2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2016.11.16 (Wed)

ご隠居期間限定・来生班集会場

来生たかおさんは、2016年11月より、
期限付き隠居ライフに入っております。
1年ということになっていますが予定は未定です。

その間、蛸足来生班のみなさまがお元気でいるのかどうか、
わからないのも切ないので、
この場を利用して、あれこれと顔を出していただけたらと思います。

来生さん、66歳の誕生日、おめでとうございます。
楽しい毎日、過ごしていますか。
スポンサーサイト

タグ : 来生たかお

07:25  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(46)

Comment

のもん様

こんばんは。
心はRYUMEIさん、かと思いきや
ネーミングも含めて素敵すぎるコーナーを
つくって下さってありがとうございます!(●´ω`●)b

座布団を足で引き寄せ、お茶をしばきたくなりますねw

亡きマエストロ80歳
来生さん 66歳
おめでとうございます..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.
やまもも |  2016.11.16(水) 17:38 | URL |  【編集】

ありがとうございました

このような場所ありがとうございました。
ここでの皆さんの気もちが是非届きますように。
けいこ |  2016.11.16(水) 19:28 | URL |  【編集】

大解放

やまももさん

いやいや心はRYUMEIさんです。
ホントはファンミの記事をトップに置いておきたいんですが~、
誕生日なので。

なんつって、
今朝になって思い出して、
コメント書きに来る人がいたら困る!と慌てて作りました。
「ご隠居集会所」
がとっさに浮かんだのですが、いくらなんでもね。
つかワタシラまだ現役で忙しいからな!

けいこさん

このような場所、なんて大したものではないんですよー。
ただこれという大きなネタもない中で、
コメント難民になっては困ると思ったので。
こういう場所があれば、ふらりと寄ってくれるかな、
という下心です。フフ。

ここは好きに使ってください。
いきなり来生さんに向けて叫びたくなったら、
ここで発散してもよし。
関係ないことをつぶやいても良しです。
のもん |  2016.11.16(水) 20:49 | URL |  【編集】

生誕。。。

のもんさま

来生さんのシーズンシートを確保して下さり感謝です。
お言葉に甘えて・・・

齢を重ねてなお好奇心が旺盛の来生さん。
休みを養う~も実践されながら面白い発見・体験でもされたなら、いつの日にかのトークのために備忘録にでも記しておいて下さいませ(笑)。

グッと寒さが増してきて枯葉を集めて焚火を囲むには最適の季節を迎えましたが、そんな「やってみたいこと」の一つでも叶うと良いね、と思っています。

では、今宵来生さんの誕生日と、加えてかなり強引に(今更ながら)来生作品のどれもこれものそれぞれの誕生に感謝して・・・勝手に祝杯を挙げております。
1年先でもそうじゃなくても~「さてと・・・」と腰を上げられるその日まで~Until we meet again!!と願いながら。
鉄線花 |  2016.11.16(水) 22:31 | URL |  【編集】

鉄線花さん

おお~祝杯あげていたんですね。
つまみはおでんとカレーなどいかがでしょう。ヤですね。

そうか、焚火の季節ですね。
まずはそこから、
楽しみごとの一つをやってみるのもいいかも。
と、ファンはいろいろ考えるけど、
ほんとに何して過ごしてるのかしらん。
のもん |  2016.11.17(木) 20:28 | URL |  【編集】

深夜便。。。

ラジオ深夜便OA曲

「夢の途中」来生たかお
「酔いどれ天使のポルカ」亀淵友香
「愛の足跡」小椋佳
「マイ・ラグジュアリー・ナイト」しばたはつみ
「シルエット・ロマンス」大橋純子
「セカンド・ラブ」中森明菜
「笑ってよムーンライト」美空ひばり
「APRIL WAVE」高中正義(Instrumental)
「ORACION -祈り」斉藤由貴
全曲、オリジナルの音源と思われ、ヴォーカルの皆様の声が若々しく流れて来ました。

定番のナンバーと‘こんな曲も作曲されていたのね’と二派を織り交ぜ、深夜便のリスナーの方には安定と新鮮の印象のリストだっったかなと思われますが、さていかがでしょう(笑)。

それぞれに曲のエピソードを短く挟んでの紹介。

映画の主題歌が、急遽監督の一言で来生さんから主演女優の薬師丸ひろ子さんになった曲。

S49発表のライターとしてのデビュー作品の曲。

作詞は唄う小椋氏が自ら書いている曲。

しばたはつみさんが唄い、車のCM曲としてPR効果が絶大でヒットし、来生えつこさんたかおさんコンビにとっても一躍脚光を浴びることになった曲。

大橋さんがそれまでのパンチの利いた歌唱でポップスを唄うのとはちょっとニュアンスの違う曲、(他の人と組むことに)に抵抗があったけれど、ヒットしていくうちに自分の代表曲と支持されことがいかに大事かと気付き、大切に唄っているという曲。

デヴューから3枚目のシングルとしてS57に発表され、この曲のヒットにより明菜さんはアイドルスターとしての人気をしっかりとしたものとすることが得着た出来た曲。

憧れの歌手美空ひばりさんに曲を提供することはずっと願っていたことでもあり、真っ赤なスーツでレコーディングに現れた彼女に編曲の坂本龍一氏ともども大感激だった曲、大ヒットという予感は外れてしまったのですが、来生さんは「自信を持って作った名曲だと~」そんな風に話しています。

珍しくインストゥメンタルで高中正義さんのギターでの1曲。

映画のイメージソングとして主演女優の斉藤由貴さんとデュエットした曲~。

ファンの方には毎度おなじみのエピソードでしたが、NHKシニアアナの独特の表現や(昭和年号でetc)、落ち着いた滑舌での紹介とのギャップを面白がっていました。楽曲紹介の度に「作詞は来生えつこさん」と必ず言われますが、時に「お姉さまの来生えつこさんとたかおさんのコンビ」と何度か言われていたのもちょっと可笑しかったです。
「酔いどれ天使のポルカ」「愛の足跡」の中のエレキギターがメチャメチャカッコよくて、早速小椋さんのそのアルバムを聴き直しています。
同アルバムからの来生作品チョイスなら「幼年期からの脱出」の方が好みですが、「愛の足跡」はしょっぱなから来生さんだな~という1曲なのでそれはそれで◎。個人的には「無邪気な勝利」と言う星勝氏作曲でカッコよいサウンド+趣向を凝らした面白い作品が私的にノスタルジーを感じ贔屓曲です。
(フライング・キティ・バンド&来生さんの「ジグザグ」の演奏陣と同じハイプレーヤーでの1枚ですからカッコ良いハズです!)

予期せず、高中さんの曲も聴けたので鉄的には良かったです。

40周年、只今休養中の件は一切触れられず(汗)。
というか放送作家さんもはなっからそんなことは気にせずの選曲だったのでしょうね(笑)~ほぼほぼ年代が・・・。
鉄線花 |  2016.11.18(金) 11:10 | URL |  【編集】

思いもよらぬ出来事

のもんさん☆ご無沙汰しております〜
私ごとですが、関内の千秋楽が終わり〜
風邪を繰り返しひいてしまい・・・
それから、来生ショックの後遺症が襲って来ました・・・もう忘れてしまおう!
今までコンサートを追いかけ、握手会で来生さんと近くでお会いしたことも夢だったんだ!ただ来生たかおの曲が好きで、毎日〜曲を聴いているんだよ!と言い聞かせて〜そして蛸足を開くことも、ラジオを聴くことも、お誕生日も、知らないふりで過ごしていました。情報を頂いた、鉄線花さんすみませんm(_ _)m先日、のもんさんから、RYUMEIさんファンミの連絡を頂き〜現実にその場へ行ってRYUMEIさんの音楽が⁈のもんさん、空さんにまたお会いできるんだ!と心が元気になりました♡そして、恐る恐る蛸足を開くと、こんな素敵なコーナーが設けられていました♪ありがとうございます♡自分勝手で恥ずかしいですが
(#^.^#)またお邪魔しますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m是非!是非!リアル来生班集会場もお願いします(*≧∀≦*)
ハナノ |  2016.11.24(木) 00:59 | URL |  【編集】

鉄線花さん

ラジオのリストありがとうございます。
王道ばかりと思いきや、なラインナップですね。
高中正義さんのインストとか意外なものが。

休養してる話、みなさん知らないのでは。
新聞のインタビューで触れてはいたと思いますが、
すぐに参照できるような形で今見れるものってあるのかしらん。

ハナノさん

千秋楽を終えて寂しい気持ちが、
身体にダイレクトに反映してしまったのでしょうか。
長引く風邪もようやくおさまったようで良かったです。

私のように、来生たかおを聴かないでいても
ぜんぜん不安ではない古参はまだしも、
この数年来生さんの楽曲を毎日の支えにしてきたような
ファンの方たちにとって、
まだ始まったばかりの隠居期間は、
さみしく辛く長いものなんでしょう。

とりあえず蛸足でアップするネタもそうないのですが、
拠り所はあった方がいいな、とここを用意しました。
気軽に遊びに来てくださいね~。

ファンミ、まだ空さんは来れるかどうかわかんないんですよー。
来れるといいんだけど。
鉄さんには会えますよ~。

>リアル集会

面白いけど、集まるのかしらん(汗)
ライブのように求心力のあるものではないので、
遠方の方も含めて、みなさんの日程を調整するのは
至難の業でございます。
(まいどの慎重発言)
のもん |  2016.11.24(木) 21:24 | URL |  【編集】

完全復活

のもんさん〜こんにちは!
コメントありがとうございます♪
》私のように、来生たかおを聴かないでいても、ぜんぜん不安ではない古参はまだしも、
逆に勇気づけられました♡
余裕の好き♡ですね♡
こういう女性が恋愛上手なんだろうなぁ〜〜男性を迷子にさせて女性を探すくらいでないとね(*≧∀≦*)
鉄線花さん〜
「APRIL WAVE」高中正義〜聴かせて貰いました♪素敵〜優しい〜癒された〜♡
来生たかおの別の魅力をまた知ってしまった!これで完全復活できました!来生さんの曲の力は凄い!
小椋佳さんの「愛の足跡」はまだ聴けていませんが楽しみです♪
小椋佳さんともコラボしてらっしゃったなんて驚きです!
情報をありがとうございましたm(_ _)m
空さん〜
待ってますよ♡♡♡
ハナノ |  2016.11.26(土) 15:43 | URL |  【編集】

ハナノさま

高中さんと来生さんはライター、アレンジャー、レコーディングプレーヤーとお互いの作品、音楽活動において良き仲間として関わりがありますね。

私は来生ファンになる前に、来生作品より前に高中さん自身の作曲のレコード(ギター演奏)を聴いて、カッコイイ!!と痺れていました(笑)。

小椋佳さんとの関係性もその時代の音楽活動にとっては大いに来生さんにとって大事なモノだったことでしょう。「愛の足跡」や他にも来生作品がある収録アルバム「5・4・3・2・1・0」はもし機会がありましたら聴いてみてください。
他の曲ですが(小椋氏作詞作曲)もしまだ聴かれていないのであれば、YouTubeにまだUPされている「少しは私に愛をください」~小椋佳・井上陽水・来生たかおのスペシャル版がお奨めです。曲調は、ザ・小椋佳ですが、三者三様の演奏&歌唱で実に◎です。たかおさんも若いし細いし(笑)。

12月のR君のF.Mで改めてご挨拶させて頂きます。
もう来週ですね。ではまた。
鉄線花 |  2016.11.26(土) 19:05 | URL |  【編集】

凄いものを見てしまった

「少しは私に愛をください」拝見させて頂きました!まさかの3大御所のコラボステージ!渋い曲ですね♡それぞれ歌い手によって、こんなにも曲の印象が変わるんですね〜来生さんのピアノ♪素敵でした♡薔薇という歌詞を聴いた時に♪ドキッ♡としました♡当時から爽やかセクシーの来生カラーを放っていましたね♡去ってゆく時の笑顔でノックアウトでした(#^.^#)
「APRIL WAVE」高中正義さんが編曲をされているのですね!繊細な波の音や波と波の重なる様子がギターで表現されていて心を動かされます♡
来生さんの曲は一音も聴き逃したくない程好き♡なのは一流の方達が集結してできた作品だからと改めて思いました☆
「夢の途中」が様々な顔をもつように〜
高中正義バージョンも聴いてみたいです♪
来生作品はただアレンジが変わっただけとはならず、違う魅力に変身☆新たに好きになるから不思議です♡
鉄線花さん〜昔の来生さんに逢わせてくださって、ありがとうございました♡感激です(*≧∀≦*)
F.Mでお会いして頂けるなんて〜〜
緊張します(*≧∀≦*)
よろしくお願いしますm(_ _)m
ハナノ |  2016.11.27(日) 04:13 | URL |  【編集】

ラジオ情報

お久しぶりのガーガンさんから、
ラジオの情報に関するメールをもらいました。

************

ラジオの情報です
ニッポン放送
17日(土)AM8:30~
八木亜希子のラブ&メロディー
10:00からの
グッとストーリーというコーナーに
セカンドラブの作詞をされた来生えつこさんを特集します。
ザベストテンで
中森明菜さんが泣いた秘話などをお話し下さいます。
との告知がありました。
出演されるのか
八木さんのナレーションで紹介されるのかはわかりません。
もうすでにご存知のことばかりかも知れませんが
興味があったら聴いてみて下さいね。

**************

とのことです!
朝の時間帯、聴ける人も多いのではないでしょうか?
ありがとうございますー!

というか、ガーガンさん、
お元気ですか?
たまには蛸足に遊びに来てくださいねー。
のもん |  2016.12.10(土) 18:11 | URL |  【編集】

のもんさん・ガ―ガンさん

お知らせありがとうございます。

先月、青梅街道の保谷辺りを車で通った時に、ふっと「えつこさんお元気かな?」と頭を過ったのを思い出しました。

ラジオの取材(またはご出演?!)を受けられるのですから、お元気そうですね。何より。

たかおさんは「休養中」ですが、えつこさんは別行動ですものね。

ニッポン放送の「しゃベル」というページに、取材された放送作家さんが「(えつこさん)ご本人から貴重なお話が聴けましたので~」とガ―ガンさんが教えて下さったラジオ番組を紹介されてました。
先ずは週末の早起きをせねば←ココからです(汗)。

明菜ちゃん、ディナーショー盛況の様ですね。
今のところ、来生作品は唄われていないようですが。
後半の日程で、もしかしたら?!

先日のFNS歌謡祭での橋本環奈×薬師丸ひろ子での「セーラー服と機関銃」は2人が1番と2番で上下のパートを交互に変えてハモって、聴き応えのあるものでした(アレンジはひろ子さんの35thAnniversary Version)。

そのひろ子さん、土曜日にはNHK「SONGS」でも歌唱。映画の主題歌を歌うようになりその後一流の錚々たるミュージシャンが作詞作曲に携わってくれた~というところで大滝詠一&松本隆は写真、後はユーミン、みゆき、まりあ、陽水の名前が画面に出ましたが、残念ながら来生姉弟は出ず(寂)。で、番組最後に「デビューから35年、原点の歌です」と言って歌い出しましたが。「NHKさん、ちょっといけてないなー。」と残念ふぁった瞬間でした。

先日発売された「大人のJ-POPカレンダー365 Radio Songs~」という企画CDの中の3月テーマ「卒業」のカテの1曲に「夢の途中」が。ペギー葉山の「学生時代」も同じお皿に。
(月ごとにテーマがあり、最終的に日数分の365曲が収録される予定)
意外だったのは斉藤由貴の「雪灯りの町」が2月テーマ「告白」に入っています。
松本隆×来生たかお×武部聡志の1曲。
(全曲、田家秀樹氏のラジオ番組から選曲の様です)
鉄線花 |  2016.12.13(火) 00:43 | URL |  【編集】

ニッポン放送「八木亜希子のラブ&メロディー」聴きました!
えつこさんのお声は聴けませんでしたが、えつこさんが話されたエピソードやお気持ちをちゃんとまとめた内容で、八木さんの柔らかい声でナレーションされ、時にエコー入りで詞が読まれ(笑)良かったです。
原稿の中では、えつこさんが「来生さん」、たかおさんが「弟のたかおさん」で表現されていて面白かったです。

せっかくだからとメールしたコメントの一部も読まれてしまって(照)。←番組内の他のコーナーにリクエストしたメールの最後に加えたとこだけ読まれて焦る鉄。

ラジオNは夏女さんもご参加されていたT.KOBAYASHIさんのBBSなどで使っていた昔の名前を使用(汗)。
家で録音していたのを再生して再び汗w。(聴かれた方は笑ってくださいまし)

他に、財津和夫さん、GLAYのTAKUROUさん(両人はご本人)、スガシカオさんの「神ってる詞」のお話、そして阿久悠さんの作詞家としての矜持の話も聴けて、楽しい番組でした。

ガ―ガンさん、ありがとうございました。

余談・・・ラジオ繋がり

先々週のクリス松村さんの番組で「ゆるやかに愛が」が掛かりました。選曲の掘り起こし感が◎。
さすが、山下達郎氏が自身の40周年記念のラジオ番組で対談相手に選ばれるだけの音楽への造詣の深さ。裕二君との対談でも、来生作品を唄うのならば~と声の歌唱法について言及されていたりと、ほんと脱帽です。
鉄線花 |  2016.12.17(土) 15:05 | URL |  【編集】

ラジオのお話。。。

ニッポン放送Webマガジン「しゃベル」に昨日放送された来生えつこさんのお話が全文掲載されています。

http://www.1242.com/

掲載のえつこさんのお写真は、以前どこかで拝見したことのある1枚。近影のお姿ではないにしろ、お元気そうで何よりと感じたしだいです。

曲だけが仕上がっていた後の「セカンドラブ」のメロディー。純子さんへの提供曲となった場合、さて歌詞はどんな言葉で彩られたのでしょうね。
結構昔、えつこさんが「既存の作品(来生)に他のイメージの歌詞を乗せてみるなんていうのもやってみたい(面白そう)」的なことを仰っていたような。
でも、それをされていないのもえつこさんらしい・・・かな。
とラジオを聴き終えての印象でした。
鉄線花 |  2016.12.18(日) 15:04 | URL |  【編集】

鉄線花さん

ラジオの報告ありがとうございます。
ちゃんとメッセージを送っているところが
鉄さんらしいです。
素晴らしい。

来生さんは隠居中ですけど、えつこさんはまた別ですものね。
こうやってエピソードを
うかがうことが出来るのは嬉しいことです。

ラジオの内容が
ちゃんと文章で起こされているのはありがたいですね。
このリンク、けっこうクリックされております。
みなさん、鉄さんに心の中でちゃんとお礼を言うように!!
心の外に出してくれればなおよろしい。

>クリス松村さん

「ゆるやかに愛が」とは渋すぎる選曲。
以前、中田裕二と対談していた時の話も
けっこう深かったですしねー。
クリスさんがこういう面を持っていたとは意外でした。
→ http://www.cinra.net/interview/201609-nakadayuji
「中田裕二×クリス松村 知っているようで知らない「名曲」の裏側」
来生さんの楽曲の話もでてくるよ。
のもん |  2016.12.21(水) 21:09 | URL |  【編集】

ぼやっとお伺い

御大隠居中のオフ会、
そこそこ要望はあるようなんですけど、
やりたいですか?
やったら来てくれますか?

ライブでもないのに集まるオフ会、
みなさんからの積極的なアプローチなしには実現しませんので、
なんかしら反応が欲しいです。

私が振る旗についてきゃいい、
というのは、
このオフ会に関してはありませんので、
自分が幹事をやる、くらいの気持ちで考えてください。
待ってるだけなら私は動かないよ。
のもん |  2016.12.29(木) 00:20 | URL |  【編集】

のもん様、来生集団の皆さま

こんばんは。
年末のご挨拶にまいりました。

とその前に。。。
のもんさん、3週間分もの試合がたまっちゃうと
たとえご覧になれたとしても集中できませんよね。
ここはひとつ潔くデッキ大掃除でw
個人的にはつまらないシーズン、何の蓄積もないシーズン、
しかもオフも超つまらないチーム状況。
新年早々何が悲しくてホームスタジアムで
よそさんの元日決戦を見る羽目になったのか
年末年始が憂鬱で仕方ありません。
2017年幕開けから臥薪嘗胆かよ~って。
すみません、サッカーネタもこちらに書かせて頂きました。

来生班オフ会のお話なんかもあるんですね。。。
残念ながら遠征できないのですが
酒豪の皆さまがたでこれまでの沢山の思い出を
引っぱりだして楽しくお過ごしになれるといいですね♪


今年も大変お世話になったというか
優しく温かくお付き合い頂きまして
本当にありがとうございました。

来生さんは休養大満喫中でいらっしゃるようですが
忘れられる恐怖(?)はおありみたいなので
ぎりぎり直前にステージに戻って来られますよね。
その時にはまたライブを楽しめるよう
私自身平穏な状況でありたいですし
のもんさんや皆さまもお元気でいらっしゃることを心から願っています。
これからもよろしくお願い致します。

どうぞよいお年をお迎え下さい。
やまもも |  2016.12.29(木) 00:57 | URL |  【編集】

ゆく年くる年。。。

のもんさま

今年も一年間、気ままに訪れては、相変わらず毎回長々と駄文を書き込ませて頂きました。そんな御無礼にも寛大な蛸足に感謝しています。

昨年から続いた「来生たかお((singer)デビュー40周年 Anniversary 」もココを通して、皆さんとの感想や想いをお互いに交わすことが出来てファンの1人として本当に楽しかったです。
そしてなにより、のもんさんのライブレポ!
感じ方は千差万別で全然OKのLIVEですが、のもんさんの表現の豊かさや細部に至る繊細な“気づき”や音の表現のバリエーションにいつも脱帽です。
R君へのLOVEが満載でも、ちゃんと来生たかおLOVEも忘れちゃいないとこもイイな。
またのもんさんのレポが拝見できる様、たかおさん、頼みますよ(笑)。
(27日の日本橋、裕二君LIVEご挨拶だけで失礼しました。ゴダイゴ贔屓の鉄的には「ガンダーラ」が聴けて(嬉)。他では上田、小椋、陽水と続いたら、ちょっとは来生作品を期待してしまいましたw。松阪岐阜??の際、「松阪は三重~」とお節介ツッコミをしたら、隣の女の子が「あっ」と気付いてくれて、裕二君が気付く頃には二人して笑ってしまいました。こんな感じもLIVEの醍醐味ですね。

さて、年末年始は恒例の雪景色方面へと参ります。
新年を迎え、一富士、二たかおw、三なすび~の縁起の良い夢でも見て「お久しぶりです。」のその時を、その歌声を楽しみに待ちたいと思います。

のもんさん、皆さまにとっても新しい年が素敵な1年となります様に。。。佳いお年をお迎えください!
鉄線花 |  2016.12.30(金) 23:49 | URL |  【編集】

やまももさん

3週間も前の試合だと、
ネタバレの危険性もないので、
マターリ見てます。何日もかけて。
順位とか起用法をめぐる確執とかそーゆー雑音抜きに、
ただ目の前のプレー、内容が面白ければそれでいいなあと。
つまらなければ消すし。

お世辞にも乗っているとはいいがたいレスターが
マンCに勝っちゃうとか、
遅くなっても見て良かったと思いますね~。
1月のスカパー海外サッカー契約はやめたので、
元日無料デーのマンC対リバプールの試合を予約するくらいです。
そういえば人身売買月間も始まるのね。

オフ会の話ねえ、
「やりたい」「やりましょうよ」「やってください」
とは言われるんですが、
その先がないんです。
私が店を探して、みんなの都合を聞きまわって、各自の都合を調整して、お迎えしてお見送りをせねばいけないのでしょうか・・・・・・・(涙)
集まって酒を飲みつつくだらない話(来生さん縛りで)を
やりたいのは山々ですが、
そこに至るまでのもろもろをやっている時間を
取れるかどうかちょっと難しいんです。
大事なプロジェクトもあるし。

人よりヒマなことは事実ですが、
人より遊んでいることも事実で(爆)
週末も平日夜も休みの平日も、
だらーっとしてる時間はそれほどないんです。
時間があれば、やるかもしれませんが、
みなさんにもそれなりに当事者意識を持って、
実際店を調べて提案してみるとか、
他の人にも予定を聞いてみるとか、
私からの連絡要のメールには素早く返信するとか、
そーゆーのがないとまあ無理でしょうねえー。
ということを踏まえて、みんなやりたいですか?
ま、言うほど実際大したことではないんでしょうけどー。

ライブというほどの求心力がない宴会、
「決まったら教えて」
「行けたら行きます」
「私抜きで盛り上がってくださいませ」
な反応ばかりでは正直、割りが合いません。

知ってますけどね、私よりみなさんのほうが忙しいことは。

誰かやってくれよー。
遠方から来る人が日帰りできる時間での開催。
たぶん土曜のほうが都合がつきやすいんでしょ?
昼から夕方ないし夜早い段階まで、ダラダラ4~6時間いられる場所。
飲み放題だとか、レンタルスペースで持ち込みできるとか、
席だけ予約したら長居しまくっても怒られないとか、
駅から近くてわかりやすいとか、
そーゆーところだよ。

ああ結局うだうだ考えて、書いてしまうんだよね。
そしてさらに「むずかしそう」と思わせてしまうという。どうしたら。

やまももさんも、思いがけず御大のライブに足を運んでいただいて
(どこから発言)
蛸足にもコメントいろいろありがとうございました。
こうした縁も、御大がいずれ復活しないと、
続くやら続かないやらになってしまうので、
まあ適当な時期に復活のための準備をしてほしいですね。
(まあそんなこと考え出すと、
おちおち休養満喫な心境にはなれなくなりますが)

また来年も、気が向いた時に顔を出してください。
来生カテは当面、RYUMEIさんのCDの話がメインになります。
つかやまももさんは再販盤、興味ないですか?
(連絡先を知らないので、今聞くしかない)

鉄線花さん

もうご挨拶いただく時期になりましたね。
先日は中田裕二のライブで
チラリと顔を合わせることが出来て嬉しかったです。
松阪のくだり、ツッコミされてたんですね(笑)
「ガンダーラ」は本人の言う通り、シュールな時間でした。

今年は思いがけず、
あちこち遠征した&内容も充実していたことで、
稀に見るライブレポ花盛りなカテになりました。
間をおかず、同じものを聴くという面白さも、
味わえたように思います。
鉄さんのコメントがそのたびいただけるのも、
ライブがより奥行きを持って見れて、嬉しかったですよー。

来生カテも来年はさてどうなるやら。
看板に偽りアリであっても、
話題は尽きないという感じでやっていきたいと思っています。
またお付き合いのほどよろしくです。

さて中田裕二のライブレポに取り掛かっておかないとー。
のもん |  2016.12.31(土) 14:53 | URL |  【編集】

ことしもありがとうございました&オフ会

今年も残すところわずか。
来生ファンとしては、忘れられない年になりました。
ぎりぎりになっての大掃除。
来生さんの曲を聴きながらでした。
JUJUさんのカバーもよかった。
来生さんの曲は、やっぱり私にはしっくりきます。

オフ会。
今、場所に心当たりがあるわけではありませんが・・・。
前向きに検討したいと思います。

今年も、色々ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。
けいこ |  2016.12.31(土) 20:11 | URL |  【編集】

けいこさん

今年はアコースティックライブのおかげで
あちこちでお会いすることが出来ましたね。
松田さんのイベントは盛況だったかしらん。

オフ会、ちょっと考えてみてください。
こんなのどう?ここはこうしたら?
って言える人が増えるだけで、
ずっとラクに話は進むはずです。

来生さんは新しい年をどう迎えましたかね。
「隠居生活もあと10か月しかない」とか
スーパーネガティブに考えていやしないだろうか。


のもん |  2017.01.01(日) 14:31 | URL |  【編集】

新年も佳い年に。。。

のもんさん&皆さん

年明けのご挨拶が遅くなりました。
今年もよろしくお願いいたします。

年末年始モードからすっかり日常モードにリセットされながら、休日は溜まった家人全員の気ままなTV予約録画の取捨選択をグルグルしております(汗)。

そこでドーデモイイ発見をw。

一昨年年末(未視聴でHDDに残っていた)ビートたけし×鶴瓶の特番で、鶴瓶師匠が着ていたセーターが...
?!、来生さんがANYのHPで記念アルバム宣伝用インタビューで着ていたあのノルディックセーターとまったく同じ(サイズは違うかな笑)。セーター好きでお洒落な鶴瓶師匠(スタイリスト)の見立と同じだったんですね。
このお2人、20年位前に共演されていますが、歌にトークに今でも結構面白い組み合わかと思うんですがね。
来生さんが着ていたのを見て、正直〇ーカ〇ー辺りで買った私服の印象でしたが新聞・雑誌の40周年記念インタヴューでも同じ装いでしたから、実はお衣装だったのかも(それを感じさせない普段着印象はさすがw)。2年も前の話でスミマセン。

TVといえば・・・
年末はお馴染みの「われめDEポン」の生放送もあり、新年に入っては、スカパーでこちらも来生さんがMCでお奨めと話した山田太一×笠智衆の「ながらえば」ほか2作の「老い」をテーマのドラマが放映。
来生さんは休養冬眠中も贔屓もの、来生ごのみのアレコレに包まれて穏やかに英気を養っているころでしょうか。
はたまた、日本老年学会の65歳以上は准高齢…まだまだ現役!、厚労省の罰則付き禁煙!…全面禁煙化へ!のニュースに時論・自論を巡らせているやも?
まあ、のんびりと休養を望んで実現されている中、詮索は無粋ですし煩わしいでしょうから、休養中のコトは再始動の時のMCネタとして楽しみに(?!)してましょう。
テレビと言えば・・・(強引に繋げる)
TBS系での新ドラマ「カルテット」、松たか子はじめ配役に興味が湧く作品ですが、舞台は軽井沢。数年前の大賀ホールを訪れた際の景色などがまた楽しめそうです。脇役で「来杉」で「キスギ」という名字の女の子も登場。キャッツアイの来生三姉妹、NHKの学校ドラマでの男の子・・・珍しい名字でもあり、ちょっとドキッとするのは鉄だけかな(汗)。

帰省で嬉しかったコト
仙台ではプチ同窓会に出席。そのメンバーから「仙台の来生たかおのライブに来てた?見かけた。」と言われました。奥さんと来ていたその同級生は確かサザンの古参ファン。そんな彼が奥さんと「行ってみようか」と行って足を運んだとのこと。
感想を聞いてみたら「シルエットロマンスは唄わなかったね~と奥さんが言っていた、でも昔から歌の上手いのと曲がイイのは変わってなくて良かった。夢の途中とか全然雰囲気違って、そのアレンジで収録されていると思って2枚組記念アルバム買っちゃったw。←(汗)
あと、見た目は結構変わったなー、あんなに話すイメージなかったし、でも親近感沸いたw」と言ってくれました。また、山形での親戚との新年の顔合わせ会でも、叔父の奥さんがお友だちに誘われて山形テルサのライブに行かれたとのことで、ちょと盛り上がっちゃいました。やはり、おでん×カレーは山形あるあるではないという話でしたw。

なんだか、新年早々くだらない話の詰め合わせでスミマセン。今年はいろいろ心移りをも楽しんで、来生メロディー以外との出会いにも益々出かけたいと思う鉄線花であります。懲りずにお付き合い頂けたら幸いです。
鉄線花 |  2017.01.14(土) 12:20 | URL |  【編集】

鉄さん

年明けのコメント、ありがとうございます。
短い年末年始、バタバタな中でも
来生さんのエピソードが入ってくるのが面白いです。

仙台、山形で、
来生さんのライブに何気なく出かけられてる方がいるのが
嬉しいですね。

ファン同士が、
血眼になってチケットを奪い合うのではなく、
とくにファンというわけでもない方々が、
名前を見て懐かしくて足を運べるライブ。
何年たっても、聴いてみたいと思わせる、
来生さんの楽曲の力を感じます。

「夢の途中」のアレンジにグッときてくれた、
なんて話を聞くと、
こちらも嬉しくなってしまいますねー!!
DVD発売の知らせがいまだにこないのだから、
きっと復帰に合わせて発売するのだろうと勝手に思い込んでます。
そんならまだアコースティックバージョンのCD音源化も
間に合うのでは、などと毎度の妄想。
やはりあの音源は、何度も聴ける形で残してほしいと
強く思います。

山形はご当地ネタもあったので、
楽しかったのではないですかね。
おでんは来生さんのお嫁さんの内限定の話のようで(笑)
ケンミンショーに取り上げられることはなさそうですね。

公式ページはいまだ通常モード。
2017年来生さんのネタは
どこからいつ届けられるのでしょうか。

65歳はまだまだ現役。
なんたって一億総活躍ですから。(大きなお世話だよね)
のもん |  2017.01.15(日) 11:25 | URL |  【編集】

「The Covers」。。。

早いもので来週には節分ですね。

NHKBS「The Covers」の2月情報がupされた中に、
2月6日(月) 23:15~郷ひろみの回で来生さんの「夢の途中」が唄われます。

ひろみゴーといえば来生姉弟の提供曲は「女であれ、男であれ」くらいしか思い浮かばないのですが・・・(他も有ればご容赦を)。
カバーでは彼のアルバムに収録もされていて、夜のヒットスタジオ等歌番組でも唄っていた「Goodbye Day」が結構知られていますが、たしか「長雨」とかも唄われていたような?!

癖がある唄い方と、マイクを持つ手をグルグル回しながら唄うひろみバージョンは、不思議と聴き重ねると、来生さんの作品ながら、その当時はそれはそれで世界観が出来上がっていて悪く無い印象で聴いていました。
なので、「夢の途中」は既にメジャー級の代表曲ですし、せっかくのCoversなら「Goodbye Day」を唄って欲しかったなーとヘンな欲が過りました(笑)。
(他の歌手が「Goodbye Day」を選曲してくれても◎)

とはいえ、「セーラー~」ではなく「夢の途中」の選曲ですから、テリーさんやひろみゴーから来生さんや作品のアレコレが話されると嬉しいですね。
演奏、アレンジも楽しみにしたいと思います。
因みに、他の2曲は「黄昏のビギン」「かもめはかもめ」。
鉄線花 |  2017.01.27(金) 23:41 | URL |  【編集】

訂正。。。

失礼シマシタ(汗)。

×テリー ⇒ 〇リリー
鉄線花 |  2017.01.28(土) 13:56 | URL |  【編集】

鉄線花さん

お知らせありがとうございます。
これは忘れずに予約をしないと。
ヒロミゴーといえば、「夢見るころを過ぎても」を
ライブで歌ったとかなんとか、そんな話がありませんでしたっけ。
どっちかのBBSで出ていたような。うろ覚え。

私も「男であれ女であれ」しか思い浮かばないけど、
来生さんが歌い方をアドバイスした、な話は覚えてます。
「GBD」も歌ってたんですか。
それも面白そうだなー。

女性目線ではない来生作品、
リリーさんのコメントが気になります。

「黄昏のビギン」もいいよねえ~。好きな歌。
のもん |  2017.01.28(土) 14:44 | URL |  【編集】

のもんさま

ひろみGoの歌唱はモチロンですが、この番組ならではのリリーさんのトークに期待したい、同感の鉄であります。

もひとつ楽しみなのは、恒例のリリーさんのカヴァー曲のレコジャケをお披露目する場面、今回は「夢の途中」ですから、青(緑)いレモンを握っているあのシングル盤の若かりしwたかおさんの写真が映ることでしょう。本人、休養中なれど、それだけでもありがたやありがたや。

ファンとすると、ゲストとの会話の中でリリーさんも「GoodbyeDay」などもご存じで、スナックの閉店で流れてた。。。とかの面白エピソードが展開すると緩~い来生ファンはニヤリとしますが(笑)。
ひろみGoは「GBD」に関してはカヴァーしていたこともあり、ちょこちょこ歌番組で唄っていた記憶があります(これが結構イイ◎)。
ちょっと珍しいのは聖子ちゃん×来生さん(Vo.Pf)でのコラボもあったこと。何故に聖子ちゃんが?!と思いながらも(ひろみと聖子ちゃんの〇△※が噂されていた頃だったかで)こんな贅沢なコラボはきっと聖子ちゃんサイドからのオファーでの実現だったのでしょう。(まだyoutubeに上げている方がいる様です)

「黄昏のビギン」・・・素敵ですよね。
おぼろげに、水原弘さんの歌唱も印象にありますが、鮮明なのは、ちあきなおみさん(陽水さんのカバーも◎)。オリエンタル&和謡でお洒落な中村八大さんのメロディーが素晴らしく、また永六輔さんの詞も美しくて・・・あぁー、永さんの素敵な作品を聴くにつけ、来生さんへの作詞も夜空や黄昏などの情景が描かれ、ちょっぴり切なげな男女の作品で聴きたかったなーと残念がるばかりです。

さて、ラジオでも、あちらこちらからちょこちょこ来生作品がオンエアで流れたり、流れる予定と聞こえて来ます。これもソングライター来生たかおの強み。
いい音楽はやはり求められ続けるものなのですね。
鉄線花 |  2017.01.30(月) 21:52 | URL |  【編集】

鉄さん

ジャケット、確かに出てきますよね。
そしてけっこうイジられる。
来生さん、リリーさんにどんなふうに言われるのかな。

「黄昏のビギン」って永さんの歌詞だったんですか。
私の印象はちあきなおみさんバージョン。
名曲は陽水さんも見逃さないんですね。

本人の活動状況にかかわらず、
(というか、
ファンから見ることのできる部分に限っては、
今の状況は通年とほぼ変わりませんが)
世間はそんなことは知らなくても、
いつも通りに名曲を選んで流してくれる。
ありがたいこってす。

来生さんは、今はどんな気持ちなんでしょうね。
年も明けてしまったし。
先に予定があるけどまだ余裕、な今までと、
先の予定が未確定、な今では、
寒さが緩んでいくのも、
きっと違って感じられるんじゃないかと。
のもん |  2017.02.04(土) 15:44 | URL |  【編集】

The Covers

The Coversみましたよー。
今回はえらいマジメな番組でしたね。
24時間「郷ひろみ」でいるって大変だなーと。
45年やってても、こんなに真摯でいるのがスゴイ。
今の年齢で、あの高い声を維持するのも
並大抵ではないでしょうね。

「夢の途中」のアレンジはちょっと面白かったですね。
あの管楽器はなんていうのか知りませんが、
軽めの高い音が意外というか。
郷さんの高いけどもしっかりした声と、
早いテンポがちょうどよくて。
爽やかさのあるアレンジになってましたね。

個人的には「かもめはかもめ」が一番好きかな。
衣装は最初の、
ピンクの入ったドットのスーツ&ネクタイが素敵でした。
曲ごとにお色直しって、他のアーチストもやったことある?
のもん |  2017.02.07(火) 16:40 | URL |  【編集】

今回の「The Covers」は全面的に郷ひろみ仕様でお送りします~な雰囲気でしたね。お召替えetc.含めて。
リリーさんもちょっとかしこまった感じで、ひろみGOの話を引き出すことを主にされていたような。いつもの砕けた感じでは無かったですが、それはそれで楽しめました。

「夢の途中」については、「メロディーもいいんですが、詞がまた凄く(心に)入ってくる~」と話されてました。
テロップでは~来生えつこの詞の魅力~と出ていたし、懐かしいレコジャケでたかおさんも登場、写真も歌声も若いですね~w。この頃の横顔を見て、麻生久美子さんのご主人で売れっ子スタイリストの伊賀大介氏に似てるな~とクダラナイチェックを交えて観賞(笑)。

演奏は四重奏(カルッテット)、そして珍しいソプラノサックスが加わってメロディーにもイイ変容が生まれてました。
この曲はアルトサックスで娘が演奏してくれたこともありましたが、ひろみのキーだとソプラノサックスなんだ!と改めて声量、コンディションなど「歌唱の声」を維持しているプロ意識にも関心しながら聴きました。話し声は少しお疲れ気味の印象を受けましたが、歌唱重視の収録だった証ですね。
大人の雰囲気で聴けた3曲。私もアレンジ的には「かもめはかもめ」が印象に残りました。
西田佐知子さんの歌唱のところでは“ノンビブラート”についても話されていて、来生さんもほぼほぼNV歌唱と思われるので興味深かったです。

勝手に関連付ければ、永さんや西田佐知子さん、リリーさんから陽水さんの話も出て、少なからず来生さんの御縁の方々のお名前が(笑)。

こじつけついでに・・・
先日、朝のラジオ(NHKFM)『音楽遊覧飛行』で来生さんの「GoodbyeDay」が流れました。
この番組、食と音楽を絡めてオンエアされるのですが、その回は日本各地の伝統食に、その県出身のミュージシャンの音楽を。。。というザックリした内容w。
福岡の水炊き~杉真理、岩手盛岡冷麺~大滝永一、広島のかき?~吉田拓郎などなど、そして東京深川めしで来生たかおチョイス?!(驚)。確かに東京都大森のご出身ですが、東京都出身のミュージシャン多々の中からの選抜。杉真理が1曲目、来生さんがエンディングとオサリバン愛好者の双璧でサンドされているあたり、もしかしてパーソナリテーの吉村氏の好みかしらと。
それにしても、東京湾の漁師の話&深川めしの話の後に、「東京出身の来生たかおさんを聴きながら~」と強引なエンディングに苦笑しえ聴いていたのは私ぐらいかな。

さらにこじつけ(汗)。。。
ビルボート東京の4月ライブ予定にオサリバン大明神のお名前が(確か昨年は夏ごろ)。
実は八神純子×後藤次利&錚々たるプレーヤーのライブが大明神の翌週にあり、鉄はそちら狙いで案内を閲覧したので「あら~もう春に来るんだ~」とちょっとびっくり。たかおさんも冬眠は明けても巡りくる春眠の頃w。。。とはいえ「休み中はいい音楽をたくさん聴いて~」と仰っていたことですし、奥様やご子息とのPVでのひと時をゆっくり満喫されて、50周年を迎えて益々ライヴに飛び回っているオサリバン氏の音楽や楽屋トークでイイ刺激をたくさん貰っていただけたらと思います。

寄り道が過ぎてしまいました(陳謝)。ではではまた。
鉄線花 |  2017.02.08(水) 00:47 | URL |  【編集】

鉄線花さん

あの楽器はソプラノサックスと言うんですね。
アルトがあれば当然ソプラノもありですか。
確かに高い音が出てたなー。

ラジオの話題もありがとうございます。
食と音楽ですか。
来生さんのGBDをかけるというのがまずあって、
ムリヤリ深川めしを持ってきた感じですね。
御大、深川めしは食べなくても、
味噌汁をご飯にかけて食べてそうな気はします。

オサリバン、けっこうな頻度で日本に来てくれますね。
タカオも見に行って挨拶しないとねー。
精力的な大明神を前にして、
またペシミスティックな感情と戯れたりするのかしらん。
50周年、半世紀ですね。
気の遠くなる数字です。素晴らしい。
ひゃーカジュアルエリアで1万円ですか。ははあ。
のもん |  2017.02.11(土) 14:44 | URL |  【編集】

インタヴュー。。。

本日の朝日新聞デジタルに来生さんのインタヴュー記事が掲載されています。

毎週連載の(もういちど流行歌)というコーナーでの登場。~「夢の途中」来生たかお・懸念もあったアイドルとの競作~と副題が有り、「セーラー服と機関銃」と同時期リリースについての内容です。
ファンの皆さんは既にご存知の諸事情についてのお話ではありますが、「おぅ」と思う箇所を下記に問題にならない程度に。。。
・「デジタル化で楽曲がおざなりにされ、心にしみる歌が減った」と音楽界の現況を嘆くが、希望は捨てていない。
・誰もが美しいと思えるような、普遍性ある音楽を追求したい。人間と社会への深いニヒリズムをふまえながら、洒脱(しゃだつ)で、詩的な情感をたたえた上質な音楽を~。(以上本文より引用)

正直、掲載の写真も近影ではもちろんなく、40周バージョンのオスマシver.でもなく、そのちょい前の屈み気味にスツールに座っているアノ眼鏡がサングラスに見えちゃう写真でしたので、インタビューがフレッシュな物かは不明ですが・・・
とはいえ、前回の40周年記念に絡めてのインタヴューが載った時のストック記事とは思えないので、休養の邪魔にならない程度での取材協力だったのでしょう。

記事は無料で読めますが登録が必要です。
読者アンケート(この曲への感想)も織り交ぜられて文字数にして1400程度の記事です。

インタヴュー担当者の結びのコメントが↓

「来生さんは、どこまでもロマンチストだった。」

変わらず、音楽を傍らに穏やかで緩やかな暮らしを満喫しているであろう来生さんがほんの少しうかがえたかな?!。抜粋した中にも「追求したい~」など言葉の語尾が未来に向いている感じも嬉しです。
啓蟄前にひょっこりお目見えのたかおさん(笑)、お風邪など召されませんように。

鉄線花 |  2017.02.18(土) 15:32 | URL |  【編集】

2/18 朝日新聞長朝刊に掲載

2/18 朝日新聞朝刊 
Beに来生さんの記事が掲載されています。
「もういちど流行歌」 夢の途中
よかったらご覧になってください。
来生ファンの一人です。 |  2017.02.18(土) 15:38 | URL |  【編集】

鉄線花さん

お知らせありがとうございます。
懐かしい音楽を取り上げるコーナーがあるんですね。
いろいろな方のところに
インタビューに行ってるんでしょうね。
来生さんの音楽も、40周年という区切りもあるけど、
こういうメジャーな媒体で当たり前のように載っているのが、
やっぱり凄いことなんだなあーと思います。
しかし深いニヒリズムは
普遍性のある音楽を追求する上で
大事なんですかね。はは。
シメに「ロマンチスト」と持ってくるあたり、
すこし意外な気もします。

折々に、御大はいま何をやってらっしゃいますかね~。

「来生ファンの一人です」様

はじめまして!
鉄さんとほぼニアミスなかたちで、
お知らせありがとうございます!
紙媒体のほうでも載っているんですね。
これは、と思って蛸足を思い出してくれることを
嬉しく思います。
また機会があったら、遊びに来てくださいませ。
できるなら普遍性のあるお名前ではなく(笑)
のもん |  2017.02.18(土) 20:00 | URL |  【編集】

私も拝見致しました!!

のもん様、皆様、今晩はm(__)m
お世話になっておりますm(__)m
昨日!!!私も「もう一度、流行歌」この目で拝見致しました!!偶然にも、朝日新聞を愛読しておりまして、来生たかお様にいち早くお逢いしたく(新聞の中の来生たかお様と(笑))、無茶苦茶早起きを致しました(笑)。
朝っぱらから、新聞を前にし、ニタニタとニヤける私でした(汗)。
後どのくらい待ったら、来生たかお様にお目にかかれるのか待ち遠しいです〜\(^_^)/
もも |  2017.02.19(日) 20:25 | URL |  【編集】

ももさん

自分が取っている新聞で取り上げられるのはテンション上がりますね。

他にひそっとどこかで載ってたりしないのかしらん。
みなさんの情報だよりの来生さんの近況。
のもん |  2017.02.21(火) 10:15 | URL |  【編集】

スタンダード。。。

久しぶりにお邪魔します。

花粉も飛んで(困)、すっかり春めいてきましたね。

RYUMEIさんのアルバム、ファンMなど暖かな季節の訪れが一層楽しみです。

久しぶりに『裕二の間』を覗き、ayuさんのレポで裕二君が「夢の途中」を唄ったのねーとなんだか嬉しく拝読。ボサノバ調か~。「モンローウォーク」のアレンジの感じでしょうか。
「夢の途中」はやはり時代を超えて歌い継がれていく流行歌としても逸品なのですよね。
そんな「夢の途中」。。。今度は大御所谷村新司さんがカヴァー。
45周年の記念アルバム3枚組の中の1枚がカヴァー集。で、少年時代(陽水)、落陽(拓郎)に続く順て収録の様です。後世に残したいスタンダードナンバーと選曲された様で、「地球劇場」での共演が少なからず影響しているでしょうから、TV出演も縁ですね。
羨ましいのは、初回限定としてDVDや特製ブックレットが付いている点。
なので、来生さんサイドにも受注生産でも40周年記念のDVD(2枚組?!)の発売が叶うと嬉しい~と徒労に終わるのを覚悟しながらも発信は度々しておかなくては~と勝手に心している鉄であります。

「The Covers」のひろみGOの回が再放送されます。
3月13日(月)23:15~

3月9日(木)~12日(日)は『小堺クンのおすましでSHOW』もいよいよFINAL。
来生作品もいつもより多めに唄ってくれるのでしょうか。数年前生で聴いた「with」はとても大事に使われ、唄われていて感動したことが蘇ります。
鉄線花 |  2017.03.07(火) 11:37 | URL |  【編集】

鉄さんお久しぶりです。
もろもろ落ち着いてきたころでしょうか。
もう3月ですねー。

これまた目配りの利いた情報、ありがとうございます。
谷村さんてカバー集出したこと
ないわけじゃないですよね。
意図を持ってのスタンダードな選曲なんですね。
シルエットロマンスだと
トリの方に持ってくる感じになってしまうので
「夢の途中」になったのかな、なんて思ったり。
谷村さんだと脳内で勝手にカバーしてる声が再生されます。

40周年オーチャードDVDは出ると信じてますが、
期間限定隠居中とあっては、
アナウンスするタイミングもないですわねー。
アコースティックバージョンの音源化、
公式にメッセージ送ろうと思いつつそのまま何もしてないわあー。

小堺さんもファイナルなんですね。
始まったころのことを覚えてるので
感慨深いです。(見たことはない)

公式、そろそろnewくらいは
外したほうがいいんじゃないの。
通常営業なら、そろそろ次のライブのお知らせが入るような時期?

ところでみなさん来生オフはやりたいんでしょうか。
のもん |  2017.03.10(金) 07:58 | URL |  【編集】

ご無沙汰してます♪

のもんさん、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

三寒四温・・今日も風が強く、なかなか暖かくならないですが空は気持ちが良いほど青くて白い雲がプカプカ浮かび風に流されてる風景を楽しんじゃってます(^_^;)

随分おじゃましてなかったので遡ってざっと斜め読み・・(^_^;)

ここで高中正義氏が話題のころ、ちょうど名古屋でライブに行きました♪
デビュー45周年記念ライブでセットリストも嬉しいものばかりでした。
「歌もない曲だけの2時間超えのコンサートにみんなよく来るな~笑」と塩対応にも高中さんらしかったです(^_^;)

ほぼMC無しでのコンサート、ギターテクニックを見せつけられ、曲に酔いしれ・・・
こんなライブもまた良いものです。

クリスマスイブには葉加瀬太郎さんライブ♪
こちらは本当にサービス精神の塊で・・
それでも聴かせるところはしっかり聴かせてくれ、MCでも楽しませてくれて。これぞライブの楽しいところ♪

来生さん。休養明けにはどんなライブをされるんだろう・・じっくりじっくり曲を聴かせてほしいです☆

先日の郷ひろみさんご出演の「The Covers」見ましたよ♪
絃楽四重奏+ソプラノサックスでの「夢の途中」もよかったですね♡
ボイストレーニングをかなりしっかりされているとの話を前にお話されてたのですが、あのアレンジだと歌唱力が無いと厳しいですもんね。

カルテットは「金原千恵子ストリングス」
サザンや小田さんなどのステージをサポートされてる金原さん、さすがでした!

今週末は暖かくなりそうですね。
花粉症の皆様、どうぞお大事に!




はゆ |  2017.03.15(水) 15:32 | URL |  【編集】

小堺さんの「おすましでSHOW」、ファイナルの企画では親交のある著名人からの手紙が披露されるコーナーがあり、錚々たるお笑いの重鎮たちの練った(w)内容のモノとはまた違った、来生えつこさんからの素敵な手紙も披露された様です。
そして、各公演の最後は「With」。
また、形態は違えてもエンターテイメントの舞台で来生作品を唄い続けてくれると思いたいものです。

渡瀬恒彦さんご逝去。
鉄の中で、薬師丸ひろ子ちゃんが唄う「セーラー服と機関銃」を聴く度に思い浮かぶ「男」は渡瀬さん演じるところの若頭佐久間。。。訃報に映画のシーンがフラッシュ的に思い出されました。合掌。
来生さんの「夢の途中」では全然違う映像が頭を流れるし、ひろみGOの時もまた違う心持ちで聴いていたし。。。改めて歌の醍醐味を知るのでありました。

先日、NHKの朝の番組で小田和正氏のインタビューが流れていて興味深かったのですが、1本の番組として“100年インタビュー 時は待ってくれない「アーティスト 小田和正」 ”という大層な題名で20日21時~BSプレミアアムで放送されます。
原曲キーを保持している理由、「引退」について。。。朝の番組でチラッと流れた部分もまた具体的に話されているようなので楽しみです。
インタヴュア―は小田和正の大ファンを自称する阿部渉アナ。
来生たかおファンもNHKにはいるはずですが(笑)やはり1番組となるとなかなか。。。というか発言の大部分がカットではインタヴュー番組は成立しませんものね(誰も求めてない?!)。やはり、来生さんはその分音楽をファンに届けてほしいモノです。

はゆさん

高中さんのライヴ、羨ましいー限りです!
私はライヴ熱を求めて4月に八神純子with後藤次利&仲間たちのライブを予定しています。(今回達郎は5月の仙台で楽しんできます!)
数年前、このメンバーには故松原正樹さんがギターで参加されていたのですが今回は北島健二氏でのステージ。他には佐藤準氏、ポンタさん。。。年代的にいぶし銀の面々の演奏が刺激的な鉄であります。
「カルテット」~ますます面白くなりますね。なにげの台詞もドキリとしますが(キスギアリスも小悪魔MAXで)流れる演奏も、そして懐かしい大賀ホールを含めての軽井沢の景色。
何回目かに大賀ホールの舞台から客席が映るアングルがあって、「あら、こんなに至近距離だったのねー(汗)」と無駄に恥ずかしくなっていたりしました。

来生さん、穏やかな冬の次は少し緩めの春を堪能されて。。。まあ、いまのところはまだお元気でお過ごしなら何より。再始動の暁「お久しぶりです」ライヴでは少しちっちゃめのスペースで~なおかつ出来ればえつこさんも一緒に。。。なんて不良ファンの妄想も緩く始動の季節であります。
鉄線花 |  2017.03.16(木) 10:05 | URL |  【編集】

心残り..

鉄さま
毎度細やかな情報をありがとうございます。
小堺さんの「おすましでSHOW」は一度も見に行く機会ががなく・・(;_;)
心残りです、一度は生で「With」を聴いてみたかった♪
悦子さんからのメッセージはどんな素敵なものだったんでしょうね~

達郎さんのチケットはすでにgetされてるんですか?
いいなぁ~
名古屋はまだチケット発売前、なんとしてもgetしたいものです♪

小田さんのライブは昨年行ってきましたが、原曲キーのままの圧巻の歌唱と会場内を走り回るタフさには脱帽!
ずっと聴いていたいと思いましたもん 笑

八神純子さんは主人がファンなんですよ~
行きたいだろうな♪
松原さんのギターが聞けないのは残念ですね。

年明け、70年代の方々が集まる「青春グラフィティコンサート」、先月は地元の岡崎出身のガロの大野真澄さんの主催するコンサートで南こうせつ・伊勢正三・太田裕美・杉田二郎・アルフィーの坂崎幸之助・海援隊など懐かしい青春時代を思い出させてくれるコンサートも楽しんじゃいました♪
みなさん還暦過ぎなのにお元気お元気!
一番の若手がゴスペラーズ! 笑

来生さんのコンサートチケット代金をしばらくはほかのアーチストさんに貢ぐ日が続きそうです。

ドラマの「カルテット」は見てないんですよ(^_^;)
面白いと同僚も言ってました、流れる曲も素敵らしくて見ればよかったな。
これまた心残り・・

はゆ |  2017.03.18(土) 00:39 | URL |  【編集】

春分。。。

はゆさん

カルテット・・・The CoversでのひろみGoさんの演奏が「金原千恵子ストリングス」 というコメントから予告なしの脱線失礼シマシタ(汗)。
達郎は東京でも行けたら良いと思っています。
20日、『WE LOVE RADIO!~山下達郎・星野源のラジオ放談』も放送があり、楽しみです。
ガロ~~懐かしい「学生街の喫茶店」!!子ども時代口ずさんでました(年代がバレバレw)~いまやドラクエのすぎやまこういち先生の曲。時は流れて~。笑

小堺さんへのえつこさんのお手紙はきっとストレートで温かな内容だったことでしょうね。
観賞されたタレントさんの感想か何かで、えつこさんからは「いつまでも小堺君と呼ぶことがふさわしい~」的なコメントも含まれていた~その様です。

えつこさんといえば、今月のお誕生日前の8日に以前「来生たかお特集」でもお馴染みのNHKラジオ深夜便で、「作家でつづる流行歌」としてえつこさん作詞の作品が8曲流れました。。。残念ながらリアルタイムでは聴けませんでしたが、HPにオンエアリストがUPされてました。

♪セカンドラブ♪夢の途中♪マイ・ラグジュアリー・ナイト♪モンロー・ウォーク♪明日になれば♪ふたたびの♪青空♪シルエット・ロマンス
アイドル曲が少なめで、たかじんさんや小林幸子さん、そしてシンシア/南沙織さんの「青空」をチョイスするとは・・・ちょっと想定外。笑
でも、こんな機会ですから久しぶりにこの3曲を聴いてみたりしています。当時流行っていた記憶の「ふたたびの」も泰英二郎さんのメロディーが軽快で明るめなので、今聴いても◎。たかじんさんの「明日になれば」も歌詞の切なさがご本人作曲の決して暗くないライトバラードのメロディーと相まって良いです。
放送での明菜ちゃん、はつみさん、純子さんの楽曲はキティ盤「来生たかおSONGS」からの様です。
せっかくこのアルバムを手にされたのなら「心のゆくえ」がチョイスされても嬉しかったかもー。

松原正樹さんのギター、CDで当時のユーミンや百恵ちゃん、聖子ちゃん、明菜ちゃん、千春を聴いても・・・そこにちゃんと演奏が存在はしているけど、生ではもう聴けないのは寂しいです。ユーチューブ視聴でもやっぱり改めて寂しいです。

今月号のギターマガジンが期せずして「恋する歌謡曲。」のテーマでギターマンを特集しています。松原正樹×今剛とか当時のギタリスト×歌謡曲の内容が盛り沢山。立ち読みでは読み切れず購入しました。

そうしたら、同誌の「ギターがカッコイイ歌謡曲」のコーナーで歌謡曲愛の溢れる中田裕二君が3曲縛りで選曲してます(短めのコメントではありますが各曲にイイ感じの解説をしてます)。
・ひとり咲き
・時の過ぎゆくままに
・ルビーの指環
ザ!王道~な感じが好感もてます。
また、DISCレヴューのページには裕二君の新譜「thickness」も掲載。ライターさんも「音楽を知り尽くした円熟のギター・ワークが光る!~グル―ヴィーで妖艶な音世界が広がる会心作」の見出しでサクッと好印象のレヴューを載せています。“歌謡の魂”“ねっとりと~”“オートクチュールで最高のアンサンブル~”と裕二君にお似合いのワードを散りばめてくれています。

あ、前文からの流れでこんなトコロに漂着してしまい失礼しました(汗)。
「裕二の間」は新譜情報がディープにシンクロしていて読み応え充分でこれからも楽しみにしています。上のは↑浅めの情報ですので「たかおの隠居の間」にドサクサに紛れてコメントしまーす(スミマセン)。
鉄線花 |  2017.03.19(日) 00:31 | URL |  【編集】

はゆさん

お久しぶりです!
御大のネタがないと、
なかなか遊びに来るのも忘れてしまいますよね。
ネタはないなりに、ちょこちょこコメントやら記事やら増えております。
みなさまのおかげ。

御大がお休みしてる間に、
いろいろなアーチストのライブに
足を運んでいらっしゃるようで。
楽しさが増すほど、
これまた復帰後のハードルがどんどん高くなっていきますねえ(笑)

花粉症、なんやかやで今年もしっかりお付き合いしています。
この時期は免疫もちゃんと働かないのか
肌荒れも出るしなあー。トホホ。

鉄さん

いつもいつもタメになるコメントありがとうございます。
へえ~と感心しながら読ませてもらってます。

最近、また続けて著名な方の訃報が入ってきて、
来生さんもテレビを見ながら
あれこれ思いを巡らしているんだろうなあーと、
思ったりしています。
MCで語ろうにも、あんな人もこんな人もで、
機会もないまま過ぎ去っていくのかなあなどと。

小田さん、朝のNHKでインタビューが流れてましたね。
プレミアムでの特番放送を前に
軽くお知らせ、なんてさすが一流。
御大は語らせると何を言いだすのかしれませんので
(いや想像ははっきりとつきますが)
歌を歌うだけでちょうどいいくらいのサイズがよろしいかと。
なーんてそんな期待をしていたSONGSも
結局呼ばれなかったのが残念でした。涙。

>「カルテット」

ぜんぜん見ていなかったのですが、
脚本家さんが面白そうだったので、見ればよかったかなあと。
大賀ホールも使われてたんですか。へえー。

はゆさんと鉄さんのお話も、
さすがの響きあいが嬉しくて。
またちょこちょこ遊びに来て、
なんとなくな日々のことなどお話ししてくれたら嬉しいです。

>「ギターマガジン」

おお、他の記事を読むために購入したら、
嬉しいオマケ付きでしたね。
中田裕二の新譜レビューも、短いながらぎゅっと詰まった文章で、
期待感が高まりました。
こちらはあれこれと露出が増えてチェックするのも忙しいけど、
ちゃんと公式でアップしてくれるから助かります。はは。

追記。
ちらっとRYUEMIさんより聞いていたのですが、
話してもよさそうな感じだったので、
今さらですがご報告。
今年の初めの方に、
来生さんのツアーの打ち上げを皆さんでやったようです。
そして高橋さんの快気祝いも一緒にやったと。

まだおそらくリハビリなどはあるのでしょうけど、
大きな影響が残らず復帰することが出来て、
ほんとうに良かったですよね。
気になっている方もいると思ったので(^^)
来生さんのライブがふたたび始まるころに、
高橋さんもPA席で元気な顔を見せてくれるとイイですね。
のもん |  2017.03.20(月) 11:46 | URL |  【編集】

先週末からの連休では、車での移動中やなんやかんやでラジオを聴く時間が結構あり、懐かしい曲や今流行りの曲もランダムに楽しめました。
TVでは「The Covers」も4月から60分枠になりつつも月一のマンスリー枠。民放、NHK問わずBSでは演歌系の歌番組は増えている様ですが、やはりそれ以外の音楽はなかなか。。。

今朝、NHKから来たお知らせにラジオ「サウンドクリエーターズ・ファイル」の次回担当は中田裕二君と。
(もう、「裕二の間」ではご承知の様でしたね)
番組内容の中での「彼に影響を与えてきた音楽~」の辺りで邦楽からチャゲアスや安全地帯と並んで、来生作品にも言及してくれたら嬉しいなと淡い期待を(笑)。外出予定ですが録音忘れずにしておきます!(新譜出るんですね:汗)

来生組のスタッフは座長よりも若手といっても、ベテラン班においては平均年齢でも55越えでしょうから、無理せず今後来生さんのラストステージまで、長年培ったセンスと、来生作品を知り尽くしている愛情溢れた仕事ぶりをと願います。
PA高橋さんも退院、社会復帰、職場復帰と段階を踏んでの現場(実務)復帰でしょうから、きっとまた来生さんのライヴでイイ音を届けるPAの要でいてくださいませ。

TVでの小田和正さんのインタヴュー、「引退について」を聴かれると「ふふふ、と書いておいて」と濁して笑っていましたね。原キーで唄えなくなったら・・・とか色々話された後でしたが、こんな返しをする小田さんみたいな人の方がスパッと表舞台から去る可能性があるやも。。。と小田さんファンには叱られそうな印象が過りました。
鉄線花 |  2017.03.22(水) 19:06 | URL |  【編集】

鉄線花さん

カバーズ、月1になってしまうんですか。
これまでもアンコールを挟みつつだったけど、
随分減ってしまうんですねえ。
出たい人はたくさんいるような気がするのに、
思うほど見ている人が少ないんでしょうか。
呼ばれるアーチストも選ばれる曲も、
まだまだテレビがメインであるような世代が
対象のように思うんですけどね。

「サウンドクリエーターズファイル」
中田裕二、長丁場のひとり語りのようなので
すごく楽しみなんですよ。
これは後からタイムフリーで聴くわけにいかないのかな。
その時間にはパソコンの前にいるつもりです。

新譜、初回限定盤のライブDVDがかなりイイです。
これがオマケって豪華すぎ。

来生さんやスタッフのみならず、
長くやっているアーチストも恒例でやっているお芝居も、
年を重ねていけば当然、だれかれ身体の不調も出てきますよね。
節制で予防できるもの、不意に襲われてしまうもの、
いろいろあると思いますが、
少しでも長く、いいコンディションで続くようにと
願うしかないです。
それは見ているファンも同じか。
みなさんもご自愛くださいね。

小田さんのインタビュー、原キーでって、
相当ストイックに努力してあらがわないと
キープできないと思いますよ。
ファンが聴きたい音で、って言うのは簡単でも、
実現するのはなかなか。
その心意気だけでも、レベルの違うところにいると思います。
ポールマッカートニーもキーを落とさず、途中で水も飲まず
ライブやってたって御大も言ってたもんねー。
のもん |  2017.03.24(金) 22:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2668-b92f13f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |