2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.12.13 (Sun)

地球劇場~2時間たっぷりLIVE&TALK

BS日テレ・地球劇場。
番組HP内の来生さんのページ→http://www.bs4.jp/chikyu-gekijou/onair/21.html

再放送は、来年。
1月3日(日)12:00~です。

************

リアルタイムで見てました。
ドイツフスバル宴会帰り&家で勝手にひとり2次会状態で。

RYUMEIさん、思った以上に映ってなくて残念だよ。
立ち位置が、一番右側だったというだけでなく、
前回見た渡辺美里さんの回よりも、サポメンにカメラが寄っていかなくてさー。
なんか照明も暗いしさ~。
なんだよう。
DVDではDR録画(放送画質)、そのうえパソでも録画したというのに
ぜーんぜん、画質アップする必要ないじゃんねえ。

先日のファンミ3のときに「エフェクターが」と言ってたので
エレキなのか?と思ってました。
「夢の途中」の、立ちでエレキを弾く姿のカッコいいこと。
青紫のスーツも似合うし。
白いエレキは初めて見るかも!
新鮮でしたが、音を聴きわけるほど耳は良くない(涙)

アレンジは全体にしっとりと大人な雰囲気だったので
サポメンの演奏が炸裂するようなシーンはありませんでした。
見せ場はあっても、そうまで突出はせず。
まあふさわしいと言えばそうなんですが。
正直物足りないです。

続く楽曲は座っての演奏。
エレキというより、ガットな味わいの、
控えめながらキラリと光る音。
このわずかな音色を、耳に神経集中して拾うと、
嬉しくなるようなメロが聴こえてきたり。

「雨に咲く花」はエレキっぽい音でしたね。
間奏のソロがあったのに、
ここで抜いてくんないんだからなあ~~!
「Goodbye day」は再びの立ちのエレキ。
個人的にはGBDはフォークが好みなんですけど、
エレキでも、しっかり間奏のソロパートは聴かせてくれました。
RYUMEIさんがいると、GBDのエンディングは
とても華やかになっておさまりが良くなる。
ここでカメラ寄ったー!と思ったら逆光(涙)
長く細い指をじっくり鑑賞しました。うう。
最後のカバーでも、今度は帽子のつばに顔が隠れて、
結局RYUMEIさんてどんな顔?って
お茶の間の皆さんには分からなかったかも。
たたずまいは半端なくカッコよかったですけどね。

谷村さんと来生さんは、初対面なんですね。
意外。
初対面にもかかわらず、適切な距離感で話を促していく谷村さんの、
ホストとしての高い技量に唸りました。職人。

古い映像もあれこれ流れていて、
さすが日テレのアーカイブ!
というか、来生さん、
かなりマイナーな楽曲をテレビで歌ったりしてたんだ!と驚きました。
「あなただけGoodNight」や「そして昼下がり」、
どちらもドラマ、映画の主題歌だったとしても、
やはりレアな選曲。うらやましい。

美空ひばりさんの「あなたでなければ」を
映像で見られるとは思いませんでした。
来生さんも、ボツになっていたと思っていた楽曲が
実はテレビで放送されていたとは!
と思ったかどうかは
番組内で言及されていなかったので定かではございません。
ただ来生さんのアップでは、
少々瞳がうるんで見えたように思います。
これを機会に、セルフカバーに昇格する可能性もあるかもですね。

どうしようもないことですが
来生さんの業績を振り返るときに
どうしても昔の楽曲(夢の途中のあとさき)ばかりになってしまうのが、
ちょっと残念ですね。
ま、若い子は見ないだろうからねえ、この番組。問題ないのか。

デビュー当時の明菜ちゃんの映像はRYUMEIさん嬉しいかも。
(この番組見ない(見れない?)ような気がするけど)
久々に見たナンノちゃん、やっぱかわいかったなあ~。
スケバン刑事2の時の南野陽子が好きでした。陰りがあって。

「40周年」な話が、さらっとだけだったのは、
そこに「隠居」「休養」なキーワードが、
ガッツリと入っていたからだと思います。
谷村さんがホストを務める番組で
そういう後ろ向きな話題はふさわしくない、という
判断があったのではないかと。

そうはいっても「子供たちへのメッセージ」という、
番組の大きな柱である部分を
無いことにはできないので
精一杯の編集で、
無理のないように、
カットして繋げて、
オンエアできるまでに修正をほどこして、
ようやく、
「夢はかなわない」もつならささやかなものを。という一言を残したんだと思います。
それすらも、谷村さんの「素敵な考えですね」(だったかなあ?)という
万能なフォローとセットにして、
なんとかOKってところだったのかなと。
(でないと、オンエアできるところがない)

オシャレな谷村さんに、そこそこ負けないくらいの衣装&体型で
良かったと思います。
グレーのシンプルなセーターは、
あまり見ないのでちょっと驚きましたが
わりにスマートに見えたような。
靴がおしゃれでしたね。こんなの持ってたのか。
メガネをかけてのピアノ弾き語りは、
テレビだから失敗しないように万全を期して、
なんだろうとは思ったけれど
いまさらGBDの歌詞を見ながらってのもないだろう。

声は思ったよりも(こんな表現ばかりですんません)
出ていたように思います。
谷村さんの、ゆるぎない個性的な声に、負けない声でした。
もちろん、両者とも、力を入れず、自然な歌い方で、という
難しい領域でのぶつかり合いで。
見ごたえありましたね。
そして毎度、洋楽を歌う来生さんの声は、甘くて柔らかで良い。

あと。
思った以上に(こんな表・・・以下略)
えつこさんの今の言葉が聞けたのが嬉しかったかな。
来生さんと同じ40周年でありながら
年齢的には上になるので、
来生さん以上に、お元気でいるのかが気になったりもするわけで。
表に出る機会がないだけに、
今回のアンケートを通じて、
えつこさんが健在であることを知ることが出来て安心しました。
「明日物語」の歌詞、
前回のラジオでのオンエアでは、最後までやらなかったんだっけ。
なんだか前向きな最後の言葉に驚いたり。
隠居する気満々の来生たかおの心境とは別に
えつこさんの側は、ファンに向けて「まだやれる」と言っておかなければいけない、
というような、責任を感じているように思いました。
前向きに終わらないと、このアルバムちゃんと完成しないもんね。

かえすがえすも
谷村新司さんという、完璧なホストがいたからこそ、
うまくまとまてもらえたんじゃないかと。
ありがたいことだと思います。
普通のレベルで来生たかおを知っている人にしてみれば
「懐かしいなあ、また聴いてみようかな」
な感覚を呼び起こすような程よさで、良かったんじゃないかと。
顔はよくわからないけど、ギター弾いてるRYUMEIって人誰だろう?
なんて興味を持つ方もいるかしらん。

冒頭に、バースデーのピアノのケーキもしっかり映ってましたね。
せっかくの特注デザインのオリジナルケーキ、
テレビで見せなきゃ、もったいないじゃん。
そんな細かなところも含めて、
谷村新司さんのブレーンは抜かりがいない、と感心した次第です。

思いつくままダラダラ書きました。
次のテレビ出演は、あるとすればやっぱNHK?
今は「SONGS」&「The Covers」を、
間髪入れずにオンエアするのが流れという感じなので
来生さんも40周年にからめて、
両方の出演があるかな、あるといいな。
その時もまたサポメン連れてってね。

その収録をやったらもう次がない、気がするので、
最適なタイミングで呼ばれるといいな、と勝手に願っています。

さーて、
新譜はいつごろ発送になりますかね?
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 来生たかお RYUMEI 小田木隆明

14:24  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

Comment

ふう~

終わっちゃいましたぁ。
懐かしい映像に食いついちゃいました。
色々歌ってくれましたね。
秘話は全然秘話じゃないような気もしますが・・・。
来生さんらしいと思わせてくれるトークで良かったです。最後の子どもたちへのメッセージも含めて。
これからもずっと活動が続くようにも思わせてくれるような内容でした。
けいこ |  2015.12.12(土) 20:53 | URL |  【編集】

けいこさん

おお、早速のコメント、ありがとうございます!
私もいろいろ思うところありつつ、今は酔っ払い状態。
テレビって、いろいろ編集出来てありがたいわね~。

なんかあるかと公式に行ったらば、
ひそっと40周年記念対談、第2弾がアップされてました。
途中まで読んで、長そうなので中断。

>これからもずっと活動が続くようにも思わせてくれるような内容でした。

それは番組スタッフサイドの仕事というか。
「隠居」とか面倒なことは、
自分のところでやってください、ってことだと思いました。
最後の子供たちへのメッセージも、
ぶった切り&編集してますね。
そのまま流せるようなことを来生さんが言ってるとは思えない!!
谷村さんに迷惑がかかるので、
誤解を招く発言はなかったことにされているんだと思います。
のもん |  2015.12.12(土) 21:29 | URL |  【編集】

数年ぶりのコメントで失礼します

私も観ていました。
大好きなオラシオン、スローモーション、楽園のDoor、疑問符などが聴けたし、クオリティの高い番組でとても楽しかったです。
私がツボだったのは、上から下まで(頭髪、セーター、ズボン)全部グレーだったことです(笑)
スタイリストさんいないのかなぁ、谷村新司さんのおしゃれ衣装と対称的、ってずっと気になりました。
来生さんのネガティブ発言はいつものことだけど、夢は叶わないって言うけど、ご本人は夢を叶えたわけではないんですかね?
来生さんの発言、なんとなく水木しげるの「この世は通過するだけのものだから」とか、やなせたかしの「えらくなっちゃいけない」って言葉を思い出しちゃって、私の想像ですが、ご本人はそんな心境なのかなって思いました。
なかむ |  2015.12.12(土) 21:49 | URL |  【編集】

キキビト。。。

「SONGS」とはまた違って、テロップやCMマタギがバラエティー色豊かでしたが、来生ファンであっても、そうでなくても楽しめた構成だったと思います。
なにより、来生さんがリラックスされていた様に見て取れました。
たかおスマイルも全開で、グレー系コーディネートでのお姿もスッキリされてましたね。ぜひコンサートまで維持されたしw。
サプライズケーキも大活躍でした(笑)。

洋楽カヴァーが「MAY EACH DAY」だったのには‘’おぅ!と思いました。
「ムーンリバー」のウタイビトのアンディ・ウィリアムスで来るとは!歌詞を追うと、私たちへのメッセージにも感じる素敵な内容です。珍しく、カメラ目線の場面が有ったり(慌ててそらされたけどw)。

昭和歌謡カヴァーで井上ひろしさんの歌を自らBSで紹介・披露し、念願かなった来生さん。谷村さんも巻き込むとは(笑)。でも、意外としっくりきた男性DUOでした。

手元の懐かしい映像は未だVHSの中の物も有り、こんなに繋げて観れて有り難かったです。「そして、昼下がり」の弾き語りのあの映像は初めてだったかも。

ひばりさんへの提供曲の中で「あなたでなければ」の映像が長く流れましたね。セルフカヴァーならば是非この曲を~と以前コメントさせて貰っていたので、この映像(ひばりさんの40周年リサイタルから)が流れただけでも感激であります。
来生さんが出演し、ひばりさんの映像が流れる番組のお知らせが放送前にひばりさんの公式HPで掲載されていました。映像権の確認からの流れなのでしょうがなんだか嬉しいですね。

聖子ちゃんの「P・R・E・S・E・N・T」、百恵さんの「おだやかな構図」、さださんの「遠い海」までジャケットと共に流れてこれまた面白かったです(橋幸夫さんの「さそい雨」は初聴きでした)。

えつこさんからのメッセージに加え、「明日物語」の最後の最後での~輝く 輝け ずっと~の歌詞にちょっと先の来生たかおが居てくれる様に感じることが出来ました。

キキビト鉄的にもとても楽しい2時間でした(DUOも2曲ありましたし!驚)。
谷村さんのもの越し柔らかで協調しながらの聞く力に感心し、久しぶりのTV出演の‘来生たかお’をたっぷり堪能いたしました。早速、お皿に編集しなくては!
鉄線花 |  2015.12.12(土) 22:14 | URL |  【編集】

スリムになられたのには理由があったのですね。
天辰氏との対談のなかで話されていますが、TV出演を拝見し、その姿や歌声に検査結果のシリアス度が高くないことを信じ祈ります。
(帰り際の段差でちょいとよろめいたのもご愛嬌のうちということで)。

トークセッション
HPの対談は懐古放談といった感じで、麻雀編より読み易く。気付くと天辰氏をお呼びして「音楽」の話がメインディッシュって感じでもなく(笑)。

でも、波長が合いそうな同年代の、それも音楽にも精通されている方と他愛もない話をして今抱える不安というか「もやもや」を払拭されたかったのかしらと思いながら読了。ただ対談ものだけど編集の加減でしょうが、話題の転換が突然訪れる(驚)。特に、最後の天辰さん→来生さんの〆のくだりは「あら?!」という感じであっけなく終了。プロフィール欄も、話のボリュームも・・・ゲスト<ホストの比率でしたし、クリニック情報まで飛び出して・・・。天辰氏がホントはホスト役だったかなw?新譜のライナーノーツ、楽しみにしています。
鉄線花 |  2015.12.14(月) 14:48 | URL |  【編集】

なかむさん

お久しぶりですね。
蛸足を思い出してくれてありがとうございます!
ファッション、全部グレーでしたね。
靴がちょっとおしゃれだったと思います。
トップとボトムの色を統一することで、
お腹周りをスッと見せる効果が・・・とか。

>夢はかなわない

ラジオでも言ってましたけど、
やっぱり聞き手のかたも「?」って感じでしたねえ。
「僕は運が良かっただけ」とも言ってたし。

この発言は一個人としての見解で、
あまり自分の具体的なこととはリンクしていないように聞こえます。
こーゆーの聞くと、
来生さんは自分を普通の人だと思ってるんだろうなあ、と思う。

まあ聞いている側は「来生たかおの発言」として聞くから、
なんで成功してるのにそんなこと言うの?って思いますわね。

たぶん、ライブになっても同じことまた言うんだろうなあ~。
今度はステージから客席への一方通行なので、
鼻息荒くいっぱいお話しされそうですね。

>「この世は通過するだけ」

そういう気持ちであれば、
もう少し楽になれるような気がしますね。
でも本人「この世の先は何もない」と思ってるからなあ。

鉄線花さん

テロップやCMもありましたけど、
思わせぶりに引いておいてCM、みたいな
(来生さんのお嫌いな)あざとい感じではなかったので、
見やすかったと思います。
来生さん、リラックスしてましたよね。
谷村さんが上手なんでしょうね。

提供曲もいろいろと映像込みで流してくれて、
しっかりと調べて揃えてくれているのがありがたかったです。
明菜ちゃん大橋純子さんオサリバン氏で終わりじゃないところが。
紹介されているものを聴くと、
やっぱ大御所相手だと、王道バラードっぽい曲になるのね~なんて思ったり。
アイドル向けのほうがバラエティに富んでますね。

>トークセッション

この番組のレポかと思うくらい、
内容がかぶっていて笑ってしまいました。
音楽評論家を迎えてディープな音楽談議と思いきや、
ノスタルジー対談なんだもんなあ~。
ほんと、ホストというよりも、
自分が言いたいことを聞いてもらった感じの回になりましたね。
たぶんまた同じことをきっとライブで(以下略)

そして麻雀対談はまるっと上書き、公開終了?(結局1回しか読んでない)
隠居発言も闇の彼方へ。
のもん |  2015.12.14(月) 23:32 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2015.12.18(金) 10:49 |  |  【編集】

鍵コメさん

こちらにコメント、ありがとうございます!
読んでもらえてるなんて嬉しいです。
お返事はメールで送りました!
のもん |  2015.12.20(日) 20:16 | URL |  【編集】

未公開トーク。。。

昨日「地球劇場」特別編で来生さんの出演場面の2曲「シルエット・ロマンス」「夢の途中」が流れました。
そして未公開トークとして、オーチャードのトークで「カットされちゃった」と語っていた“叡智は遅れてやってくる〟を含めたエンディングトークの全編も流れました。これ全部流さないとやっぱり真意は伝わりにくいでしょ、という感じの内容で、谷村さんの応対も含めシニア世代からのメッセージにちゃんとなってました。

オーチャードで谷村さんに直訴(笑)した甲斐があったのか、未公開トークの公開は来生さんのみでした。

逸れ道
加山さんの番組(bs朝日)でゲストのさだまさしさんが「君といつまでも」のコード進行の中の音を拾て「初めてギターを手にして作曲した曲」のさわりを披露してましたら、なんと来生さんの「サラリーマン」ととても似た雰囲気のメロディーでありました(驚)。
同じ時代にギターを手にした青年あるあるなのかもでしょうが、なんだか不思議でもあり、面白くもありでした(素人の空耳話)。
鉄線花 |  2016.03.13(日) 07:32 | URL |  【編集】

おお、地球劇場の特別版なんてものが放送されていたんですね。
来生さんの情報は、SNS全盛の時代にあっても、
各自が足で探さないといけないわけで。
昭和な来生ファンは
パソコンとかモバイルとかやらないと思われてんのか。

せっかく来生さんが伝えたかった、
肝心の部分が放送されたというのに。
いやちゃんとした来生さんのファンなら、
それくらいの情報しっかりキャッチしておりますのでしょうか。

まあ後日であっても放送されたことですし、
もうこの話はMCでしなくてもオッケー。
谷村さんのフットワークの良さ、心遣いに
改めて感心する次第です。
来生さん本人は(後からでも)このオンエアを見たでしょうか。

>コード進行

私もよくはわかんないけど、
コード進行が同じだとやっぱ同じような雰囲気の曲になりますよね。
そうやっていろいろななんちゃってバージョンのオリジナル曲が、
全国で生まれていたんでしょうね。

曲を作る楽しさを知って、
先に繋がる人は繋がっていくんでしょうね。
そしてプロになる人もいる。
プロになってさらに人気が出る人も。
やっぱ運だけではたどり着けないと思います。
のもん |  2016.03.16(水) 11:26 | URL |  【編集】

地球劇場 特別編

4月3日に再放送があるようです。

http://www.bs4.jp/chikyu-gekijou/onair/index.html
月子 |  2016.03.16(水) 20:14 | URL |  【編集】

地球劇場

特別編のほうを、拝見しました。

娯楽感覚で観てはいかん!と、正座して観るくらいの勢いで(笑)。

最近の御大についてこちらでいろいろ伺っていたのもあり、
どんなふうなんだろう…とドキドキしてましたが、
いやあ、素敵でしたー。
その日夢に出てきましたもん(笑)。

最近は専ら中田くんの声で来生サウンドを再生していましたが、
いやあ、オリジナルの良さ、素晴らしさ、
しみじみいい曲だなって思いました。
オジサマならではの「引き」具合がよくて、
同じ曲だと思わないような。
ひとつの曲が、色っぽい曲になるのも、心にしみじみ響く曲になるのも、
やっぱり素材ありきだなってすごく思いました。

夢は叶わない、という話も、
なるほどそういうことなのかって。
静かに、ずーんときました。

余談ですが、私にとって谷村さんは「とってもエロいラジオをやっていたおじさん」
なんで、出雲大社散策…なんて、ちょっと戸惑いました。
青春キャンパスだっけかな。
ものすごいエロ妄想な話をハガキ職人が競うコーナーが好きで、
次の日友達とワーワー言ってました(苦笑)。
saki |  2016.03.17(木) 13:25 | URL |  【編集】

月子さん

HP見に行ってくれたんですね。
ありがとうございます。
労をいとわないワンクリックが、来生ファンの明日をつなぐのです。
感謝。

sakiさん

おおー特別篇を見たんですね。
夢に出るほど御大ちゃんとしてましたか。良かったです。
もう私には冷静な判断ができないから(苦笑)

中田クンとの一番の違いは、スピード感だと思います。
この遅さに耐えられるのも、年期のなせる業だと思います。

谷村さん、ラジオも本人のこともよくはわかんないけど、
表立って言わないだけで、
中の人はあまり変わってないんじゃないかと想像します。フフ。
でもそれあってこそ、
情感あふれる歌を届けられるんじゃないのかなー。
妄想って欠かせないですよ。
中田裕二も、その大事なところを持っている。
のもん |  2016.03.19(土) 22:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2590-72c37ee7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |