2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.04.27 (Mon)

ジョナサン・ベルLIVE@下北沢モナレコード

下北沢モナレコードにジョナサン・ベルのライブを見に行ってきました。
RYUMEIさんのファンミーティングの興奮も冷めやらぬ中、
お客さんも、RYUMEIさんのライブでおなじみのメンツがあれこれ集まって。
ジョナサン・ベルも気合十分&緊張MAX?
賑やかで充実した1日になりました。
「久々」の間隔がそれぞれ違う中、
上手くなった(笑)ジョナベルをみんな楽しんだようです。

次回のライブも決定済み。
5月16日(土)高円寺U-hAに二度目の出演。
時間・詳細は追ってまた。

*****************


ライブレポできました!

今日は写真撮ってくるの忘れちゃったよ。

【More・・・】

2人から始まったジョナサンベルが増殖を重ねて今や6人。
だけど6人でライブをやるのは今回が2回目という、
ある意味、貴重なライブでした。
フルメンバー揃ってのジョナサンベルはとてもカッコよかったです。
やっぱり生で聴いてほしいバンドですね。
CDもとてもいいのだけど、
ナマを聴いてからCD聴くと、どちらも面白さが倍増すると思います。

今日は出演時間が遅かったので、
その前にYUKAちゃんPOPOさんと別のお店で
RYUMEIファンミーティングの打ち上げ&今後の展望などを語って
さんざん盛り上がってました。
気付くとヤマチャンからメールが。
「のもんさん今日は来ないの?」
こちらもファンミーティングで再びライブ熱が戻って来たらしく
すでに会場入りしている模様。
今日は思いのほか、楽しいメンツがそろうようです。

モナレコードに入ったのは2組目の演奏中。
ジョナベルのメンバーもあちこちに潜んでいたようでご挨拶&おしゃべり。
ミドリちゃんもそのあと到着。今日は賑やかだ~。
3組目の演奏中、ふらっとやってきたのはRYUMEIさんでした。
おおっ今日はホントに来たよ~。
「RYUMEIさーん」と手を振ると、ずらっと5人並んだ見知った顔に笑ってました。
どこか予感と期待のあった私たちよりも、
ジョナベルのコバヤシさんのほうが、
不意に現れたRYUMEIさんに面喰って動揺してました。

予定時間の9時をすでに回って、
押し気味でようやくジョナサンベルの出番に。
私たちもステージの前の方にずずっと移動。
メンバーが端から端まで、6人勢ぞろいで壮観です。
カクロウさんはスチールギターから入る模様。

「始まりは」
アッコちゃんのピアノの音から。
6人の音がそろうと、どーんと深く厚みが出ます。
ヴォーカルはコウイチさん。
アッコちゃんもコーラスで。
ゆっくりとした楽曲のせいか、音が暖かでしみじみ広がっていく感じ。
その中で個々の楽器がアクセントになって。
なんだ~?大人でカッコいいなあ。
並べて比べることはできないけど、今日は音がとてもよく聴こえる。
サックス、久々だなあ。高円寺では出番なかったからね。

続けて、
これ聴いたことないよなあ?
ゆったりのどかなテンポ。
なだらかなサックス。
ピアノの音が高く清々しく響く。
いろいろな音が耳に入ってくる。
インストなんだな。
カクロウさんはスチールから離れてエレキをセット。
サビに入るとサックスがどーんとカッコよく、
男らしい音で盛り上げていく。
ベースは安定した響きで、床から味わうような音。
バンドの音は尻上がりにはじけて音量をましていくけど
爽やかな朝の光のようなまぶしさ。

MC
安定の、たどたどしいコウイチさんの挨拶。

「恋の行く末」
カクロウさんのエレキがカッコいい!
サックスがアクセントになる音を加えて、
ここのヴォーカルはカクロウさんだ。おおっ。
もしかしたらこれも新曲だろうなあ~。
コウイチさんのギターは表を縫うように
カクロウさんのギターはバックでジャカジャカ響いてる。
どちらも色のある楽しい音。
バンドの音がさらにパワフルになっていくのだけど
明るく愉快な雰囲気になるのが面白いよなあ~。
サックスが見せ場を作る。ベースもドスドスとどっしり底上げ。
シャウト気味のカクロウさんの声がカッコいい。上手いなー。
ドラムのメリハリ。
シンバルのシャリシャリしてるのにやかましくない音が気持ちいい。
間奏、というよりインスト曲がついてるようなボリューム。
カクロウさんのギターも、今度は表に出て聴かせてくれます。
アッコちゃんのピアノもしっかり顔を出して。
やっぱジョナベルの音は楽しいなあ~。

「アンダーワールド」
これも新曲だそうですよ。
ほんと、隙あらば作る。
なんでこんなに次々と、しかも色の違う面白い曲が出てくるかねえ。
のどかなテンポなのだけど、はつらつとした雰囲気の中で
アッコちゃんの透明な声が響く。
コウイチさんがコーラスで入る。
ドラムが気持ちいいです。なんでこんな爽やかなんだろう。
カクロウさんのエレキは、裏で地道な響き。
そして曲がどんどんと広がっていく。
こーゆー展開が面白い。
アッコちゃんのヴォーカルも力を帯びていく。元気な声がするー。
〆はシンプルでした。

ここまで新曲目白押しで、なんとも新鮮なセットリスト。

MC
今日は時間が押してるのでさくさくっとやってこうかとおもってるんですが、
はりきっていっぱい曲を持ってきちゃったので。
限界はありますが、できるだけサクサクやります。

これもまた新曲っぽいなあ。
「足りない」だったかな?
イントロにさりげなく組み込まれていた曲は何て言ったっけなあ・・・、
ともやもやしているうちに過ぎる。
後ノリのようなリズムで弾むように。
今度は宮内さんのヴォーカルだー。
酒の出てくる歌詞がそれっぽい。
スチールギターは酔っぱらってるような音。
コウイチさんのギターも、ぺきゅんとシンプルに響く。
なんとも気持ちのいい曲だ。
サビに入ると、また不思議な展開。
間奏は二転三転するようで。
宮内さんのヴォーカルにコウイチさん、アッコちゃんが少し加わる。
これ曲はコウイチさんで歌詞が宮内さんとか。
組み合わせ次第でなんでも出てくる。
でもこれもありだと思わせるのがジョナサンベルです。

ここでメンバー紹介。
「モナレコードは今までずいぶん出させていただいてるんですが
6人でやるのは今日が初めてです」

「日曜日の子供」
コウイチさんのヴォーカル。
静かに始まって余韻が残る。
コバヤシさんはマレットでシンバルを叩いて、
ぼわーんとした音が広がる。
スチールギターとサックスが緩やかに。
ベースがジミに支える音。
のどかでさわやかで、たるーいような空気。
サビでドンと上げてから、ヴォーカルにシンプルに戻るけど
さっきよりも一段上がった場所にいるような。
ドラムの音がずっと気持ちいいやさしい曲。

次のライブの告知。
5月16日(土)高円寺U-hAにて。
もう決まってるんだー。しかも近い。
あと「夏にイベントを考えてます」と。
お、動き出したかな?と思わず拍手。
「喜んでくれるようなイベントにします」
期待してるよん。
それから新しく出たCDが絶賛発売中。
15曲入って1800円!

「壜の中」
これは聴いたことがあるな。去年の駒沢かな?
カクロウさんのヴォーカルがなんとも爽やか。
でも6人の楽器の音がバックにあると、シンプルなだけでは終わらない。
アッコちゃんのコーラスがプラスされた後、
サビに入ってコウイチさんにヴォーカルチェンジ。
曲もまた違う色を見せる。
カクロウさんのエレキもいいなあ~。
突出するわけではないけど、耳を傾けるととても気持ちのいい音が聴こえる。
ヴォーカルは再びカクロウさんへ戻るけど、そのへんも不自然さがないのが面白い。
切ないような曲なんだけど、どこかあたたか。
爽やかに見せかけて、どこか泥臭い。
終盤に向けて、押し寄せ競り上がる6人の音。
コウイチさんのギターがメロディックに、ロックに響く。
プルンとした感触の音。
ジョナサンベルの、盛りだくさんだけど、メリハリのある音にゾクゾク。
これはカクロウさんとコウイチさんの共作だそうです。

次はカクロウさんの作曲のインスト曲。
CDに入ってたかな?と思ったけど違うらしい。
渋くカッコいい、不穏さのある曲。
こーゆーの大好きなんだよね~。
私のツボを刺激するタイプの曲。
シャリシャリとしたシンバルの音は、ツンとするわけではなく、耳に馴染む。
はじけて降り注ぐ。いいなあ~。
最後また陽に転じる曲の展開がたまらない。

最後の曲は
「船着き場で」
これは、前回の高円寺でやった新曲。
今日のセットリストは、ほんのちょっと前に新曲として出てきたものも含めて
耳新しい曲が目白押し。
しばらく聴いていなかった人にとっては、
前に聞いたことのある曲があったかどうか。
高円寺ではスタンダードな4人編成で、ロックな感じにお披露目されたこの曲も、
今日は宮内さんのブルースハープとカクロウさんのエレキが加わって
賑やかでノリノリの、大衆的なポップ色がドーンと弾ける。
ベースもカッコいいし、太鼓の音も小気味よく、
間奏に入るとピアノも高らかに顔を出してくる。
6人のそれぞれの動きを見ながら、出てくる音を楽しんで。
一つ一つが面白いから、1回じゃ全部を拾えなくてもったいない。
カクロウさんのギターは、車が疾走するような雰囲気で。
コウイチさんはロックなギターで前に飛び出す。
ブルースハープがこれでもかと目立って、同じ曲なのに全然違う。
ドタバタだけど幸せで、炸裂しつつもばらけていない。
クライマックスへ向けてみんなが楽しそうに盛り上がる。
最高に愉快なバンドだ!

40分くらい、やったのかな?
ボリュームたっぷり、品ぞろえも豊富な、大満足のライブでした。
久々の6人のライブは、思ったよりもずっとまとまっててカッコよかった!
うっかり洗練して行ってしまうのではないかと思うほど。
しかしほんと、こんなに次々新しい曲やってるバンドってあるんだろうか。
少ない時間の中で、バンドの音に振り分けて、
それぞれが自分のパートを覚えて、周りと連携して、と
曲が出来たところから始まる作業はとてつもなく多いと思うんだけど。
しかもいつも同じメンバー、同じ組み合わせで集まるわけじゃないしね~。
アレンジうんぬんよりも、もっと直截な「工夫」の末に生まれるその時の音。
なんだ?冷蔵庫にある食材だけでおいしいものを作る主婦ですか?
ジョナサンベルのライブは「再現」じゃなく、
いつでもその場限りの出来立てです。

今日のライブは、初めてのYUKAちゃんやら、超久々のヤマチャンやら
RYUMEI{さんだって、ライブで見るのはかなり久々なんじゃないのかな。
それぞれ自分の中にあったであろうジョナサンベルの印象が
まるっと変わるような新鮮さがあったんじゃないかと。
YUKAちゃんは最初からマックス6人だったので
今後は減るパターンになるわけね。はは。

終わって時間は10時頃。
あと30分!と思いつつビールを追加。
今日はコバヤシさんが2杯目おごってくれた~。

短い時間にいろいろおしゃべり。
会場のBGMが大きすぎて、なかなか相手の声が聞きにくいのが難点。
RYUMEIさんもいろいろカクロウさんに話してたなあ~。音楽的なこととか。
なんかもうスイッチ入ったよね?と、
そんなRYUMEIさんを嬉しく眺めてました。
コウイチさんが企画を進めるジョイントイベントも、
夏に具体化できるように動き出しているようです。
楽しみで仕方ないよ。
ホント、帰りたくなかったんだけど、
もう限界、で泣く泣く席を立つ22:40。
「ギリギリまでいればいいじゃん!」
「もうギリギリです。誰か泊めてくれ!」
これからなのにな~って思う時間に、
いつも帰らねばいけないのだ。くすん。
とくに下北沢は乗り換えの移動に時間がかかるので読めないのよ。

電車の中で、みんなとライブの話をしながら幸せに帰る時間。
あー前はこんなだったよねえとしみじみ。
今年はもっとこういう機会が増えるもんね。
にわかに慌ただしいような気持ちになる。忙しくなるぞー。

次のジョナサンベルは5月。
RYUMEIさんに会うのは6月の大阪。
今日ものもんさんは人参ぶらさげて走ります。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : ジョナサン・ベル RYUMEI 小田木隆明

21:44  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

初ジョナサンベルライブ!

のもんさん、みなさま、土曜日はありがとうございました!
初ジョナサンベルライブ…良かったです〜!楽しかったです〜!!のもんさんから、ちょこっとどんな感じか聞いたり、you tubeでちらっと見たりしてましたが、断然、生ジョナサンベルは素敵でした!!!
やっぱり、どこかあったかくて、前向きになれる音色でいいな♡と思いました。
ライブ後の、みなさんの熱い話も楽しかったです。ryumeiさんのコウイチさんのMC以外上手くなってるも面白かったです(ゴメンナサイ)。
夏には、とーっても楽しみな企画もあるようで!!!そんな素敵な企画、絶対行きたい!!!と今からとっても楽しみです。
なんか、今年は良い年だな〜なんて、まだ年末でもないのに思っちゃいますよ。
のもんさん、レポ楽しみにしてます!!!

YUKA |  2015.04.27(月) 20:04 | URL |  【編集】

YUKAちゃん

充実の1日でしたね!
初ジョナベルも楽しんでもらえたようで良かったです!
やっぱりCD聴くより先に、ナマの彼らの音を聴いてほしかったので。

>ryumeiさんのコウイチさんのMC以外上手くなってるも面白かったです(ゴメンナサイ)。

わははは!言ってた言ってた。
これから磨きをかけるらしいから期待しましょう。

今年はいい年だね。ホント。
楽しい話がこれからも続いていくよ~。
のもん |  2015.04.27(月) 23:41 | URL |  【編集】

のもんさん、YUKAさん、POPOさん、ヤマチャンさん、ミドリさん!!!

ジョナサンベルのライブに足を運んで下さって、本当にありがとうございました!!!

ライブ後、挨拶しようと思ったら、、なんだかリュウメイさんファンミーティングみたいになっていて、入っていけなかった。。(笑)

とゆうか、とっても皆さん幸せそうだったので、安心して、他の方達と交流してました(笑)
気付けば、皆さん帰られてて、挨拶出来ずになってしまい、、すみませんでした!

ライブも、
楽しんで頂けた様で、本当に嬉しいです!!

今後も頑張ります!色々(笑)
よろしくお願い致します!
JB アッコ |  2015.04.28(火) 20:56 | URL |  【編集】

アッコちゃん

コメントありがとうございます!
入っていけないって来るの待ってたのに(笑)

せっかくライブ後に飲む時間があったのに
JBのみなさんとゆっくり話ができなくてスミマセン。
やっぱRYUMEIさんがいるとね、
RYUMEI断ちしていた時間が長かったので、
どーしてもみんな集まってしまいます。はは。

ライブとても良かったですよ!!
今回も、また聴きたいと思う曲がたくさんあったけど
次いつ聴けるかな?
そんな曲がどんどん溜まっていくんだよJBは。
のもん |  2015.04.29(水) 22:13 | URL |  【編集】

レポ読みました!

のもんさん!
毎回ですが…やっぱりのもんさんレポすごいです〜!頭の中で思っていたジョナサンベルの感じが、レポを読んで、そうそうそう〜!ってクリアになって、より刻みこまれます!ジョナサンベルのキラキラしたところや、色とりどりの楽しい感じが、すご〜く伝わってきて…あらためて良かったな〜って思いました!今回はマックス?の6人だったようですが、次回はもっと増えるのかor減ったバージョンなのか楽しみです!あと、CDに今回のライブの曲があんまり入ってないっていうのが、え〜って驚きでしたけど、いっぱい新しい曲があるんですね!
アッコちゃん
たしかに、RYUMEIさんのファンミーティングになって幸せになってましたね〜、でも来るのお待ちしてました!(笑)次回は、ぜひお話しさせてください!また、ライブ楽しみにしてます!!!

YUKA |  2015.05.01(金) 00:01 | URL |  【編集】

のもんさん、YUKAさん、

待っていたなんて!(笑)
すみません!!
私も本当はお話したかったんですー!
今度は是非!!

ライブ感があんなに伝わるのもんさんのレポ、、、ほんとにすごいです。。
まさに感謝感激です!

新曲禁止令が出るくらい、曲出来るみたいで、、(笑)
たしかに、今回の曲、次はいつ聴けるんでしょうね?(笑)

CD曲を中心にしたライブも考えます!(←今さら?!)(笑)

次のライブはどうなるかな?!想像つきません!

また、ライブでお会い出来るのを楽しみにしています!

本当にありがとうございます!
JBアッコ |  2015.05.01(金) 00:31 | URL |  【編集】

ありがとうございました!

のもんさん、YUKAさん、POPOさん、ヤマチャンさん、ミドリさん

ジョナサン・ベルのライブにいらしていただき、ありがとうございます!また、CDまで購入いただきまして、本当にありがとうございました!!

個人的には、RYUMEIさんの登場で「緊張MAX」&「脳内白紙」で、いつもよりドタバタ感が2割増しだったと思います(笑)

そんなこんなで、毎回全力でライブをやっておりますので、今後ともよろしくお願いいたします!(^-^)/
JB コバヤシ |  2015.05.02(土) 12:02 | URL |  【編集】

YUKAさん

初めてのライブでしたが、記憶がよみがえりましたか?
色とりどり、って言えてますね~4。

CD録音したのが1年前じゃすまないですからね。
その間に山盛りの新曲ができてます。
また機会があったらぜひ、ライブ行きましょう。

アッコちゃん

レポは、行った人でないとわかんないかもなーと思いつつ書いてます(汗)
新曲禁止令出さなきゃいけないほど、
あふれ出る新曲ってのも凄いです。
それを次々覚えるメンバーも凄いと思うけど。

コバヤシさん

楽しいライブを満喫しましたー。
今回は賑やかなメンバーで見れたのも、
予想外で面白かったです。
コバヤシさんがRYUMEIさんを見たときのリアクション、
いまだに鮮明に思い出せます(笑)
不意打ちで緊張が一気に高まったかと思いますが、
聴いててドタバタ感はそれほどなかったように感じましたよ。
でも新曲だからわかんないだけだったりして。冗談です。
次回の高円寺も期待してます!
のもん |  2015.05.02(土) 21:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2520-1ebea695

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |