2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.06.02 (Tue)

水色のシャツふたつ

いま着るものが欲しい、と
在庫布を引っ張り出してシャツを2枚作りました。
もとはシーツの裏面用に買った、メーター100円の布のあまり。
日暮里のセールでゲットしてきました。

どちらも以前作ったのと同じパターンで。
それほど難しくないので、すぐできちゃいました。

水色ノースリーブ1

茅木真知子さんのパターン。以前作った鉄火巻きのシャツと同じです。
そのまま着るよりカーディガンと合わせるとイイ感じ。

水色ノースリーブ2

袖口は、見返し的にバイアスで処理するのかと思っていたけど、
くるむ仕様でした。
別布で作ったバイアステープが見える形になってしまった。

水色ボートブラウス

これはポルカさんのVラインボートブラウス。
3着目。
5月の陽気で着るのにちょうどいいんですよ。

水色ボートブラウス2

こちらも袖と襟ぐりは別布で。
ちらっと見える草花柄。
残り少ない布でも、アクセントとしてまだまだ活躍。
好きな布は小さくなってもなかなか捨てられないんだよね。

ただいま、撥水ナイロンでレインコート作ってます。
針がすいすい通るので縫いやすいです。
梅雨入り前にできるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 手縫い Vラインボートブラウス ノースリーブシャツ

15:24  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

爪のあか

すこし いただきたい です。(笑)
のもんさん  すごすぎです。

ワタクシ これから年に1回の 突貫工事「体育祭の衣装」縫いが待っているのですが、
テキトーな型紙とテキトーな説明文をもとに 1日で仕上げるちから技。
新聞紙で写してきた型紙、しかし型紙通りには取れない(布が足りないコト多し)
指定のリボンの長さが足りず パッチワーク状態のこともあり。
また 頭が出せなかったり、袖ぐりが大きすぎ、脇から丸見えだったり と油断はできません。
で あちこち工夫(またはごまかし)しながらなんとか着られるようにするのですが、ツルツルのサテン地で糸が引きつってしまったりで ホント 肩こります。

~~~~~~~ レベルが違い過ぎです。(泣)


そんな母の強い味方。
この時期 クリーニング屋さんなどに「体育祭の衣装 引き受けます」の 張り紙が出現です。
じょん |  2015.06.02(火) 17:41 | URL |  【編集】

うちなんて

高校の家庭科の授業で、布が足りなくなり、
家庭科室のミシンをぶっ壊し、
通知表が10段階の2だった私が通ります。

重ね重ね、のもんさんすごいです!
尊敬の一言。

我が家にはミシンそのものがありません。
今のところすべて金で解決(笑)
そっかー体育祭とかあるんですね。
クリーニング屋さんで、そんなことやってくださるのですね。
よき情報ありがとうございました。
saki |  2015.06.02(火) 21:08 | URL |  【編集】

「体育祭の衣装 引き受けます」
って、どんな衣装を用意するのかが、見当つかないんですけど。
学芸会なら、わかるけど。

親は大変そうで、子は楽しそう、なのかな?
月子 |  2015.06.02(火) 21:17 | URL |  【編集】

じょんさん

体育祭の衣装って、けっこう手ごわそうですね。
1日で作るって・・・。
頑張ってください。
近所だったら作ってあげるのに。

洋裁代行、今は探せばいろいろあるんでしょうね。

sakiさん

え、布が足りなくなったので、
大元のミシンをぶっ壊すことで
「作れない」状態にしたんですか?

ミシンって、家庭の中で一番もちぐされてるものみたいですね。
一応、みんな買うことは買うらしい。

私は金で解決できないので、
自分で作ってるというのもありますね。
昔はデザインがビッグサイズの服が多かったし、値段も高かった。
ちなみにこのシャツは
二つで2メートルちょいくらいでできたと思うので、
1着100円です。

月子さん

私の高校は、チーム対抗の応援合戦があって、
衣装着てダンスしてたなあ。
そういうのじゃないのかな。
ちなみに私はハリボテ作成班でした。
のもん |  2015.06.04(木) 11:20 | URL |  【編集】

ぶっ壊し

>>え、布が足りなくなったので、
大元のミシンをぶっ壊すことで
「作れない」状態にしたんですか?

わはは~!!私どれだけ暴走キャラですか(笑)。
いやいや日本語がおかしかったです。
授業中、私が使うミシンが次々と壊れ、
布に至っては裁断ミスで足りなくなり、和裁の達人の祖母を持っても「あーこりゃだめ」と言われたのでした。

>>二つで2メートルちょいくらいでできたと思うので、
1着100円です。

ここ読んで「あれ?私も昔…」と。
中学の時はお小遣いも少ないし、自分で服を作ってました。「ジュニアスタイル」が大好きで。
まあ、のもんさんのレベルでは全くなく、切り替えなしのものばかりで、あとクッションとか。
母が内職で当時はやったレースのバッグを作ってて、業務用のミシンがあったことも大きいです。
刺繍とか編み物とかも、下手だけど好きだったなあ~。

たぶんきっちり計るとか、決められたことができないのだと思います。
料理教室のお菓子の授業でも「sakiさんはお菓子はやんない方がいいね」と言われたので…。

今は買えるくらいの小物しか必要じゃないですが、
それこそ文化祭の服とかになったらアレですな。
ミシン引っ張り出してこようかな。
saki |  2015.06.04(木) 18:08 | URL |  【編集】

いいかげんな性格のいいかげんな洋裁

sakiさん

ふふ、さすがにそこまで暴れてませんでしたか。

布が足りなくなるのは厳しいですよね~。
切ってしまうのが一番イタイ失敗です。
よくあります。

「ジュニアスタイル」って知らないなー。
「ドレスメーキング」の系列の雑誌なんですね。
そのころの服の作り方は、まだ難しそうな気がしますね。
自分の周りに針を持つ人がいると、いろいろ影響されますよね。

中学のころはまだ手芸の段階でした。
服を作り出したのは大学受験が終わったくらいからかなあ。
友人が「お姉さんが作ったシャツ」を着ていて、
普通の人にそういうことが出来るんだと、
開眼したことを覚えてます。

私もきっちりしたことはできないです。
失敗をごまかして、デザインが変わったことも数知れず。
あと「こんな難しいことはできない」で、勝手に変えたり。
だいたいこのノースリーブのシャツだって、
外にバイアスが出るつもりじゃなく。
水色の布は余ってたんだから、
あらためてバイアステープ作ればいいのに、
めんどくさい&デザインてことにしよう、で
そのまま強行突破しました。

まあそういうことの連続で、完成させているわけですが、
たぶんきっちりした人は、
ごまかしという名の臨機応変ができなくて、
途中で嫌になってしまうんだと思います。

体育祭やら文化祭の服とかって、
売ってるもので対応できなかったりするから困りますよね。
のもん |  2015.06.06(土) 16:04 | URL |  【編集】

完成イラスト からはほど遠く

「衣装 もう できた」と言う人も チラホラ
あせったので 時間を作って スタートしました。
今回は型紙が少なく、喜んでいたら あとはイラストを見て 自分で何とかせよと?!
裁断前によ~~く見直し、いいよな いいよな と祈りながら 鋏を入れました。
配られたプリントに
「形が違いますが、合わせて無理やり縫い付けて頑張って下さい。意外と大丈夫です」と
励まし?!のお言葉。もしや私の腕前を知っているのか?
明日 仕上がるように祈って下さい。 平日に 夜なべはしたくありません~~。
じょん |  2015.06.06(土) 19:22 | URL |  【編集】

じょんさん

イラストを見てなんとかしろって、
普通に洋裁してても「それはどうなの」というハイレベルでは。
しかも、裁量任せなところが多分にあるし。
見てないけれど、それでできるんだろうか、と
さすがの私も不安が。

私は作るときはいい加減に、勝手に変えたりしますが、
それは、モトになる本や記述が
キチンとしているからできるのであって(汗)

ご健闘をお祈りします。
体育祭終わったら着ないし、当日なんとかごまかせればいいんですよ!
頑張ってください。
のもん |  2015.06.06(土) 23:40 | URL |  【編集】

嵐のあと

みなさまをかき回しておきながら すっかりご無沙汰でした。
お騒がせしました体育祭6月に無事終了です。

昨今の家庭科事情
キットになっているものを1つか2つ 縫うくらいでした。(トートバッグだったかな)
あとは「刺し子」でコースターかティッシュカバー 選択

私のころは確か ブラウスとスカート とか パジャマとか縫いました。
今はないんですよ。
だから袖ぐりの「えぐれた形」に袖を縫いつけるって考えられないんですね。
で  上のコメント 衣装作りの説明文に
「形が違いますが、合わせて無理やり縫い付けて頑張って下さい。意外と大丈夫です」となるのです。

まあ 服は縫えなくても ボタンつけ と ほつれたら裾が縫えれば なんとか生きていけますけどね。 
じょん |  2015.07.03(金) 12:51 | URL |  【編集】

お疲れ様でした!
体育祭、大変なのは生徒だけではないというのを知りました(笑)

えー、今の家庭科ってキットを使うんですか!
刺し子はなんか分かる気がする。
私の時はスウェーデン刺繍とかやった記憶が。
まだあの独特の針、持ってます。
使い道がありません。

ああ、袖ぐりを縫うのに、
「無理やり合わせる」という表現が出てくるんですね。
まあ確かに、アレは無理やり合わせるものですな。

中学生の時パジャマ、作りましたね、そういえば。
当時はまだ、洋裁なんてやってなかったけど、
ホント、袖とかどうやって縫ったんだろう?
裁断する布の方向を間違えて、
パンツの柄がさかさまになったことだけは覚えてます。

たしかに、ボタンと裾だけは、縫えた方がイイですね。
のもん |  2015.07.04(土) 22:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2530-50ee25d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |