。
で、後藤さん岐阜のご出身なんで、こっちでサイン会があったときに直接サイン入れた本をいただいて、お食事して。

あ、その後仕事にはなんも結びつきませんでしたけど(笑)。


ってまた長々と書いてしまいました。
特にROM専の方とか、私のこの勢いに引いてる方(結構多いかも…)すみません…。

余談ですが、皆様「群青」は読まれましたか?
ハードカバーで350ページくらいあるので、なかなか長いのですが、
これを読むと、中田くんの人生ごと好きになります。たぶん。
これ読んでなかったら、ここまで好きにならなかったと思います。
私は作品じゃなくて、人にいろいろ興味があるんでしょうね。
勝手に「あーわかるなこの感じ」と、私が感じてるだけ、なんですが。
っていうかお前誰やねんって、ツッコミたくなりますね。
どうか知ってる人とかに見つかりませんよう。


saki |  2014.12.01(月) 14:42 | URL |  【編集】

微笑ましい話

sakiさん、すごい!

>そのために高画質で、2台のテレビで録画したのですから!

ひぇ~恐れ入ります。
いこいこさん、じょんさん、よかったですね。
皆で見て、皆で盛り上がりましょう~sakiさん、ありがとうございます。

で、さらに微笑ましく思ったのは、鏡でDVD見てるって~最高!
いいな~こういう話聞くのって、ホント楽しい。

中田くんの歌声って、クセになるよね。
私も聞いていない時でも、頭の中にいろんな中田くんの歌声が
聞こえてくるようになりました。(笑)
月子 |  2014.12.01(月) 20:43 | URL |  【編集】

とりいそぎ。

じょんさん、
コメント入れるのにものすごく逡巡されたんじゃないかと推察します(笑)
よかったねー。
高画質でキラキラですよ。

とりあえず左にあるメールフォームから、
私になんか書いて送ってもらえますか?
公開されず、普通にメールとして届きます。

DVD、見たいなあ!黒歴史というウワサの。
中田クンが~!というより、ただの怖いもの見たさです。

ビデオの編集ね、私できると思いますが、
時間はかかります。
余裕もってもらえれば・・・。

な感じの話もできるかと思いますので、
まずはメールお待ちしています。
のもん |  2014.12.01(月) 22:59 | URL |  【編集】

初体験

のもん様
メールフォームというところから送ってみました。
届いているでしょうか?ちょっと ドキドキ です。


あたらしい「浪漫街道」のお知らせが告知されていますよ!!
うれしいですね。



ありがとうございます。 sakiさんから 連絡いただきました。
じょん |  2014.12.02(火) 12:28 | URL |  【編集】

当たりました♪

のもんさん、じょんさんのDVD、私に回していただければ。
じょんさん、よろしいでしょうか? お願いいたします。

さて、3度目の正直で、日本橋三井ホールが当たりました!
モバイル先行2回とも外しましたから、ホッとしました。
1月25日、ツアー2日目の水戸も当たりました!
水戸は電車で1時間だから、行きやすいかな~でも駅から徒歩20分、
さらにスタンディング~体力持つのでしょうか。(笑)

どちらにしても、生中田に会える、聞ける!
うれしい~楽しみです。


今夜11時から、NHKEテレ 知恵泉で、会津松平家藩祖保科正行公。
NHKBSでは、ギタリスト佐橋佳幸さんの30周年記念ライブ。
小田さん、妻の松たか子嬢、根本要、佐野元春、大貫妙子、藤井フミヤ、
他50名のゲスト、メッセージが達郎さん、まりやさん、桑田くん等々。
どちらも楽しみです。

で、今夜のドラマは、9時から剛くん、10時から今クール一番楽しみな
『素敵な選タクシー』 竹野内豊さんがいい味出してるんです。

昨夜の『THE COVERS』
JUJUさんが、初めて親に「お願いですから買ってください」とおねだりして買ってもらった
レコードが大橋純子さんの『シルエット・ロマンス』だったと。(歌わなかったけど)
来生さん、すごいな~ やはり一世を風靡したんですね。

月子 |  2014.12.02(火) 20:41 | URL |  【編集】

DVD

月子さま
お騒がせしております。

「誰が心にも・・」こちら お貸しできますし、
ちょっと違った形も検討中です。
月子さんにはのもんさん経由でご連絡できますか?
詳しくは後ほどご報告いたしますね。

TV番組の方は 今 捜索中ですが いろいろ雑多に同じ盤に入っていまして、
懐かしがってつい見入ってしまい時間がかかっています。
そして、年代物でして sakiさんの様に「最高画質」などではないため、
かなり荒いです。ご了承ください。
編集をお願いできるのでしたら とても助かります。
よろしくお願いいたします。
タイトルも書いてなかったりで ほったらかしです。
もうちょっと探してみますので お待ちください。


~~ その後 のもんさんと いろいろ 作戦会議中です。 
     後ほど ご報告させていただきます。 ~~
じょん |  2014.12.02(火) 22:55 | URL |  【編集】

じょんさん

もう、観られるならなんでも構いません!

私はたまたま高画質にできただけで。

YouTubeでよく「幻惑」観るんですが、
映像と音がずれてるうえ、
画像大きくすると、中田くんの顔にモザイクかかってんの?くらい荒いのに、
それでもこの作品が好きすぎて観てますから(笑)。
saki |  2014.12.02(火) 23:17 | URL |  【編集】

えーと今日ももうすぐタイムアップなので短めに!
反応したい話はいっぱいあるけど、またあとでねー。

じょんさん、メッセージを送ったのでご確認くださいませ。

今日、私もCD特典の先行予約、
チケット当たりました。
2つも。

申し込むつもりはなかったんですが、
早いもの順ではない抽選だったので、
ダメもとで日本橋を申し込みました。
で、
日本橋は倍率高そうだし、外れたら一般発売は面倒だなーと、
迷ったんだけど、結局、
終了間際に柏をホケンで申し込んだんですよ。

両方当たってしまいました。
しかも連日。柏なんてバレンタインデー。
裕二を置いて裕二に会いに行くのか私は。
(旦那が同じ名前)

日本橋は月子さんと一緒に行くつもりですが、
柏、どうしようー。
当たったけど諦めようかなあ。
先行で当たったのに期間内に入金しなかったら
次から当たりにくくなっちゃうかなあ。
(モバイル会員登録までするつもりはないのだ)

みなさんどうしたらいいと思います?
(ってここで聞いても、両方行けって言われそうw)
のもん |  2014.12.02(火) 23:37 | URL |  【編集】

いっちゃえ~♪

私も明日京都取ります!
saki |  2014.12.02(火) 23:42 | URL |  【編集】

裕二くん♪

>裕二を置いて裕二に会いに行くのか私は。
(旦那が同じ名前)

爆笑~笑いが止まらない。
置いてけば~いつも会える人と、滅多に会えない人だもん。

じょんさん、惑わせちゃうよねー
私、編集は出来ないのでそれはのもんさんにお願いして、、、
私は映画のDVDをアレしてこうして、、、
のもんさん経由でいいですよ。

昨夜の佐橋さん、夜更かしして見ちゃいましたが、
私的には、Charさんがすっごいカッコよかったです!

そろそろ仕事の合間に大掃除始めましたが、BGMは裕二くん(笑)
はかどるなぁー
月子 |  2014.12.03(水) 15:30 | URL |  【編集】

sakiさん

人によって、だけでなく、自分の中でさえ、
タイミングによって響く曲、まだそこまで至っていない曲が
いろいろあるのがいいなと思うんです。
ワンフレーズが耳から離れなかったり、いきなり化けたり。
そしてどんどん探りこんで深みにはまっていくんでしょうね。

ガス台に鏡。
あるある!
って言えないですさすがに!
ちゃんと手元も見てくださいね。

椿の切手は、1シートだとほかの花も入っているので、
バラで買ってください。
月子さんに送ったとき、52円だったら四重奏になったんだがな。

ネットだと、同好の士を見つけやすいけど、
自分に合うものを探すのは難しいですよね。
やっぱ「好き好き」「なんでもOK」ばかりのサイトってありますよね。
でもそーゆーのって読んでても面白くないんですよね。
専門的すぎるのも、程度問題で。
それを読んで、確かめてみよう、聴いてみよう、見てみよう
ってなるんならいいんだけどね。

来生さんに関しては、
私は愛がねじ曲がってダメ出しばっかしてますけど(汗)
それでも来生カテのモットーは愛と思いやりです。
そしてツッコミも欠かせません。

中田クン本人に見てほしいかどうかと言われれば、
恥ずかしいのでこっそりとお願いしますと。
そこまで現実味のない話ではなくても、
コアなファンの方に見つからないといいなーとは思っています(汗)

後藤アナ、知りませんでした。
そんな一部で盛り上がっていたキャラと番組があったとは。
しかもちゃんとブログとして書いて、本人が降臨!
すばらしい!ミラクルですね~!!!
仕事に結びつかなかったとしても、
ブログを通じて交流して、
本を出す力になれて本人にも会って、って素敵ですよ。

私が気になるのは、
NHKのお天気オネエと勝手に呼んでいる南さんです。

じょんさん

作戦会議、ゆっくりやっていきましょう。
「録画」と聞いてすぐ「ビデオ」だと思う昭和な人間。
椿屋のころはもう普通にDVDが家庭にも普及してますわな。はずかしー。

月子さん

水戸と日本橋だと、日程的にはちょうどいいよね。
何度も反芻したところでもう一度おさらいできる。
駅から20分の場所って、迷わないように気を付けてね。

私もスタンディングのライブなんて、数えるほどだよ。
背が低いからどーなるのか心配です。

カバーズは見なかったけど、
シルロマ欲しがった時のJUJUの年齢っていくつなんだ!?
来生メロディーって、その時代の人の頭の一部に
かなり入り込んでいるんですね。
だから頑張ろうよ御大~。

私も年末になるほどバタバタ忙しくなるので、
今のうちから掃除をせねばなー。
CDかけながらなら頑張れるかも。
のもん |  2014.12.03(水) 23:44 | URL |  【編集】

FNS

とても長いし,〇ャニーズの若い子は 見分けがつかないし で
ところどころ だけ見ました。
裕二のLIVEやアルバムでも おなじみの
パーカッション 朝倉さん ご出演でしたね。

そして 僕らの音楽で 共演の 森山直太朗さんが玉置さんと「メロディー」を!!
何年か前のコンポジツアーで 裕二も歌っていたんですよ。 
そんなことを思い出しながら 聞きました。 いい歌です。(しみじみ・・)
「SONG SONPOSIT」でも 玉置さんの「ロマン」 歌っていますが、
好きですね。じ~~~ん としちゃいます。

出演されていた 森山直太朗くんや 秦 基博くん、裕二と 同世代かと思いますが、
それぞれ ソロシンガーで カラーが違い、もちろんみなさん実力十分で唯一無二で、 いいですよね~~。
 
秦くん も すきなんです。 
自分でもたぶんそうなるだろうな とこれまで近づかないようにしてきたのですが、
じわ~~っと なんとな~く 捕まっちゃいました。

あ~~また 裕二 TV(全国ネットで!)出ないかな~~
でも あんまり有名になりすぎるのも 淋しいな~~。(わがままです)
じょん |  2014.12.04(木) 08:28 | URL |  【編集】

雑記

お邪魔します。

佐橋さんの番組、まだ見てません。
楽しみだな~。
うち夫がお松大好きで、アルバムも全部あって、
一緒にライブ行きましたよ。
このアナ雪ブームで、松さんが出ないことでいろいろ言われてることに関して
「ミュージカル女優つかまえて何言ってんだ!」とブツブツ言ってました。

その夫がですね「こんなんじゃ、中田くんのキレイな顔が見られないよ」
と液晶テレビを買ってくれました!
というか…まだブラウン管で見てて、しかもハウリングすごかったんですけどね(日本橋のユーミンなんてずーっとジージー言ってました…)。

そして、リピ見している「covers」を見たら…
もう、セットも照明もキラッキラでしたし、中田くんの瞳もキラキラで!!
ブラウン管で見ていて倒れましたから、
最初から液晶だったら…命拾いしました。


JUJUさんはけっこういってるらしいですね、40歳くらいかな…。

FNSもついついちょこっと。
妖怪見たさだったのですが。
マッチに感動した、そんな年代です。当時はトシちゃん派でした。
CMが多いので録画して、次の日の目覚ましで順番確認してから観る予定です。

中田くんに関する方々が出るのも知っていたのですが、
玉置直太朗、だったそうですね。
私はあまりテレビに出てほしくないんだけど、
今どき、武道館を目標にしている中田くんなので、
なんかそれを思うと、ちょっと辛くて見られないです(笑)。
中田くんのファンには、秦さんのファンも多いですよね~。
私今回のことで、いろんなアーティストさんを知りましたよ。
特にロキノン系というものとか…。

あ、ガス台の鏡。
うちキッチンがL字になってて、正確には作業台に「つけた」というより「置いた」で、
さすがに火を使っているときは観ないので大丈夫です!
ご心配おかけしてすみません。

愛ゆえ、つっこみ入れたくなりますよね。
私なんて中田くんを発見してまだ二か月なのに、
めっちゃえらそーにしてます。愛ゆえ。

今年の大掃除のBGMは中田くんで決まり!
そして、年賀状のデザインも、椿で決まり!


saki |  2014.12.04(木) 10:00 | URL |  【編集】

休憩中

先ほど、コンポジDVDを見終わって、
しばらく呆然とした後、
これはコメントで書いてすますわけにはいかない、
とあれこれ書き出して、
アンタどんくらい書くつもりなの、
とちょっと我に返っています。

今日の予定がまた崩れる。
のもん |  2014.12.04(木) 16:59 | URL |  【編集】

いろいろ・・・

ウフフ、、、なにを呆然としているのでしょうか、のもんさんは。
レビュー楽しみにしてますよ。

本日も、私は中田くん聞きながら大掃除。
ホントに、この歌い方! この楽曲! 
いいないいな、好き好きと思いながら手を動かしてますよ。
私達、裕二に励まされながら大掃除♪

じょんさんが、「裕二」と呼ぶのが、ベテランファンぽくていいなぁ~
sakiさん、TV買ってもらえてよかったですね! 

JUJUさん、高さ15センチ位ありそうなピンヒールの靴がすごい。
「世の中ピンクレディーの時代に、私は『シルエット・ロマンス』」と。
確かに、シルロマとピンクレディーは同じ時代だった。

JUJUさんと松さんは、小田さんの『クリスマスの約束』
そしてレコーディングのコーラス隊の常連です。
松さん、きれいだし歌うまいし素敵ですよね~ 
お子さんが産まれたら小田さんも喜ぶだろうな。
松さんには、小田さんも来生さんも楽曲提供しています。
松さんのお父上にもね。

玉置さんの『メロディー』、私も大好き。
FNS、久しぶりに松田さんの姿を拝見出来てうれしかった。
来生さんが40周年記念でオーケストラコンサートをするのなら、
ピアノはぜひ松田さんでと、願います。
月子 |  2014.12.04(木) 20:55 | URL |  【編集】

みなさん 面白すぎです

のもんさんのコメントの続きが気になります とっても。
呆然 って・・・(苦笑)
さ 、 語り尽くして下さい。
どこが ポイントでした? 聞きたい 聞きたい。

私 小松シゲルさんのドラム な~~んか好きなんです。
理由はわかりませんが・・・
じょん |  2014.12.04(木) 22:50 | URL |  【編集】

気になります!

私ものもんさんのレポが楽しみです。

じょんさん、
実は、中田くんより小松さんのほうが、ずーっとタイプです。
ああいう和風ないでたちが本来は。
だから自分でも驚きで。

saki |  2014.12.04(木) 23:44 | URL |  【編集】

じょんさん

サポートしてる人がほかの関連でテレビに出たりするのを見つけるのって
マニアックで楽しいですよね。
朝倉さんの音はとても好きだ!

「メロディー」もいい曲ですよねー。
中田クンのコンポジ時の「ロマン」は
好き好き度が全開で伝わってきますよね。

森山・秦・中田と、確かに同時代のソロアートストたち。
あーでも私は中田クンだな。楽曲・声だけでもダントツ。
秦くんでなんとなくじわーっと捕まる感じは納得です。

この3人で言えば、中田クンはまだまだ知られていないけど、
チケットとりにくくなるのが一番困るので、
そこそこでお願いしたい。
ホント、わがままだよね。
自分もNHKで見たからこそ、こうしてはまっているのに。

バラエティとかは出なくていいから、
WOWOWでライブ中継されるようにならないかなとは思います。

sakiさん

経済を回すには、いい男、いい女の存在が必須ですね。
私もちょうどパソを買い換えたところで、
思いがけずムダに画面が大きく、
ブルーレイも見れるものになったのですが、
そのおかげでUta-Tubeのキラキラの映像を
テレビを占領されていても楽しむことができてます。

sakiさんも最初から液晶で見ていたら、
行動起こすまでの余力もなかったかもですね。

>今どき、武道館を目標にしている中田くんなので、

わあ、すごい納得。
このへんの感覚が時代と微妙にズレてるところなんでしょうね(笑)

>小松さん
確かに、中田クンとはタイプが全然違う!

月子さん

掃除はかどりますよね。
昨日は台所をやっていて、
3枚アルバムをランダムでかけていましたが、
ひと段落してしまい、
まだアルバムのほうが終わらなかったという。
今日は音が聴こえない風呂をしぶしぶ掃除してました。
(広いという意味ではありません。
聴こえるまで音を鳴らすと隣に響きそうなので)

もう小田さんの「クリスマスの約束」の季節ですか。
1年早いー!

40周年に松田さん。わあ。
機会といえば、それ以外になさそうですね。
そういう可能性ってあるのかなあ。
松田さんの来生さんへの愛は変わらないだろうけど、
この上もなく広い世界を見てきた後で、
戻ってきて何を感じるかなと、
そっちが気になってしまいますね。
のもん |  2014.12.06(土) 11:33 | URL |  【編集】

ご無沙汰してる間に(汗&笑)!!

晩秋からアレコレ忙しくしており、仕事のあいまに覗きに来るつもりが、結果、断食ならぬ断のもんさん宅となってます。盛り上がってますね~。コメの質・量ともに充実で読み応え抜群です。中田君のCDも聴いて楽しんでますが、この時期なぜか達郎、大瀧 詠一、陽水の曲を聴きまくって「大人の男」を堪能しております。
陽水のコンサートも凄く良くって興奮冷めやらずなのも理由の一つですが。
皆さんからの中田君の楽曲、DVD,&レポを拝読し改めて聴いてみようと思います。

のもんさん
鉄は相変わらず元気ですよー。思い浮かべていただいて嬉しかったです!
対象ミュージシャンは違えど、のもんさん的鋭い感性でのレポ、改めて感心しきりです。
勿論、RYUMEIさんレポは別格ですけどw。

また、ゆっくりとお邪魔するつもりです。
懲りずにお付き合い下さい。

月子さん
日本橋ゲット!良かったですね。水戸もですね。ツアー初旬の感じを楽しんで下さいね。
「果報は諦めずに何度でもトライして待て」ですね(笑)


佐橋さん
私も録画してます~まだ観られず仕舞いですが。
達郎氏のサポでも体全体で演奏していてサスガでしたが、あんな有名どころのミュージシャン仲間が集ってくれるだけの人望も彼の魅力の一つですね。
さばさばしている様に見える松たか子ちゃんが惚れるわけですね(笑)。

JUJU
結構前に、ココでコメントしたかっもですが「サワコの朝」のゲストの際、「今も記憶に残る1曲」に「シルエット・ロマンス」を挙げてくれていました。
純子さんの歌唱力は勿論、旋律の美しさ、色っぽさに子どもこころに魅かれた~的なエピソードを話されてました。売れ始めのころ「GoodbyeDay」もカヴァーされていて、当時の有線でベストテンに入ってちょっと話題になったので、来生さんとJUJUの繋がりも有りそうですね。JUJUが「演歌」っぽい仕上がりになったとインタヴューで言っていたのが原因か不明ですが。。。なぜか有線「演歌」部門でというのが解せませんw、ただリリーさんの『ホステスを癒す曲』で支持を得たのかもですね。このカヴァーを勧めたプロデューサーの川口大輔氏(若い人)が当時のインタヴューで自身が好きなこの名曲を是非JUJUの声で・・・と企画されたそうです。
中田君世代の音楽人にはやかり来生メロディー&歌詞が響いているし、響いた音楽人はイイ仕事してますね。JUJUの最新カヴァーは女性ヴォーカル版。
のもんさんが中田君カヴァーで挙げていたUAの「情熱」もリストに。他の曲もアレンジ陣が武部さん、小林武史氏、島健さん、亀田さん等錚々たる面々。素敵な1枚になっています。

菅原文太さん
健さんに続いて、文太さんも。
以前、来生さんの横向きの頭の写真が文太さんに似ていると書いたことを思い出したり。
実は、文太さんは仙台出身。画家のお父様はずっと仙台郊外に住まわれていて、縁あって私の父が1枚絵を譲っていただいたことがありました。山里の絵で、今も実家のどこかに保管されているはず。
今年亡くなった林隆三さんも学生時代疎開で仙台に。私の中学の大先輩でした。歌も唄われてピアノも弾かれて。数年前に観た「阿修羅のごとく」の舞台が最後となりました。

やっぱり、観たい、聴きたいと思い立ったら可能な限り実現しておきたいなと思うそんな1年でした。そして。。。あ~早いもので来週にはあわてんぼう(?)の「クリスマスコンサート」(笑)。
鉄的括りの「大人の男」祭の今年のおおとりなので、たかおさん。。。どうぞそこのところ宜しくです(願)。

今年は薬師丸ひろ子ちゃんが「紅白」初出場。
昔大学受験でオファーを断ったんですね。その回はなぜか桜田淳子が唄ってしまってましたね(汗)。さて、「セーラー服と機関銃」を唄うかしら?
そうだったら、秋から年末までのNHKでの「来生率」半端ない年となりますねーー。

結果、長々となり失礼しました(爆汗)。
鉄線花 |  2014.12.07(日) 13:18 | URL |  【編集】

どもども。
お忙しいところ、そろそろライブというタイミングでのご訪問、
ありがとうございます!
ふふふ、いつの間にかこういうことになってました。
最初に鉄さんが熱くおすすめしていた時は、
まだ機が熟していなかったというか(笑)
でもそれがあってこそのThe Covers。
そしてこの盛り上がりであると思います!

陽水さんのライブ、いかがでしたか。
行かないライブの話が聞けるのも嬉しい。
よろしかったら聞かせてねー。

聴きたいと思ううちに聴いておく、見に行く、
大事なことですよね。
後回しにしていたら何があるかわかんないもんね。
来生さんのクリコンも、もう目の前ですな。
中田クンのおかげで、
あまりネガティブなことを考えずに済んでおります。

カバーアルバムって山とあるけど、
誰か統計とかとってないかな~。
かぶる曲とかあるでしょうしね。

薬師丸ひろ子ちゃん、初出場なんですか。
去年だったら「潮騒のメロディー」だったかもね。

鉄さんのCD&DVD(買ってる?)の感想も待ってますよー。
のもん |  2014.12.07(日) 22:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2483-b4d4cce5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |