2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.10.07 (Wed)

観戦旅行2015:プレーラーで飲んだくれ

3日目 (2015.09.13 日曜日)

朝、リッチ(個人の感想です)な朝食バイキングを楽しむ。
以前は普通に朝食がついていたドイツの宿も
今は別料金になっているところが多く、
しかも値段がけっこうする。
朝からひとり1000円とか出せませんて。
パン屋にでも食べに行けばいいんだろうけど
それも落ち着かないし慌ただしいし。
今回はすべて朝食込みで、納得できる値段の宿を予約した。

フィラデルフィアクリームチーズの小分けパックが嬉しいのよねー。
ヌテラの小分けパックはアパート生活用にパクった。

フロントにパソコンが置いてあるのに気付き、
急ぎ天気を確認する。
やっぱ月曜は雨っぽい。

3-デュッセル宿

こんなこじんまりとした宿でございます。

以下、写真が多いのでたたみます。

【More・・・】



チェックアウトして、駅まで歩いて移動。
昨日飲んだビールの缶を返しに行く。
3本で75セントが返金された。
ドイツでは、リサイクルマークのついてる缶やペットボトルなどを持っていくと
レジで返金してくれるのです。
スーパーなどでは専用の機械があって、
投入した後にレシートをもっていって返金してもらうパターンもあります。
「これはダメ」ってものもあるけど、よく分かんない。

デユッセルドルフ中央駅を定時で出発。
今日は5時間近い長距離移動の日。
(だったと思う。プリントした時刻表は旅先で捨ててきちゃったので)
フランクフルト空港駅で、乗り換えるのだけど、
この乗り継ぎが遅れてる。
うーん、さっき乗っていた特急はミュンヘン行きだったんだよね。
アウグスブルクとミュンヘンて、そんな離れてないのに、
乗り継ぎするんだなーと思ってたんだよ。
乗り継ぎの電車が遅れまくってたら意味ないじゃん。

今回、スマホ持ってたらなーと思ったのはこんな時。
家で調べていた時は、あまり考えていなかったけど
「なぜここで乗り継がねばいけないの?どんなメリットが?」
ってところを、パッと調べたい時が多々あった。
ドイツの電車が遅れまくることは分かっていたつもりだったのに。

構内で昼のパンなど買って、ホームで食べる。
ダンナが買ったソーセージパンが、
あまりにもどうでもいい味だったらしく、がっかりしていた。
MOGUNCIANAさんにもらった兵糧のマフィンももぐもぐ。

乗り継ぎの電車は1時間遅れでやってきた。
ええ、普通ですよ、ドイツなら。

幸い、空いている席も見つかり、あとはアウグスブルクまでの直通。
空はたまに晴れ間があるも曇り空。
うとうとしつつ過ごしていると、メールが二つ入る。
KamyさんとMOGUNCIANAさんから。

火曜日のアウグスブルクの練習は、非公開になったこと。
水曜日は、スペインのビルバオに移動して練習すること。


があああああっくし。

てことは、火曜の練習の後はみんなでチームの宿に移動して、
次の日飛行機に乗っていくとかそんなスケジュールなんだろうな。
火曜の、いつなのか分からない時間にじっと待っているのは辛すぎ。
日曜の出待ちと、スタジアムにかけるしかないのか。

テンションさがる。
アタシなにしに今からアウグスブルクに行くの?
5日間滞在するけどさ。
マーカスにぜんぜん会えないのに。

アウグスブルク中央駅に到着。
少し晴れ間があり、外はあたたか。コートが暑い!
南に来たのになんでこんなあったかいんだ。
(ドイツはアルプスに近い南の方が寒い)

中央駅には何にもなかった。
コーヒーショップと、パンや酒やお菓子を売ってる店と、ファストフード。
MOGUNCIANAさんに「何もないよ」と言われていたがホントだな。
なんかゴスラーとかボンとか、こんな感じだったかも。

駅前からトラムに乗るといいのだが、それがよく分からない。
地図を頼りに歩いていくことにする。
チープな感じの店が両脇に並ぶ大きな通りをしばらく歩いていたら
急に開けて、緑と噴水のある広場になった。
たくさんの人が座って談笑したり、お茶していたり。
わあ、雰囲気ぜんぜん違うじゃん。
さらに路地を進んで行くと、建物もイイ感じに古かったり、店も洗練された感じに。
ふいにマラソンしている人々が現れた。

3-マラソン

女性ばかり、黄色いおそろいのTシャツを着て走っている。
その数がどんどん増えていく。
なんかのイベント絡みのマラソン大会か?
いきなりそんなものに出くわして、とても楽しくなってきた。
マラソンのコースをうまく横切りながら、路地を歩いていると、
今度はどーんと広い場所に出て、正面に見覚えのある市庁舎が現れた。
ひゃー!!!

3-アウグス1

やっとドイツらしい写真が出てきた。

ここもたくさんの人でにぎわってる。
アウグスブルク、歩いたら面白いじゃん!!
すっかり気分が良くなって、宿までの道をキョロキョロしながら歩く。

ようやく宿を発見。
今日からアパートメントホテルで5泊するのだ。
5泊で350ユーロなり。
チェックインすると、どうもアパートは別棟にあるらしい。
じゃあ共同のキッチンは使えないかなあ。
鍵をもらって、またしばらく歩く。
少し入った裏道のような場所にアパートの入っている建物があった。
オフィスなんかも入っているようだ。
この鍵が、鍵穴にさすのではなく、センサーで感知するタイプのものらしく
開けるのに一苦労してしまった。
ちゃんと教えてくれよ(涙)←もしかしたら言ってたかもしれないが。

部屋は、写真で見ていた通りだった。
思ったよりは狭かったけど、でも使いやすそう。
引き出しや扉をかたっぱし開けてチェックする。

3-アパート3

クリムトがお出迎え。
ラブなホテルではありません。
時計が止まっております。

3-アパート2

ワンルームです。

3-アパート1

定食屋のようなブラウン管のテレビ。

レンジはないけどオーブンがあった。使ったことないんだよね。
あとIHのコンロ。うわーこれも使ったことねー。

荷物を広げると、あっという間に自分の家に。
とりあえず洗濯する。
ダンナは、明日の朝のスープを作る!と
持ってきた鶏がらスープの素やら、昨日の余ったトマトやらで料理を始めた。

そのあとも、このパターンが続きましたね。
洗濯、洗い物、お金の管理が私。
料理がダンナ。
あ、洗い終わった服を絞るのはやってもらいました。力仕事。
そのあと干すのはワタクシにチェンジ。
少ない時間と狭い場所の中で、
役割分担しながら、並行して作業してました。

テレビをつけて、あれこれニュースっぽいものを探す。
土地や宿によって、見れるチャンネルの種類も数も変わるのが
よく分からないドイツ。
あーSport1が見れるんだー。
じゃあCL、ELも見れるんじゃない?

時計が止まっているのと、電球が切れているものがあったので
ダンナがフロントまで取り替えてもらいに行く。
しゃべれないけど、とりあえずこれ持っていけば分かるだろ、と言うので任せた。

3-アパート4

手前にあるのはサトウのごはん。
レンジがなかったので結局食べずに持ち帰った。重いのに。
右はもらった兵糧。

待っている間、電気ポットで湯を沸かす。
すぐ沸いたのはいいが、中をみると、ちいさいカスが浮かんでいる。
・・・・これは、ダメじゃないの。
後日、その話をMOGUNCIANAさんにすると、カルキのカスだろうと言っていた。
しょうがない、コーヒーポットで沸かすか、と見ると
こっちもなんか、うっすらホコリをかぶっている。
うーーーーーむ。
ちょっとこれを使うのは怖いな。

結局、フライパンで湯を沸かすことにした。
鍋は一つしかなく、スープで使ってしまったからな。
なかなか工夫の必要なアパート生活になりそうだ。
まあ頭は使ってなんぼだからなー。

いろいろ落ち着いたので、
準備をしてお祭りを見に行くことに。
ドイツに行く数日前に、たまたま見つけたのだ!
アウグスブルクでプレーラーという祭があるのは知ってたのだけど、
ちょうどこの時期に開催されていて、しかもこの日が最終日だったのだー。
日曜日のドイツはどこも店が閉まってしまうので、
食いっぱぐれる心配があったのだけど
お祭りがあれば大丈夫!

18:00くらいだったかな?
まだ外は全然明るいので、地図を見ながらダラダラと歩いて出かけた。
途中、夜は暗くなりそうな公園脇の道を歩く。
帰りはバスを使ったほうがいいなー。

広い車通りの一角に、お祭りの会場がありました。

3-祭1

移動遊園地と屋台がたくさん出ています。
ドイツでお祭りに来るのはこれで3度目くらいかな?
ハンブルクのDOMと、ハノーファーのオクトーバーフェスト。
中身はどこも同じようなものだけど、にぎやかでキッチュな場所はとても楽しい。

3-祭3

かなり激しい動きをする乗り物もあります。
スモークの中でぐるんぐるん回転してます。
ひとりめっさ好みのワイルドな男性が乗っていて、
ギャーギャー言ってる顔が可愛くて見入ってしまった。

3-祭2

ドイツらしいメルヘンな飾りつけ。
うつぶせに倒れ込んでいる小人が怖い。

気付くと、お客さんの民族衣装率が高い!
え?これってミュンヘンだけじゃないの?
しかもなんかちょっとちゃっちい。
ギンガムチェックのブラウス、スカート、なんかぺらっぺらなんだよねえ。
男性も、ギンガムやら半ズボン姿の人も少なからずいて。
バイエルン州では、当たり前なのかな。
浴衣みたいなものなんですかね。
ダンナは、若いお嬢さん(そうでない人も多数)の、
胸の谷間にテンション上がってました。
あえて男性の衣装を着ている女の子が私は可愛いと思ったなー。
ショートパンツで健康的な太ももがバーンと出てて。

3-祭4

観覧車があったので乗りに行く。
ドイツの観覧車は、ある程度の人を入れたら、
そのあと何周も回してくれるのです。
これが結構なスピードで。
私たちが乗ったのは、コーヒーカップ状のものでした。
中央のハンドルでぐるぐる回せるという。
ダンナが調子に乗って回すので死ぬかと思った。離婚しようかと思った。

高い場所から見る風景に、教会が点在しているのがドイツだなー。
移動遊園地を見下ろすのも面白い。

3-祭5

腹ごしらえに屋台に。

3-祭7

目の前の大きな鉄板で焼かれる肉の美味そうなこと。
生ビールとソーセージパン!

3-祭8

あーやっぱビールはナマがうまい~。冷えてるし~。

後ろの席でおじさんたちが食べているものが美味しそうだとダンナが言うが
そういう難易度の高いものを欲しがらないでください。
まだまだ物足りないダンナは、
分厚い豚のソテー(パンにはさむ)と、もう1種類のビールを追加しにいく。
指をさしたりしつつ、一人で買う。頑張れ。

3-祭10

たまねぎが申し訳程度に入っているだけの肉サンド。
最初のビールはフルーティだったけど、今度のは辛口!

3-祭9

写真では分からないと思うけど、
スマートボールと競馬が合体したようなギャンブル屋台。
投げたボールが穴に入った分だけ、木の馬がごとごと前に動いて競争する。
大のオトナがあつくなってます。
屋台のオヤジの実況がまたうまいんだ。(よくわかんないけど)
勝つと景品ももらえます。

3-祭6

こんなのだけど。

会場を一回りしても、まだ日は落ち切っていない。
こういう地元のこじんまりとしたお祭りのほうがちょうどよくて好きだ。
本場オクトーバーフェストなんて行ったらきっと大変だよー。
満喫したので、バスに乗ってゆるゆると帰る。

3-祭11

アパートのシャワーが使いにくくて閉口する。
なんとか体を洗う。
小さいものを洗濯。
ダンナはすでに寝ている。
Sport1では、22:30ごろからブンデスのニュースをやるらしいけどもう眠いぞ21:30

明日はミュンヘンに足を延ばします。
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : アウグスブルク

14:22  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2568-2b318a5b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |