2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.03.03 (Thu)

中田裕二TOUR16・LIVERTY@関内ホール

中田裕二、初のホールツアー、「LIVERTY」がいよいよ始まります。
私は横浜とサンプラに参戦予定。
横浜終わるまで、中には足を踏み入れませんが
お先に報告、お待ちしております!

*****************

インフル騒ぎも無事おさまり、
大手を振って出かけてまいりました。
関内ホールは駅から近いから好きです。
席は後ろの方だったけど、ステージ全体が見渡せて、
サポメンの演奏する姿もちゃんと全部見えました。
私の前の席の人は最後まで来なかったので、
視界をさえぎるものもなく、
座っても立っても、まったく問題なし!
ま、遠いのだけが難点でした。
メモは、座っている時にちょこっとと、セトリだけは立ったままで走り書き。
でもぐちゃぐちゃで何が何やら。

華やかで、抜群のセンスに溢れたステージ、
めいっぱい堪能しました。
中田クンの笑顔、可愛いダンス、かっこいいギター、震えるほどの歌声。
この人のやりたい世界は、
この先もずっと私が見たいものだと思えました。
サンプラになったらどうなるんだろう、と思いながら、
まだ3つ目のステージのキラキラさを味わいましたよ。

レポの形はぜんぜん見えませんが、
まあやってみます。
浜離宮レポは保留になっていますが、
メインのライブレポだけはとりあえずだだっと書いてあるので
もうしばらくお待ちを。

*****************

浜離宮のレポもようやく完成。
そしてこちらも、続けてアップします。

蛸足は「私が見たら、その日以降ネタバレ解禁」でやってきたんですが、
みなさん気を使って楽曲名は伏せているので、
うーん、サンプラのファイナルまで封印するかねえ。
今回、メモは帰りの車中で箇条書き程度で、
すでにして記憶も怪しい状態。

去年ライブ初参戦したスタンディングは、
柏・日本橋と連続で行ったぶん、
記憶も定着できたんだと思いますが、
やっぱ1回きりというのは覚えていられないですね。
難しい。そして悲しい。

ここからは、思いつくままにダラダラ書いていきます。
セトリはありません。
ライブレポというのともちょっと違うかもなあ~。

【More・・・】

*

ホールでのライブについては、
去年のBSツアー、日本橋の光景が、今でも印象に残っている。
あの時の、キラキラまぶしいステージを見上げる感じ。
ステージと客席の熱気をより近く感じたライブ。
スタンディングで、距離も離れていたけれど、
わさわさした中で身体を動かしながら見る楽しさと、
仰ぎ見るステージの、光あふれる華やかさは、
まだ中田裕二2回目の新鮮な気持ちも手伝って、
さらに時間によって美化されて、
今も特別なものとして、ココロの中にあります。

初のホールツアーと銘打っていますが、
日本橋三井ホールやら赤坂ブリッツやら浜離宮やらと
わりとしっかりした会場でライブを見てきたので
関内ホールになっても、特に、
うおーホールだあああ!というテンションにはならなかったかな。

距離が離れていて、上からステージ全体が把握できて、
客観的に見れたというのもあるのかもしれない。
じょんさんやMeさんのように、触れそうな位置で見ていたら
もっと興奮度、臨場感、ハンパなかっただろう。

私のところからは、見えない場所はほぼないような視界でした。
幸いに、前の席の人は最後まで来なかったし。
関内ホールのステージって、こんなに狭かったんだな、と。
日本橋のステージのほうが横幅があるかも。
まあ椅子の並べ方一つも、日本橋と関内では違うので、
受ける印象にも差が出るのかもしれません。

スタンディングのほうが、収容できる人数は多いと思うんですが、
着席にして、2階席は使っていないような感じで、当日券も出ている、
というのは、ちょっとお客さん、少ないのかもしれないですね。
私は去年のBSツアーで横浜には来ていないので比較はできないけど。
どうなんだろ。

今回、友人同士連れだって来ている女性が多かったなあ~。
裕二のファンは単独行動が多い印象なので、ちょっと意外でした。
後ろから見ていて、曲に合わせてほどよく揺れている感じはよかったかも。
視界にチラチラ入らないので。
スタンディングのライブハウスにはたくさんいた、
フレミングな指の形とYO!YO!な腕の振り方をするお嬢さんたちは
ぽつぽつとおりましたが、かなり減った気がする。
盛り上がるようなロックな曲になると、腕上げ率も上昇。
ステージ近い前の方はまた違うのかな~と思うけど、
じょんさんたちの話を読んでるとやっぱ内向き地蔵が多かったのかな?

*

風呂泉さんが、こんなに痩せていたのか!とかなり驚きました。
お腹すっきり、足ほそー。顔もしゅっとしてたような。
こんなでしたっけ?
ビルボードで上からのぞき見していた時も、
そんなではなかった気がする。

やはり私は朝倉さんの動きに目が吸い寄せられてしまうなあ。
何を叩いているのか、どうやって音を出してるのか、もそうだけど
キレのいいリズム感(プロのパーカッショニストなんだからあたりまえだ!)を
見ているだけでも気持ちが跳ね上がる。
表情も味があって好きだなー。
棒の先にいくつもの鈴が付いたような楽器を
力強く前に突き出して鳴らすサマは、
ほとんど密教の儀式のようでした。
タンバリンで、シンバルを上から叩き落すアクションとか大好き。
あと、スティックで太鼓を叩くシーンもあって、
シゲルさんのドラムも鳴っているのに、
ダブルで強い音を楽しめるなんて、
なんて贅沢なんだ!と感動しましたよ。

トークの時、微妙にオネエはいってるのもツボで。
今日は横浜でのライブなので、楽屋にはシュウマイ弁当。
気付いた時には、二つ目を食べていた、という話は爆笑でした。
肉まんは持った瞬間、重かったのでヤメたそうです。

メンバーがからんでのトークは、少し硬い雰囲気もあったかな。
どんどん話が転がっていくような空気とはちょっと違った。
最後の方で、奥野先生(人間国宝)がマトモなことを言うものだから、
全員が驚いて固まっていた。
グッズ紹介時の、「みんなで風呂泉さんの乳首凝視事件」もウケました。
腕をバッテンにして隠すのやめい。

*

「LIVERTY」冠ツアーなので、収録曲はほぼやるんですが
どの順番で出てくるのかという楽しみはありますね。
それと合間に入ってくる、既存曲。
お馴染みの曲あり、思いがけない選曲アリ。
今回は「ホールでやるバンドの音」を
全編通じて聴かせてくれたのも良かったです。
ハードもあり、ほのぼのもあり、しっとりもあり。
でもちゃんと、ふさわしいバンドの音で表現する。
弾き語り、トリオは別にあるんだから、
そっちでやればいいんだもんね。

どんな形式でも、ライブで必ずやる曲というのはあって、
でもまだまだ、中田裕二には「外せないド定番」の数が少ない。
その分、ライブはいつでも新鮮で、
見たことのないものへの期待感が持てる。
いつか、自分の好きなあの曲も、
ふいにやってくれるんじゃないか、というワクワク感。
ヒット作を多く持ち始めると、自由がきかなくなってくるからね。

今回は、ツアーパンフの企画で、
全曲対象の人気投票という、
公開リクエストみたいなものもできたし、
これから先のセトリにも、いい感じで還元されていくんじゃないかな。
もちろん、「あえてこの中に入っていないもの」という裏パターンも含めてね。

ちなみに、私のナンバーワンは、予測していたことだが
30位の中にも入らなかった。
今回のセトリにも入らず。
それが何だったのかは、サンプラの後にでも。

「中田裕二のステージ」というものが、少しずつ形作られていくのを見ること、
それに少なからず関与できていることは、ファンとして嬉しい。
中田裕二とファンの関係は、
ちゃんと双方向に刺激しあっているように思えます。

中田裕二の自由さ、求めるものをしっかりと追っていく姿は
とても好ましいです。
「迷い」?「ブレてる」?
そんなふうに思う人がいるとしたら、
それは融通が利かないっていうんですよ。
「自分はこうだ」と決め込んで動かないのは、ただの怠け者です。
成長することを怖がっているようにしか感じません。
中田裕二はもっともっと変わっていけばいい。
どうしたって、変えようがない部分は変わらないんだから。

*

CDになる新曲について。
年末のひとり忘年会・浜離宮と、これまで弾き語りで2回聴いたのですが、
正直、その時点では、「せっかくCDなのにこれなのか?」と思いました。
ジミすぎる。
でも今回、バンドバージョンで、厚いアレンジを施されて聴いた曲は
なるほど、こういうことがやりたかったのか、と腑に落ちるような仕上がりでした。
「おじさんが一人で歌える曲」
ほどよい懐かしさ、あたたかさ。
派手さはないけれど、じんわりと染みて、
誰かに向かって歌うというよりも、ひとりで口ずさむのが似合うような。
ほっと一息入れるときに、しみじみと寄り添うような曲だと思ったなあ。
はたして、そんな風に、酒場や街中でまったりするようなオジサンが
いるのかどうかはおいといて。

売り方次第、という気がします。
聴いてくれそうな人にちゃんと届けることができるなら。

若い子は、こういうのゆっくり落ち着いて聴けないんじゃないの。
分かりやすさを求めるせっかちなヒト向きではない。
それこそ、懐メロ寄りの歌謡曲の番組で、じっくり聴かせることができたら、
新しい男のファンというやつが、入ってくるかもしれません。
The Coversでオバサンたちがどどっと参入してきたようにね。

*

声の調子は、最初はちょっとアレ?なところもあったかな。
前日、大阪のライブをやって、移動してきてなので、
休息が十分とれているとは思えないからなー。
高くて甘めの声が、最初の方は少々弱かったかも。
浜離宮を聴いた後なので、私の耳のハードルが上がっているかもしれない。
まあ最初だけです。
あとは表現力豊かな声をめいっぱい楽しみました。
切々と歌い上げるタイプの楽曲も、堂々としたもので、
迫力のバンドサウンドに負けない歌声でした。

可愛いアクションはさまざまあれど、
一番気に入っているのは、しゃんしゃん裕二の時に、
使わないタンバリンを腕に通して持っていたところ。
まるでお買い物バッグのよう。
終盤のプリケツジャンプは2回も見れたー。
どの曲だったか、怪しいダンスがあったので、サンプラの時にまた見たいです。

ギターはフォークとエレキの2本だったかな?
フォークの音も、しっかりとシャープに聴こえるのが、
いつもながら嬉しいし、感心します。
バンドの音の中にあって、紛れて取り出せないなんてことはなく、
意識するときちんと耳に入るんだよ。
そしてその音は、ちゃんと聴いて味わうに足る、
緊張感とセンスに溢れるフレーズで。
風呂泉さんのギターとの、音の違いも分かって。
中田裕二のギターは、サビやら間奏の時だけに出てくるものじゃなくて
ちゃんと曲の間もしっかりと弾き、聴かせるギターで、
弾いているのに聴こえない、なんて状況にはならないし、させていない。

中田裕二ライブの半分の音量くらいしかないのに、
さらに小さくまとめてしまって、
細やかなフレーズを聴きとることが出来ないような調節をしてしまう
御大のライブって、何なのかなあ。
ただただ不満です。
せっかく弾いてるのに意味ないじゃん!
あ、また余計なことを言ってしまう。

*

いよいよまとまりがなくなってきたので、この辺にします。
メモを取れないことの精神的苦痛も、
最初のブロックが終わるころにはどうにかおさまりました。
その時の音を楽しみ、キラキラ魅力的な裕二の動きを必死に追い、
一緒に口パクして歌い、音に合わせて体を揺らせる。
同じ空間にいる幸せを、何度も感じたライブでした。
今日の記憶は一度は消えても、
いずれまたDVD(サンプラのはなるでしょ)という形で、
見ることが出来るでしょう。
そして記憶もまた、もう一度戻ってくるだろうと期待しています。


うーん、こんななりましたが、いかがでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二

22:22  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(20)

Comment

プチレポ(セトリ・衣裳・トークなし)

毎度毎度の切り込み隊長、行ってきました。
セトリはないです。
というか、ほぼ立ってたし前の方だったから書けなかった。そして記憶も辿れなかった。

ツアーパンフ見ながら腹ごしらえしてると、
店は中田班のみなさまが…(笑)。

渾身のナカダベストテンのコメントも採用されず、
キーとなりながらも、愛情あふれるパンフレットをつらつらと(中田班の皆様もでした・笑)
私の選んだ曲は30位以内に全て入っとりました。
意外と人気のを選んでたのね…。

で、肝心の内容ですが、楽しすぎたー。よかった。
やっぱりホールいいです。華やか。

ロマンもtrioもいい。
けどもともと音がたくさんあるのが好きなのかもしれませんが、
セット組んで、キラキラの照明で、ちょっと高いとこで歌うのをやっぱり見たかったし、
ヤイリで
「ホールいいじゃん!
ギター一本でこんだけすごいんだから、
バンド組んだらすごいことになるじゃん!」
っていうのが、現実のものになったなあと思ってました。

そして、それがとーっても似合っていた。

中田裕二というアーティストに出会えて本当によかった。
神様ありがとう。
そして、この歌が大好きな人の夢、
神様がいるなら、絶対叶えてください。
と願いながら観ていました。

私は幸運にも初中田がインストで、ライブもこぢんまりとしたロマンだったから、
なんとなく身近な存在に感じてしまってたけど、
こんなキラキラ裕二を最初に見てたら、
恐れ多くてファンレターなんて書いてなかったわ。


で、中田くんも、楽しそうだった。
(でも、緊張していたようにも見える。私が緊張していたからかもしれない)

一年半前に出会って、いろんな曲聴きながら、毎日過ごしてきて。
そして、今ここにいて、生で聴いてる幸せをずーっと噛み締めていました。
じわーっと心が満たされていくような。


が、埋まり方は…。武道館は遠いなって思いました。
でも、地方都市で、しかも平日で、
しかも新しいの受け入れない性質の名古屋でこの盛り上がりなら、 大成功だと思う。
この後、もっともっとツアーが育っていって、
あれより楽しいものになってくかと思うと、
これで最後なんて悲しすぎます。

とはいえ「完売じゃなかろうが、私は楽しい!」
アピールのため、
また、去年のロマンかなんかで、全然盛り上がらなくてどうの、という話も聞いていたので、
席が通路側ということもあり、
通路にまではみ出して踊りまくる!
頭もガンガン振りまくる!
途中で京都の悲劇を思い出す…。
(昨日は実際倒れた方がいらっしゃいました。皆様もお気をつけて)
自分でも「大丈夫?」と思うほどはじけすぎたため、
風呂泉さんやシゲルさんに失笑されていた気も。

あと、昨日は私が聴いた中でもトップクラスの声の出のように感じました。
バラードの時の中音のかすれ具合がなんとも艶っぽく、
椅子からずり落ちそうになったり、
後ろに倒れそうになってました。

昨晩「幸せをぐるぐるさせながら寝ます」
と書いたのですが、幸せすぎて眠れず。
ライブが終わると「ロスで使い物にならない時」と、
「幸せに満ち足りてドーパミンもやる気も出まくる時」
があるのですが、
今回は後者です。

あと6か所で、どこか行けないものなのかな…うーむ。
saki |  2016.02.26(金) 10:27 | URL |  【編集】

はい

本日二番手行ってきます😆🎵

sakiさんのコメント読んで泣きそうになったわ
ゆーじ愛がつまってて。

とりあえず、いつも通り楽しんできます
くるくる廻るゆーじ観れるかな?
小型の野鳥グッズは持参した
ayu |  2016.02.27(土) 11:03 | URL |  【編集】

のもんさんおはようございます。

蛸足の皆様はじめまして。
もみじと申します。
皆様の中田愛溢れたコメントを読ませて頂いて、中田初級の私は色々とお勉強させて頂いています。

大阪ライブ行ってきました。
とても楽しく中田さんの思いが一杯つまったライブでした。
ご本人もとても楽しそうでした。

時々見せる可愛いさ。そしてあの色っぽさは格別です。
ますます目が離せなくなります。
男の人も年齢に関係なく色気は必要と常々思っているおばさんです。

今日はこれから大山崎美術館へ行ってきます。ライブプラス美術館はいつものパターンです。

田舎のおばさんは都会の空気を一杯吸い込んで帰ります。

横浜、楽しんで下さいね。
朝から失礼しました。

もみじ |  2016.02.28(日) 08:55 | URL |  【編集】

もみじさん、

初めまして、sakiと申します。
よろしくお願いします。

大阪のレポありがとうございます。
名古屋のときから完成していたので、
さらに熟成されてるだろうなと思っていましたが、
ネットでいろいろなところを見ても好評だったようで、一安心。
常に色っぽい、素敵、と思って聴いたり観たりしているのですが、
なぜか母さん目線にさせてしまう…それも魅力かな。

関内は蛸足メンバー大量参戦ですね~レポも盛り上がりそう。

saki |  2016.02.28(日) 10:15 | URL |  【編集】

大阪行ってきました♪

(裕二の間その2に続きこちらでも改めまして)
のもんさん、
蛸足の皆様、
お久しぶりです🙇🙇

もみじさん、
はじめまして!
まやと申します。
どうぞよろしくお願い致します☺️🎵
昨日の大阪、いらしてたんですね⁉︎
私も参戦してました。
中田君、
本当に楽しそうでキラキラしていましたよね✨
手練れのサポメン達が奏でる盤石の演奏をバックに、伸びやかに艶やかに唄い上げていました。
私の周りには若いカップルが何組かいて、二人仲良く身体を揺らしている様子に、
こちらまでホッコリしました。

大山崎美術館はいかがでしたか?
実は私も絵を鑑賞するのがだいすき。
大山崎は地元ながらまだ行ったことがないのですが、是非近いうちに訪ねたい場所です。
3月1日から京都市美術館でモネ展が始まるのですけど、
「マルモッタン・モネ美術館所蔵」ということだから、大山崎所蔵のモネは来ないですよねぇ。

ayuさん、
昨夜は久しぶりにayuさんご夫妻、そしてお友達のMさんにもお目にかかることが出来て、とても嬉しかったです。
終演直後の興奮冷めやらぬ中、ayuさんの中田友達さんらとの輪にお仲間入りさせていただき、ライヴの感想や中田音楽との馴れ初めなど語り合うことが出来て、そのことも本当に幸せでした。

切り込み隊長sakiさん、
今回の名古屋レポはとりわけ中田愛が満ち溢れていて、読みながら目頭が熱くなりましたよ。
いつも珠玉のレポを本当にありがとう!

今回のホールツアー中、
私は昨日の大阪が唯一の参戦です。
本当ならもっと見たい‼️
もっと聴きたい‼️
と身悶えするところですが、1日過ぎても幸せの余韻が続いていて、「あなただけで満ち足りた〜♪」
状態です😍

長くなりましたので、とりあえずここまで…
まや |  2016.02.28(日) 16:19 | URL |  【編集】

まやさん、
お久しぶりです。
ライブレポ&ライブ後の楽しい様子伝わってきました!
わたくしも興奮冷めやらず、仕事の合間に蛸足パトロール中です(もはやどちらが合間なのかわからず)。

大阪も名古屋も楽しいという声が多くて、本当によかったなーって思っています。
というのも、昨年のBTMツアーの初日のことなんですけど、
椿屋時代からのファンの知人が参加して、
普段優しい人なんですけど、全体の仕上がりに憤慨されていて…。
PAのこともあったのだと思うのですが、もうちょっとできるはずなのに、と言っていたんです。
なので初日の魔物に、ずっとドキドキしていました(もう、勝手になんですけど・笑)。

しかも名古屋ってアーティストにとってはいろいろある土地で、それも「あー大丈夫かなあドキドキ」と。
(※音楽好きの皆様はご存知かと思いますが、
名古屋はノリも悪いし新しいものを取り入れない気質。
とてもやりにくいのだけど、逆に好かれればかなり強固で、
名古屋で売れれば全国で売れるというのもあり、
例えばユーミンも、名古屋から売れたそうで全国ツアーの日程も、
地方ながら東京と同じ日数やってくれています)。

なので、大阪がもっともっと良くなっててよかった!
ちなみに、名古屋では歌詞めちゃくちゃ飛んでましたよ(発見しただけでも3か所。もう慣れっこですが・笑)。

前日までは、必要あらば隣の人と結託し、
出せるものなら「ゆうじーー!」コールをしてもいいとすら思っていたのですが、
今回に限って、すごい威圧感のある方が!(ちなみに反対は通路)
毎回隣の席の人に話しかけられたり話しかけたり、
しかもだいたい感じのいいお嬢さんが多いので、
その時のご縁を楽しむんですけど、
その方はライブが始まっても身体を揺らすこともなく、
時には腕組みをしてでーんと見ているので、大騒ぎしてる私そのうち怒られるんじゃないかと思ったりするくらいで。
でもまあ彼女も私のように緊張していたのかもしれないですね~。

名古屋ではいつも常連の男性の方がいらしていて、
一回も話したことはないですが、今回もその方がアンコールのコールかけたり活躍されてました。
中田くんご本人は女の子がたくさんいるほうがいい、
とおっしゃってますが、
アーティストとして男性客の存在って、かなり大事だと思うんだけどな~。

あーまた書きすぎてしまった。
そろそろ開演かな。





saki |  2016.02.28(日) 17:13 | URL |  【編集】

行ってきました、ブリーゼ

鼻炎の薬のせいか、コンサートが楽しすぎたせいか
若干うだっとしてます。

もみじさん
初めましてayuと申します。
よろしゅうお願い致します。

まやさん
昨日は、お声がけ頂きありがとうございました。
なんだか、ガヤガヤと総勢9名(うちのおっさん含め)で
盛り上がりましたね。
お疲れさまでございました。

ここから本題

サンケイブリーゼホールは初めての行きました。
(多分建て替え前も行ってないと思う)
MCの途中か歌の途中かにマイクのハウリングが、何度かあってちょっと勿体ないなぁなんて思いましたが
中田くんホール合ってる、とってもかっこいいと
何度も何度も思いました。
座席は7列目の真ん中あたりで、思い込みも重々承知の上で、「めっちゃ目合うやん♥」と旦那の隣で
ウキウキしてしまいました。←ただのバカだよ

あの曲がこうなるのねって所も聴けたし、風呂泉さんが
かっこいいと気づいてしまった。
たろこも好きだけど風呂泉さんいいわ❗

朝倉さんの、カホンがなかったのが少し淋しかったが
(朝倉さんの)コーラスの多さに( ̄□ ̄;)!!
中田くんの声に合うのね。
パートごとにコーラスのメンツを、変えてることも初めて知ったわ(笑)←中田くんしか観てなかった
あっ、安定の、歌詞間違え何ヵ所かありました。
それでも可愛いから許す。本人も笑ってた(*≧з≦)
それからMCの途中で会場からの拍手で感極まった感じが
見てとれました(野鳥グッズで、確認したらちょっと眼が潤んでました)

で、ツアーパンフ コメント拾われてました(恥)

中野まで間が空くのが、、、
福岡いきたいな
ayu |  2016.02.28(日) 20:24 | URL |  【編集】

どなたさまもありがとう

いろいろ盛り上がっていて嬉しいです!
まやさんも、大阪参加してたんですね~。
そして、もみじさん!
鍵コメから、表に出てきてくれて嬉しいです。
こちらもライブ、堪能されたようで!

sakiさん、
ライブの内容に具体的に踏み込まずとも、
それでもライブの素晴らしさ、
溢れる愛がちゃんと伝わってきて、素敵ですっ!
胸キュンな読後感も、
sakiさんレポのたまらないところですよ~。

ayuさんも、
思い込みだろーがなんだろーが、
裕二との見つめ合い!しっかり堪能してきたんですね。
7列目の真ん中だったら、
あんな表情、こんな表情、全部自分のものですね。
アフターも盛り上がったようで。
またayuさんと飲みたいなあ~。


賑やかにいろいろ楽しく参りましょう♪
見る人が増えれば、ライブの見え方もまた増えます。
小さなことでも、マニアックなことでも、
あれこれ語り合いましょう。
この機会に、実は私も!な中田ファンの方も、
ご参加お待ちしていますよ。
のもん |  2016.02.29(月) 00:10 | URL |  【編集】

関内チームお疲れ様でした!
よかったようでよかった!(なんという日本語)

というか、首都圏だと1100が埋まるのだな。
名古屋は平日とはいえ申し訳なかったなあ…私にはなんともできないとはいえ。
(どう計算しても500いってないと思う)。
ちなみに、前日の土曜日、
同じく関内ホールで、CKBのファンの集いをやってたのよー。なんかうれしい。
saki |  2016.02.29(月) 10:45 | URL |  【編集】

どーも

sakiさん
大阪のブリーゼは912席で
1階は埋まってましたが2階は埋まってるか見えなかったけど
バルコニー席と1列目は埋まってたと思います。

でも中田くんのあの満足した顏見れたからそれで良し
だと思てます。
次回へ繋がればね。

近いうちにフェスティバルホールでやって欲しい!
ヒロミ・ゴーを見に行った時に音がよかったんで
あそこで見たい♡

のもんさん
4月の中野のアフターはのもんさんと呑めると思って
月曜日休みとってます(笑)
なにとぞよろしゅう。
ayu |  2016.02.29(月) 11:32 | URL |  【編集】

関内

関内行って来ました。良かったですー!
のもんさんも元気になり無事来れて本当によかったです。


もみじさん
初めまして。Meと申します。よろしくお願いします。
大阪のライブと美術館鑑賞楽しまれたようで何よりです。

sakiさん
初日の魔物・・・私も心配していましたが無事に乗り越え、素敵なライブで良かったです!
愛溢れるレポにじーんときます。

まやさん
<1日過ぎても幸せの余韻が続いていて、「あなただけで満ち足りた〜♪」
のコメントにそうそう!と頷きながら読みました。
今日、まさにその状態です。。。

ayuさん
総勢9名!布教活動の成果ですね。さすがです。
パンフ読みましたよ。ふふふ。
4月に一緒に飲めるのを楽しみにしています♪


歌と演奏が一体となった素晴らしいステージでした。
皆さんおっしゃるようにホールが似合う。
額を流れる汗の粒が見えるくらい近かったです。
いつもよりくるくる廻るターンは少なめでしたが、かわいいゆーじダンスが見れました。
時にしっとり、時に熱い思いを歌う裕二さんはとてもかっこよかったです。
思わず、おおっ、おおっー!と歓声上げていたワタクシ。

歌詞飛び、演奏やり直しもなく、歌詞間違えも僅かだったように思います。

客席は1Fが800ちょっとの席がほぼ埋まっていたように思います。
2Fにも席はありましたが…(以下割愛)

右側だったので、風呂泉・・いや平泉さんがすぐ近くに。
昨年のビルボードでどきゅーんされてからbenzoのCDをレンタルですがすべて遡ったくらいハマったのでした。
かっこいい~。ギターはもちろん、コーラスの声も素敵でハーモニーがいいのよね~。

まっすぐ前を見ると微笑んでいる小松さんと目が合うかのような錯覚。
小松さん釘付け曲もありました。

LIBERTYの曲をバンドでやっと聴けた感激はもちろん、セットリストが好きな曲ばかりで!
曲順の構成も良くて、もう嬉しかったです。
しばらく余韻に浸れそうです。

Me |  2016.03.01(火) 00:03 | URL |  【編集】

こんにちは

sakiさん
こちらこそよろしくお願いします。
いつも楽しくレポ読ませて頂いているので、勝手にずっと前からからの知り合いのような気持ちになっています。スミマセン。

男性客は絶対に必要ですよね。
大阪の会場でも男の人ちらほらと見かけました。
私の隣も30歳位の感じのいいおさんでした。とても楽しそうで、こんな人が増えるといいなと思ってました。

長男は中田さんと同学年です。
住んでいた所は違っても同じ時代に育ち、CHAGE&ASKAが好きだったこともありで母親目線て見ていることもしばしばあります。


まやさん
こちらこそよろしくお願いいたします。
大山崎美術館はアサヒビール大山崎山荘美術館が正式なようです。
建物がすばらしい。地中館にモネの睡蓮が三点展示してありました。
10時の開館をまっての入館だったので、他の人はいなくひとりで贅沢な時間がもてました。
京都のモネ展は残念でした。

心斎橋大丸でのCAT ART展でたくさんのにゃんこさんに会ってきました。


ayuさん
こちらこそよろしくお願いいたします。

ホールツアー良いですね。
10列中央で見てました。
椅子が必要なお年頃でもあるし、
バラードは腰を据えて聴きたいですね。
はやくフェスティバルホールで見たいものです!


Meさん
はじめまして。よろしくお願いいたします。
バンドの皆さん個性的な方ばかり。
小松さんいつもニコニコであのドラム、風呂泉さんもかっこいいし、朝倉さんのツッコミ、隅倉さんはどっしり構えて、奥野さんの話はどこまでほんとかなと考えてしまいます。


のもんさん
のもんさんの言葉で鍵コメから表に出てきまた。
皆さん優しい方ばかりで嬉しくなってしまいました。
これからもよろしくお願いします。

時々、ライブのキラキラが浮かんてきます。
忘れられないライブになりそうです。






もみじ |  2016.03.01(火) 14:00 | URL |  【編集】

ayuさん、Meさん。

なるほどー。大都市はそんな具合でしたか。
二階が埋まるというのは、ほかのアーティストさんでも難しいと思うのですが(CKBでも毎回二階はおらん)、
一階が埋まってればいいですよね…
こちらはそうでもなく「あー中田くん後ろのほう見ないで~」って思うも、
だめだ視力2.0だったわ。せめて前方見てもらえるようにがんばろ、
と思って次第でした。

で。
>昨年のビルボードでどきゅーんされてからbenzoのCDをレンタルですがすべて遡ったくらいハマったのでした。
かっこいい~。ギターはもちろん、コーラスの声も素敵でハーモニーがいいのよね~。

ちょちょちょちょ!
youtubeで検索して聴いてみたのですが、
benzo、いいじゃないの!
私の中のどこかが結構激しく反応してるよ。
新しいのに懐かしい、フォークのようなロックのような。
(音楽詳しくないので表現が下手ですが)。
ヴォーカルも切ない声でよいですなあ。
ナイスコード進行、ナイステンポ、落ち着いたアレンジながら踊れそうな感じ!
いい感じのグルーヴ感ですな。ライブあったら行きたい。

そう、今回、私は風呂泉さんに撃たれました。
なんかの曲のコーラスがすごく美しくて。
(今回初めて曲ごとにコーラス変えてるのも知ったのですが、
私の席からだと朝倉さんも奥野さんも遠すぎてわかりませんでした)。

今回、シゲルさんの真ん前という席だったので、
中田くんが下手に移動した隙を見計らって(なんでだよ…)
シゲルさん→風呂泉さん→シゲルさん→風呂泉さんの無限ループ。

早速ライブ情報調べたら11月に終わってました。
私は「落下ドライブ」を聴きましたが、今発売中のアルバム、
なんと12曲も入って1500円!しかも全国送料200円!
って私誰なの…。

こうやって音楽って広がっていくんだね~。
私は音楽大好きとかロック少女とかバンギャじゃないので、またいろんなの教えてください。
ちなみに中田くんライブの会場、名古屋の芸術の情報が一同に集まっているとこなんで、
御大のフライヤーも入手しました。
セトリを見て予習がいいのか、まっさらで行くのがいいか考え中。


のもんさん、レポも書いてないのに激しいスレチすみません。
というかセトリわからないので記憶辿れない…。
どなたかが書いたら書きます(おいおい)。


もみじさん、
こちらこそ、いつも暴走してるので申し訳ないです。
でも会ったらおとなしいのよー(笑)。
私も人さまのHPで1年半吠えてますが、
実際お会いした方は数名なんです。
名古屋から200km圏内で参加しているので、
またどこかでお会いできるかなー。
saki |  2016.03.01(火) 15:16 | URL |  【編集】

初日

もみじさん
じょん と申します。 よろしくお願いします。

やっと初日出ました。
関内ホール 行ってきました。
その前に と 展覧会に立ち寄ったのですが「現在待ち時間50分」と表示が!
そんなじゃ きっと中もお客さんがぎっしりで進まないだろうな。
無理じゃん!! 
あ~~ 人気の展覧会はそういう事も想定しておかなけりゃいけなかったのね。ショック!  森美術館「村上隆 五百羅漢図展」
大体ここって そういう展覧会をやるのよね。話題性っていうのか キャッチーっていうのか。(愚痴か?)
昔「会田 誠 天才でごめんなさい」展も見に来たけど、
かなり刺激的な展示もあり各種団体からクレームがついていました。
場所が場所だし(六本木ヒルズ)、チケットの売り方が展望台とセット販売もするから
観光客も入っちゃうもんね。
  
しょうがなくそこから横浜目指してゆっくり移動。
早めに会場についてグッズも買い、のんびりしていたら神奈川県民ホールと間違えてきたお客さんに声を掛けられる。
たしか もっと山下公園の近くだった そしてもっと大きいホールだった(笑)
昔行ったことあるよ ・・とおぼろげな記憶。
すぐ近くにあった看板の地図を見ながら 教えてあげて「あら 横浜苦手なこのアタシが・・・」
そのあとにも同様の方 見かけました(だれのコンサートだったんだろ?)

裕二は ゴキゲンで汗だくでしたね。
白スーツの下に黒いシャツ  あれはいったい???
化繊のシャツが肌に張り付いて気持ち悪いから?
それとも 汗かいた時のスケ防止?  イヤン 気になります。

下手寄り 奥野さん前 あたりで 裕二なめのシゲルさんが一直線上 オイシイ席でした。 
絶対にシゲルさんと目があった(と言い張る)
え~と朝倉さんは 上の方の髪の毛 しか見えませんでした(笑)

お客さん 全般的に おとなしい・・・・  目の前に来ても静か
風呂泉さんの ギターが前に出てきても おとなしい。 エ~~なんでなんでぇ??
もっとキャ~~って言った方が演奏している方も盛り上がるよね。アピールに応えなきゃ。
キャ~~~~~~!!! って もっともっと言いたかった・・・・・・

なかなか 皆さん 皇族のように 肩から上に手が上がらない。
あ~~もちょっと 暴れたい 踊り狂いたい  と 思っちゃいました。
ロックな曲 も もっといれてもらいたいな~~ と。
いや あのセトリでも十分なんですが、欲張りです。

アタシの大好きな 「〇〇」 赤い照明に彩られ情念の世界を堪能、滂沱しました。
よかった!!よかったです!! (大事なことは2回言う)

とりあえず   また出てきますです


じょん |  2016.03.02(水) 12:59 | URL |  【編集】

中田くんバンドツアー、皆さんお楽しみになられたようで、何よりでした。
絶対にカッコいいに決まってるよね! サンプラが楽しみです♪

じょんさん、その日の横浜県民は、財津和夫さんのツアーでした。
ゲストに姫野くん。
浜離宮で中田くんの『青春の影』聞いて懐かしくなって、
すぐにベスト盤CD買って、毎日聞いている私です。(笑)
4月にいわきアリオスでも、このツアーがあります。
妹は行くけど、私はチケット取らないままに迷っていたら(仕事が忙しい時期)
もう3階席しか空いていなくて、ますます迷う。。。

森美術館、そんなに混んでいましたか。
私は浜離宮の時、平日午後だったので、フェルメールも五百羅漢も空いていました。
五百羅漢にも惹かれながら、やはりフェルメールを選んでしまった。
しかし、ヒルズのあのゴージャスな雰囲気には圧倒されました。
夕暮れの景色もよかったし、、、TOKYOって感じ。
ヒルズ内で買ったパンとケーキも美味しくて、家族にも大好評でした。

もみじさん、初めまして。
中田くんライブに行くと、絶対に私最高齢よねと、肩身が狭かったのですが(汗)
心強い思いです。(笑)
いくつになっても、中田くんは見たいわ。(笑)
ライブついでの美術館巡りは、私もじょんさんもおんなじ、
そういうこともうれしく思いました。これからもよろしくお願いいたします。
月子 |  2016.03.02(水) 20:30 | URL |  【編集】

お風呂沸騰

風呂泉さん人気がすごい~
ayuさんもsakiさんも撃たれちゃいましたね。

>ナイスコード進行、ナイステンポ、落ち着いたアレンジながら踊れそうな感じ!
そうそう!!
benzoいいでしょう。ソウルフルで哀愁があって。
特に「落下ドライブ」最高です。
https://www.youtube.com/watch?v=jUk5AabfWgo

じょんさん
風呂泉さんが前に来たとき、気持ちは「キャーーーーー!!」だったのですが、腕上がってなかった?
失礼しました。。。
夢中すぎて周りが皇族状態だったことにも気が付かず(汗)

裕二どの黒いシャツ、私も気になりました。
アンコールは黒シャツで出てくると思いきや、白でした。。





Me |  2016.03.02(水) 21:37 | URL |  【編集】

わが道を行く

Meさん
皇族の皆さん  心の中では堪能されてるんですよね。 わかっていますとも。 
「うふふ  いいわ~~ 裕二」 とうっとりされているのでしょう。 
昔からそうでした。 ひとりひとり それぞれの楽しみ方です。

私は(周りを気にせず)五十肩予防もかねて ひとりバンザイ状態でした(笑)

「ただひとつの太陽」:あれだけ(?!)言っておきながら リリースが楽しみです。(笑)
たぶん ファーストシングルは彼にとっての『PRIDE』 by CHAGE&ASKA 的なもので
勝負したかったんだろうなと想像しています。


月子さん
財津さんか~~ なるほど。(いろんな意味で納得)
五百羅漢: やっぱり平日なのね メモメモ。
村上 隆 
ホントは苦手なんだけど よく拝見している美術評論家?ライターさんのブログで
「これは村上を嫌いな人にこそ見てもらいたい」と紹介していたのです。
村上さん自身も「これを完成させることができて、ある意味もう死んでもいいと思った」
と発言されているのを知り 興味がわいたのでした・・・が、ざんね~ん
じょん |  2016.03.03(木) 08:00 | URL |  【編集】

じょんさん、月子さん

関内レポありがとうございました。
楽しく読ませていただきました。

私も早速その日の県民ホール調べちゃいました。
なるほど財津さん。
ちなみに県民ホールはCKBの聖地です(まだ行ったことないけど)。
剣さんはマリンタワーの館長もやってるんですよ。

まだレポ書いてないけど、
今回はセットリストもすごく好みでした!

問題の「チーム皇族」
名古屋もそんな感じでしたよー。
大阪は盛り上がったとあちこちで小耳にはさんだのですが、これは関西パワーなのかな?

私も「リボルバー」が好きなため、
すでに頭の上に腕をあげ、クラップしながらヒューヒュー言っておりました。
絶対浮いてた(苦笑)。
その後も四十肩五十肩対策もあり手を上げてましたが、
後ろの人に迷惑にならないように、ちょっとずつ下げ、
でも興奮のあまり上がって…の無限ループ。
腕は上げるわ、頭も腰も揺らすわ、飛ぶわ。でした。
きっと浮いてたよね、うん浮いてたよね(私も繰り返す)。
私の隣の人も身体の中は炎たぎりまくり!だったと思うのですが、
つくづくおとなしいですね…中田ファン。
私も、風呂泉さんが前に出てた時もヒューとか声かけてましたけど、
あんまりそういう人いなかったです。

名古屋では、以前FCで
「抱いて~って言われるのが一番上がる」
と中田くん自身が言ってたからだと思うのですが、
下手の二人組女子が「ゆうじー!抱いて~!」
と声をかけ、あっさり「頭大丈夫?」と流され会場爆笑
、みたいな感じでした。

その後、なんの流れでだったか、中田くんと奥野さんで、なにかがむけて…という話になり、
ゆ「もうずる剥けですよ」
奥「……」
ゆ「あ、今の一応今の下ネタだったんですけど…」
奥「……頭大丈夫??」
とかぶせられてました。さすが関西人。

で、みなさんアート系に強いんですね!
フェルメールはさすがに知ってるけれど、
美術館をハシゴするというのも私から見たら斬新!
旅先での美術館鑑賞、今後計画に入れていきたいです。
ここでなんとなく覚えた名前が、いつか「あ!」ってなるのかな。

アートと言えば、
子ども向けのアート番組で「デザインあ」というのを毎週録画してるのですが、
先日ぼーっと見ていたところ、番組の最後の出演者のところに
「白根賢一」の文字が!
娘を軽く突き飛ばし(笑)
「どこに白根さんどこに白根さんが!!」
と大興奮で巻き戻ししたところ
「バンドというものをアートというフィルターで見る」
というようなコーナーで、ドラム叩いてました。
GREAT3の方々だったのかしら。
金髪のボブでした。最近撮影したのかしら。

Meさん

沸騰風呂について、
長くなりそうなので部屋替わります(苦笑)。
saki |  2016.03.03(木) 12:51 | URL |  【編集】

どんだけ放置してんだよ、な中、
のこのこと現れました。
今はちょっと小休止ですね。
あれだけあった3パターン並行のライブも、
もう残っているのはあと4つなんて早いなあ~。

まとめてコメントを読み直していて、
改めて、皆さんの熱い思いをびしびしと感じ、
嬉しくなってます。
座談会状態であれこれ盛り上がっているのがすごく楽しくて。
それぞれの会場で、それぞれの席で見ていながら、
まるでみんなで一緒に見ているみたいな感覚です。

風呂泉さん、まさに沸騰中なのが笑うわー。
これも事前に伏線があったわけでもないのに、
ライブを見てそれぞれが同じにイイと感じたのが凄いですね。
サンプラでまた注目度がアップしますね。
中田クンの物販の隣に、
サポメンの関連CDも置いてあってもいいのにね!
(会計がめんどくさいよ)

中田裕二のライブは女性のひとり客も多いですが、
カップルもチラチラいて、それがなんか雰囲気いいのも嬉しいんですよね。
二人とも中田裕二が好きで来てるってのが、
ノリで伝わってきて。
温度差がないの。
話を漏れ聞きながらほのぼのすることも多々あります。

ホールだと席が確保されてる安心感がありますね。
ドリンクの交換や置き場所に迷う心配もないし。
立つのも座るのも踊るのもアリで、
傾斜がついてるので視界もそれほど悪くならない。

ホール仕様になっても、
ただ盛り上がるだけの、フェスみたいなライブじゃなく、
しっかりと曲を、演奏を味わえるライブなのが嬉しいです。
ま、目の前にギター持ってずーんと迫って来たら、キャーの一つ二つはお約束で出してあげようよという気はします(笑)

sakiさん

>「デザインあ」の白根賢一

そ、そんなところに。
あの色気に加えて金髪ですか。いいのか。
Eテレ、ホント侮れない。
ヘタな民放よりも、よっぽど自由で先鋭的です。
のもん |  2016.03.10(木) 11:00 | URL |  【編集】

今さらですが

もみじさん

今さらですが、コメント1件だぶっていたもの、
削除の対応させていただきました!
あろうことか、
もらったメールが違うフォルダに紛れ込んでおり、
気付くのが遅れました。
スミマセン。
のもん |  2016.03.29(火) 17:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2610-9b7c4007

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |