2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.09.03 (Sat)

中田裕二・ジャジー・エクスペリエンス!

「LIBERTY」ツアーから3か月がたち、
また新しいツアーが始まります。
ほぼ1か月間にわたって7か所で行われるライブ。
また新たな中田裕二を見ることが出来そうです。

蛸足中田班のみなさまからの報告、お待ちしております!
私は横浜・赤レンガのみの参戦です。
レポはここにアップする予定です。

前回のツアーの時、私はいいかな~と思ったんですが、
自然とネタバレ自主規制だったので
今回もそんな感じで行きますか。
ではではよろしく~。

******************

本日、初ジャジー行ってきました!
sakiさん、じょんさんと、おされなカフェで延々とおしゃべり、
からの~ジャジーエクスペリエンス!
暑かったけど、楽しさいっぱい満喫した日でした。

あーでも、もう2曲くらい欲しい!!
「え?これで終わりなの?」が正直なところです。
このライブだけにとどめておくにはもったいない、
カッコいいアレンジ満載でした。
かえすがえすも1回しか聴けなかったのは残念。

隣の席でおしゃべりした方、ここを見つけてくれたかな。
あら、あなたも?なカバーズ仲間でした。
思わずこのブログのタイトルを書いて渡してしまいました。
またどこかの会場でお会い出来たらいいなあ。

立ちながら書いたメモはどれだけあてになるやら。
まだ残り公演もありますので、ぼやーんとした感じになるやも?
つか、明日はニコ生、明後日は公開ライブ中継、
DVDもちゃんと見たいし、
レポちゃんと書けるんだろうか。

******************

昨年のトリオサルーンに続き、
横浜赤レンガは2回目の参戦です。

まだ残り公演があるので、曲目ふせようかなと思ってましたが、
ネタバレありのビルボードレポを公式でRTしてたから、
もう書いちゃっていいだろ。
福岡公演のために情報遮断しているかたは、
この先を見ないでくださいね。

とっちらかった感じになってますが、
これ以上いじっていてもしょうがないので、
エイヤでアップします。

【More・・・】

じょんさん、sakiさんが参加するので、
早い時間に待ち合わせして、
赤レンガ内のカフェでおしゃべりして過ごしました。
sakiさんは初めて会うのだけど、
蛸足であれこれ話しているから初めてな感じはなくて。
中田裕二というツマミがあれば話はいつまでも続きます。
3時間弱だったけど、あっという間に過ぎてしまったなー。

20160825-4.jpg

アップルパイなど食べてみました。じょしっぽーい。

時間になったので、目の前にあるホールへ移動。
薄暗くなって雰囲気がいっそう出てきました。

20160825-3.jpg
20160825-2.jpg

ドリンクは、ここは缶ビールなので、
開演前にちゃちゃっと交換。一番搾りをゲット。
呑むのは帰ってからです。
帰りはダッシュになるというsakiさんとはここでお別れです。
またいつかどこかでご一緒出来たらいいなあ。
楽しい時間をありがとうございました!

さて、
フラットな会場は視界を確保するのが一番の気がかり。
幸いにもマイクスタンドのところまで一筋の道が。
スタンディングとちがい、椅子があるので
それほど大きくずれることはないでしょう。
私の隣の席の人が来ないので、ちょいずれながら調整。
ここは結局、最後まで人が来ることはなかった。(来たかっただろうなあ)

サポメンはちらりと見えるくらいで、
動きで音を補足するようなことはとてもできず。
何回も見れるものだったら、
全体が見える位置からも見たいと思う編成ですね。

席はエアコンの風が思い切り当たる場所で
冷えてしまうのではないか、
途中でトイレに行きたくなるのではないかとヒヤヒヤ。
ま、ライブが始まってしまえば、そんなの吹っ飛んでましたけどね。

そうそう、もう一方のお隣さんは、
年も近そうなお一人さまだったのでなんとなく話しかけてみました。
長野からいらしたということ。
中田裕二はカバーズを見て知って、
それからあちこち足を延ばしているそうです。
一気に親近感がわいてしまい、
開演までおしゃべりして過ごしました。

いきなりまとめた話になりますが、
(ネタバレしない方向で最初に書いていた部分なのだ)
予想していた”ジャズっぽいアレンジで大人なステージ”よりも
さらに本気のジャズアレンジでした。
しかも中田裕二のスピード感が、今回もちゃんとあったのが面白かった。
ジャズだから、アレンジを変えるから、って
ことさらゆっくりやってみたりしないのがイイなあと。

ジャジーでやろうと思ったら、ここまでやらなきゃいられない。
メンバーだってそのために揃えちゃう。
片手間に目線を変えるだけで済まさないところがエライ。

だから余計に、
ここで終わってしまうのがもったいない。
ある程度のスパンで、またこんなライブを見てみたいと思うし、
何よりも音源化してほしいですね。
ビルボード東京ではカメラが入っていたのかな?
いずれアルバムのボーナストラックとしてでも、
形になることを熱望します。

選曲としては、
ライブの定番になりつつある曲、
ジャズアレンジなら、文句なくハマるであろう曲、
これをやるんだ!な曲、
とりどりに入っていました。
ビルボードやブルーノートの2ステージ制のライブと同じツアー内で、
他のライブは1ステージ遠しになるわけで、
曲数的には、なにか新しいのを加えなければ足りなくない?な数。
もともとの福岡の日程を考えたら、
すでに用意されているはずだよねえ、と
カフェでの作戦会議で話題にしてました。
なことが頭の中にあったせいか、
本編終了で一度下がった時も「休憩か?」などと思い、
裕二が「アンコールです」と言った時も、え?と思い、
終わった瞬間は、「これで終わり?えー、もっと聴かせてよ!」な感じでしたね。

とはいえ、
ライブ後にもらった、2ステージ制のセトリを見返して数えてみると
妥当な曲数だったかもしれません。
時間的にはもうちょっと余裕あったけど~。
MC少な目だったことを思えば、これでいいのかな。

なところで、
メモを頼りに順番に。
ここから曲名出てきます。

1曲目から、もりもりのサックスの響きで。
何が始まるのか分からない曲調。

♪「誘惑」

分かった時の驚きと楽しさと嬉しさ!
今回のツアーの心意気を、ガツンと見せるにふさわしいオープニング曲。
”中田裕二といえば”な曲をいきなり変化させることで
お客さんの期待の、さらに上から応えていく。
サックス・トランペットがぐいぐい引っ張ってってくれる。
あー今日はこんな感じで聴けるんだ~。なんて幸せなのだ。

2曲目は「何の曲か分からないでしょう~」と嬉しげに言いながら。

♪「FUTEKI」

確かに、今回の中では一番分からない曲だったかも。
これを選びますか!?というところも含めてね。

このツアーで初めて一緒にやる人ばかりなので、
曲はもちろん中田裕二本人が決めているのでしょうが、
「これをお願いします」と渡されたバンマスの本間さんは
どんな心境だったのかな、と興味ありますね。
ピアノの音が印象的なアレンジ。
マイクにもたれながら歌う、動きの激しい裕二。
早くも髪が乱れて
最近、私の耳がベースに慣れてきたようで、
ドシドシと身体に響く音を心地よく感じながら聴く。
裕二の座ったような目が色っぽいのだ!
今日のアレンジで、腕を前に出してクルクル回すような女子はいなかったな。

MC。
自分の楽曲を、ジャジーなアレンジにしてみたら、
どんな化学変化を起こすのか、興味があったと。
アレンジを担当してもらったのは、サックスの本間将人さん。
コンポジでも一緒にお仕事したって言ってたかな?
ガッツリとジャジーなアレンジをしてもらった!と嬉しそうです。

♪「blue morning」

うんうん、これは間違いなくハマる1曲ですね。
けだるい表情を浮かべる裕二がヤバすぎます。
そしてこのスピード感が、いつも面白いなと思うところ。
こちらが思うよりもずっと早いのよね。
生のサックスがなまめかしさをさらに煽って。
Cメロのヴォーカルの伸びが素敵すぎて倒れそう
バックの壁を彩る照明の変化も鮮やかで。
下を向く裕二が作る顔の影が、カッコよすぎてクラクラ。

♪「月の恋人たち」

これも最初はなんだろう?と頭の中ぐるぐる。
このリズムとスピード感でシアワセになる1曲。
サックスの響きがさらにご機嫌な感じに。
アレンジでそうなっているのか、ドラムがちょっと難しいテンポで。
ギターの間奏もたっぷりと見せ場。
踊る裕二が可愛いのなんの。

♪「イニシアチブ」

これはとっさにタイトルが思い出せず。
カッコいいアレンジに興奮しまくる。
ライトの危うげな感じもたまらなく。
色っぽさもあるんだけど、スピード感がハツラツさも出して。
ドラムの畳みかける感じがカッコいい。
裕二は身体を小刻みに揺らすようなダンス。
汗が光って、髪も乱れる。
目線ヤバすぎ。うっとりして倒れそう。
全ての楽器が、それぞれに魅力を放って盛り上げていく。
あーこれはまた聴きたい!

みんなを座らせて。
「みなさんのフェロモンが凄すぎて窒息しそうです」
そして、うんうんうん、と一人でうなずいております。

自分の楽曲はホーンをよく使うので、
ちゃんとそれをライブで再現したいなと、
ずーっと思いながら日々を生きてきたそうです。
「って大袈裟」と自分で言って笑ってます。

次は裕二曰く「かわいらしい曲」。
♪「つかずはなれず」

エレキのつま弾くような音がイイ。
裕二が意識的に、
操り人形のようなカクカクした動きを交えて歌うのが可愛くて。
家に1つ置いておきたくなります。
ドラムをブラシでなでるような音が柔らかく。
こうやって聴くと、ジャジーなライブにふさわしい、
王道といっていい曲だなあと分かる。
どの楽器も、ピタリとはまる気持ちよさ。
最後はサックスが鳴り響いて。

裕二がタクトを振るようにして
メンバーに指示してたのはこの曲の最後だったかな。
トランペットがさらに発展していって目立ちまくる。
裕二は「オレが主役なのにぃー」な演技で。
息がどこまで続くのか!な演奏で、ゴージャスな盛り上がり。
止まらないトランペットからの~

♪「ただひとつの太陽」

甘い声が響いて。
ああ~。もう倒れそうなほど。
あたたかで、やわらかで。けだるくて。
サビは語るように強く。
マイクスタンドを握って、目を閉じ気味に歌う裕二。
遠目で見ていてさえ色っぽい。
アドリブ的に響くトランペット、サックス。
ネクタイを締めたスーツ姿の裕二は、
まさにサラリーマンがスナックで熱唱するようにも。

ここでジャズのスタンダードのカバーを。

♪「Fly Me to the Moon」

がっつり歌詞を見ながらだけど、そこはご愛嬌。
テンポが、まさに中田裕二のライブ、と私が思う速さ。
ふたつのフォーンがめちゃくちゃカッコいい。
ハツラツ、軽快、にぎやかなアレンジ。

洋のスタンダードの次は、日本のスタンダード。
「サントリーからCMのオファーがいつ巡ってくるんだろう。
巡ってくるまでストーカーのように歌います」
今回はSAYURIバージョンに近いアレンジにしてあるそう。

♪「ウィスキーがお好きでしょ」

けだるい空気が、濃密に満ちていく。
この声、カッコよすぎる。泣きそうなんだけど。
余韻のある、味わいにあふれる中田裕二の声。
まといつくように。
でもこのスピード感が、軽やかさも持っていて。
間奏はトランペット田中充さんの独壇場。
「ねえ充さん・・・」
からみはじめる裕二。
「どうして答えてくれないの」
演奏中だからな。
見つめ続ける裕二。
このカラミは、赤レンガで初めてだったのかしらん。
じょんさんに「小芝居」言われて笑った。
なんかドレスを着たなまめかしい女性が、
バーで歌っているかのようなイメージが浮かんでくる。
「なんで目をそらしたの。
そうなの、トランペットで会話してるの」
そして「ぱぱらぱぱら」と歌いながら会話し始める裕二。
なんだこのコントは!
しかもこの「ぱぱらぱぱら」も色気を増していくのだから侮れない。
最後、充さんは裕子に告白されていたが、
この恋は片思いに終わるのだろうか。

「サブウェイを乗り継いで」

おおー意外な曲が!
奥野さんのアコーディオンが印象的なところは、
トランペットが担当。
おお、サックスの本間さん、キーボードもやるのか!多彩だな。
ドラムの軽快な音が気持ちよくて!
前のめりに進んで行く感じが出てる。
しかもすっごい嬉しそうな顔で演奏してる。
ほのぼの可愛く、幸せになる曲。
お客さんたちも、嬉しそうに体を揺らせているのが素敵。
エンディングは、いつまでも終わらせたくない裕二。

「今日は日本のトップとも言えるメンバーたちにサポートしてもらってます。
上手すぎてイラつくもん」
それを言うときの嬉しそう、誇らしそうな顔。

アッパーな曲を続けて、と始まったのは。

♪「STONEFLOWER」

わああーこれもやるんだ!
もともと大好きな曲なのだけど、ジャジーにどう生まれ変わらせるんだろう?
サックスによるイントロ。
ヴォーカルがカッコいいいーーー!
甘く広がっていくのに、渋くてカッコいい。
身体をゆさぶるベースの音の気持ちイイこと。
派手にはじけるサックスも合う。
どこかほっとするような、どしっとしたリズムが面白いアレンジ。

♪「夜をこえろ」

前CDのカップリング曲が登場。
ん?なんか後ろノリ?
なんともトロピカルな雰囲気が!
サンバっぽいリズムにアレンジされてるー!
なにこれ面白いー!
間奏はトランペットが炸裂。
シャウトする裕二の歌声。
そしてゴキゲンなダンス!
なんて可愛いのだー!!

♪「UNDO」

おおー、まさかこの曲が聴けるとは。
ちょっと中田裕二のなかで流行っているのだろうか。
サックスが色っぽく響く。
けだるい空気が広がっていく。
畳みかけるようなリズムと、上目遣いがヤバイ。
サビでは二つのフォーンが自由に。
目を閉じた横顔もたまらなく色っぽい。

このあと、アカペラで一節歌ったのはなんの曲だっけ。
聴いたことあるんだけどなあー。
「え?曲が違う?」
なんてまた小芝居が。

♪「LOVERS SECRET」

うわー、この曲も聴いてるだけですっごい幸せになるんだよねえ。
自然と身体が動いてしまう。
笑顔でダンスする裕二を見てるだけで世界は光に溢れてしまう。
ライブではもう欠かせない1曲になりつつあるね。
はいもうメモなんてね、取ってる場合かと。

そして曲が終わったら、
メンバーたちも立ち上がって、
手を振って、
みんな下がってしまった。

え?
休憩アリの2ステージ?
土台がビルボード仕様だからかな?

拍手は続く。
そしてアンコールの拍手になっていく。
えええ。
とまどい。

メンバーたちがお色直しをして戻ってきた。
新作Tシャツ。
裕二はジャケットを脱いでたかな?(ああもうさすがに記憶がとんできた)

ジャジーエクスペリエンスのライブも今日で5回目。
バンドとしても馴染んできて、どんどんと楽しくなってるようです。
ああこれはまた続けてやりたくなっちゃうだろうね。
私ももっともっと見たいもんなあー。

ここでグッズのご紹介。
メンバーがTシャツを着ているだけでなく、
タオルもさりげなく持っているのがオカシイ。
バンマスの本間さんは、トートバッグを肩にかけてウォーキングまで。
くるりと回ってみたり。
「何も頼んでないのに、こんなにやってくれて、いい人だ!」裕二
ドリンクをいれるクリアボトルは、
裕二が「こんなの欲しい!」で作ったそうですよ。

「アンコールの曲は」と裕二が言って、
あ、やっぱりもうアンコールなのか、とちょっとショック

♪「IT'S SO EASY」

やっぱり、自分の中の予測値よりも早いんだよねえ。面白い。
パーカッションの乾いたカシッという高い音が、
さらにテンポを速めるように聴こえる。
中田裕二の声は、柔らかくもあり強くもあり。
歌い上げて、響く声が身体に染みていく。
味わい深いあたたかさ。
こんなふうに歌える今が嬉しい。

♪「THE OPERATION」

作戦をはじめましょう!とスタンディングを促して。
右に左に動く裕二を隙間から追う。
オリジナルに近いアレンジだな。
まだ新しい歌は、裕二から拍手の指導が入る。
明るいシンプルなライティング。
最初に聴いた時は「中田裕二らしさの詰め合わせ」な感じだった曲も、
どんどんと耳に馴染んで落ち着いていく。好きになっていく。

ここでメンバーの紹介。
それぞれ、魅力あふれるソロを披露してくれる。
そして最後に本間さんから「おうた!中田裕二!」
裕二は、さきほどのくちトランペットよろしく軽やかに歌って。

♪「MIDNIGHT FLYER」

あーもうこの曲になってしまった。
これで終わりなんだろうなあー(寂)
印象的なイントロの音は、トランペットが担当。
シンプルなアレンジで、タイミングが難しいのか
「地に足ついた」で入りを間違って、
照れかくしに「ちにーちにーちにー」と歌ってました。カワイイ。
そういえば、ギターの方、ソロパートだったかな?
首の後ろ側にギターを乗せるようにして弾いてたよ!
練習するとあんなことも出来るのね。

裕二の笑顔にこちらもニコニコこたえながら手を叩いて、
でも心の中は終わらないで―終わらないでーと叫んでました。

そしてホントに終わってしまった。
電気も早々についてしまった。
早くない?少なくない?
時計を見たらまだ2時間たってなかったよー。

とはいえ、
こんだけの挑戦を、初めての人たちとやったのだと思えば、
これ以上を望むのは欲張り過ぎなのかもしれません。
だいたいが病み上がりなんだから・・・。

お隣の方と、またどこかで会えますようにとお別れし、
じょん師匠と合流。
ランドマークタワーを目印に、よろよろと桜木町方面へ移動。
夜の横浜はあちこちライトアップしてて、
歩いてるだけで得した気分になりますね。

20160825-1.jpg

街の灯りがとてもきれいねヨコハマ。

ずっとずっと楽しみだったライブも、
あっという間に終わってしまいました。
手元にチケットがないことが何より寂しい。
でも次のアルバムの作成も、もう視野に入ってる。
その先にまた新たなライブがあると思えば、
わくわくした気持ちで待つことが出来ます。
なんてシアワセなのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二

22:27  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(32)

Comment

初回

初日、ビルボード大阪1st行ってきました。
いや〜カッコ良かったです!
素敵なアレンジによるジャジーなステージに酔いしれました。

FC枠でカジュアル席を確保していましたが、直前に発表されたスペシャルデザート「モンローウォーク」(マンゴーを乗せたラズベリーのタルト)がどうしても食べたくて、前日に自由席へ変更しました(カジュアル席では注文できないのです)。どんだけ食い意地張ってるんだか、笑。
番号は最後の方でしたが、下のフロアの良く見えるいい席で観ることができ、結果変更して正解でした。
「モンローウォーク」美味しかったです!

裕二さんは声も良く出ていて、歌っていて楽しくてたまらない!というのがすごく伝わってきました。
バンドメンバーの演奏が素晴らしくて…!
T-SQUAREも好きなので、坂東氏のスーパープレイで中田裕二の曲が聴けるとは感激。
ホーンはセクシーモンスター裕二にぴったり合いますね〜。
本間さんの色気のあるサックス、田中充さんの渋くてムーディーなトランペットは痺れました。

超かっこいい前奏の歌の出だし間違えたり、歌に入るところが違ったりはありましたが、回を重ねるごとに慣れて、馴染んでますます素晴らしくなっていくことでしょう。

これから行く皆さん、キケンな夏に溺れちゃいますよ〜。

そうそう、大阪はノリがいいと聞いていたのですが、意外に観客の皆さんがおとなしくてびっくり。初回のせい?慣れない空間だから?



今回、西日本初遠征です。
ライブ前はあゆさんご夫妻、まやさん、Mさんとお茶と軽くお食事しながらおしゃべり。
あゆさんの弾丸トークと思いきや、まさかのまやさん弾丸トークでした(笑)
とても楽しい時間でした。
あゆさんご夫妻、まやさん、Mさん、ありがとうございました。
Me |  2016.07.27(水) 22:57 | URL |  【編集】

大阪楽しかったです。

2ndもよりリラックスした感じで良かったです。
Meさん。
まさかの弾丸トークですみません💦
大阪でお目にかかれて本当に嬉しかったです。
ayuさん。
久しぶりにご主人様やMさん、
そしてayuさんの布教活動で裕二に嵌った若い方、
などなどともご一緒に楽しいひとときを過ごすことができました。
ライブ前のオフ会のアレンジ、
どうも有難うございました。

sakiさん。
明日も期待して下さいっ❣️
取り急ぎ
まや |  2016.07.28(木) 00:12 | URL |  【編集】

チャレンジ

ひとまず 安心致しました。 皆さんに好評のようでしたね。よかったよ~~ の声 多数
期待と不安(不信)半々でした。 っていうかどちらかというと・・・・
サポメンは問題ないと思っていました じゃ どこに?って ふふふ すんませんでしたっ!!


じょん |  2016.07.28(木) 08:07 | URL |  【編集】

今頃すんまそん

まやさん、Meちゃん
昨日は、お疲れさまでございました。
旦那まですいません🙏

second stageセトリめっちゃかっこ良かったです
きゃー(*ノωノ)
はい、去年と同じ神席で観ました😆
いい香りもぐんぐん吸いとって(笑)

ほんとに楽しそうに歌うセクシーモンスター(自称)
にイチコロです(〃ω〃)

素敵過ぎました
今日は、何にも聴きたくないもん
あの余韻で❤

今回のお洋服、今までで一番好きです。


また、じっくりコメント入れます。
では、ごきげんよう
おやすみなさーい

sakiちゃん、大丈夫かしら(´・ω・`)?
かなりメロメロになってるんでは、、、

明日は、お楽しみが❗
ayu |  2016.07.28(木) 23:53 | URL |  【編集】

お盆を待つ

なんか皆さん手放しで褒めまくっている・・・成長したんだな ゆうくん。
イメージしたものをちゃんと現実に表現できるスベを身につけたのか。
灼熱の暑さも乗り切れます。 ♪早く来い来いおぼん~~(字足らず)
じょん |  2016.07.29(金) 08:05 | URL |  【編集】

なごや!

こんにちは。

昨日名古屋行ってきました。
無事帰宅致しました。

もうねえ、中田くんは私がどの席にいようが、
ずっと私の方を見て、ずっと私のために歌ってくれましたよ。

と言うほど、いまだに頭おかしいです。
この勢いで仕上げます。

昨晩はさすがにすぐ寝ましたが、興奮冷めやらず5時に起き、レポ何書こうかなと思いながらも、
「デッドは29日です!」と依頼されたものもあり、
レポ書きたさに奥野先生の千手観音のごとく仕事を終わらせ、
お昼の中田祭もそこそこにパソコンに向かっています。

いやあ、本当よかったです。
大阪組も手放しでほめまくっていらっしゃいますが、本当に。

例えるなら、前までは
「中田くんはああいうところまで行きたいんだな」
と思ってたのが
「ああ、中田くんはこういうところに来たかったんだね」
というような感じ。

去年のビルボーード大阪では、たぶんこういうハコでやるのも初めてで、
こっちも初めてで…というのもあり、
楽しかったけど硬かったという感じがしたのです。

でも今回は違ったよー。
一年でこんなに変わるものなのかーって思いました。
私だけかもしれないけど、これまでは
「おしゃれして、いい音楽といいお酒楽しむ大人をちょっと演じてます」
だったのが、そのものずばりを堪能できた感じというか。

会場もね、HPではすべて「○」になってて、
2月の後列ガラガラの悲劇を心配したのですが、
1stも2ndもほぼ満席でした。
しかも自由席は、この雰囲気に慣れた方ばかりというか、落ち着いた年齢(私もな・笑)のご夫婦とか、
「中田裕二を観に来た客」ではなく、純粋に音楽を聴きにきた人たちのように見えました。

これはもう新幹線乗っても飛行機乗っても行くべきです。

とまあ前半の褒めちぎりはこのくらいにして、
恒例の私のどうでもいい話を書きますので、
ライブのとこだけ読みたい方は★からどうぞー。

わたくし前日にけっこうな大きいイベントがあり、
「今年のイベントこの日ねー」というお達しが来たとき、
「!!一日違い!」とその場に座り込んだほどでした。
いやはや本当に行けてよかった。

7月はおかげ様で仕事も忙しく、
もろもろ手入れもしてはいたのだが、さすがに一昨年のタワレコほどの時間は取れずw
で、少し余裕が出てきて「そういえばブルーノートってどうやって入るの?」
という素朴な疑問が。

で、「名古屋行く友達いませんかああ!!!」とayuさんに連絡したり、
HPを穴が開くほど見たりして。
すると「整理券は3:45から配布」とあるではないか。
電話でテーブル席決めたのに、整理券要るでどゆこと???
どうやら「テーブルの中のどこに座るかを決められる権利」
らしい。
ということで、まあテーブル決まってるし30分前に着ければいいかーと一安心して。

で、第15回連載を仕上げる。
ブルーノートもあるし、次のライブもあるし、テレビもあるし、盆と正月とクリスマスと誕生日がいっぺんにきたようだ、みたいなことをつらつら。
これ、当日だと他の用意もあるから「あーもっと早めに書いとけばよかった」ってなるんだけど、
早すぎると思いがけない情報が飛び込んでくる時もあり。
が、今日はさらさらサラダの情報は、さすがに盛り込めませんでした。
皆さん連絡ありがとうございました。
DRで録画しますね。
私火曜日まで旅行でいなくて、木曜日は仕事だった。
危なかった…今回の日にちといい、中田運だけは強い。

幸いにも昨日は曇りだったのでよかったのですが、
汗っかきなのと、着て行く予定の服がかなり攻めてたんで(笑)、
軽めのワンピースを着て、ヒールやドレスは現地で着ようと荷造り。
あと化粧品とか、前一緒に役員やったオシャレ番長が貸してくれた肌がキラキラするやつも一緒に。
思ったとおり汗ダーダーになったし、足が棒のようになったので、着替え持ってってよかった。

地下鉄の中で、家の者よりメール。
昨日の一大イベントのことで、前々から小競り合いがありw
が、今日のブルーノートの様子をネットで調べたらしく
「そうそうたるメンバーがやっているところなんだね!
中田くんすごいんだね」
という内容だったので、裕二に免じて許すことにする(笑)。
私を褒めるより裕二を褒めろだね。

で、15時に着くと長蛇の列!
最前の人いつから並んだのかしら…30人くらいはいた。
最初は仕事のメールなどしていたのだが、
お隣のマダムが人の好さそうな方だったので、どちらともなくお話する。
すると椿屋の時から知っていたけれど、ライブは去年が初めてだったと!(8月の名古屋のボトムライン)
椿屋もラジオで知ったけれど、ソロになってからもよくラジオで聴き(希少な方だ…)
去年からテレビもちょくちょく出たので、よばれてるなーと感じて意を決して来られたそう。
チケットも昨日電話で予約したと言われてました。
いろいろすごい。

ってなことを話してるうちに整理券配布。
どうやら15番目くらいな感じで、二人とかで来てる人もいるのでやっぱ40人目くらいかなと。

でもあんな必死で300回も架電したのに、また並ばなきゃいけないなんてねえー。
とブーブー言ってたのですが、そういう人がやっぱり多かったようで、
秋からは席まで指定できるようになったそう。


無事整理券をゲットしたため、先ほどのマダムと別れ、
さらに鶴舞公園で知り合ったマダムとちょっとお話。
彼女は2ndだけなのにこの時間から並んだらしいです…。

で、近くのデパートへ。
おばあさんか20代前半の客しかいないという不思議なデパートなんで、
ここなら化粧室を占拠できるぞと。

ここで第一の予想外の刺客!!
「やっぱ並んでたねー!」と声をかけてきたのは大学時代の友達!
私の恋路(笑)を応援してくれる数少ない一人で、
テレ東の宣伝ついでに今日ブルーノート行くことも連絡済み。
顔から火が出るほど恥ずかしい。
彼女もおしゃれ番長なので、
「ブルーノートってああいう感じでいいの?」と言ってました。
名古屋ってやっぱり田舎なのかなあと思うのはこんな時。
大阪の時も「そこまでおしゃれしてないな」とは感じたけど、名古屋は地味。
というか私が気合いが入りすぎなんか?
音楽と酒がある場所に行くならおしゃれをしたいものなのだが…その相手が中田くんならなおさらで。

ま、そんなことはよしとして、
不思議デパートの化粧室を予想どおり占拠し、
あれやらこれやらやる。
キラキラもつける。慣れてないのでぶちまける(笑)。
今日の目標は
「夏につき、そして夜分につき、体力温存」
よって、化粧室近くのソファで時間までひたすらじーっとする。

17:15になり、再び会場へ。
あーキラキラなんてつけてる人やっぱいないよおー。
で、番号順になんとなく入る。
並ぶ階段までクーラーついてるのねー。ありがたや。

エントランスに入ると「今日のオススメカクテル」が展示されていて、
お嬢さん方が写真を撮っていたので、私もたまにはと撮る。
大阪はデザートもあったようですが、
名古屋は「ナイトライツ」というカクテルで、
中田くんによれば、大好きなジャズミュージシャンのジェリー・マリガンのアルバムから取ったそう。
でも隣に座った子は「ナイトライフ」って言ってました。
裕二ファンならそう言っちゃうよねー。

★ということで入場。はあ長かったですな。

私の席は最前ながら、下手の一番端っこ。
ペット&サックスの前だったのでテンションが上がる!
電話でこの席とセンター2テーブル目を提案されたのだけど、こっちにしてよかった。
私のテーブルでは私が一番整番が早く、今振り返っても、やっぱり並んでよかったです。

大阪のときみたく、テーブルで知らぬどおし盛り上がり…というのを期待していたのですが、それもなく(苦笑)。
前に座った人は、以前違うライブで観たことのある方だったのですが、
何となく壁がある感じで、私も化粧直しとキラキラ補充(何回やれば気が済む?)してる間に、
仲良くなる時間もなく。
見回すと、大阪ライブで仲良くしてくれたお嬢さんと目が合い、あー元気でしたかーみたいにちょっと会話。
すごく感じのよい女の子で、仲良くなれればなと思ってたのだけど一年が経ち。

ナイトライツ飲みながら、ミックスナッツをほおばってると(緊張してご飯食べられん)、
ほどなく時間が来る。結構早いものだねえ。

サポメンの方々が座席の後ろから入場。
おーここから中田くんも出てくるのね。
前奏が流れる。
「ん?いっそセレナーデ?」と思ったがさすがに違った(当たり前だ)。

その音楽と、拍手と歓声に導かれて、中田くん登場。
なんかねえ、すごく大人っぽかった(というか充分大人)。
ayuさんと同じく、私もこの服一番好きだなー。
中田くんは奇をてらわないほうがいいのよ。
個人的には帽子もないほうがいい。

で、一曲目で、ちゃんとこちらにも目を配ってくれる中田くんにあああーーありがたやーーー。
ああ本日は私のためにありがとう。はあと。
ってな具合で。
そしてサックスとペットがとにかくカッチョいいです。
あの曲がこんなアレンジに!と。

そしてすぐに第二の刺客。
サックスの本間さんがキーボードも弾くので、楽譜が見えるのだけど、そこに曲名があああああ!
二曲目見えちゃったよ。

なんというか、すごく音が派手で華やかで、やっぱりこういうのが好きです。
奇しくも中田くんは「どんどん音をそぎ落として、名曲をギター一本で」と思ってるようなんですが、
でもいいですよ、この編成は。
金管木管が好きという理由もあるが。

それで冒頭に書いた「ここに来たかったのか」
という思いが湧いてきました。
これがずっとやりたかったのかな、この人は、と思った。
もちろんツアータイトルどおりジャジーなアレンジにしているし、
曲も厳選しているのだろうけど、
計算せずして、このアレンジが活きてくるように、作曲をしていたの? と思わせるほど。
作務衣を着てギターかきならす青年はもうそこにはおりません。
もちろん中田くんを知っている人は、その時代の音楽にも今と同じベースを感じているのだと思うのだけど。

MC
「去年大阪と東京とやってたんですが、名古屋に来ましたー」
みたいなことを。
盛り上がる観衆!

大阪おとなしかったとの話でしたが、
名古屋そういうの感じませんでした。
ま、いつものように私だけ盛り上がってたのかもしれん。
前列やセンターは常連の方々。
なぜいつも良席が取れるのだろうか(その謎があとで解ける)。

途中のMCで
「こういうね、ブルーノートみたいなところ…
名古屋の人好きだよねー、こういうちょっとかっこつけるみたいなところ」
と毒を吐いたため、客席のあちこちで「ひどいー!」との声がちらほら。
私もちっちゃい声で言ったった。

あんな曲やこんな曲をやり、
「おお。こんなふうに生まれ変わるのね!」という発見がいろいろあっていったん終了。
今度は私の横を通って退場していったので、
(みんながしていたので!)さりげなく手を出す。
右手の薬指だけが触れる。
ふわふわじゃ!!

で、あっという間の70分。
とりあえず1st終了。
あー短いなあ。でもまだある。そして諭吉が飛んでいく。

ホワイエに出ると「すみません、取材いいですか」と声をかけられる。
どうやらさらさらサラダの取材の方らしい。
「はあ」とか言ってるとカメラと照明が当たる。
で、ビビり「こ、これはテレビに映るんですか?」
と訊くと「ちょこっとですけど」と言われるので、これは恥ずかしすぎると「すみません。恥ずかしいのでごめんなさい」と丁重にお断りし、ササーーーと去る。
ああ、絶対OAされるなら中田くんへのアピールの絶好のチャンスだったではないか。
が、同時に近所の評判も落とすことになりかねん(笑)
それよりTwitterとかで「あーあの人いい年してキラキラつけてた人~」「気合い入りすぎw」とか拡散されたら生きていけないので、やっぱり断ってよかった。

夜風にあたり再び並ぶ。
2ndから参加の、鶴舞公園でお話したマダムとまたまた一緒になり、いろいろ話す(『鶴舞公園でなんで焼きそば食べて舞台に背中向けてる人がいたのー」などなど)。

入場すると、またもや私のテーブルでは私が一番最初。
お兄さんが「こちらのほうが向きを変えずに見られます」と薦めてくれた席に、
「あ、すみませんこちらにします」と少しでもセンターの席を確保。
お兄さんはむっとしていた様子だが、いいの。
椅子の向きなんてどうにでも変えられる。
それより少しでも前、少しでも真ん中に行くほうが得策というのを私は知ってるのだあああ。

で、思ったとおりの良席だった。
「ど正面に中田裕二」だった。

ミックスナッツで鼻血ブーになりそうだったので、
今度はチョコレートをつまみつつ飲む(お酒じゃないが)。
すると大阪で話してくれたお嬢さんが通って話しかけてくれる。
で、今度は席どこーとか、次どこ行くの?と話してるうち、お互い昨年の良席を思い出し、
「全然電話がつながらなかった」と私が言うと、
「私も全然つながらなかったから、その時に会員になって、ネットで取った」とのこと。
ちなみにお値段は2500円。その時は「ブルーノートなんてその後行くかわからんし」と思ったのだが、
一回あたり1250円で、しかもあの300回架電から一瞬にして解放され、
しかも前の方に行けるのではないか!
だーから常連の方々はあんなに前の方にいたのか!

で、彼女に名前を訊かれたので、テンションが上がって名刺を渡したあげく「いいんですか?」と控え目に言われたのに対し「メールください!絶対!」と言ってしまう。
ああカワイコちゃんに弱いんです…直後に「あ、おばちゃん脅迫してしまった」と猛省。
次回会ったら謝ろうと思っていたが、どうやら予定が合いそうにない…Twitterで「この子かも」という人はいるのだけど確信はなく。

ま、いっか(結局)。

そして先ほど同様、後方よりメンバーさん登場。
中田くんも私の前を通っていった。
息をのんでしまったので、鼻を利かせるのを忘れたと今気づく(笑)。

先ほどと同じ曲が流れたのだが…さっきと全然違う!
そうです、音響です。
来生御大のライブのとき、バルコニー席で感じたものが再び!
もうセンターは違います。全身が音で包まれます。
すべての楽器(声も含め)が同じバランスで入ってくるから、とにかく気持ちいい!
一曲目、同じなのに、んもう全然違います。
「中田くん歌うまいんだよな…」と改めて思いながら、
中田くんが私の方を見て私のために歌っているので(ハイハイもうわかった)、
この曲は自分の中でも思い入れがあるので、泣く。
胸がぐっと苦しくなり、息があがる(そして今思い返してまたドキドキしておる)。

さっきは自分も緊張してたのかな。
やっぱり2ステージ見てしまうと、自分も相手も会場全体も温まり方が違うから、こっちがよく思えてしまうのかもしれない。
去年の大阪の時も、確かそうだったもんね。
大阪おとなしい!って思った。

そんなこんなで一曲目ですでに夢心地に包まれる。
ふと後ろを観ると満員!
ああよかった。中田くんを知ってる人も知らない人も、今日の公演を観ればきっと好きになる。
知ってる人は、もっと好きになる。

MCは全体的に少な目。
来週のさらさらサラダの宣伝とか、サポメンのこととか。
あと大阪でも言ってたようだけど、
「憎たらしいほどうまい」とドラムのをちょこっとだけ。
でも、終始本当に楽しそうだった。
「歌を歌うこと」を心から楽しんでいて、
こういう大人の空間で歌うことが幸せで、
今、とっても充実してるんだなというのが伝わってきた。
失礼を承知で言うなら、去年はなんとなく緊張してるというか、
場所に慣れてない感じがしてて、
それを言葉で補うような雰囲気を感じたのだけど、
今年はもうそんな説明なんて何にも要らなくて、
やっていることを見れば、全部わかるのだ。
という空気が漂っていた。
重ね重ね、私が場所慣れしてなかったのもあるのだけど、きっとみんなもそうで、
よく、いわゆる老舗の大人のお店に取材に行くと、
「店の人が大人だから、育ててもらってるんです」と店主さんが言われていて、
そうやって、まずハコは用意するんだけど、演者さんが大人になるには、こっちも覚悟して大人になるという必要があるのかなーなんて思いました。

あーーーまた熱く語ってしもうた。

ふと見ると丹野アナウンサーがいらした。
テイチクのはがしの人と一緒に楽屋に消えていったよ。
そういえば入りハケ、1stのときはセンターを通って入り、アンコール終わりのハケもセンターだったが、
その後は私の前を通ってくれなかったな…みどりさんがあっちにいたからサービスしたのかしらん。
私が椅子無視して通路をふさいでたからか(たぶんこっち)。

そして、また諭吉が一人家出をした。
捜索願いを出したいところ。

帰りは出待ちの人を遠くから見る、
いわゆるストーカーwとなって終わりました。
サイン欲しいとか、握手したいとか、存在をアピールしたいとかじゃなくて、
とにかく車を見送りたい、だけなんだけどね。
常連さんがいつもいるからやっぱり入りづらいし。

CKBで一緒になる幼馴染が、よくブルーノートに行ってるのですが、
「日本一接客がだめ」と毎回毒を吐いており、
覚悟していたのですが、全然そんなことなかったです。
アンコールの拍手もさりげなく一緒にしてくれてたり、
席の説明もスマートで、この入り方だと来年もやるだろうから、
思い切って会員になろうかなと思ってます(何より300回架電から解放されたい)


ってなわけで終わります。
セトリないからすぐ終わるかもと思ったけど、
書きたいことありすぎて長くなっちゃった。
でもまだ足りないような気がする。










saki |  2016.07.29(金) 14:04 | URL |  【編集】

あちこちから早速のご報告~!
ありがとうございます!嬉しいです!

Meさん

西日本初遠征だったんですか。意外。
これでまた行動範囲が広がりましたね!
とはいえ以前、福岡にも上陸してましたっけ。
決断が早いのもMeさんですよね。
「モンローウォーク」がいいきっかけになりましたねー。

初日ならではのシーンもあったようですが、
それも初日にしか味わえないものと思えば。
続く東京ビルボードも大いに楽しめそうですね。

まやさん

わはは、会ったら弾丸トークなんですね。
ライブ以外のオプションも大きなお楽しみですねー。
蛸足中田班も、どんどん面が割れていくのが面白い。

じょんさん

親ごころ。
ゆうくんはちゃんとせくしーもんすたーに
せいちょうしているようですよ。

ayuさん

去年と同じ席なんて、すご過ぎですね!!
ayuさんが全部、ゆうじの香りを吸い込んで
後ろに回ってないんじゃないかと(笑)
1・2のステージによってメニューがどう違うのかも、
そのうちネタバレしてくださいね。

sakiさん

熱の伝わるレポ!ありがとうございました!
曲名が入っていなくても、
ものすごい期待感がアップします!!

しかし席が決まっているかと思いきや、
第2段の整理券、って。
知らずに来てしまった人もいたかもしれないですね。
午後とはいえまだまだ暑いでしょうに。
着替え持って行ってよかったですね。
せっかくのキラキラ、テレビで見たかったわー。

sakiさんが、ライブに行く先々で、
なんとなく広がっていく中田ファンとのつながりも、
面白いなと思って読んでます。
人によって、中田裕二のきっかけ、ライブに来るまでの経過も
ホントいろいろですねえー。

1ステージ目と2ステージ目、
それぞれの場所の良さを堪能したみたいで何よりです。
自分が座っているわけでもないのに、
中田裕二が目の前にいるように感じて
ドキドキしてしまいました。

みなさんの感想を読んでると、
アレンジ・セトリに、
まさに「ジャジー」と冠するのにふさわしい感じだったみたいですね。
私が去年ビルボードに行くとき、
想像していたのはたぶんそーゆー感じ。
赤レンガになったらまた雰囲気が変わるかもしれないけど、
なんかとても楽しみだなー。
憧れではなく、ちゃんと自分のものになってる「大人」な裕二。
いいねえ~。

ますますどんなセトリなのか興味が出てきました。
せっかくだからこのツアーの映像も、
特典としてどこかで見れたらいいですね。
のもん |  2016.07.30(土) 12:57 | URL |  【編集】

ビルボード大阪 ①

毎日、暑いですねぇ☀

最近買ったタブレットでチマチマ書いてみようかと思います。
不慣れゆえタイプミスがあったらお許しを

3時集合で、まやさん・Meちゃん・同級生のMちゃん・オイラでオフ会
あんな話こんな話してたら途中から旦那も参加。
参加予定の滋賀のロマンで知り合った二人(旦那のお気に入り)がギリギリまで入待ちしていた為旦那の機嫌が若干悪くなる
(すんませんでした🙏)
そんなこんなで入場時間

First stage

カジュアルシートでこれまた去年のsecond stageと
おなじ場所で左から旦那、滋賀のロマンで知り合った奈良の女の子、オイラ、同級生のMちゃんの並びで。
左下の方に『モンローウォークを食べてるMeちゃん』を見ながら(^ω^)

先ずは、バンドメンバー登場
えっ、あの曲❔って思ってるところに
中田くん登場💖

何度も書きますがこのお洋服大好き😍
めっちゃ似合ってる❗
シャツの襟がたぶんホリゾンタルカラーだったと思うんやけど顔の感じに合ってる。
ちゃんとチーフもしててほんとオイラ好み(ФωФ)

openingのみあの曲で

本編は、あの曲を
マイクコードを持ちながら歌ってました。

2曲目の前に「さぁいったい何の曲でしょう?」と言って嬉しそうに歌ってた。

ここのMC「がちでjazzの人達とやると、どんな化学反応が起こるのか知りたかった」と。

メンバー紹介 歳が近い人達となんでとても打ち解ける感じでした。
「皆さんの求めてるセクシーモンスター(自称)はここにいます❗」って言う
ところがもぅかわい過ぎる(///ω///)♪

と、今日はここまでにします。
スマホの方が書き込みやすいかも

では、おやすみなさーい
ayu |  2016.07.31(日) 23:38 | URL |  【編集】

ビルボード大阪 ②

おばんです

続けます

3曲目 アレンジがかっこいいのと
「ほーなんでもできはるんやえ😲」と思た。
(すいません😢⤵⤵あの方への勉強不足です)

4曲目 あぁ~~~かわい😚

MC バンド名とデザートについての話

去年の大阪のアンコールで🎂が出たときに、「タルト好きなんです」って言ってたよね。

5・6曲目 ふーんここにもってきたのね。
聴かせたかったんだ😏

7曲目 あの方とかわいいやり取りで操る

8曲目 オイラのすんごい好きな曲が
物凄いjazzテイストでサックス🎷が色っぽい
裕二、マイクスタンドに絡む(/ω\)キャー

9曲目 ラテンぽい お約束の歌詞間違い有り

10曲目 ドラムのアレンジが良かった
あれは、毎回やるのかしら( ・◇・)?

11曲目 あの曲の出だしを間違えた
「夜のポケモンを狩りにきた」と言ってた

アンコール 
MCでgoodsの説明の時に「買って頂けるとをこうていただけると」と大阪弁で言ったところがnice☝

アンコール曲のみ「Stand up」と声があり
ウキーとなる(≧ω≦。)
「夏だからみんな出かけるでしょ❓
 でもそんな俺はいつも家に居ます❗」やって

ちゃんちゃん

firstは、中田くん、メンバーさん、お客さんも
若干緊張してたように思うな。
いつものメンバーさんとノリが違うからね

と、とりあえずざっくり書いてみました。
secondは、また明日以降に書きます。

だぶりの曲が多いので短いと思います。
土曜は、福岡(*>ω<*)
ayu |  2016.08.01(月) 22:58 | URL |  【編集】

ビルボード大阪 ③

夜分にお邪魔します。

続けます

second stage

この4月からうちの会社へパートさんで来てくれてる
23歳のNちゃんへの布教活動が成功して
second stageからcasualで参加。

オイラ達は、入場番号一桁で去年と全くおんなじ最前列の席確保。(邪念のないMちゃんに感謝🙏)

1曲目 firstとおんなじ曲
firstでは、ちょっと慣れていないがためぇ(タロコ風)
歌いづらそうだったけど、見事に歌われました←やればできる子(上からでごめんちゃい)

2曲目 もーすんごい驚いた😲‼
旦那もオイラも仰け反ったΣ(・ω・ノ)ノ
(Nちゃんが仰け反るオイラ達を確認したらしい(笑))
もーほんまかっこいい❕
(〃ω〃)(〃ω〃)(〃ω〃)
この曲、音源化強く強く希望します。

3曲目 おっ、この曲もってきたんや

4曲目 firstとおんなじ
汗が飛んでたけど、虹は出なかった
      ⬆
歌サスの風呂泉さん参照

5曲目 firstとおんなじ
(うちの旦那は、もう少しがんばれと)

6曲目 firstとおんなじ
スタンドマイクで聴かせて頂きました。

7曲目 firstとおんなじ
やっぱりsecondの方がこなれてる感じ

8曲目 firstとおんなじだけど「立って~」と言ってくれたのでここからガンガンですオイラ
*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚*
しかも大好きなあの曲❤

ここでMC 一番前で書き取れなかった。


もうええ時間なので失礼します
また明日以降書きます。
ayu |  2016.08.03(水) 00:57 | URL |  【編集】

ビルボード大阪 ④

こんにちはー
福岡行きの新幹線🚄から書き込みします。

中田くんの身体がほんと心配ですが
気が抜けて普通の旅行です。

続けます

このMCの時に、お隣のテーブルの方が
赤ワインのグラス🍷をこかしてステージで割れてしまうと言うハプニングがありました。
グラスの破片を拾う女性に「危ないから、触らないで、お店の人がやってくれるから」と、まだその方が拾ってたら「ダメダメ」って言ったと思うんだけどその言い方がかわいくてきゅっとなる(萌)

9曲目 firstとおんなじ
好きな曲なので暴れる
隣のお着物の女性に「ノリノリですねぇ」って言われ
「いつも通りです」と答える

10曲目 firstとおんなじ
そっ、それは毎度やるのね(´・ω・`)?

11曲目 firstとおんなじ
一番前でやるのは、ちょっと恥ずかしかった

中田くんのスーツの中のシャツが汗で、ちょっと透けて
「おっ!これはお豆さん(B地区)見えるのか❔」
とアンコールへの期待(//∇//)←お下品ですんまそん
(いつもは、下になんか着てるのにライヴだと直に着るんだよね。コンポジのDVDもそうよね)

アンコール
ここでもまた、隣の隣のテーブルの方がグラスを
こかしてステージに飲み物がこぼれる
またも神対応の中田くん。さすがです

はい、まさかのお着替えツアーTシャツ(黒)で登場
お豆さん確認できず( ノД`)…
(皆さんお着替えでした)

噂のやらかそうな二の腕が見れてちょっと
うれしくなる(*≧∀≦*)

で、firstとおんなじ曲
うん、かっこいい音源よりやっぱりライヴがいい‼

バックの方たちがほんと巧い
ベースのSOKUSAIさんスゴいって思った
いやーいいバンドです。
うちの旦那は、坂東くんとSOKUSAIさんがよかったようです。

中田くんの復活をゆるーく待ってます。

絶対このツアーもう1本観る❗
頼む動きやすい日程でお願いしたい(*-ω人)

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
バンマスの本間さんのブログ
     ↓
http://s.ameblo.jp/bnr32sax/entry-12185764459.html

この方のアレンジほんと素晴らしい(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
中田くんが、楽しくてしかたなくて、
幸せそうに歌うのがもー幸せ過ぎた(///ω///)

長々とすいません
終了です。

柳川行きの電車にて

中山みほさんと竹中なおとさんの昔の映画
「東京日和」のロケ地になった御花さんに行ってきます🙋

ayu |  2016.08.06(土) 12:24 | URL |  【編集】

ビルボ大阪レポありがとうございました。

何回グラスこかすねん!
というツッコミではないですね(笑)。
確かテーブル狭かったですもねんねー。
私もよくこかすので、めちゃくちゃ神経質に配置を確認してました。

本間さんのブログ、私も読みました。
こういうのうれしいですよね~。
やはり私は金管木管が入った方が好きだ~!

あの時の声の伸び、元気そうな姿が印象的だったので、
今本当に心配…早くよくなってほしいなあ。

それにしてもayuさんのレポを読んだ後に
「あー私、服装とか靴とかぜんぜん見てないわー」
といっつも思います。
saki |  2016.08.07(日) 10:54 | URL |  【編集】

sakiちゃん
読んでくれてありがとうございます

思い出した
旦那が、「もうちょっとええ靴履くか磨いたら
エエのに」って言ってた😅

グラスの件は、Mちゃんと「うちもわざとらしくやるか」って言ってましたが
大人なんでやめた(笑)

お昼ごはん待ち 
田島くんの追っかけ時代の九州の友達オススメの
鰻屋さん
めっちゃ混んでる
ayu |  2016.08.07(日) 11:54 | URL |  【編集】

正確には「ちゃんとチェックするのに、すぐ忘れる」です(笑)。
スーツも「いい!」と思ってたけど、どんなんかもう忘れた。
でも噂のぐるぐるボーダーニット?カットソー?はなんだか焼き付いてます。

楽しみにしていた福岡…本当にお察しいたします。
鰻でパワーつけてください。
今年の夏は暑くないかい??

トピずれですが…中田くんが名古屋に来た日、
私も外で収録観てて「ふらーーー」っとしました。
リバースだけは避けねばとw、周りの方との会話に集中したりして。
名古屋の暑さってちょっと辛くて、
沖縄から帰ってきた時に「名古屋あつ!」っておもったほど。湿度が高いのかな。

ジャジー4本続いた後にキャンペーン始まって、
疲れた身体にあの暑さが堪えたんだろうな…と思うと、
ああ、名古屋じゃなくて仙台とか涼しいところだったら…。
なんて、私のせいじゃないけど悔んだりしてます。

そして中田くんが心配すぎて、夢を見ました(苦笑)。
のもんさんたちとの待ち合わせには間に合ったものの、
チケット持ってこなかったことに気づき、
赤レンガのスタッフに直訴しようと、会場に行こうとするも迷ってなかなかたどり着けないという。

体調にも忘れ物にも気を付けなくては。
saki |  2016.08.07(日) 12:46 | URL |  【編集】

レポありがとうございましたー

ayuさん

ビルボードレポ、連載ありがとうございました!

あの時から月日は流れ、
裕二もえらいことになって、
ayuさんもせっかくの福岡が残念なことになってしまい。
そんな複雑な心境の中でアップしてくれて、ほんと感謝です。

この先のライブには、
元気な姿を見せてほしいと思いますが、
ま、無理しちゃいかんしねー。

なところで、
大幅に遅れましたが、コメ返など。

曲は分からなくても
読んでるだけでワクワクしてきました!
セトリ、アレンジ、裕二のパフォーマンス、
どんなことになってるんだろう。

そしてMCやら、ハプニングへの応対やら、
そういう何気ないところに人柄が出ちゃいますね。

「嬉しそう」な中に、どんな表情、しぐさがあるのかなと、
勝手にいろいろ妄想して可愛いなあとニヤニヤしてます。

ホリゾンタルカラー、初めて聞いた。
検索しちゃったよ。
オトナな感じですね。いいなあ~。早く実物が見たい。

メンバーも年が近かったり下だったりすると、
場の雰囲気も変わるでしょうね。
オジサンたちからいじられ愛でられるのとは違う裕二。
でも実力者ぞろいで手ごたえも十分感じて。

短い時間×2回で、曲目もダブりがありますが、
1回のみの公演の時は、そのダブり分が無くなる感じかなー。

2回続けて同じ曲を聴くと、
最初には気付かなかったところが見つかったり、
好きだと思ったところを
すぐまた味わうことができていいですね。

バンマスの方のブログ紹介もありがとうございます。
サポメンに筆まめさんがいるとありがたいですな。
中田裕二のみならず、ファンの反応まで褒めてもらっちゃって、
なんかこそばゆいですね。
お互いが、楽しい気持ちで歌い、
演奏できているのが伝わってきて、嬉しいです。

次は東京のビルボードになるのかな。
元気になっているといいんですが。
そのあとも、予定ぎっしりなのよね。
ホント無理しないようにと思います。
夏の暑さもピークだし。ほどほどにね。

sakiさん

あの時はもうすっかり暑くなってましたからね。
たまたま名古屋にいたときだったというだけで、
体調的にはかなりきつかったのかもしれないですね。
ライブの前だって、
新しく組む人たちとの入念なリハがあっただろうし、
その前は新譜作ったりしてたんだしね。
休みなさすぎ。
やりたいことがあるのはいいけど、
次から次へと始めなくてもいいのよー。
追っかけるほうも大変。はは。

チケット忘れる恐怖って、ふいに感じますよねー。
他の用意するものに気持ちがいきすぎて、
一番肝心なものを忘れてしまいそうで。
横浜、おたがい余裕もって会いましょうね。
のもん |  2016.08.08(月) 23:39 | URL |  【編集】

あざやかな復活

のびやかないい声でありました。そして 楽しそうに歌っておりました。
色とりどりに耀く六本木の夜景の中
実力派サポートミュージシャンに支えられた裕二の歌声は
自信に満ちていた気がしました。
じょん |  2016.08.14(日) 23:31 | URL |  【編集】

本間さんのブログに昨日のことが少し書いてありました。
       ↓
http://ameblo.jp/bnr32sax/

いい人だ~ 
イントロクイズ並みですよね。

福岡の振替決まったけど月曜なんで
午前中仕事してから行くか検討中

絶対観る!
中田くんにお伝えしたし(笑)

昨日行きたかったなぁ
あの曲のアカペラが聴けたなら 尚更だ

1st 2nd 大阪とセトリ一緒やったんかな?
ayu |  2016.08.15(月) 12:45 | URL |  【編集】

復活!

帰ってきた裕二、病み上がりを感じさせない伸びやかな歌声でした。
前回観た大阪1stは初回ということもあり探りながらのステージ(観客も)でしたが、歌と演奏のグルーヴも息ぴったり、観客も盛り上がって今回の方が断然良かったです。
素晴らしい演奏の中を自由に泳ぐように歌っていて、嬉しくてたまらない表情が印象的でした。

今回はステージを上から見下ろす席で、キーボードとドラムが丸見え。エレクトーン世界一のキーボード雄大さんのプレイを間近に見れて、坂東くんのドラムフィルは速くて凄すぎて肉眼では動きが見えない!なのにスリムな体で涼しげに叩いている。わぁーーおぉーー!という声しか出ない。
TAKさんは1STは控えめでしたが、2ndはアグレッシブ。
充さんのトランペットは渋くて、特にミュートで吹くところがたまらん。トランペットの出番がないときはトライアングルとか他の楽器も多数。
SOKUSAIさんは渋くて、言葉でなんて表現していいかわからないけど今までに聴いたことないベースでした。
バンマスの本間さん、なんて艶のあるサックスなんでしょう。あっと驚く素敵アレンジ!なぜか英語しかしゃべらないキャラになっていました。
こんなスーパープレイを観ることができたのも貴重でした。

ビックバンドなあの曲、大好きなあのスタンダード、ジャジーに似合うだろうな~と思ったあの曲、ラテンな曲では踊り、そうくるか!というアレンジの曲、2ndしか演奏しないayuさん大興奮の曲、かっこよくてゾクゾクしました。
昔好きだったあの曲の一瞬カバーあり、アンコールではまさかのあの曲アカペラ。やさしく温かい歌唱でした。

六本木の夜景に映えるステージはとても素敵な時間であっという間でした。

ジャジーツアー、恒例化して欲しいですね。
そしてライブ音源のCD化を!!

ayuさん
1stは大阪とアンコールだけ違いました。1stと2nd逆だったのかも。
Me |  2016.08.15(月) 14:21 | URL |  【編集】

すべては この時のために

14日
恐れていたほど暑くもなく、よかった!
(普通に)暑い中動き回るのも億劫だったので 早々にミッドタウンへ。
時間までミッドタウン内の「21-21 DESIGN SIGHT」の「土木展」へ。 
子供たちが 展示品の「地中のマンホールの中」の土管に潜り込んで遊んでいました。
日常的にはピンとこない土木の世界の一端が 堅苦しくなく 展示されていました。
楽しかったです。

ビルボード東京 
チケット取れるか ハラハラし、ツアーが始まれば わくわくしながら待ち遠しく、 
突然 体調不良のお知らせではホントに心配して。
でも、当日始まってしまえばステージ上で次々と繰り広げられる曲達に驚いたり
うっとりしたり、 あっという間でした。
にこにこキラキラして
お客さんに手をさしのべたり、バンドメンバーとアイコンタクト取ったりと、
それはそれは 嬉しそうでした。


ジャズ界  
まったく門外漢で、失礼ながら今回まで お名前を存じ上げませんでした。
坂東さんだけは「大御所T-SQUAREの中に新加入の若きドラマーが!」という情報のみ。
彼らのおかげで安心して歌っていられるんだな。
信頼できるミュージシャンとの出会いが今回のツアー大成功(私が言い切る笑)の
大きな要因だろう。周りの人たちにめぐまれているんだな と思いました。
それもこれも人徳なのか?

♪病み上がり~♪ な~んて自分で歌っていましたが、サポートの皆さんに支えられ、
今ツアーで きっとたくさんのものを得たことでしょう。

1st,2nd 入れ替えの曲達は 個人的に 2ndの方が好みかもな~~

最近TVで流れる「あの曲」(今回 超スロー!)「あ、そういう風に歌うのね」 と納得。
いらぬ心配してゴメン!  いいわ!! じわ~~っと来ます。
しかし・・・当日の歌唱は聞けるのだろうか?? 

じょん |  2016.08.15(月) 16:47 | URL |  【編集】

ようやく明日に

ジャジー初参戦が迫ってまいりました。
行けるのがこれ1回だけというのがホント残念だ。

遅ればせながら(←すでに毎度の書き出しになっている^_^;)、
ビルボード東京のご報告!ありがとうございました!
留守している間に、無事ライブが行われて安堵しておりました。
しかも内容的にも素晴らしかったようで、ほんとに良かった。

Meさんの守備範囲の広さにただただ感心するばかりです。
有能なサポメンの方々を、
ちゃんと個体認識して聴けると、
中田裕二がやりたかったこと、中田裕二が喜んでいることが、
より深く感じられるんじゃないかなーと思いながら、
Meさんのレポを読んでました。

知ってる曲が、生まれ変わって表れる瞬間が
今から楽しみです。
「必ずやる曲」がまだガッツリ固定化されていない上に、
今回のようなコンセプトがしっかりとあるライブで、
いったいどんな曲が選ばれているんだろう。

ここまでみなさんのそれぞれのレポを読んでいても、
予想というのはなかなかできないですね。
ああホントに楽しみだー!

じょんさんの、心配が先に立つ親心も、
ふたを開けてみたら、あらこんなに成長して、と。
知らず大きくなった我が息子を、
目頭押さえて見守る感じがいたします。

明日の赤レンガは、
もっと余裕を持って楽しめるんじゃないでしょうか。
いや、むしろ「もっとできる子!」とハードルが上がったり。

トリオサルーンという持ちネタもあるのに、
さらにジャジーなライブも加わって、
ロマンも当然継続して、って。
やれることが多いと、
どんどん仕事の幅が広がって、
どんどん忙しくなって、
ファンも見なきゃいけないものが増えて、
どこまで行くのだこの調子で。

明日も素敵な1日になるように願ってます。
じょんさん、そしてお初のsakiさん、お会いできるのを楽しみにしてます!
のもん |  2016.08.24(水) 23:48 | URL |  【編集】

よーし!

順調に横浜に向かっています。
窓の外は 晴れ渡った空に青々とした田んぼ。
またあの歌が聞けると思うと楽しみです。

時々乗り合わせた見知らぬオジサンの鼻歌が聞こえてきます。ご機嫌なんだね。一緒だよ。
じょん |  2016.08.25(木) 07:54 | URL |  【編集】

私も新幹線に乗ってます。

隣のマダム(70代かなー)が、バッグからチケット出して眺めていたので、盗み見したらライブチケットのようで、売野雅勇さんの名前が❗

おお同士よお仲間よ❗
話しかけたい…(笑)。

またまた盗み調べたところ、本日中野サンプラザで、35周年ライブがあるらしく、
雅俊さん、南佳孝さん、稲垣潤一さんなどなどがご出演。

名古屋から横浜はのぞみで一時間20分。
毎度のメルヘンのサンドイッチ食べてぽーっとしてたらもう静岡。
こんな早いのかぁ。

結局ライブDVDは数曲見て寝ました。
六時起きで見たけど、用意のことで頭一杯で(笑)帰ってからのお楽しみにします。
saki |  2016.08.25(木) 11:37 | URL |  【編集】

こんにちは!
のもんさん
じょんさん
sakiさん
横浜ジャジーはこのお三方がご参戦なんですね?
私以外の蛸足ご常連中田班の皆様は、
全員ご対面済みと思い込んでいましたが、
のもんさんとsakiさんが本日お初だったとは‼️
ライブにプラスのお楽しみですね❣️
ツイッターで、東京と仙台両方ご参戦の方が、
「東京も良かったけど、仙台は更によかった」
と呟いていました。
さてさて横浜は仙台を超えるのか⁉️
ニューシングルとソロ初のホールツアー
DVD発売日の翌日。
そこらへんのお話も聞けるのかな?
兎にも角にも素晴らしいステージに
なりますように…



まや |  2016.08.25(木) 17:33 | URL |  【編集】

いろいろ あつかった

行ってまいりました。 私にとって油断できない街 ヨコハマ!
3日ほど前に 腰が 「クッ」となりかけ、 その後の2日間 
やわやわと過ごし、なんとか間に合いました。

都会は暑い! ぐったりしながら・・
LIVE前 恒例のお楽しみ 今回は両国の江戸東京博物館「妖怪展」行ってみました。
平日なのにすご~く混んでる!!(週末はどんなだ?)ガラスケース前はずらっと行列。 
時間に余裕もなかったので並ばずに 空いているスキマを狙ってあちこち移動しながら鑑賞。
おどろおどろしいけど愛嬌もある妖怪たち。
人間と同じような仕草でくすっと 親しみを覚える感じでした。
地獄の図 が 以前みた映画「TOO YOUNG TO DIE」 (主演:神木隆之介)で
描かれていた「地獄」 と同じだった!(感動ポイントズレている気がするが・・)
そして 横浜へ移動。
のもんさん sakiさんと合流 スイーツをいただきながら おしゃべり。
同じ趣味を持つ3人 瞬発力はないけれどジワジワと変な視点からのおかしさ満載トーク。
それぞれの本命さん界隈の情報交換
  いやもう 本命さんには名誉職に移っていただいて、裕二・命に変わりつつあるのだ
  たまごっち のようなもんか。 育て、成長を見守る 楽しみ  ぶはは

開場時間に合わせ、移動。 入場してみれば後ろから2列目。 
バンド含め裕二関係でこんなに後ろって初めてかもな~~。 まっいいさと思ったが 
いざ始まって立ち上がると視界を通して斜め前方に大きな方が連なって見・え・な・い。
通路脇の席だったので 通路巾を使ってスキマを探して移動しながら見ていました。
「ミツルさ~ん」と裕子の小芝居が。ダラダラしてきてコレをどうやって纏めるのか?と
興味津々で見ていたら「上手い!」 スパっと終われました。
(変なことやり始めると終わり方が難しいんだよね。 誰か突っ込んでくれるといいけど)
ビルボードで聞いた1st,2ndの曲たちと新曲  それに 今日はアノ曲がプラス
ここしばらくオトナ曲だったせいか アッパー曲でも皆さんおとなしい。
(こころの中では踊っているんだよね。 アレでじっとしていられる訳ないよ。)
そっか どの層のファンを増やすのか LIVEでもお客さんの反応が違ってくるねぇ。
AORもジャズもいいけど たまに ROCKガンガン行きたいな~。
ロマン街道,トリオに もひとつ ROCKなライブハウスツアーってのも入れてくれないかな。
(だから 倒れるって!)
かっこよく決めているけど「隙」もたくさんあって お客さんが「うふふ」と
ほんわか笑える憎めないヤツ。小動物だもん。

終演後 外に出たら赤レンガのライトアップが 綺麗でした。
海風に吹かれながら脳内再生しながら駅まで歩く。 暗くてよかった。顔はニマニマ。

のもんさんとも別れ、バスタ へ。 いつもながら ま~~混んでいます。
バスタの改善要望点は トイレの増設とコンビニ設置 です。
皆さん「顔」落としたり歯磨きで、女子トイレ20分待ちは覚悟です。今回トイレはパス。
バス乗ってから極狭トイレ使用(狭すぎてあちこちスジが攣りそう)
コンビニでサンドイッチでも という思惑が外れ、食いっぱぐれました。
いいよ 心は幸せで満たされているさ。
じょん |  2016.08.26(金) 08:18 | URL |  【編集】

初横浜ライブ行ってきました。
のもんさん、じょんさん、ありがとうございました。

そーなんですよまやさん、実は初対面なんです!
蛸足には2年ほどお邪魔してますが、ayuさんとまやさんにしか会ったことなくて。
オサレな街のオサレな赤レンガのカフェで、
直接日々の暴走を謝ろうと思いつつも、緊張してるうちに裕二トークで盛り上がり、忘れてしまいました!失礼しました!
今後ともよろしくお願いします。

書きたい事が山ほどあるのですが、
今回はまさかの「CKB聖地巡り」までしてしまったので、
旅レポ合わせて、また落ち着いたら書きます(みんなはそこ待ってない・笑)。

のもんさん&じょんさんとのおしゃべり、
聖地巡り、
中田くんのライブ。
3つとも、どれもどれも楽しかったです。
幸せすぎる一日でした。

一応802の待機中。

saki |  2016.08.26(金) 09:34 | URL |  【編集】

まだまだこれからなんですが

ラジオやらネットやらいろいろ盛りだくさんな中、
早めにジャジーのことも書いとかないと忘れてしまうぞ!と
ぽつぽつ取りかかっております。

で、改めて、
これまでいただいた各地のレポの数々を読み返してみたら、
これがアレのことなのか!と、繋がって、
いろいろ興奮してしまいました。

今まで知らずにいたことを、知った状態で読むと、
忘れていたものもちゃんと思い出すなあと、
感動&感謝の気持ちでいっぱいです。

ホント、人によって視線が違うことで、
楽しむポイントもそれぞれあって、
それが集まってすっごく豊かになってるなあと
感じております。

しかも、蛸足はブログだから、
あとから何度でも簡単に戻って読めちゃうんだからねー。

この場所作って良かったー。
そして、当然ながら、
こんな辺境に、自らの意志で集まってくれる人たちがいてこそ!
なんですよね。
感謝感謝です。
あー嬉しい。楽しい。

しかし見るもの聞くものがありすぎて
レポのめどがぜんぜん立たないっす。
DVDもいつになったら見れるのだろう(遠い目)
のもん |  2016.08.27(土) 12:25 | URL |  【編集】

あれから死ぬほど忙しく、現在も命からがらです(大げさ)。
でもさらさらの録画はしているのでご安心を。
発送は遅れると思いますので、どなたさまもご了承くださいませ。

横浜のレポ、書こう書こうと思ってるのですが、書けない。
理由は、まさかの「記憶に残っていない」のです。
もちろん行った記憶はあるのですが(当たり前だ)。

書き始めたら思い出せるのかな…と思いつつ数日過ぎたのですが、
のもんさんのレポを読んでも、記憶がおぼろげ…。
終電の時間を気にしすぎてたんでしょうか(苦笑)。

実は、横浜から帰ったら、憑き物が落ちたようになっているというか、
「もうここまで来たからいい」という軽い達成感があるのか、
心の中の中田裕二という存在が、すごーく薄くなってる感じ。
ライブもふわりふわりと見ていたから、中田裕二という人が実在する人じゃないような気がしてて。

DVDもまだ見てません。というか見るの忘れてます。
このような気持ちは初めてでございます。

だからといって「じゃあ10月のロマンのチケット譲って」
と言われたら絶対嫌だけど(結局大好きかよ)

夏の疲れかなあ。



saki |  2016.09.04(日) 18:24 | URL |  【編集】

sakiさん

珍しくテンションが低いのはやはり夏の疲れでしょうか。

というか、
横浜のときは、いろいろなものがめいっぱい詰め込まれていたので、
終わったら軽く放心するのも仕方ないかと。
はるばる来てくれて、一緒におしゃべりできて、うれしかったですよー。

体力回復して来たら、
またもりもり中田裕二熱が戻ってくるのではないかと。

考えたら、私もまだ新譜聴いてねえー!うそー!
のもん |  2016.09.05(月) 16:53 | URL |  【編集】

新幹線から

またもやすんません。

ジャジーラスト観てきます!
今回も同級生のMちゃんと一緒に(^ω^)

邪念のないMちゃんが取ってくれるチケットは、
いつもええ席なんですが
このチケットは、ゴシゴシ婦長のラジオでの
先行の分なんであんまり良くない席です。

旦那が『ええなぁ、俺ももう一度観たかったなぁ』って言われましたが、家計の都合上ムリなんでね(笑)

では行ってきまぁす。
ayu |  2016.11.14(月) 15:02 | URL |  【編集】

ジャジーいかがでしたか。
って最高に決まってるじゃんねー。
振替公演なので、だいぶ間が開いてしまいましたが、
どんな感じだったのかなあ。

婦長のラジオ先行チケットなんてものもあったんですね。
せっかくだから本人サイン付きとかにしてくれればいいのに。
(したら持っている人もまた申し込んじゃう)

>邪念

どうしたら無くせるのか・・・。
のもん |  2016.11.16(水) 20:58 | URL |  【編集】

ジャジー@福岡

あれから一週間以上経ってしまいました。
8月の振替がツアーラストになってしまうと
思わずに取ったチケット
奇しくも初日と千秋楽を観ることとなってしまいました。

座席は12列目の下手側で前列に背の高い方が何人かいらっしゃってあんまり見えなかった( ω-、)

セトリは横浜と同じでした。
(横浜を観た方に確認しました。)
・誘惑
・FUTEKI
・blue morning
・月の恋人たち
・イニシアチブ
・つかずはなれず
・ただひとつの太陽
・Fly Me to the Moon
・ウィスキーがお好きでしょ
・サブウェイを乗り継いで
・STONEFLOWER
・夜をこえろ
・UNDO
・LOVERS SECRET
アンコール
・IT'S SO EASY
・THE OPERATION
・MIDNIGHT FLYER

どこでどうだったか忘れちゃったので覚えてる事を
書いていきます。

*開演前のアナウンスが、夜間病棟でお馴染みの相越婦長で、うきー🙌となる

*誘惑で入るところを間違えちょっと恥ずかしそうにする(笑)

*『ひーひー言わしたるぜ!!』って言ったのが一番笑った
一緒に行ったMちゃんが『言わしてーー』と言った隣で『あほや』って言ってしもた
(そんなこと言うんやって思ったΣ(・ω・ノ)ノ)

*イニシアチブは何度聴いてもかっこいい
音源希望です。

*『ほっこりする曲をやります』でつかずはなれず
「きらきらと舞って」の歌詞のところで幼稚園のお遊戯のように手のひらをくりくり(キラキラ星の振り)と動かしたとこがキュート(〃ω〃)

*『テレビ出演やドラマのタイアップもやらせてもらったけどまだまだ叶えたい夢があってぇ~』と泣きの小芝居が
客席から「がんばってぇ」の声に「がんばってるわー」と言ってからのウイスキーがお好きでしょ
この日一番の色気で、ずっと口に手をあてて聴いてしまった(*/∀\*)
あれはほんまあかん 

*中田くんとタックさんが背中合わせでエアギターを
やってるのを観てARABAKIの平泉さんとのシーンを思い出した。

*このあたりから全然中田くんが観えなくてステージの横の壁に映る影を観て「あぁ~形が中田くんや」
って思った。

*博多駅前の陥没した道路の話
『びっくりした みんな怪我しなくて良かったね』と。
(翌日帰る前に現場に見に行きました)

*STONE FLOWER は、この日のはあんまり好みでは無かった。大阪ではそう思わなかったけど、疾走感が魅力なのにないやんと

*夜をこえろの途中から和田アキコさん風の歌い方に
なってちょっと笑った

*LOVERS SECRET のところでお約束?のミスチルの
抱きしめたいを

*アンコール
汗かいてジャケットを脱いでワイシャツの袖を捲って少しネクタイを緩めて サラリーマンぽいのが
もうほんと色っぽくて ごっちゃんでした😍😍😍

*グッズ紹介で本間さんが活躍
頼んで無いのにトートバッグからクリアボトルを
出すサービスも
中田くんから、クリアボトルに水を入れて枕元に置いておくことをオススメしてた。

*トートバッグはアナログ版が入る大きさ
レコード屋さんでそれを持ってる人に出会ったら
うれしいって言ってた。←行くお店を教えてくれたら待ち伏せするのに。

*コール&レスポンスが『くちトランペット🎺』
みんながんばりました

*『今日は婦長が来てると思うんで。ハグが好きな人なのでぜひ』みたいな事を言った後で『俺が代わりたい』と

婦長に抱いていただきました❤
男らしく「こいщ(・д・´щ)コイ」って言われたので
飛び込みました(笑)
お写真も一緒に撮ってもらえて満足

あとビタースイートのツアーで行ってたおうどん屋さん
にも行ってきました。めっちゃ美味しかった♡
そこの商店街で流れてたアナウンスのキーボードの音が
STONEFLOWERのキーボードとおんなじ感じで
奥野せんせーが弾いている?って思ってしまった(笑)

これにて終了です。
毎度すいません


ayu |  2016.11.22(火) 17:04 | URL |  【編集】

ayuさん

ありがとうございます!
ジャジーも無事終了しましたね。
あのとき中田裕二は体調不良だったんだよねえ。

横浜で1回しか見れなかったので、
記憶があいまいです。
アルバムのオマケに映像つけてほしいです。

席って、数字だけじゃわからないですよね。
中田裕二のファンのコたちは背が高い子が多めなので、
まいど戦々恐々。
フラットなホールはなおさら。

ayuさんのレポ読んでると、
目の前に裕二がいるみたいで嬉しいです。
可愛いなあ、って
見てないけどふにゃっとなってしまう。
「ウィスキーがお好きでしょ」、
シンガーが変わったばかりでしばらくこのままなんでしょうが、
いつか中田裕二の番になった時、
どんだけ血肉となって突きつめてるか、楽しみです。
たまにテレビでCM見ると「これじゃない」感が凄いです。

アンコールの「ネクタイゆるめリーマン」風情の裕二、
見たかった―!!
あのときのスーツはすごく似合っていたので、
少し崩したらなおさらカッコよかっただろうなあー。

>くちトランペット

また妙なことを思いついて。

婦長のハグ付きライブ、いいですね。
素敵な旅のおもひで。
着物のイメージしかない婦長。

いつもいつも、旅先レポをありがとうございます。
今回もおすそ分け、堪能しました。
のもん |  2016.11.24(木) 20:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2645-c173b822

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |