2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.05.18 (Wed)

ジョナサンベルLIVE@高円寺U-ha6回目

ここで6回目か~。あっという間ですね。

5月14日(土)ジョナサンベルのライブに行ってきました。
高円寺U-ha、今回もトリオでお届けです。
人数は3人ですが、アッコちゃんはキーボードとベースのダブルキャスト。
電車で移動中に、YUKAちゃんから「行けます」メールが届きました。
間に合ったようでよかったよかった。

♪「おやすみ」

あたたかなギターのイントロから。
キーボードはバックで静かに。
シンバルだけでシンプルな始まり。
以前ここで、シメに聴いた曲だったなと思い出す。
ゆったりしたリズムは力強く。
気持ちのいい反復。
コウイチさんのギターの音は、いつも思うものよりも、ちょっと違う色合い。
もちろんこのままなだらかに終わることはなく、
ドーンと盛り上がってのサビ。
広がってメロディックに、彩りがあふれる。世界が変わる。
最後のエレキはキュンと高く、ジャンと男前に。
気付くと爆音で終わる。

♪「King's Holiday」

変わって、軽快で、乾いたエレキ。
シンバルの固い音。
またまた違うバージョンで登場してきたお馴染みの曲。
パートいくつになるのやら。
その場で弾むようなポップなアレンジ。
乾いた音が面白い。
ベースの響きも気持ちよくて。
シンプルな音がまたヨシ。
スネアの抑えたパシッとした音が効いてる。
キンキンとした、響かない金物のようなシンバルの音も合ってる。
硬質な音が印象的なのに、全体はポップなんだよね。

♪「夜の穴」

ロックなイントロ!弾け、かっ飛ぶ。
ドラムも最初から飛ばしまくる。
ベースの指が忙しいーー!!
この疾走感。たまらないー。
ベースがめっちゃ効いてます!
曲の構成も面白くてにやにやしちゃう。
間奏に入ってからは、ピアノがパッと華やかに。
ドラムもギターもめいっぱい。
そしてベースは常に疾走し続けて。たいへんすぎる。
音だけで、夜に車を飛ばす印象を持たせられるんだよねー。
ズババンと弾けるドラムかっこいいなあー。
コウイチさんのヴォーカルもシャウト気味に。
アッコちゃんのコーラスもピリリと効く。
アッコちゃんが一番忙しい1曲だったな~。
でもあのベースがないと面白くない!

♪「Day Dream Blues」

ピアノとシンバルで、ふわっとブルース。
ここまでの3曲とまた全然違う入り方に嬉しくなる。
自由な雰囲気を出しつつも、ちょっと急ぎ足なリズム。
はっきり大きく明るく。
コウイチさんはヴォーカルのみで。
なんとなく前のめりな感じがJBっぽい。
どたどたなブルース。
間奏内でメンバー紹介とか、笑っちゃうんですけど。バンドっぽーい。
シンプルなドラムはキマジメに。
ピアノで広がり、ベースは渋く。
ヴォーカルだけだったコウイチさんのエレキがここで炸裂。
気付くと、最初の前のめり感が消えて、
落ち着かせるようなゆっくりめな感じに。
シメは、なんだか大歓声が聴こえるような錯覚。

本日の新曲でした。別名「アキコの気まぐれブルース」

♪「夜が明けたら」

ここでアッコちゃんのヴォーカルに。
点滅するような強弱のあるエレキが印象に残る曲なのだ。
シンバルはマレットで広がる闇。
ごくごくシンプルな音なのに、
ふわーっとイメージが広がっていくんだよね。
コウイチさんのヴォーカルが加わってさらに広がりを増す。
野太いタイコの音。
弾き方一つで色の変わるギター。
徐々に、スピード感をあげて、音も盛り上がりを見せていく。
微妙な変化を引っ張っていくドラム。
最後はシンバルがバシャンバシャンと大騒ぎに弾けて。

♪「午前2時」

これはどこで聴いたんだっけかなー。
ノリのいいギターが、あたたかくロックに。
ギターの音が、どんどん変化していくのがカッコいい!
キラキラとしたキーボードの音も効いてる。
これはインストかな。
いくつもの表情を見せるギターにわくわくさせられる1曲。
ドシャンと終わるのがまたカッコよかった!

「告知、なんかありますか」コウイチ
「こくち・・・」アッコ
JBとしては次のライブは決まっていないようですが。
アッコちゃんがやっている他の活動でなんかないのか、
というフリだったようですが。
ぼそぼそとステージ上で話し合うのやめてください。

♪「Bkue Sunday」

ピアノのイントロ。
マレットでボワーンとした始まり。
コウイチさんのヴォーカルで、あの曲か~と分かる。
これは以前聴いたバージョンかな?
ぼんやりとしたヴォーカルとアレンジ。
語るようなつぶやくようなけだるさ。
面白いなあー。
金物を叩くような固い音は、スネアの枠を叩いていたんですね。
ピアノもボワーンと静かに。
な状態がずっとは続かず、ドラムの音からジャーンと弾けて
アップテンポになりながら、あたたかさが残る。
ドーンと行ったと思ったら、またしゅ~と静かに引いて。
終わっても、穏やかさの中に熱が残っている空気。

もうひとつ、新しい曲で最後。

♪「恋をした」

ベースがずしずしと引っ張るビート。
この曲の展開、好きかもー。
ドラムの軽快な音がカッコいいです。
ギターはシンプルに。
間奏の高いピアノが、ポップにキュートに。
明るく、ノー天気な曲の感じがとてもイイです。
クセになるようなギターのリズムが嬉しい。
爆発したのかと思うようなエンディングに笑ってしまう。

今日も、3人だけとは思えない、バラエティに富んだセットリストで
大いにニヤニヤと楽しませていだたきましたー!
ジョナサンベルの作る音は、ポップだったりロックだったりしても、
一緒に手拍子して盛り上がる、ようなんじゃなくて、
聴きながら、思わずニヤリとしたり、
こう来るかあ~!と身もだえしたり、ハッとして聴き入ってしまったり、
そういうタイプの面白さなんだよね。
ふわっと楽しみつつも、耳が離せないという。
3人の時は、ロックな雰囲気が強く出ていたんですが、
今日はもう少しあたたかな、
ポップさが印象に残るライブだったかなあ。

このあとにまだ出演するバンドがいるので、
後方へ移動。
YUKAちゃんは忙しいようで、挨拶程度のおしゃべりをちょこっとして
今日は早々に離脱。
また荻窪で会いましょう。
私は、前回の下北沢でゆっくり話が出来なかった分、
今日は居残ることに。
2杯目のビールは、コバヤシさんが奢ってくれました。わーい。

最後のバンドの演奏が終わってからは、
ステージ近くの椅子に移動して、
なんやかやと10時半くらいまで、
みんなとしゃべって過ごしてました。
いやー楽しかった!!
コウイチさんから、
「なんで来生さんのファンの人が、RYUMEIさんのライブならともかく、
僕らのライブに来てくれるのかわかんない!」
と驚かれるのだけど、
来生さんの楽曲も、切ないバラードばかりでもないし、
表には出て来ないけど、男前な曲も山盛りあるしね。
それにジョナベルには、私の中にある「カッコいいと思うもの」が
嬉しいほどに入っているのですよ。
来生さん云々よりも、なにげなく子供のころに見聞きしていたようなものから
ワクワクする要因がきてるんじゃないかなーと思ったりする。

あとコバヤシさんが言ってたけど、
他のお客さんから「おもしろい」って言われるのが不思議らしい。
「良かったです!」「カッコいいですね」というのが、
褒め言葉として定番なんだろうけど、
なんで「面白い」?
しかもそれを言うのが一人二人ではない。
な話を聞いて、でも「面白い」ってジョナサンベルを表現するのに
すごいぴったりだと思うけど。
スタンダード(?)なトリオ編成でやってても
「面白い」なんて素敵じゃないの。
奇をてらっているわけではないのに、
ちゃんと個性があるということですよ。

JBの次のライブは決まっていませんが、
とりあえず今週末に荻窪で、彼らにまた会えます。
みんながRYUMEIさんのファンミを
ワクワクと楽しみにしているのが分かって嬉しい。
当のRYUMEIさんは今頃どんな支度をしているのやら。

そろそろ「れんこんの会」も実現させなければ~。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : ジョナサンベル

10:41  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2625-e9b59e9d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |