2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.02.26 (Thu)

乳がん記録49:サバイバー、無事2年生に

一通りの治療が終わってから、まったく更新してませんでした。
乳がん記録をお読みになっている皆様、お元気でしょうか。
のもんさんは、無事に2年生になりました。

なところで、去年暮れからの記録などを。

【More・・・】

14.12.18

私のがん友であるテニスの友人よりメール。
再発したとの内容だった。
冷水浴びせられたような気分。

術後何年たってなのかわからないが、
今は元気に体を動かしている人で、
来年は私も復帰して、またテニスを一緒にやれるかと思っていた。
来年頭には、私の治療完走祝いもやろうと思ってた。

来年からまた抗がん剤治療を始めるという。
自覚はまったくないらしい。
借りていたウィッグやタオル帽子と一緒に、
インナーキャップ3枚、黒のガーゼで縫って入れて送った。

初期治療よりも心理的にずっと辛いであろう再発の治療。
単純に頑張れとは言えないけれど、なんとか乗り切ってほしいと思う。

すっかり終わったと思っている自分でも、
いつ現実となるかも分からないのかと思ったら怖くなった。

14.12.25

完走後、1か月半後の外来。
病院激混み。
9時に受付してから、ひたすら待つこと2時間半。
ケモの時は、血液検査の結果待ちもあってその時間だったが、
今日は何もないのにいつまでも呼ばれない。
一人一人が長いんだよ。年末の挨拶でもしてんのか!
私は15分もあれば終わるんだから順番飛ばしてほしいよ。

よーやくセンセに会う。
自分はなんの問題もないんだけど、
友達が再発しちゃったんです、と話す。
「さすがに、大丈夫と思っても、ちょっと不安になりますよね」
次回の外来は2か月後。
その時はもう術後1年となる!
念のためのCT検査を予約。その1週間後に外来だ。
このあと血液検査をして帰ってねと言われる。
どうせやるなら待ってる間にやってくれればいいのに。

会計でもさらに待たされ終わったのは12時半。
このあと今日は仕事に行くんだよ。
「今終わりましたー。これから○分のバスに乗るんですが」と職場に電話。
「お疲れさま~、お待ちしてます」
来いってか。この時間で休ませてはくれないのね。
職場について、食堂で昼を食べてから降りたので、結局1時半ごろになりました。
そのころには忙しさもピークを越えていたようです。
もう来るだけでぐったり。

15年。新年。

年賀状に「入院・手術・治療していた」旨を書き、ピンクリボンのマークも添えた。
返信で、みんなびっくりしていた。

15.01.9~11
治療後、ほぼ初めてと言っていい旅行。
金沢・福井で寒い中遊びまわって腰を痛めて帰る。

15.01.13
連休明けから整骨院通い。
ぎっくり腰未遂をなんとか直してもらい、
来月のスタンディングライブのためにせっせと通う。
問診票には乳がん治療後であることを書いた。
リンパ節郭清してるので左側の腕のマッサージをしないこと、
頭はヅラなので頭のマッサージもしないこと、などを事前に知らせておく。

15.01.22
毎年の人間ドックへ。
年末から続いている咳が、いまだ止まらず難儀する。
胃のバリウム検査は気合いで乗り切ったが、
腹部エコーは、息を止めているのが苦しくて、何度もやり直し。
化学療法によって閉経しているおかげで
子宮筋腫が小さくなっていたのは嬉しい副作用。

15.01.29
人間ドックの看護師さんより、精密検査をしてくださいとの電話がある。
左肺の上部に陰影があるとのこと。
CTの検査が受けられないかと。

年末、友人が再発したこともあり、一気に不安になるも、
あの時の咳で何か引っかかったのかとも思う。
これまでも、たわいもない原因で再検査の通知が来たことがあったし。

主治医からは、年末の血液検査でなんかあったら
電話で連絡すると言われていたが無かったし。

来月ちょうどCTの予定があるので、病院に電話で聞いてみる。
看護師さんよりS先生に連絡してもらったところ
胸も合わせてみるので、大丈夫とのこと。
人間ドックの結果と合わせて、その次の週の外来で観察するという。

人間ドックの看護師さんに、CTは大丈夫そうだと電話する。
レントゲンの写真があると、
CTの撮影と合わせて確認できるので、
必要なら取りに来てほしいと言われる。
病院の都合で対応できる時間は限られているが。

とりあえず、まだ時間はあるので、取りに行くかもしれないと言って
電話を終わらせた。

咳がずっと続いている。
それは12月に外来に行ったときにも言ったんだけど
軽くスルーされていた。
だいたい毎年、咳が出始めると数か月続くのだ。春先くらいまで。
なので今回もそうだろうと、気にも留めていなかったが
人間ドックのときに、エコーの検査が
咳のせいですぐ終わらせられなかったりしたのと
胸が苦しい、というほどでもないけど、
こみ上げるような感じの咳が出るのが、
いつもと違うような気がして気になっていた。

気が進まないがネットで調べる。
あーあ、地雷踏みそうでヤなんだよなあ。

肺の転移は血液検査でわかるというよりも、
レントゲンやCTでわかるらしい。(え~)
咳が出るとか、胸が苦しいとか、ずっとしつこく続くとか書いてある。
当たるといえばそうだし、咳ってそういうもんだと思えばそうでもある。

ただS先生は「今聞いても忘れちゃうからまたその時言って」な感じだったので
あまり深刻にはならなくてもいいのか。

骨への転移で死ぬことはない、というのは知っていた。
でも肺はヤバイっぽい。
治療も痛いみたいだし。
9か月とか書いてあるの見ちゃったし。あーもー。

そんなことはない、と思いつつ、
友達のことがあるので、すっきりとは忘れられない。

15.02.17

明日は術後1年のCT撮影。
何やったのか忘れていたので、自分のブログを読み直し、
病院からもらった説明書を読む。
え、前日に酒飲んじゃダメなの。(前もそう思ったな)
え、点滴すんだっけ。
ヅラつけてていいんだろうか。

15.01.18

CT検査の日。
午前10時ごろから食事は禁止。水・お茶はOK。
検査は14:00ごろから。
結局、ヅラはかぶらず、ニットキャップ2枚かぶりで出かける。
検査着に着替えると一気に病人になったみたいで滅入る。
点滴の針は、あいもかわらず手首近い手の甲側。うう。
生理食塩水を入れた後、造影剤を投入。
体の中を一気に熱いものが流れる中、
寝っ転がって息を止めたり吐いたり。
終わってから、別室で、点滴を最後まで流す。
様子を見に来た看護師さんは、以前ケモ室でもお世話になった人だった。
「あれ、サッカーの着てた人でしょう?
あの時はいろいろ冷やしたり頑張ったよねえ」
と言われて、ちょっとほろっときてしまった。

15.01.25

友人からメール。
来週、3回目の抗がん剤とのこと。
今はちょっと元気な状態らしい。
月末、また元気が戻ってきたらランチをしようとあった。
ほっとした。

15.01.26

S先生の外来。
今日は人が少なく、待ち時間もそれほど長くはなかった。
(とはいえ1時間半ほどか)
人間ドックの検査結果を見せ、CTの画像を一緒に確認。
左胸に確かに影があるが、
「これは放射線やったときの炎症でしょう」

あ。
そうか!
言われてみれば確かに。

肺にかからないように注意してはいるものの、
多少、影響は出てしまう。
手術前のCT画像と並べてみると、その時点では見られなかったものなので、
おそらく放射線治療のせいでしょうと。

あーだから、いつもとちょっと違うタイプの咳が出てたんだな。
なんでそのことに気が付かなかったんだろう。
「影はあるけど、経過を見ていけばいいでしょう」
私としては、納得しうる原因が分かって、どーんと気持ちが楽になった。
血液検査の項目もまったく問題ないとのこと。

次の予約は2か月後。
「これでちょうど1年たったわけだよね」
「2年生に進級ですね!」バンザーイ。


最近の、とくに気になることは
髪が伸びてきて、勝手に好きな方向に向いていることでしょうか。
生え始めはそうだと分かっていても、
どこかで「丁寧に洗っているのだから」と
期待していたところもあっただけに残念です。
短いクセに白髪はあるし、寝癖になるし、もっさもっさだし。
坊主+ウィッグのほうがずっと楽だよ(涙)
年末はまだ渡辺篤史でした。
このまま伸びたらジョコビッチになるんじゃない、
などと嬉しくもなんともないことを旦那に言われていましたが
今はタカ&トシのタカのような前髪です。がっかりです。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん 放射線治療

15:58  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2015.02.27(金) 20:52 |  |  【編集】

鍵コメさんへ

ありがとうございます!
先輩の言葉は身にしみますねー。
さすがに20年前と今では、
治療も薬も情報量も心構えも、
ずいぶんと変わっていると思います。
でもその当時に、心を強く頑張っていた人たちのおかげで、
今私もこうやって元気でやってられるんだと思います。

同じ時間を過ごすなら、
楽しいことを考えて、どんどん動いた方がいい。
終わったことをつまみ出して広げてイジってるほど
ヒマじゃないしね。
なんか1年という区切りがついたら、
ちょっとは振り返りしんみりモードになるのかと思いきや、
そんな時間なんてぜーんぜんないの。

ま、来月あたり、チケット引き換えに東京に出るついでに、
「進級祝い」と称して飲んでこようかなと思ってます。
呑むための口実か!

今度一緒に乾杯しようね。
のもん |  2015.03.01(日) 12:11 | URL |  【編集】

お久し振りです。

のもんさん、こんにちは。
そして
お久し振りです♪


乳がんのことを忘れてお元気そうで何よりです。
と言いたいところですが、
私たち、乳がんを忘れることなんて出来ないですよね。

私は、身体のどこかが痛かったりするとすぐ「転移?!」って思っちゃいますもん。
まだ、ハーセプチン(分子標的治療薬)中なのに。
…のもんさんのお友達の再発は、決して他人ごとではないです。…

12月18日に【キツイ】抗がん剤8回目を終えた時“今現在(目に見える)転移・再発はない”と言う確証が欲しくて1月15日、CTをして貰いました。
結果は、大丈夫でした。

なのに、
2月になって暫くすると手術痕がカチカチになり痛みも伴ってきました。
それが気になって気になって。
2月26日の診察時このことを主治医に訴え、翌27日に今度は乳腺エコーをして貰いました。
でもその結果は3週間後(3月19日)なんですよ。
気になって気になって仕方がないのに。

で、エコーの後、受付でもう少し早く診察をしてもらえないかとお願いしたところ「○○先生の診察はとても混み合っていて早くても3月12日じゃないと無理」って。
つらく悲しそうな顔をしていたら「看護師さんと話されますか?」と言って頂けて。
結局、看護師さんに現状を訴え、その後、診察時間は終わっていたにもかかわらず他の乳腺の先生に診て貰うことが出来、気持ちがラクになりました。

主治医からしたら私は何千、何万といる患者のひとりでしょうが、
私からしたら唯一の先生なのに、この先生とはどうもあいません。
正直主治医を変えて欲しいです。


気持ちをラクにして奄美大島へ遊びに行って来ました!
半年振りの飛行機旅行です。
こうして、段々と以前の生活に戻っていけるのですね。

んん~~あとはこの坊主頭。
早く伸びろ早く伸びろ!

久しぶりなのに、愚痴も言ってしまいすみません。


のもんさんお元気でネ。
そして時々こちらでお会い出来たら嬉しいです☆☆


みずきよ |  2015.03.09(月) 14:09 | URL |  【編集】

みずきよさん

お久しぶりです!
今はハーセプチン中とのこと、
これまでの治療とは違いますか?
身体のほうの負担は減りましたか?

みずきよさんはまだ薬をやってるところだから、
忘れるってことはないと思いますが、
正直私は、最近ホントに忘れてます。
4月に病院なんだけど、カレンダーに書くの忘れてるし。
医学的な用語とかも、どんどん思い出せなくなってます。
「浮腫」という自分にとって大事な言葉すら、
すぐに出てきません。

私も手術跡、固いし痛いですよ。
寒くなってからそうなったから、
きっと寒さのせいだと思います。
腕の上がり方も以前より固まってきてるので、
意識して腕を伸ばすようにしてます。
あったかくなったら多分、おさまるんだと思ってます。

みずきよさんは検査ではっきりさせたい感じですか。
お金もかかるし、結果を待つ間はストレスたまりまくるし、
大変じゃないですか?
私は先日CTで、検査着に着替えただけで
気が滅入りました。
「病人みたいだな」って。

いろいろ不具合があると、
なんでもそのせいかと直結して考えてしまうけど、
そんな都合のいいものでもないと思うんですよね。
身体が痛いのも、頭が動かないのも、細かい字が見えなくなるのも、
この病気のせいだけではなくて、
寒くて体が固まってるとか、運動不足だとか、花粉でぼーっとしてるとか、年取ったからとか、
そういう複合技だと思うんです。

ま、私の肺の影は、放射線の影響でしたが。
今はなんともありません。
咳もすっかりおさまりました。

気持ちはなかなか切り替えられないから、
気にしだすのを止めるのは難しいですよね。
ほかの人がやいのやいの言っても、
結局自分の気持ちがおさまらなければ意味ないし。
ふってわいた病気よりも、
自分との付き合いのほうがずっと長いんだから、
病気治すより、性格変えるほうがたぶん大変だと思います。

それでも、あまり病気のことばかり考えるのは
不毛だと思うし、
主治医のことを信じられなくなるのは、
あまりいいこととも思えない。
とりあえず、ほかの医師や看護師さんなど、
その時に時間を取ってもらえる人たちに対応してもらって、
話を聞いてもらって、落ち着くことは大事だと思います。

なんて、愚痴を言いたいだけなのに、
こういう返事をしてほしいわけではないですよね。
スミマセン。

髪の毛、伸びてきてるけどボサボサですよ。
だんだんインナーキャップにおさまらなくなるんじゃないかと。
いっそ短く刈り込んで、
新しいヅラ買おうかと思うくらいですよ!
髪が伸びた先に待っているのは、
くせ毛と白髪との格闘です。
あーめんどくさい。金かかかるし。
みんな早く脱ヅラしたいって言うけど、
私のように
「めんどくせー。ずっとヅラのほうがラクでいい。去年の夏の坊主、最高気持ちよかったなあ」
とか思う人、いないのかなあ。
私はそれが不思議でしょうがない。

奄美大島、いいじゃないですかー。
そこまで大きなイベントでなくても、
日々何かしらちょっとした楽しみで気を紛らすのも大事ですよ。

また思い出したころに、更新すると思いますが、
たぶん4月下旬に病院行くまで思い出さないし、
行っても、何も検査結果があるわけでもないので、
センセとお話しして終わりになりそうです。

そんな蛸足ですが、
みずきよさんも、吐き出したくなったら、
遠慮しないで、いつでもいらしてくださいね。
のもん |  2015.03.10(火) 00:50 | URL |  【編集】

おっしゃる通り!

のもんさん
早速のご返信有難うございますv-354


『私も手術跡、固いし痛いですよ。
“寒くなってからそうなったから、 きっと寒さのせい”
だと思います。 』
のもんさんの“↑↑↑”とほぼ同じことを看護師さんに言われました。
手術痕のカチカチになった部分には水が溜まったらしく「コレがなくなったら柔らかくなると思いますよ」
と乳腺の先生に言われました。
私が心配していた【胸膜炎】とか、乳腺とは別の新たな病気ではなかったんです。
……私スゴイでしょ?!どこからか【胸膜炎】なんて病気を見つけ出してきたんですv-356……



『身体が痛いのも、頭が動かないのも、細かい字が見えなくなるのも、 この病気のせいだけではなくて、
寒くて体が固まってるとか、運動不足だとか、花粉でぼーっとしてるとか、年取ったからとか、
そういう複合技だと思うんです。 』
本当におっしゃる通りです。
特に肩なんて私の場合「50肩」の可能性が大いにあります。


この病気になる前は健康そのものだったので、
例えば風邪引いたって「日にち薬。日がたてば治る」と医者になんか行かないタイプの人間だったんですけどねぇ。。。



今日は飲み会なんですv-275
ひっさしぶりに、気の合う仲間としゃべって、飲んできます☆☆


じゃまたv-222


追伸:「ずっとヅラのほうがラクでいい。去年の夏の坊主、最高気持ちよかった」確かに夏の坊主はラクでしたが、ワタクシはやはり早く脱ヅラしたいス。
みずきよ |  2015.03.10(火) 15:35 | URL |  【編集】

みずきよさん

やっぱ手術跡の痛いのは寒さのせいでいいんですね。
もうちょっとの辛抱ですよ。
胸膜炎って何ですか。よくそんなもの見つけましたね~。

私もこの病気になる前は健康そのものでした。
ホント、この私がなるんだから、
がんて誰でもなるんだと思ったなー。
風邪なんて、熱が出ないうちはカウントしないっすよねえ。

抗がん剤のおかげか、ひところ手荒れがおさまったし、
(といいつつまた復活してきているのが悲しい)
花粉症も今のところ、ほとんど感じないで過ごしてます。
まあいろいろ身体って反応してるんだなあと思います。

だんだん暖かくなっていきますね。
あちこち出歩いて、楽しく過ごしましょう。
のもん |  2015.03.16(月) 22:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2499-133bac3d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |