2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.10.23 (Fri)

RYUMEI・FANMEETING2@荻窪アルカフェ~20周年大感謝祭!

4月のファンミーティングから半年。
2回目となる今回は、
RYUMEIさんのバースデー&デビュー20周年のお祝いもかねて
さらにパワーアップしてお届けします!
ワタクシのもんとYUKAちゃんで、
全力でおもてなしする所存です。

もちろん、メインはRYUMEIさんのライブ!
歌声!ギター!飾らないトーク!
一ファンとして、この日が来るのを待ち遠しく思っていました。
今はむしろ、ついにこの日が来て、終わってしまうことが寂しいとすら。

これ以上書くと、うっかりぽろっと話してしまいそうなので、
このへんにしときます。
若干、お天気に不安がありますが、
みなさまお気をつけてご来店ください。

11月17日(土)
荻窪アルカフェ。(JR・メトロ丸の内線より徒歩2分)
OPEN.19:00 START.19:30
3,500円(飲み放題付き)
持ち込み可。(持ち帰りしてね)
完全撤収時刻は23:00です。

Schönes Wochenende! 素敵な週末を!

*************************

帰って来ました。
帰って来ちゃいましたー(涙)
まだまだ飲んでしゃべりたかったよおおおおお。

最高の1日でした。
満杯のお客様。
いつもの顔、久しぶりの顔!初めての顔!
いろいろな人に楽しんでいただきました。
あの場にいたすべての人たちが大好きだ!!
本当にありがとうございました!

歌い終わるのが惜しい、くらいの勢いを感じた
RYUMEIさんの気合いのライブ。
思った以上のボリュームながら、時間はきっちり2時間というプロの技。
素晴らしかったです。

帰りはメモを見るつもりが、気持ちがさわさわとして
座っているのがもどかしくて、たいして見直しもできませんでした。
つかもっと、もっと、あの時のライブの話をしたかったよ。
時間てあっという間に過ぎてしまうのよね。

ライブレポはこのあとに続けますが、
コメントどんどんお待ちしています。
私のアップを待たず、なんでも書いてくれい。
あと写真、カメラを持って行ったんだけど、ほっとんど撮れなかったので、
ライブ演奏中(&アフター)の写真がある方
のもんさんに送ってあげよう!

なお、
今回も!
アルカフェさんの素敵なサービス。
USTREAMによるライブ映像が期間限定で公開中!
→ http://www.ustream.tv/recorded/75683620
来れなかった方、来てみたい方、ちょっと気になる方、
じゃんじゃんご視聴いただけたらと思います。

なお、次回も同じくアルカフェにて、ファンミーティング3!やります。
スパンがどんどん短くなってるんだけど!
というRYUMEIさんの叫びは置いといて
今から万障お繰り合わせのうえ、遊びに来ていただきたい!!
12月5日(土)です。

あーもー終わっちゃったなんて悲しい。
今日は寝られそうにない。

*************************

トークの内容チェックやら、画面キャプチャやらしていると
ついついそのままライブ動画を見入ってしまいますね。
当初の予定よりも遅れてアップになりました(汗)
まだUSTREAM公開中なので、あわせてご覧いただくと、
お楽しみが増えるかもしれません。
(おそらく月曜あたりまでは見れると思われ)

アルカフェ由美子ちゃんリサイズ
Yちゃん撮影。写真感謝。

どんぶりから溢れるほど盛りだくさんなライブレポです。
心してこの先にお進みください。

【More・・・】

いよいよこの日がやってきました!
持っていく荷物の多さに愕然としつつ、
帰りにはこの半分は無くなる!と気合いで出発。
微妙な雨予報に仕方なく折りたたみ傘など。
RYUMEIさんだから大丈夫だと思っても、
弟が見に来るからなあ。

待ち合わせ時間より早く到着。
同じく早く来ていたYUKAちゃんと早々にアルカフェへ。
まだ入っていい時間ではないのだが、階段を上がるとギターの音が!!
すでにRYUMEIさんがリハに入ってました。

部屋に入ると、RYUMEIさんがステージでギターを抱えています。
オーナーの佐々木さんにPAの指示をいろいろと。
気合入ってます。
というかやっぱ30分という短い時間で、
準備する私たちがいて、
楽屋もなくて、
な感じだと、早めに入って集中していろいろやりたいんだと思います。

リハリサイズ

ただいまリハ中。
結局、私が撮ったRYUMEIさんの写真はこれっきり。

私とYUKAちゃんは、今日の準備をあれこれと。
RYUMEIさんのギターと歌声の迫力に圧倒されつつ作業。
YUKAちゃんが、これカーペンターズですよね?と聴いてくる。
たしかに!「CLOSE TO YOU」が聴こえるじゃないの。
「やらないけどね!」RYUMEIさん。
やらないんだ。笑ってしまった。
そんな曲が聴けちゃうのも、リハならでは。幹事の役得。

今日はいろいろと仕込みがあるのだ!
RYUMEIさんがギターを弾いてる間に、
YUKAちゃんが持ってきたブツを隠します。

前回同様、チケットを用意。裏にもデザインアリ。

チケット表裏

そして、記念日を祝っての饅頭のお土産。

記念饅頭

入口には、前回より格段にパワーアップした、
ウエルカムフラッグを飾った。

入口リサイズ2

階段を上がると、見えてくるのだ。

入口リサイズ

今日は傘立てが置かれているので心配だったけど、
ちゃんと邪魔にならずに飾ることが出来ました。
ちょいとスナックな雰囲気もアリ。

今日は飲み放題なので、
佐々木さんからシステムの説明を受ける。
会計はライブ後、22:30ごろに行うとのこと。

一区切りついたRYUMEIさん。
「風邪ひいちゃったよ~」
ええええええええ。
何やってんだライブの前に。
つか1週間前にメッセージ送った時は、
もう季節の変わり目にひきおわった!と言ってたのに。
「昨日、おとといと、ずーっと寝てた!とりあえず寝て治そうって」
なんとか今日は間に合ったみたいです。
確かに話す声がちょっと風邪ぎみ?
RYUMEIさんだから本番になればきっと大丈夫だろうけど。

タバコ吸ったり、
部屋の中にあるおもちゃの楽器をいじって鳴らしてみたりと(カワイイ)
RYUMEIさんくつろいでおります。

フラッグの写真を撮りに行って、階段でごそごそやっていたら
POPOさんが上がってきました。
おおっ今日も一番乗りだ!

POPOさんにチケットとお饅頭を上げたらウケていた。
RYUMEIさんにまだ見せていなかったので、
饅頭を持っていったら、びっくりしたのと笑い声が混ざったリアクション。
「なにこれ!」
すごく嬉しそうです。
「もう一つ、表にも凄いのあるんだよー」
「え、なになに?」
わくわくどきどきな表情で歩いていくRYUMEIさん。
扉をあけた瞬間に、なんとも表現しずらい
笑いの混じった脱力のビックリ声が聴こえて
もう死にそうでした。
嬉しい。大成功。
「え、何、すごい。写真撮っちゃお!」
「凄いでしょ~。描いたんだよ」
「えええ~」
いやもう、こんなRYUMEIさんのリアクション見れただけで
頑張った甲斐があったってものです。

そのうちぽつぽつとお客様が。
近くの喫茶店で待機していた(爆笑)
やさしいJBのコバヤシさんにも来てもらって
BGMを流す操作を確認してもらいました。
開演まではRYUMEIさんのアドサムをかけて、気分を盛り上げます。

お客さんも徐々に増えてきました。
今日はKYOKOちゃんが、可愛いお客様を連れてきてくれました。
ご長男。小学1年生!
突然の小さなお客様にRYUMEIさんも嬉しそう。
そして超久しぶりのお客様。
以前RYUMEIさんのライブでサポートをしてくれていた
ピアニストの北村真紀ちゃんが、なんと旦那様と一緒にご来店!
もー嬉しくて嬉しくて!
しばらく見ないうちにすっきり痩せてきれいになった気がするわー。

初めての方、まだ2回目の方、久しぶりの方、いろいろいますが
そこはRYUMEIファンの垣根のなさで、交流してもらえればと。
おかげさまでチケットも饅頭も、外のフラッグも、好評です。
楽しいサプライズと、あふれる愛情。
ライブが始まる前から、もう場内はイイ感じにあったまってます。

開演時間となり、いよいよステージにRYUMEIさん登場。
そのまま入るのもなんなので、
一応、不肖のもんが開演のご挨拶など。
こじんまりとした部屋の中、ぎっしりのお客様。
本当に感謝です。

「えー周年とかいろいろあるんですが、
僕はいつも通りにやります」
うんうん、RYUMEIさんはそれでいいのです。
「今日はジョナサンベルの小部屋というサブタイトルもついてます。」

「ハメルーン」

ライブの最初はこの曲から。

YUKA3リサイズ
YUKAちゃん撮影

下北沢のライブの時とはまた違う音の伝わり。
あたたかで、馴染んだような音が。
何度聴いても、やっぱりこの音だと思う。
RYUMEIさんのギターの音は、他のギターの音とぜんぜん違うのだ。
ヴォーカルは、強く出ていく。
最初の感触を確かめるまでもない感じか。
店内いっぱいに広がるRYUMEIさんの音の波、かさなりあう綾。
早くもあたたかでほんわかとした雰囲気が迎える。
なんて幸せなのだ(涙)
RYUMEIさんのギターは、力強くも爽やかで乾いて、同時にあたたかい。
力を試すように、ヴォーカルはさらに上がる。

alkafe0005.jpg
USTREAMからキャプりました。

お客さんの拍手の熱いこと!
まだ1曲しかやっていないけど、この空気がたまらない。

ここでPAの調整をたのむRYUMEIさん。
実は店内BGMのためにいじってしまって、
音が小さめになっていたようでした。スミマセン。

「ライブで1曲目に歌う曲ですね。ハメルーン。
なんか今日は変な感じですね」ニヤニヤしてます。
「今日は曲数多めなのでさくっといきますが。
初めての人、久々の人、たくさん来てて」
あとから入ってきたお客さんがいて、後ろが渋滞していたようで
真紀ちゃん夫婦が最前の空いている席にするっと移動してくれました。
嬉しい。
RYUMEIさんも、久々の真紀ちゃんが近くに来たので嬉しそう。
「じゃあ今日は後で・・・」とセッションを促すようなことを。
ちょうど小さい子供用のおもちゃのピアノがあってね。
弾いちゃう?なんて、私も真紀ちゃんと話したり。
「今日はもうしゃべってるだけでいい感じだねえ~」
すっかり満足してるようなRYUMEIさんです。
何言ってんだー歌ってよー。

「Scrap Of Summer」
おおっ。前回の下北沢で披露してくれた蔵出しソングが!
もう夏じゃないしな~、やらないかな~、でも聴きたいな~
と思っていた曲だったので嬉しい!
低めのギターが、暖かく丸く広がる。
ハメルーンの音とは全然違う色合い。
甘いヴォーカルがふわりと広がっていく。
ああこの高さがRYUMEIさんなのよね。
そういやこれキーが高いんだよとか文句言ってたんだったなあ。
ああでもいい曲。うっとり。
転調することろがまた痺れる。
2番に入ると、ヴォーカルにも余裕の響き。
これ歌詞の字数が多いんだけど、
聴いている分にはさらりと聴けてしまう。
気持ちのいい音に包まれていく。
間奏はさらに強く、キレのいい音で。
「拾い集めて」の「てぇ」が、RYUMEI節なのだ。
最初はほんわか聴いていたけど、どこかシャキッとしてくる。

「これはだいぶ前の曲ですね。
前回の下北沢で初めて披露しました。
キーが高すぎて歌えなかったんだけど、
裏声にしたらなんとか行けそうだったんでね。
なんでこのキーにしたかというと、
変えるとギターが弾きづらいんですよ」
「練習して!」真紀ちゃん
最前から鋭いツッコミ。

「えー新曲シリーズ、次はカクロウが詞を書いた曲です」

「OFF」
さらに強く入るギターのイントロ。
渋さの中に甘さのある音。
琥珀色の暗さがある曲。
シンプルながら低く強いギターと、高いRYUMEIさんの声の対比。
下北沢で聴いていた時よりも、
より音がくっきりとして聴こえるような。
出来上がってすぐの時から、2か月ほど経って、
表現に余裕が出てきたかな。
RYUMEI流のブルースって感じです。

alkafe001632.jpg

カッコいいのに、泣きそうなほどの甘さがあるのは
RYUMEIさんの声のせいですね。
「遠い記憶 古い恋人」って歌詞も好きで、
RYUMEIさんの歌声とメロディーがはまりすぎていてシビレル。
むき出しのヴォーカルとギター。
そこにRYUMEIさんがいる。
しかしこの詞を書いて「明るくなるかと思った」というカクロウさんの中の
イメージはどんなだったんだろう。
同じ詞で、曲をつけてみてほしいくらい。

「新曲コーナーおわり。
こっからは、ジョナサンベルの小部屋です。
今日のライブのサブタイトルですよね。
以前僕は、「RYUMEIの小部屋」っていうライブをやってて
ひとりでやってた時だから、真紀ちゃんは知らないよね。

alkafe0020.jpg

これはみんなから3曲づつくらいリクエストを募って、
それを選んで、
2日前くらいからアレンジして、
否応なしに歌うってものなんですよ、
今回は、そこにいるジョナサンベルというバンドの、
メンバー6人とスタッフ1名、
7人からのリクエストをもらって、これに応えるんですけどね。
これが結構大変で。
JBの思いやりのなさ!
自分の好きな曲ばっかり書いてきて!」
笑っちゃいました。
隣に座ってるPOPOさんと、「だって小部屋はそういうもんだよね」
「ジョナサンベルっぽいというか。
洋楽、邦楽、あったんですけどね。
まあーとりとめがない。
今回は邦楽シバリにしてみました。
なので洋楽はありません!
なんか今日は英語の気分じゃないんだよね」
ここでJB各メンバーの心境がどのように揺れたのか知りたいw

「1曲目は、ザ・コレクターズの「世界を止めて」。1993年。
のっけからハードル高いんですよ。
これ知ってる人…ひとり。選んだ人と二人いるんだね。
じゃあ間違ってもバレない!
オリジナルのキーでやろうと思うんですけど、高いんだよねえ。
これ6曲までは決まってて、あと1曲って、最後に決まった曲なんですよ。
だからかなりぶっつけな感じです」

「世界を止めて」:ザ・コレクターズ
シンプルに、やわらかなヴォーカルで入った後、
どーんとアップする。
気持ちのいいギター!!
ジャカジャカとした音が、サウンドホールを通じて味わいを増して広がっていく。
なんて素敵な音なんだー。
強弱のあるヴォーカル。
あたたかさと力強さがともにある。
サビの切なさ。男らしさの中に甘さ。
いい曲だなあ~~。
速いテンポ、また一段上がるヴォーカルにドキリとする。
路上で弾いてるような雰囲気が立ち上がる激しさのあるギター、
からの、甘いヴォーカルへの流れ。たまらない!

alcafe002727.jpg

うわあまた転調して高くなった!
ヴォーカル大変だわこれは。
でもこの高さ、RYUMEIさんの声の魅力が引き出されてきて
すっごいイイです!

場内大拍手拍手。
「無理でしょう(この高さ)」って照れ笑いしているけど、
のっけから圧倒されました!

alcafe002816.jpg

「これが終われば、あとはもう大丈夫!」
今日も、高いハードルを見事にクリアしたRYUMEIさんです。
「恒例の答え合わせは、またあとでね」
そうそう、小部屋はこのライブ終了後の答え合わせがまた楽しいのだ。
ライブの時は、誰が選んだかって言わないの。
頭の中で「これはあの人かな?」って予想するのも面白いんです。
「今回は僕も、誰が何を選んだのか知らないんですよ」
えっ?
どうも、リクエストの取りまとめをコウイチさんが引き受けていて、
JBとして一括してどーんと送ったらしい。
「誰が何を選んだ」って情報は皆無。
ヘタすりゃ、1曲も選ばれない可能性だってある。ひゃあ。
「最後に悲しそうな顔をしてる人がいるかも」

「次は1973年の久保田麻琴、「まちぼうけ」。
僕は好きですね。これはレコードを持ってたかなあ」

「まちぼうけ」:久保田麻琴
→ まちぼうけ 久保田麻琴  Machibouke Makoto Kubota 1973@YouTube

イントロのギターを聴いた時、あれ聴いたことあるかな?と。
でもYouTubeで見たら、その音じゃなかった。
うーん私は何と勘違いしてるんだろう。

ソウルフルなヴォーカルです。強くまっすぐ伸びていく。
男くさいフォークソング。
RYUMEIさんのギターと声があるから、古臭さはないです。
甘さの中のきらめき。
印象的なフレーズが繰り返される間奏。
弾まずに、地に足がしっかりとついたような骨太のヴォーカルとギター。
「ああああ~」と伸びる高い声も地声で。
ザ・弾き語り、という王道です。
古い時代の歌でも、RYUMEIさんの腕にかかれば、
素材を上手に生かしつつ、味のある雰囲気に。
決してダサくはなく、けれど洗練され過ぎてつまらない、ということもなく、
RYUMEIさんだからこそのアレンジの妙。
生音の波動が体に伝わる、ライブならではの感覚。
キレのいい音にうっとり。

alcafe003350.jpg

「オリジナルよりも、若干アレンジを加えてます。
努力したよアピール」
↑のYouTube見るとRYUMEI流になってるのが分かりますね。

「70年代の曲が多いですね。
ってもまだ1曲しかやってないけど。
えー次は80年代の」
言ってるそばから70年代じゃないし!
場内にざわめきが広がっていきます。
どうする~?
真紀ちゃんと顔を合わせて笑ってしまった。
「変わってないねえ」

「夜の海を走って月を見た」:高野寛

ギターをつま弾きながら、スーッと歌に入っていく。
シンプルなギターに優しく甘いヴォーカル。
RYUMEIさんのギターは、
音が小さいからといってぼやけてはいないのだ。
静かなバラード。
まわりの空気を集めて包み込んだような声。
探りながら、でもきちんと聴かせていく声が、
じわじわと広がっていく感じ。
ささやくようなヴォーカル。
サビのギターはストロークで。
ここも強さの加減が見事で。
ギターも声も、甘く優しい中に、しっかりとした芯がある。
だんだんと、音の綾が広がっていく。

「みんな知らない曲だから、
あ、サザンだ!わーって感じじゃなくて、
そーなんだーって感じだよね。
まあ、僕が目の前であなたのために歌います、てのが小部屋だからね。
みんな苦しい顔しないでついてきてください」

alcafe0040.jpg


「次はムーンライダースの」
と言ったら、後方からJBではない歓声が。
こういうのも小部屋の面白さです。

「大寒町」:ムーンライダーズ
左手の動きが面白い。
曲はまったりとしたバラードなんだけど。
ふわっと音が広がっていくギター。
やっぱりRYUMEIさんの出すギターの音って特別な響きがする。
私の脳内が偏ってるからだけじゃないと思うんだけどなー。
細かなコードだって、ただこなすというだけでなく、
RYUMEIさんという色を乗せて聴かせてくれる。
次第に優しいだけでない、力強さが見えて、
RYUMEIさんが、ぐっと近づいてくる感じ。

「ほら、70年代でしょ」
ほら、って。
「今度はリバーブもらおうかなー。
つぎは80年代ですね。(←わろてます)
ここからアニメソングが続きます」
真紀ちゃんが「アニメでリバーブ?」ときょとんとしております。

「君をのせて」:井上あずみ
ラピュタの主題歌ですね。
これでRYUMEIジュニアが嗚咽を漏らして号泣したという。
甘くて優しい音が響く。リバーブがいい感じです。

alcafe004702.jpg

シンプルなヴォーカル。
ゆっくりとしっとりとした、静かなアレンジ。
時にハッとさせられる音の強さを交えて。
このさじ加減が腕の見せ所だよねえ。
じわじわと染み入り、身体のどんな細い場所にでも行きわたっていくような
RYUMEIさんの音の流れ。
アルカフェという場所を越えて広がる、遠いはるかな星空のイメージ。
「父さんが」の「が」の高さがRYUMEIさんの音なんだよ。
アルペジオの艶やかな響きの中に、時折ベースのような低い音が交じって。
ギター1本だというのに。
この曲とRYUMEI節の最強タッグ。
心の何かを揺さぶる響き。
やばいです。
泣けます。

アルカフェさんのUSTREAMを見ていて、
49:00ごろからの下りはホント、来ます。
「いつかきっと出会う 僕らをのせて」からのギターの強さ。
「出会う」のメロとヴォーカルがとくに私のツボですね。
メンタル弱ってる時に聴いたら涙腺決壊しそうです。

「ものすっごい悲しい気分になりますよね」
「最後、マイナーで終わった」真紀ちゃん
「メジャーに行きたくなかったんだよね」

「えー次は、これ絶対カクロウだと思うんだけど。
坂本真綾、「プラチナ」をあえて選んでみました。

alcafe00531.jpg

これ難しいんだよ。菅野よう子さんの曲で転調ばっかり。
カードキャプターさくらっていうアニメのテーマソングなんだよね。
この歌うたう人なんていないから。レアです。
しかもギター1本でね!」

「プラチナ」:坂本真綾
足でステップを踏みつつ軽快なリズム。
おおー山盛りの転調!
アニメもたまーに見ていたような気もするけど、こんな曲だったっけ。
サビはさすがに少し落ち着いているような。
この高い音がRYUMEIさんの声に合ってるなあ。
今日一番に軽く明るいギターかな。
でも表面的に軽いのではなく、
ちゃんとサウンドホールをくぐって広がる気持ちよさ。
2番になると少し耳も馴染むけど、やっぱギターは大変そうだ。
「あしたへと」の「へと」がいいんです。
これ絶対ギターひとつでやる曲じゃないよねえ。
でもたっぷりと、足りないものなんて感じさせずに聴かせてくれます!

裏話。
終演後、
YUKAちゃんの友達が「この曲知ってます。アニメ見てました」
のもん「へ~、やっぱり年代が違うと知ってるんだね」
RYUMEI「のもんさんはサリーちゃんでしょ
のもん「そ ん な 古 く な い わ!!(見てたけど)」
魔女っ子メグくらいにしてくれ。

「これで最後の曲にしていいですか。
そーとー使い果たしてますよ。
歌いながら疲れちゃったもん」
チューニングしながらしゃべってます。
病み上がりだというのに、このハイペース。
馴染みのない歌のオンパレード。

「最後は、SUPER BUTTERDOG」
と言った瞬間に、最前の真紀ちゃんが「あらっ」と反応。
「知ってる?
じゃあこれは真紀ちゃんのリクエストってことにしようか」

「さよならCOLOR」:SUPER BUTTERDOG
最初はピックをくわえて。
甘く弾むほわっとしたイントロ。
のどやかながら、歌い流すようなヴォーカルで始まり、
次第に力強く語るような歌い方に。
シンプルなギターと、穏やかな曲。
高い声はやさしく染み入る。
淡々と続いていくことが気持ちいいような曲ですね。

「ということで、JBの小部屋コーナーでした」
RYUMEIさん、かなり暑そう。
風邪の調子は大丈夫かな?

YUKA4リサイズ
どのタイミングだかわかんないけど、
YUKAちゃんからもらった写真を挟みます。

「えー今回は20周年ということでね。
のもんさんにもいろいろ作ってもらって、
入口のタペストリーとか。紅白(?)饅頭とか。
ありがとうございました」
いやいや、好きでやっていることばかりでした。

「あっという間にデビューして20年ですよ。
歌わなかったり、歌ったり、歌わなかったり、歌ったり、で20年。
デビューした時に、20年後も歌ってると思ってたかなあ。
考えもしなかったかもしれません。
でもおぼろげに、歌っていたいなと思っていたかな。

alcafe010737.jpg

こうして歌っていられるのも、みなさんのおかげです。
ありがとうございました。
まあ上には40周年という方もいますしね!
そこまでは無理でも、
歌っていられるかぎり、歌っていきたいなと。
ぽつりぽつりやっていきますよ。
これからも、よろしくお願いします」
しみじみと確かめながら言うようなRYUMEIさんです。
嬉しい。こちらもじんわりと暖かな気持ちに。

alcafe010858.jpg

「えー今年はもうライブ3回目?
しばらくやるつもりなかったんだけどね、
背中を押されて押されて、押し出し?
あっあっ、あーって感じで。

alcafe010849.jpg

でも始めちゃうとね。
やっぱ好きだからねー」
素敵な笑顔もらっちゃいました。
ねー。歌うの好きだもんね。

「喫緊のお知らせも特になく、
次のライブも・・・あ、ここでまた3回目をやるんだっけ。
12月5日?
どんどんスパンが短くなってるのが
僕的には気になっているんですが!
そのうち、RYUMEIさんマンスリーライブです、って言われそう。
すでに事務所化しています」
いや、マンスリーはさすがに大変だから。

alcafe010934.jpg

「告知としては、来月ね、収録があるんですよ。
来生さんの。BSで。
テレビに出るらしいですよ」
やったー!!!
「空けといてって言われたんですよ。
まあ映るかわかんないですよ!」
RYUMEIさんを映さないようなカメラマンはセンスがないですっ。
願わくば公式に、早めのアップを!

来生さんの40周年CDの作成も順調なのかな。
今日は、その流れで、
普通だったら考えられないお客様にもいらしていただきました。
(注・御大にあらず)
こんなファン主催のライブにお越しくださるとは(恐縮)
というか、RYUMEIさんが誘ったという事実に
ワタクシ胸がいっぱいになる思いでした。
楽しんでいただけたかな。どきどき。

「そろそろ後半ですね。
次は、もう一つの新曲。
コウイチが詞を書いてくれた「小さな世界」を」
あ、やるんだ。わーい。
前半のうちにコーナーは終わっちゃったから、やらないのかと思ったよ。

alcafe0101000.jpg

「これ詞を書いてってなったのって半年くらい前だっけ?」
「8月です。2か月前」
「え?」
これもまた全然違う。テキトーですね。

「同時にカクロウ君にも詞を頼んでて、2曲も新曲が出来たのでね。
今、録音を始めてるんですよ。CD用に」
おおおおおおおおーーーっ!!
そんな動きがもう始まっているのか!!
「ほんっとにぽつぽつとですけどね。
3歩進んで4歩下がる的な。(←進んでない)
また録音したままで永遠に未発表曲、なんてことにならないように」

「この「小さな世界」はアレンジが難しくてねえ。
気に食わないからまたやり直ししてもらおうかなって」
やめて、コウイチさんが死んでしまう。

「小さな世界」
あたたかなギターのイントロ。
ふわっと広がり満ちていく音。
たまらなーい。シアワセ。
さっきまでの新鮮かつ緊張感に溢れる小部屋コーナーを過ぎて
再び自分の曲に戻ってくると、
RYUMEIさんの持つ味わいが、いっそう強く全身に染み入る感じ。
ヴォーカルにも余裕が生まれて。
今日のギターがとてもあたたかに感じるのは、
このアルカフェという場所の力もあるのかもしれないな。
気持ちのいい音が満ちていく。
Cメロは、下北沢の時と変えて、裏声でささやくような歌い方に。
録音作業の中で、試行錯誤を重ねているんでしょうね。
最初に聴いた時よりも、耳に馴染むのが早い。
ライブを重ねていくことで、変化しながら、定着していくんだよね。

YUKA5リサイズ
こちらもYUKAちゃんから。どのタイミングやら。

「20周年ということなんですけどね、
リトルバッハで95年にデビューしたんですが。
最初はチェッカーズの事務所からデビューして、
そしてバンドの例にもれず解散してね。
まあ、ここではバンド時代の曲をやろうかなと。
これはよくやっているから知ってるかな」

「トラヴェリンマン」
もうねー最初から気持ちがいいんだよー。
出てくる音の一つ一つ、RYUMEIさんの声。
ポップながら切なさのある楽曲。

alcafe01900.jpg

RYUMEIさんの魅力がこれでもかと溢れる。
全身が好きだと喜んでいる。
お客さんのハンドクラップも楽しい。
今日はカクロウさんのギターはないけど、
1本でなんの不足も感じない力強い演奏。
本当に、今日のこの場を作ってよかったと思う。

ライブはまだまだ続く!
「そろそろいい時間なんで」
といいながら、やるのはこの曲!

「マルコとポーロ」

さらにガツンと力強いギターから!
カッコいいいいい!!
強い、なのに同時に甘い!
軽快、なのに浮ついてない!
ああまたなんか私が聴いたことのない音が入ってる!
一人で弾いているとは思えない迫力と厚みのある音。
RYUMEIさんの調子がまたぐんぐんと上がっていくのがわかる。
なんでしょうかこのヒトは。
間奏の見せ場は「真紀ちゃん!ソロだよ!」
真紀ちゃんもノリノリでエアピアノ。
ほんと、弾いてほしいよー!

alcafe010127.jpg

「次はJB!誰?誰?」
もう面白すぎなんだけど!
畳み込むようなストロークが、珍しくもカッコいい。
またこんなのやってくれちゃってー。
最高だなRYUMEIさんは!

「懐かしいでしょ真紀ちゃん」
「懐かしいー!弾きたい!」
「じゃあそのうち旦那様の許可をもらって。お借りします」
いいなあー!!
また二人のセッションが聴けるかな!

今日はほんと盛りだくさんだ!
JBの小部屋があって、なおまだこんなに歌ってくれるなんて。
「今日はしゃべってないね」のもん
「病み上がりだからね、歌って汗をかいた方がいいんだよ」
そ、そうか?

「最後の歌は、これも昔の曲ですね。「タイムピース」。
これなんで最後にしようと思ったんだろうなあ。
20周年てことでね、昔の曲とかひっくり返してみたんだけどね、
ぜんぜんやりたいと思わなかった!
コード忘れてたり、今の感じじゃなかったり。
この曲はね、まだマシって思えるというか」

な話をしているところで、ようやくJBのアッコちゃんが到着!
最後に間に合った!

「LBの時も、ソロでも、CDになってない曲とかいっぱいあるんだよね。
それらの曲も、どっかで日の目を見せてあげたいなと
思っているんですけどね」

「タイムピース」
低い音のストローク。
じっくりとしたテンポとアレンジ。
重さのある中に、ちらりと高い音がアクセントになる。
ヴォーカルも、ゆっくりとした語るような力強さで。
聴いているうちに、じわじわと詞の世界の形が見えてきて。
なんだろ、これ今のRYUMEIさんにとてもあっているんじゃないのかな。
「長い道のりを歩いている途中なんだ」なんて。
次へ続いていく曲だもんね。
作った時の年齢から、今に至るまで、つながっているんだもんね。
感慨深い。
最初のころからRYUMEIさんを見ているファンならなおさら
いろいろ思うことがあるんじゃないかな。
この曲も、回数を重ねて、さらに馴染んで行ってる感じ。

アンコールの拍手は反響してさらに大きく感じる。
RYUMEIさんはギターを置いて、しばし水を飲んで。
「ここははける場所がないんでねー」
確かに。
「20周年なんでねー。20曲やろうかなと思ったけど
さすがにできなかったね。
まあ僕の気のすむまで」

ここでリバーブをもらうRYUMEIさん。
「さっきのタイムピース、歌いながら、最後の曲にいいなと思ったね」
うんうん。
しみじみと聴いてしまったよ。

「さて仕切りなおして」

「FULLMOON」
ツンと甘い音が、香るように広がる。
ヴォーカルも、甘く。
一気に空気が変わるようで。
「そっと 目を閉じて」
ああ本当に、目を閉じて、
このまま吸い込まれるように聴いたらいいよね。
RYUMEIさんの思いのこもった、ひとつひとつの音。
すべての人の心に染み入るように、届く。
しずんでいく、音の中。
ほそく音の手が伸びて、身体の奥の芯に触れていくようだ。

alcafe0140.jpg

ここで終わりかと思いきや!

「なんでか最初のCDの、2曲が残ってるんでね。
まず「Time Is a River」やって、「LOVE」はまあやらなくてもいいかな」
えっ。出しといてやらないとか言う?
「その時の気分で」

「Time Is a River」
さっきとがらりと変わって、ドーンと力強いギターから。
今日はもうてんこ盛りだよ~!!
優しいのに強い、愛がいっぱいこもったギターとヴォーカル。
たまらないです。
ワイルドさよりも、愛をたくさん感じます。
「FULLMOON」の世界とはまた違う種類の広い場所に
連れていかれる曲。

alcafe0149.jpg

ここへきて、私がRYUMEIさんを知った時の3曲が続くなんて
なんだかしみじみしてしまう。
RYUMEIさんの気持ちが伝わってくる。
ライブって、すごい。
メモなんてさあ~取ってる場合か?
全身で音に浸る、至福の時間。

「これはハワイの友達に、
歌詞を書いてって頼んで作ったものなんですよね。
あと2曲あって、ひとつはもろAORで、もう一つはもろジョージ・ハリスン」
えーまたそんなしっぽだけ見せて。

「そろそろ〆ましょうかね。
最後はね、普通ならここでデビュー曲ってなるんでしょうけど」
ここで「眠れぬ美女」だったらびっくりだよ。
「今日はどうもありがとうございました」

「LOVE」
あーこのイントロもいいなあ~。
力の入った低い音が振動と共に伝わって。
ライブでなければ感じられないのがこの波動です。
今日は愛があふれてる。
どんどんあふれてる―。
いっぱいいっぱい届いているよ!
やさしさ、柔らかさ、強さの中にあるたくさんの愛。
歌詞がストレートに、飛び込んでくる感じ。
この迫力あってこそ、素直に伝わる愛のかたまり。
受け止めます、全身で。

なんて思ってうるうるしていたら

「結婚おめでとう真紀ちゃん!!」

alcafe0157.jpg

おおおおそうだそうだ。
しばらく会わないうちに、奥様になっていたんだもんねえ。
おめでとう!
「結婚式行けなかったからね。歌う気まんまんだったんだけど。
だからこの曲をお二人に捧げます!」
おお~~~!!
最後に全部持ってかれたー!
笑っちゃったよもう!!

「こんなもんでしょう?」
時計を見上げると、21:30!
うわあ、ぴったり2時間!!
すっごい歌っていたので、どうなのかなと思ってたけど。

と、関心している場合ではなく、
まだこの後の仕込みがあるのだよ!!
後方まで移動して、すでにそこで待機してもらっていたコバヤシさんに
用意したBGMを流してもらう。
バースデーソングを数曲、編集してもらったのだ。
YUKAちゃんを呼んで、
開演前に冷蔵庫に入れてもらっていたケーキを出して準備!

実はこのケーキ、
YUKAちゃんの手作りなのだ!
プレーンなベイクドチーズケーキなんだけど、
焼き上がりがとてもきれいでした。
アルカフェさんに頼んで、
ライブの間、冷蔵庫にしまっておいてもらいました。
ありがとうございました。

慌ててローソクを立て、
なぜかカウンターに移動していたカクロウさんに頼んで
火をつけようとするもなかなかこれが。
ミドリちゃんがやってきて、代わりに火をつけてくれました。
なんて男前なのだ。
用意してきたバースデーソングが2曲目に入ってしまう。
「RYUMEIさん!段取り悪くてすまんけど、まだあるから!」
と、ステージに残ってもらう。
よーやくケーキの準備ができたので、YUKAちゃんが捧げ持って登場!
ニコニコのRYUMEIさん。
「もう消していいの?」
「写真撮る人は撮ってくださーい」
「フー!!」
もう楽しい楽しい。

ケーキリサイズ
こちらもYちゃん撮影のものをいただきました。感謝。

ハタチにあらず。

ここまでやって、まだまだ終わりじゃないのだ!
なんか人心地ついてるよーな笑顔のRYUMEIさんに、
「RYUMEIさん!最後の仕込み!
これが一番時間かかってんだよー」
プレゼントを渡すと、またびっくりのRYUMEIさん。
リボンをほどいて、ふたを開けて、中のものを取り出す。
「え、なになに?これで落として割ったらひんしゅくだよね」
で。
出てきたのは、オリジナルグラスでございます!
「わああ、かっこいい!!すごい!」
RYUMEIさん、めっさ驚いてます。
やったー!!
大成功!

グラスリサイズ1

分かりやすいように、家で撮影したものです。
裏にはメッセージ付き。

グラスリサイズ2

これで私とYUKAちゃんが用意してきた企画はぜんぶ完了!!
グラスはRYUMEIさんの手を離れ、あちこち回っていきます。
YUKAちゃんはカウンターの方で、ケーキを切り分ける作業を。
手の回らぬ私に変わり、
ケーキのサーブを手伝ってくれたAちゃん、ありがとうございました!!

いやー、なんやかやで上手くいったなあ~。
やりきったよー。

もうここから先は、大宴会です。
アルカフェさんのすごいところは、
貸切の場合、持ち込みOKなんですよ!
前回は、まだお客様も要領を把握していなかったのだけど、
今回は、まあいろいろな方がちょこちょこと持ち込んできて!
あっという間にテーブル上は、
お菓子やら唐揚げやらで埋め尽くされていきました。
ありがとう!
みんなちゃんと食べてよ!ちゃんと持って帰れよ!(爆笑)
お酒も次々追加されて、思い思いに楽しんでいるようです。

今回、飲み放題にしたのですが、大正解だったみたいです。
ライブ中も飲みながら楽しんでもらえたし、
終わってからも、みなさん好きなものを注文してたようで。
(むしろ店がつぶれやしないか心配だ)

しばらくすると、RYUMEIさんの答え合わせタイム。
ジョナサンベルが座敷に集合かけられています。
結果は以下の通りでした。
「世界を止めて」:コウイチさん
「まちぼうけ」:カクロウさん
「夜の海を走って月を見た」:コバヤシさん
「大寒町」:コバヤシさん
「君をのせて」:スタッフのKさん
「プラチナ」:カクロウさん
「さよならCOLOR」:コバヤシさん

コバヤシさん、まさかの3曲入り!
(本人曰く、邦楽に絞った老獪な戦略のたまもの)
宮内さんとアッコちゃんは無念の落選でした。
次回は必ずセレクトするとのことなので、
気合でリベンジしてください。
コウイチさんは1曲に絞っての採用。
しかも滑り込みの1曲だからね!
「プラチナ」はRYUMEIさんの予想通りでしたね。
「まちぼうけ」は宮内さんだと思ってたけど、違ったなあ。
歌ったらハマりそう、という連想です。

今回、久々の小部屋でしたが、
選者が変わると、こうも雰囲気が変わるかという
見本のようなラインナップでしたね。
今までの小部屋にはない新鮮さ!
しかし一人一人の名前まで伏せて、まるっと渡すとは
なんというギャンブルだ。

12月もまた小部屋やろうか!とのことなので、
みなさんふるってご参加!!
条件は、RYUMEIさんが選べるように、3曲程度を渡すこと。
「洋楽邦楽なんでも構わず歌う」とテーマソングでは言うてますが
今のところ邦楽率高し。
あ、名前を伏せていっしょくた、ということはないのでご安心を。
(といいつつ、選ばれる保証はありません)
小部屋ライブは当事者になってこそ!
ライブを何倍にも楽しめます。
こんなことできるライブはない。

今日はBDイベントがあったので、
残り時間もかなり少なくなっていますが、
思いのほか多くのお客さんが長居をしてくれて嬉しい。
なのに、いつの間にか主役がいないじゃないか。
「RYUMEIさんこのテーブル来た?」
「来てないよー」
しょうがないなあ~。
つか呼びなさいよと思うのだが、
たいがいみなさん遠慮しいなので。
カウンターのところで
ジョナベルのメンバーとしゃべっているRYUMEIさんを連れてきます。
「2回目とか初めてのお客さんがいるんだから営業営業!」

まあそんなお世話を焼きつつ、
RYUMEIさんもいろいろなテーブルを回り、
みんなと話をしていたようで良かったです。
何話してたのかな~と気になりつつ、
私もいろいろな方と話をして回って。
バタバタとあちこち中途半端に動き回ってたので
失礼があったかもしれません。ゴメンナサイ。

そうそう、RYUMEIさんのグラスのデザインは、
スタンディングのシルエットだったので、
「珍しい」って何人かからツッコミが。(本人含む)
私もそう思うけどー、
椅子に座っているちょうどいい画像がなかったんだよ!
しかもシルエットにしてちゃんと分かるものでないと意味ないし。
なのでエレキの立ちです。
裏のメッセージは
「ALL YOU NEED ID R」
その昔ジョン・レノンが愛を歌っていた曲のもじりです。
RYUMEIさんも、元ネタがわかるから嬉しそうでした。
私たちファンの気持ちを伝えるメッセージです。
「普段使いできる大きさでしょ」のもん
「使わないで飾っておきますよ!」

時計を見ると、22時45分。
もうこれ以上はダメです。
「はいお時間です!片づけてー!」
テーブルに広がったお菓子の山は
テキトーにみなさんに持ち帰ってもらうことにします。
座敷の荷物を整理して、後ろを振り返ったら、
いつの間にか、すっごい片付いていて驚きました。
さすが!!
みんななんて手早いの!

最後の確認をして撤収。
「次回は12月5日ですね。お待ちしております」オーナーの佐々木さん
「はい、よろしくお願いします!」
ぞろぞろ駅へ向かって、それぞれ電車で帰ります。
RYUMEIさんはまだ飲みたそうだったなあー。
私だって帰りたくないよっ!合宿したいー。

と。
ライブにイベントにおしゃべりに、
盛りだくさんの1日でした。
とくにイベント終わってからの時間は、
もう何やってたやら記憶がコマギレです。
でもみなさんに楽しんでもらえたようで良かった。

いらしてくれたみなさまにおきましては
家に帰るまでがライブですが、
ワタクシはレポを書き終わるまでがライブ!
今回、ユーストありなので、ついついメモを取る手も止まりがちでしたが
やっぱあの瞬間に書いたことが、そのままレポに繋がるんだよねー。
うん、次はもうちっと気合い入れよう。
(言わずもがなですが、ちゃんとライブ堪能してます。メモありきではないのよ)

自分で読み返すのも嫌になるほどの長さですが
これすらライブの魅力の一部しかお届けできていないと思います。
次回12月5日(土)のファンミーティング3。
時間は今回と同じです。
ご参加お待ちしております。
今度は、もっとマターリ、楽しみたいと思います。

あわせてリクエストも受付中!
mixiにてRYUMEIさんに直接送るもよし、
友人を通じて頼むもよし。
もちろん私からも、伝言するので遠慮なく。

なところでアップします。
これ以上付け加えてもねえ。
コメント、まだまだお待ちしております。

* 企画の裏話については、また別途アップします *
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明 ジョナサンベル

00:12  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(21)

Comment

のもんさん、お疲れ様でした!
本当に素敵な一夜でしたねー
Ryumeiさんの相変わらずの凄さカッコ良さを
痛感しつつ
のもんさんの情熱、行動力に脱帽!
とにかく本当にハッピーな気持ちになりました。
因みに僕のリクエストは選曲されご満悦です(笑)
コウイチ |  2015.10.18(日) 03:32 | URL |  【編集】

ああああ〜♡♡♡

楽しかった、楽しかった、楽しかったあ〜×1000!!!

嬉しかった、嬉しかった、嬉しかったあ〜×1000!!!

リューメイくん。
のもんさん。
YUKAさん。
そして、ご一緒させて頂いたみなさま。

最高に素敵な時間をありがとうございました♡♡♡

まだまだ幸せな気持ちが続いていて、
夢の中でも、アルカフェでリューメイくん&皆さんとご一緒してましたよぉ。

本当に〜RYUMEIくんのファンになって良かった‼︎と、改めてしみじみ思ってます。

のもんさんからの、サプライズプレゼンツ。その連続‼︎本当に素晴らしかったあ‼︎
RYUMEIくんへの愛がよどみなく溢れてて…感激の嵐でした‼︎

本当にありがとうございました♡

取り急ぎ御礼まで♫
またコメントに来ますね!

初めての夜遊び→午前様…
息子は、さすがにまだ寝ております(^◇^;)

KYOKO |  2015.10.18(日) 08:41 | URL |  【編集】

コウイチさん

ありがとう!
最高に素敵な1日でした。
RYUMEIさんて、ほんと凄いよ!

私のパワーはすべて、RYUMEIさんからもらってるものですので。
愛の力でなんだってやっちゃうよーん。

リクエスト、1つにかけてそれが通ったのは凄い!
かっこいい曲でしたー!
そしてかっこいいRYUMEIさんが見れて、嬉しかったです。

KYOKOさん

楽しかったねー!!
KYOKOさんもいろいろご協力感謝感謝です!
そして可愛いお客さんを連れてきてくれてありがとう。
嬉しかったよー!
RYUMEIさんも喜んでくれたね。

サプライズの波状攻撃、
喜んでいただけましたでしょうか。
みんなの笑顔が見れて、私も達成感ハンパないですよ!

ご長男、帰りがたい母に付き合って、
きっとお疲れだったでしょう。
たくさんの人に囲まれて大丈夫だったかな?
ゆっくり休んでくださいませ。

またコメントお待ちしております!

こちらはすでに、第1稿とでもいいますか、
レポの下書きが終わりました。
アルカフェの動画見たさで、飛ばしました。気合!
(とりあえず動画見ないで書いてます)
あとでトークの聞き取れなかったところを補足していかないと。

というところで、
まず山を越えたので、今日は飲んじゃおっかなー。

みなさまのコメントが、蛸足の原動力です。
お待ちしておりまーす。

のもん |  2015.10.18(日) 17:35 | URL |  【編集】

のもんさん、昨日はありがとうございました。

この日があってほんとうによかった! 素敵なライブでしたね♪♪♪ RYUMEIさんの声、ギターの音・・・体にしみわたっていき、細胞ひとつひとつが元気になっていくのを感じました(’-’*)♪

終演後、お初のミュージシャンの方とRYUMEIさんが音楽のお話をされていて私は全然わからないのですが、音楽の話をしているRYUMEIさんの目がキラキラしているのを近くで見ていました。素敵だったよ〜(*^^*)

明日からまたいろいろありますが元気に乗り越えて行けそうですよ。
しばらくはアルカフェさんの動画も見れるのでうれしいですね〜
POPO |  2015.10.18(日) 20:51 | URL |  【編集】

POPOさん

今回も一番乗りでしたね。
私が階段でごそごそ怪しい動きをしているところを
目撃されてしまった(汗)

RYUMEIライブはNK細胞活性化しますよ!!
トクホの表示をしてもいいくらいだ!

そうそう、気が付いたらPOPOさんとこのテーブルで
音楽談議が始まってたみたいですね。
私も聞きたかったなー。
プロ目線での話は、きっと示唆に富んだものだったと思いますよ。
RYUMEIさんが嬉しそう、輝いてるってだけで
私たちは十分嬉しいよね!

アルカフェ動画もギリギリまで楽しんでください!
(私もこれからだー)

次は12月!
といいつつ1か月半くらいなんだよね。
楽しみに待ちましょう!
のもん |  2015.10.18(日) 21:43 | URL |  【編集】

乾杯!

のもんさま

素敵なLIVEでした!!

のもんさんはじめ、ファンの皆さんの“LOVE”があの雰囲気を作っているだな~と気持ちが良かった~。

勝手な印象ですがRYUMEIさんの弾き語りは、ちょっと草原ぽいな~と感じています(本当に本当に個人の偏見塊デス)。
海の歌詞、都会の歌詞を唄って奏でていても、なんか‘サワサワ~’っと一面の植物が風になびく感じ。それを、アルカフェでも感じたかな~。
歌詞では・・・“真綿の舟”というフレーズがドキリとしました。紙や泥、、、以外にこの表現で脆さを伝えるとは!RYUMEIさんの歌の詞って、ちょっとハイブロー感が薫ってますよね。この詞もカクロウさんでしたかな?

小部屋のリストでは
鈴木慶一や高野寛の曲をRYUMEIさんの歌で聴くなんてなんだかビックリ!?(笑)。でも、高野寛の「夜の海を走って月を見た」は声の響かせ方は違うけど、なんだかとっても雰囲気が似ていて良かった◎。(クローズアップ現代のアノ回にちょこっと高野寛のライヴが映ってましたね。牧村憲一氏の活動内容の部分で・・・鉄も番組観ました)
久保田真琴の「まちぼうけ」!!初聴きでしたが~勘で、ジョナサンベルのSAXさんのリクかな?w。
答え合わせまでは居れなかったので帰りの電車でも上記の2曲は、ジョナサンベルメンバーからかな~とかLIVEを思い出しながらなお楽しめました。
(大方、ハズレているんでしょうが:笑)。

ファンの方はRYUMEIさんの声でこのフレーズを聴きたい!という想いでリクエストされるでしょうから選ばれたらもうニヤニヤが止まりませんね。

今回はあの距離感で満喫できて本当に楽しかったです。
ちょっぴり、こんなに素敵なRYUMEIさんの歌が、もちいっと多くの方に聴いて欲しいな~とも思いました。予定される新CD、楽しみにしています。

KYOKOさんちのT君にもお会いできて楽しかったです。ゾロリにハマる子は良い子です。お奨めのから揚げ、今度TRYしてみますw。

のもんさんの内側から溢れんばかりの幸せな笑顔が見れて、ライブも満喫出来て、ファンの皆さんも素敵で気さくな方たちで、御持たせの御菓子&おつまみ系も美味しくて。RYUMEIさんの輝きに負けない位、ファンの皆さんもみーんなキラキラしてましたよ~!!。
そして、サプライズギフト&チケットデザインにのもんさんのセンスがキラリ!さすが。

では改めて。。。
RYUMEIさん♫20周年おめでとうございます♫。
これまでの、そしてこれからのRYUMEIさんに乾杯!!
鉄線花 |  2015.10.19(月) 12:17 | URL |  【編集】

カンパ〜イ!

そうだそうだそうだ〜!ryumeiさんと乾杯するの忘れましたよ!
ryumeiさん、28歳?43歳?のバースデーおめでとうございます!そして、デビュー20周年おめでとうございます!!!カンパ〜〜イ、イェーイ!!!
ryumeiさんは、最高にかっこいいです!大好きです!なので、だから、これからも、ずっと⁈出来る限り!歌い続けて欲しい!歌い続けてください!お願いします!!!そしていっぱい届けてくださ〜い!!!責任重大です〜!!!
鉄線花さんの、草原ぽい、たしかに〜にって思いました。前にジョナサンベルのコバヤシさんが万華鏡って言ってたのもたしかに〜って思いました。私は、なんだろうって今想像してるけど、良いのが出てこない…出したいです(勝手に出してですね)!





YUKA |  2015.10.19(月) 23:07 | URL |  【編集】

小田木隆明まんじゅう頂きました!

ライブ後から、
『小さな世界』、そして初めて聴いたアニソン
『プラチナ』が脳内ヘビロテ中のKYOKOです。

コウイチさん☆
『小さな世界』すっごくイイ曲ですねえええ~♡
心がほっこり温かい気持ちになります。
RYUMEIくんのニューアルバムに、絶対外せないナンバーですね!

『プラチナ』はカードキャプチャーなんちゃら笑?の
オリジナルも聴きました。
女の子のアニソン?らしく、なんともキラキラ☆しておりますね(^_^;)
リューメイくんの歌声は、サビの繰り返しがよりメロディックで、
切なく耳に残ります↑↑↑

そして…
”祝小田木隆明デビュー20周年まんじゅう”
1つだけ!ありがたく!心して!
食させていただきましたあ~。
白あんが程よい甘さで、とっても美味しかったデス♡
もう1個は食べれません!(腐ったとしても汗)
永久保存しときたいですーーっ!!!!

のもんさん☆
サプライズの波状攻撃!
ズキュンズキュン!!!やられまくりましたよお☆
この日の為に、沢山アイデアを練って、準備手配して下さったんですね。
本当にありがとうございました!!!!

ビアグラスも、ホントカッコ良かった&同じモノ欲しいーーーーっ!
リューメイくんも、びっくり驚きの表情で、とっても喜んでいましたね♪♪♪

3年前のBD祝ライブの時と同じ。
Rくんへの愛がいっぱい溢れていて♡♡♡
あの時間、空間も永久保存したかったです。

デビュー20周年ということについても、
Rくん。しみじみ振り返っていて。。。

山あり谷ありありながらも、歌い続けてくれていて、
感涙。。。嬉しい限りですね。

POPOさん☆
Rくんの歌は、ホントだ!
細胞レベルで!私たちを元気にしてくれますね♪
POPOさんテーブルの北村真紀ちゃんご夫妻も
お幸せいっぱいで♡♡♡素敵でした!!!
真紀ちゃんのキーボード。私生で聴いたことはないので、ぜひ聴いてみたいなぁ。
12月のライブもまた一緒に盛り上がりましょうね!!!

鉄さん☆
今回はいっぱいお喋り出来て、とっても嬉しかったです!!!
もぉ~う!やっぱり!素敵なマダムさま♡♡♡
憧れてしまいます!!!
鉄さんの娘さんも、素敵なお嬢様なんだろうなぁ♡
ぜひお会いしてみたいです!
息子のことも気にかけ、可愛がって下さって、本当に
ありがとうございました。
次連れて行くのは…30周年ライブでしょうかー?
(←やはり私が集中して楽しめない&お酒が飲めない(~_~;))


YUKAさん☆
ぷぷぷ♪Rくん、28歳説!!!
あながち…ううん?けどさすがにそれはナイ?!か笑。
39歳位には見られる?とか言ってたけど笑、over40には見えないことは確かですな。
私たちもRくんの歌を聴いて、イキイキ若さを保たなくてはねっ♪
YUKAさん、手作りのチーズケーキ☆
本当にめちゃくちゃ美味しかったです!!!女子力高いわ♡
また作って来てね!!!

ダラダラ書いてスミマセン。
のもんさんレポを楽しみに♪また来ま~す!
KYOKO |  2015.10.20(火) 20:29 | URL |  【編集】

さきにお返事

レポ、もう少しです。
お待ちを。

鉄線花さん

下北沢モナレコードに続いて、遊びに来てくれて感謝です!
LOVEが充満した空間でしたね。

草原ぽいって分かりますよ!
私もRYUMEIさんの音を聴いていて、
外の広い空間に連れていかれることがたくさんあります。
乾いた風が抜けていく感じ。

「真綿の船」は「OFF」ですね。
ドキリとする表現です。
カクロウさんの詞は、何気なくも心に引っかかる言葉があったりして、
イイんですよ。

>小部屋
私はほとんど元歌知らんで聴いてましたが、
知っているとなお、その差が際立って
面白かったんじゃないでしょうか。
私も「まちぼうけ」は宮内さんだと思ってました。
だって歌ったら似合いそうだものね。
答え合わせは、のちほどライブレポの中で。

カバーをやっていると、
このRYUMEIさんの声、高さがぴったり!
ってものがあるんですよね。
自分でリクエストするときは、
そこまで想像できない、頭が回らないんだけど。
ライブで聴いてドキッとすること、たくさんあります。

今回も、ジミ~にお客さんが増えたり(鉄さんも来てくれてホント嬉しいの)
次は誘ったら来てくれそうな人がいたりと、
なんとなくいい感じです。
ほんと地道に声をかけていくしかないのが、
もどかしいんですよね。
鉄さんも、軽い気持ちで誰か誘ってくれたら嬉しいです。
お嬢さんも歓迎ですよ。
(ジョナベルとジョイントするときかな?)

CDも、毎度「作る作る」言いますけど、
今回はかなり本気で、動き出してもいるので、
期待持てそうです。
2枚とも今は在庫ないですからね~。

RYUMEIさんのファンの方って、
びっくりするくらい、気持ちのいい人ばかりです。
女性の集まりなのに、ドロドロしたとこがぜんぜんなくて。
なので初めての人も、気兼ねなく参加してほしいなと思います。
RYUMEIさんが素敵だから、
みんなキラキラ笑顔になっちゃうんですよ。

忙しいところ時間の許すまで、
いろいろ楽しんでもらえてよかったです。
差し入れも感謝です!
今回あまりおしゃべりできなくてごめんなさい。
やることありすぎた(笑)
次は12月となりますが、
また都合が合えば、ぜひ。
今度はもっとまったりやります。

YUKAちゃん

お疲れさまー!
たしかに、私も乾杯した記憶がない!
しなきゃ!
つか、あのイベントの後、何をやっていたのか、
記憶がバラバラすぎる。

RYUMEIさんは、私たちがいる限り、
どこでも歌わねばいけないので大変です。
もうあきらめてもらうしかありません。

草原・万華鏡、いいですねえ。
私はかつて「音のミルフィーユ」と彦摩呂ふうに表現してみました。
YUKAちゃんはこのお題になんと答えるか。

KYOKOさん

私も、毎日違う何かが、エンドレスで流れています。
「世界を止めて」は登場回数多いです。
どんなアーチストの曲でも、男性でも女性でも、どんなジャンルでも、
しっかりRYUMEIさんになるのが凄いですよ。

まんじゅう食べましたか!
2個あるもんね!
私もいつ食べよう。
決めとかないと油断して賞味期限が切れそう。

というか。
何でか、予定の数よりも余ってるんです。
誰かもらってない人いない?大丈夫?

サプライズ、喜んでもらえて私も嬉しいです。
このために頑張ってきたもんねー。
RYUMEIさんも、一つ一つにちゃんと嬉しいリアクション。
あの時のすべてを永久保存したいよね。

KYOKOさんともゆっくり話をすることができなかったけど、
みんなほっておいても、ちゃんと楽しく過ごしてくれてるので、
私は安心しています。
持ち込みの唐揚げはみんなちゃんと食べきったと思います。
ありゃ、お酒、飲んでなかったんですね。
ご長男も、遅い時間まで大変だったかもしれないけど、
イキイキ楽しそうなお母さんがいるのは、
やっぱ嬉しいと思いますよ~。
帰り際「つぎはおとうともつれてきます」って言ってたのが
めちゃくちゃ可愛かった!!
(母ソッコー、無理!って言ってたのもセットで)

さて、レポに戻ります。
のもん |  2015.10.22(木) 15:31 | URL |  【編集】

もらってな〜い

のもんさん!
私、私です〜!小田木隆明まんじゅう、貰ってないんですーーっ!!!大変です!今度ください!!!
乾杯もしないとですね!
「音のミルフィーユ」素敵です。どんな味なんだろ〜♡楽しみ〜♪食べたい!!どうしよう…浮かんだのが恥ずかしくて書けない。
KYOKOさん!
ほんと、ともくんの「つぎはおとうともつれてきます」って言ってたのすごく可愛かったです〜!KYOKOさんと弟さんの想いを汲んだ(特にKYOKOさんですかね)、優しいお兄ちゃんですね!!唐揚げも美味しかったです♡そうそう!ryumeiさんにプレゼントしてたコーヒーってどんなのなんですか?オススメなんですか?
チーズケーキ美味しかったですか⁈良かった!嬉しいです〜(*^o^*)女子力高いですか⁈でも…実状は、女子力のようなキラキラピカピカした感じじゃなかったんですよ〜。だって、普段ケーキなんて?作らないし、なんかやっぱりドキドキするし。最初は、張り切ってギター型のケーキとか作ろうかな、なんてネットのレシピを見たけどハードルが高すぎてフェードアウト。ピンク色のケーキが良いかもと思って、ラズベリーのチーズケーキを作ったらなんか酸っぱい(当たり前だけど)。普通のベークドチーズケーキを作ったら断然こっちの方が美味しいけど、焼き加減がイマイチわからない。失敗しても、ryumeiさんがおめでとうのロウソクをフ〜っが出来れば良いよね〜と、のもんさんにもいろいろ激励してもらって、パティシエになりきって作りましたよ。私的にはがんばったんですよ〜!だから、ryumeiさんやKYOKOさんや皆さんに美味しいって言って貰えて嬉しかったです!!!*\(^o^)/*





YUKA |  2015.10.22(木) 22:38 | URL |  【編集】

いまだに、ライブの曲が頭の中で鳴ってます。
すごいイベントでした。ありがとうございました。

リクエスト、あざとく狙いに行きましたが、狙って良かったです。自分の好きな曲を、RYUMEI さんに歌ってもらえるという「贅沢空間」…小部屋って素晴らしい(笑)

YUKAさん、JB用では無かったので恐縮ですが、ケーキ美味しかったです。

あと 「小田木隆明まんじゅう」 、ご利益ありそうで、まだ食べてられていません。のもんさん、賞味期限教えてください。
JB コバヤシ |  2015.10.23(金) 20:47 | URL |  【編集】

YUKAちゃん

やっぱ、もらってなかったか。
それでもあと一人
もらってない人がいるような気がするんだけど。謎。
コウイチさんもらったかなあ?

>浮かんだのが恥ずかしくて書けない。

聞くのもはずかしいような気がするじゃないの。

チーズケーキ、試行錯誤した甲斐がありましたね。
本番に強いのか?
焼き加減もGOODでした。

コバヤシさん

私も脳内エンドレスです。
RYUMEIさんの声はやっぱイイです。

ライブの日はありがとうございました。
いつも影ながら支えてもらって助かります!
BDソングのBGMの時は、
フライングさせてしまってスミマセンでした。

しかしリクエスト、3曲採用の高確率。
もう小部屋から抜け出せませんね。
またぜひチャレンジしてください。

まんじゅうの賞味期限は50日です。
ヤバイものは入っていないと思います。
12月2日まで大丈夫です。
(表示シールの貼ってあるのとないのとあるのね)
まあギリギリまで待たず、美味しいうちに。
のもん |  2015.10.23(金) 22:36 | URL |  【編集】

ライブの後もUstreamを楽しんでました〜♪

「ハメルーン」を聴くと初めてCDを聴いて一気にRYUMEIさんを好きになった事をいつも思い出します。ちょっと前は「ハメルーン」のないクリスマスがあったよね。今年は違うね!

前回の下北沢のライブに行かれなかったので、新曲シリーズも聴けてよかったです♪
JBの小部屋で知ってる曲は「君をのせて」だけだったのでほとんどが新曲?みたいでした(^^;
アニメの年代別「サリーちゃん」は私の年代です(-.-)
2時間とは思えないほどたくさんの曲を聴いたような感じです。RYUMEIさんの声が体の中にどんどん満たされてきて、「小さな世界」からは体ごとふぁと上がる心地よさを感じ、「FULLMOON」で優しく包まれてもうニヤニヤしっぱなしです(*^^*)

もうひとつうれしい事、のもんさんとRYUMEIさんのお話の中に出てくる真紀ちゃんに会えた事。「ヒグラシ」のピアノを真紀ちゃんが弾いていたと聞いてビックリしました。CDのジャケットを隅々まで見ていなかった(>_<) あのピアノ好きなんですよね〜 KYOKOさんと同じく是非ライブで聴いてみたいです。

のもんさん、YUKAちゃんありがとうございました(^_^)
YUKAちゃんケーキ美味しかったですよ‼
昨年の今頃はこんな素敵な時間が過ごせるなんて思わなかった。お二人の行動力に感謝、感謝です!
RYUMEIさん素敵だったねぇ〜次のライブも楽しみですね♪
裏話のブログもアップされていて楽しみが続きますね〜
POPO |  2015.10.25(日) 15:49 | URL |  【編集】

POPOさん

「ハメルーン」のないクリスマス、
去年のことだったなんて信じられないですね。
まあ他にもいろいろ、
それも去年だったっけ?なことがたくさんあって。

下北沢が直前にダメになってしまったPOPOさんにとっては、
JBの小部屋も含め新曲目白押しでしたね。
それでもユーストのおかげで、何度も繰り返し聴けて、
自分の中に取り込まれていくのが嬉しいですよねー。

小部屋&オリジナルの両方が
バランスよく選曲されたライブでした。
緊張感と、馴染んだ音の気持ちよさの
両方が味わえたのも贅沢で。
ホント、2時間とは思えないボリュームでした!

POPOさん、真紀ちゃんと会ったことないんだっけ?
そうか~。
確かにbieNライブが続いた時もあったし、
そのあと小部屋で一人のライブだったもんね。
「ヒグラシ」の大好きなピアノを弾いている人が、
目の前にいるというのも凄いサプライズでしたね。

RYUMEIさん、素敵でした。
やっぱり思い切って引っ張り出して正解でした。
みんながこんなにシアワセな気持ちになるんだものね。
ユースト再生しながら、しみじみと感じています。
のもん |  2015.10.25(日) 21:10 | URL |  【編集】

のもんさん!!!
ライブレポアップ♪
ありがとうございました&お疲れ様でした。
いつもながらに、いつも以上に!
内容テンコ盛り☆スペシャルバージョンで届けて下さって感謝です!!!
ホントにスゴイです!!!
何度も楽しく読み返させて頂いています。

Rくん。
序盤ハメルーン→SCRAP…から、声が良く出てるな~と心地よく聴いていたら、
まさかの病み上がり!
本番にはキッチリ持って来るところがプロですっ。

ジョナサンベルの部屋…
私も知ってる曲は、「君をのせて」しか無かった汗
高野寛さんのヒット曲「虹の都へ」は、とても好きで、
小部屋にリクエストしようとストックしていたナンバーではあったのですが、
この「夜の海を走って月を見た」は全く知らなかった。。
鉄さんと同じく。「まちぼうけ」は、絶対サックスの宮内さんのリクエストだと思ってました。
が、まさかの!?カクロウさん!!びっくり!
そして、アニソン「プラチナ」も。
カクロウさん、選曲の幅広いっす!
けど、知らない曲でもRくんが歌えば、全然退屈しない。
むしろ前のめりで聴いてしまうんですよねぇ。
(カラオケとかで、知らない曲を、好きでもなんでもない人が歌ってるのを
聴くのは、苦痛この上ないですが大汗)

次回12月はR小部屋inファンミになるんですか?!!!
ウレシイですぅぅぅぅ♡♡♡
今から曲、厳選しておきます!!!楽しみです!!!

アンコール後の3曲は、のもんさんにとっても、Rくんのファンになった
当初の思い出深いナンバーなんですね♡
私もこの夜は、これまで以上に感慨深い気持ちで聴かせて頂きましたよ。

Rくんのライブには、いつも、いつも、

LOVE

が溢れてますよねぇ!!!

こちらもRYUMEIくんへの愛♡♡♡が
止まりませーーーん!!!

Rくんの歌。声を他の言葉で表現すると…話も、とても興味深かったです。

のもんさん!「音のミルフィーユ」かあ♪
上手いコト言いますねぇ!!!
さらっとシンプルに聴こえるようでも、実は何重奏にも積み重ねられている、
こだわりのあるメロディの連続。
一度食べたら、忘れられない美味しさよーーん♡

鉄さんの草原も。。なるほどです。
Rくんの歌って、さわさわと、たおやかに、やさしく包まれている感じが
しますよね。

万華鏡かぁ~!こちらもなるほどです。
くるくると、カラフルに、形を変えて、私たちを驚かせ楽しませてくれる
Rくんの音楽を、ぴったり表現していると思いました。

YUKAさんが考え付いた言葉も聞きたい~!!
私もこのお題、宿題にさせて下さい。

と、まだまだ書きたいこといっぱいですがタイムアップ!
波状サプライズプレゼント記事の方へ、移動させていただきます。

KYOKO |  2015.10.26(月) 15:12 | URL |  【編集】

今回のライブそのものが盛りだくさんだったので、
おのずとレポも、いつも以上のボリュームになった気がします。

JBの小部屋、
アーチストの名前くらいは聞いたことある、
名前も聞いたこともない、
なラインナップで、
でも新鮮に楽しめましたね!
これからも、JBのみなさんにリクエスト参加してほしいくらい。

12月は、とくに小部屋メインというわけではないでしょうが、
今回みたいに、小部屋パートもあるんじゃないかな?
リクエスト、送ってくださいませ!

のもん |  2015.10.26(月) 22:51 | URL |  【編集】

のもんさん
レポ読ませて頂きました!大作すごいです~。
ustreamの画像が多くてウケました!今回は、ryumeiさん見れましたかね。
ジョナサンベルの小部屋、ライブの時は知らない曲で…たしかに、へーそーなんだーって感じたけど、ustreamで聞いてたら、すごく染みてきて、なんかいいな~ってしばらくryumeiさんバージョンの「世界を止めて」と「さよならCOLOR」が頭の中ぐるぐるしてました。それに、youtubeで、それぞれの元歌を聞いてみたら、すっごく面白かったです~!!!ザ・コレクターズの歌う「世界を止めて」もかっこいいな~って思いました。久保田真琴さんの「まちぼうけ」、高野寛さんの「夜の海を走って月をみた」、ムーンライダーズの「大寒町」も、初めて聞いたけど、なんとも言えない温かい気持ちになりました。そして、坂本真綾さんの「プラチナ」も、あんな可愛らしいアニメの曲なんだ~耳に残る~元気もでちゃう~みたいな感じで、今一番頭の中ぐるぐるしてます。
なんか、すごく嬉しいですー!!!こうして、知らなかった素敵な曲をあんな風に聞けるなんて…、やっぱりryumeiさんの小部屋凄いです~!!!
帰りの電車で、ジョナサンベルの人達が、来る人の顔を浮かべながら選曲したって言ってたな~。素敵な選曲をありがとうございました。
今度は、アッコちゃんと宮内さんのリクエスト曲も聞いてみたいです。
コバヤシさん、POPOさん
ケーキ、ありがとうございます!!!よかった~パティシエとしての自信になりました!(←冗談です)
コバヤシさん、早くから待機してくださり面白くて、嬉しいかったです。いつもありがとうございます!!
KYOKOさん
ぜひぜひお題考えましょう~。私が浮かんだのは、とりあえず保留でもう少し考えさせてください~




 |  2015.10.28(水) 00:11 | URL |  【編集】

YUKAちゃん

名前入れ忘れてるよー。
読めばわかるけど。

ユーストの画像も、取りだしたら止まらなくなってしまった。
同じような表情、角度がかぶらないようにと思いつつ。

RYUMEIさんのカバーを聴いた後に、
YouTubeで元の楽曲を聴き、
またRYUMEIさんを聴くという、
至福のエンドレスですね。

火曜の朝までUSTREAMは残っていて、
私が見た最後の数字は147でした。
前回の200の大台にこそ乗らなかったものの、
それでも多くの人に見てもらえたんじゃないかな。

一人一回ではないし、
ちょっとクリックしただけでもワンカウントになるんだとしても、
それでもやっぱ大きな数字です。
前回も、見ていてしかるべき人たちが、
見れなかったりしてたので、
今回も、私たちが思う以上に、
思わぬ人たちにもみてもらえたのかなと。

>ジョナサンベルの人達が、来る人の顔を浮かべながら選曲したって言ってたな~。

へえ~、そんなことを!
RYUMEIさんに「思いやりのないリクエスト」とか散々言われてたけど。
はは。

のもん |  2015.10.28(水) 22:24 | URL |  【編集】

のもんさ〜ん
ごめんなさい、名前忘れました!
でも、ほんとKYOKOさんも言うように、ryumeiさんが歌うと知らない曲でも全然退屈しないんですよね〜!というか逆に興味を持つようになってしまうんですよね!!!きっともともと素敵な曲なんだろうけど、ryumeiさんが歌うとより輝くというか、素敵になるというか…うまく言えないけど、その曲が好きになるんです!不思議です!!!!!
マルコとポーロもカッコよかったです〜!真紀ちゃんのエアギターも面白くて、ほんとに弾いてるようでした!私もぜひ、今度2人のセッション見てみたいです!
来てくれたお友達もとても楽しんでいたようです!ミュージシャンとファンの距離が近くてアットホームですね、と言ってました(*^o^*)
ほんと、ryumeiさんのライブはシアワセになりますね♡♡♡
12月、何リクエストしよう〜!ドキドキしてきた〜!(←早い⁉︎)





YUKA |  2015.11.02(月) 00:10 | URL |  【編集】

YUKAちゃん

名前もそうですが、
編集用キーワードも入れるクセをつけておくと吉。

真紀ちゃんとのセッションが、
近いうちに実現するといいなあ~。
RYUMEIさんの毎度のフットワークで、
声をかけてくれたらと思いますよ。

今回も友達を連れてきてくれてありがとう!
いつもいつもホント、うれしいです。
音楽やっている方はRYUMEIさんといろいろ話をしてたようで、
聞きたかったなー。
RYUMEIさんのライブの良さは、
ライブ自体のクオリティもさることながら、
終わってからのお楽しみも、
他にはない特別なものだと思います。
また聴きに来てくれるといいなあ。
今回来れなかった方も、次は是非に。

リクエスト、私も考えなきゃなー。
来年のことも考えなきゃなー。
のもん |  2015.11.03(火) 11:41 | URL |  【編集】

名古屋のHさんより

ライブ編のコメントいただきました!

**********

先日は ありがとうございました。

あれから もう2週間以上経ってしまい、
もう時間切れ~って言われそうですが…少しだけ書かせてくださいね。

「ライブ編」
凄いライブだった!というのが第一の感想です。
てんこ盛りのサプライズを含め、
RYUMEIさんのギターと声の魅力、そしてパワーに圧倒されました。
病み上がりだなんて とても思えない!

♪Scrap of Summer
♪Off
♪小さな世界
いい曲ですね。また聴けて嬉しかった~♪
ジョナサンベルの小部屋は、
知らない曲ばかりでしたが、♪君をのせて は良かった‼
ウン…泣ける~~
オリジナルを知らなくてもRYUMEIさんが歌うと
いい曲だなぁと思うし好きになります。
老若男女(?)みんな同じ想いで
RYUMEIさんが大好きなんだと思うとうれしいデスv-345
ありがとうございました。

オリジナルRYUMEIグラス、私も欲しいです!
持ち帰りが心配だけど…
12/5 、参加に向けて調整中です。
よろしくお願いします。

**********

ありがとうございます~。
時間切れなんてとんでもない。
いつも待ってるんですよ~。
嬉しいです。

あの場所、ほんといろいろな方がいましたね!
年齢も、ファン歴も、ライブ参加回数も違う、
音楽をやっている人いない人もいる。
でもみんながみんな楽しんで、
幸せな気分を共有できたと思います。

12月という忙しい中、Hさんは距離の遠さもありますが、
またアルカフェで会えるように願っています。

グラス、了解です!
のもん |  2015.11.03(火) 12:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2573-91cd6478

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |