2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.01.10 (Tue)

中田裕二@2DAYS・年忘れ日本橋だよ裕二だよ 2016

久々の中田裕二ライブです。
去年に引き続いての、日本橋2デイズ。
私は2日目のひとり忘年会に参加です。
1日目のバンド編のご報告はこちらでお待ちしています!
タロちゃんがどういうパフォーマンスで参加するのか?すごく気になってます。
生の白根さんも見たかったなあー。

***************************

帰って来ましたー。
短い時間だったけど、みなさんと無事会えてよかったです。
お土産いろいろありがとうございました。いつもスミマセン。

久々の裕二は、
やることなすこと可愛くて、
いろいろ素直なところがダダモレで、
やっぱ好きだなあー、とニヤニヤしっぱなしでした。
レポはいったいいつ書いたらいいのやら分かりませんが
メモはなんとかなってそうな感じなので、頑張りまっす。
みなさんも忙しいと思いますが、
時間のある時にどかどかコメント入れちゃってくださいませ。

***************************

年が明けまして、ようやくレポもアップとなります。

20161227日本橋

2016年も開催された「日本橋だよ裕二だよ」
そして今回も、「ひとり忘年会」に参加しました。
バンド編、去年よりもアルバムと連動していない今年の方が
ずっとずっと興味があったのだけど、
チケット確保はできませんでした。
正規のプレミア会員の皆様のお手を煩わせて
ホント申しわけなかったです・・・。
頼むからPCから会員になれるようにしてくれ(涙)
そうすっと、私みたいなオバサンの敷居が低くなって
一斉に参入するのでしょうか。
それはちょっと申し訳ない。

つか当日券出たんかーい!
分かったところで行けなかったけどな~。
主観メモ頼りの雑多なレポは追記へ。

【More・・・】

1枚余分に取れたチケットは、
ジムのキック仲間の友人が付き合ってくれることに。
わりといろいろなジャンルのライブに足を運ぶ人なので、
興味を持ってくれて良かったです。
去年よりも少し早い日付、遅い時間帯で、
開場前に来るお客さんの数が少なくて驚きました。
やはりみなさん通常モードで働いてるんですねー。

チケットは階段後方の、右端と左端。
最近右側が多かったので、左にしてみました。
広いステージの中央に、裕二が座るスペース。
ギターは3本あるみたい。
見れればいいのは中央だけなので、視界の確保は問題なし。
三井ホールのフラットな席の後ろの方にいるよりは、
階段席の方がずっとストレスがありません。

会場がようやっと薄暗くなり、流れてきたのは
銭形平次の曲。
さっきまで色気があって洒落た洋楽かかってたのにこの選曲!
お客さんも手拍子をはじめるし!!
袖からニヤニヤしながら入ってくる裕二。
「誰が呼んだか 誰が呼んだか♪」に続けて「なかだゆうぅじぃー」
かぶせてウヒヒと笑う。なんでしょうかこのヒトは。
「自分で選曲して笑ってしまいました」

昨日はバンド編、今日は「ロマン街道」、
去年に続いてこの日本橋でのライブ。
今年の締めくくりのライブではあるけれど、
やっぱり何のプランもない。
ランダムでやるのがロマン街道。
「今日もそうしようと思います!」
妙にキッパリ力強く言う裕二にお客さんも拍手。
「あとでリクエストも聞いたりしようかな~」嬉しそうです。
「心構え的には、ゆったり聴いていただいて問題はございません」
と言いながら、譜面をばらばらとめくって探しまくっています。
「1曲目にやるやつがない!」
いきなりゆるいよ。
サービス的にたまにギターの音を出しつつ、
これがまた艶めいたいい音だったりする。
「ユルし!
1曲目選んでたのなくなっちゃったよー」
ようやく見つかったのか、低めのイントロ。
弦をタップしながら。
ゴージャスな背景には、黄色と明るいパープルのライトが。

♪「NIGHTLIFE」

ナイトライフかよー!笑った。
「インビテーィション♪」のあとのギターの音の、
なんとも寂しい感じがツボ!
バックのライトは、ピンクやらブルーやら、
いろいろな色がランダムに浮かんで消えて入り混じって。
この日のステージの中で一番ハデだったかも。
セロハンのような色味とこの曲が妙にマッチしてました。

ラップなヴォーカルのギターはノリノリなのに、
それ以外のギターはジミーにさみしいのが可笑しくて。腹いてぇ。
ヨユーのあるテンポ、パタンと弦を叩く音。
ゆっくりめであたたかで楽しい。
ヴォーカルもいい雰囲気に遊びが。
ああ中田裕二のライブ、久しぶりで嬉しい。
しみじみと、今いる時間の贅沢さを感じる。

「変化球で始めてみましたー」
うん、まさかの選曲、しかも弾き語りで聴けるとは。

♪「FUTEKI」

上から当たるライトは月明りみたい。
去年も思ったのだけど、
1曲の中でさまざまに変化していくのが面白いのだ。
しかもセトリが最初からすべて決まっているわけではないんだよ。
自由な中田裕二に合わせて、その場その場で対応していくんだよねー。
それも何色も使って、
演出の仕方も、曲の盛り上がりで変化させるのはもちろん、
あえて変化させない、なやり方もあったりして、ほんと面白い。

ヴォーカルにはゆとりがあって、あたたかでじわじわと染みていく。
ギターもいい音。
伸びる声の中に含まれる、これぞ「中田節」な波にゾクゾク。
スピード感がありながら、どっしりと安心感があって。
カバーの時のつんのめり感がないのが不思議。
自分の曲だからでしょうか。
この感じはとても気持ちがイイ。
ギターの音は少し硬くて。少し雑味があるのがイイ。
遠くの席からだと、細かな表情まではっきりととらえることはできないので、
顔をフッと動かす動きとか、大きなアクションをされるとドキッとする。
あー嬉しい

MC
「今日はひとりぼっちです」とニヤニヤしているのが可愛い。
「バックがよくわかんないことになってる」
去年と似た感じの、紙をくしゃくしゃにしたような凹凸のある壁に、
長方形の、同じくくしゃくしゃな面の板が何本か、間隔をあけて並んでいます。
「舞台監督さんによると、
(昨日いたバンドの)人の代わりに柱を立てたそうですよ」
なるほど。

「今日は忘年会なので、みなさん飲まれましたか?」
袖に向かって、スイマセーンと声をかけると、
女性がビールのジョッキをもって現れました。
帰っていく後姿に「白シャツ、すごい好きなんですよ」
清楚そうなところにエロを感じているんでしょうね。ハイハイ。
去年はメニューを見つつ選んでましたが、今日は定番のビールでした。
裕二が「カンパーイ」とグラスを持ちあげると、
客席のあちこちから、同じように乾杯を返す手が上がってビックリ。
けっこう、みんな席に持ち込んでるんですね。
倒しちゃう心配はしないのだろうか。
乾杯のあと、拍手をするのが、会社の宴会みたいでオカシかった。
「今日は私の歌で酔わせていただきたいと思います」
と若干オヤジなセリフで。

♪「愛し君へ」:森山直太朗

生で聴くのは初めて。嬉しいかも。
あたたかで、しっとりとして、やさしく、色気のあるギターの音。
いいねええええ。
ほんと、このホールの音はいい!大好き。
ヴォーカルも、ストレートに体へと染みていく。
少し早めのテンポが中田裕二なんだよね。
甘く、寂し気で、切なく、でも力強く。
ああニヤニヤしちゃう。
首が少し深くまで見えるのが色っぽいなあー。
背景は抑え目なゴールドのライト。
シンプルに、動きは与えずに。
「まぼろしでもーーー・・・・」
空気を、すーーっとふたつに分けていくような声。余韻。
少し明るく左から照らすライト。
フェイクのあとの、顔の色っぽさ。ああ。

「昔、僕らの音楽って番組で、デュエットさせていただいたんですよ。
森山くんは超有名人で、
(おかげで)椿屋の名前を知ってもらえた」

「続いても渋い曲で」
と、エレキに替えて。

♪「悲しい色やね」:上田正樹

やわらかなエレキの音は、ガットのような味わい。
弱めのギターに、ヴォーカルは喉を狭めるような色気。
サビの高いヴォーカルよりも、そうでないところの方が、
声に合ってるように思う。
間奏はあたたかな響き。
聴いてるうちに、どんどんと中田裕二のものになっていく。
熱さと色っぽさ、湿り気を含んだ表現力。
オトコが歌う女歌は、中田裕二の真骨頂といえるなー。
女性の姿が見えるようだもの。

「バラード連発してます。
全部バラードだっていいんですよ」
お客さんからも拍手。
「ホント?
それはオレが嫌ですね」ばっさり

「カバーを続けて」
パラパラと譜面を探して、うんうん、
と頷いたと思ったのにまたパラパラと。
ギターはフォークにチェンジして。
ジャカジャカとした爽やかなイントロから。

♪「ガンダーラ」:ゴダイゴ

ガンダーラとは思わんかった!
こんな曲も弾き語りのレパートリーに入ってるんだねえ。
爽やかで、乾いた感じの、広がるのあるヴォーカル。
なんか自分の中にイメージがなかったので、
珍しいものを聴いてる感じがする。
ギターも軽く流すような、シンプルで早めのテンポ。
うーん謎だ。
巻き気味のヴォーカルはちょっと色っぽくて。
ライティングはブルーとベージュでシンプルに。
歌いながら「ご一緒に」って振ってくるか!
耳を寄せて、歌声を催促。
「ガンダーラ、ガンダ~ラ」
みんな歌うところがマジメである。なんだこの雰囲気。

「すごい、シュールでしたね」
うん。曲といい、みんなで歌うことと言い。
「タケカワさんの、ガンダーラの発音が好きで。
そのあとの”愛の国”も、この流れで歌ってるんだよね。
さすが、発音がイイ。大好きですね」

♪「リバーサイドホテル」:井上陽水

ライトは赤と青、壁の模様に深い陰影。
艶っぽい強さのあるギターの音は、
あまり響かせないで、カッコよく。メリハリがある音。
ヴォーカルは色っぽく。鉄板。
サビでは力強さと、ちょっとユルっとさせるところに、
色気がさらに増す。
ただただ、音を全身で味わう。

「カッコいい歌でございますねー。
声、良かったよね」←自画自賛?良かったよ!

ギターを弾きつつ、周りを見回し、
何かを探している様子。
フェイクを入れながら、まだ探してる。
もしかしてカポかな?
と思ったら、スタッフの方が持ってきたみたい。
はめたら音がパッと暗く変わりました。

♪「シクラメンのかほり」:布施明

オリジナルかな?と思うようなイントロから、この曲が始まった。
アルバムに入っているのとはまた違う、
畳みかける感じのあるリズムがカッコいい!
軽くて自在なギターに痺れる。
ツンとした硬質な音が、ホールに響き渡って、
強さと艶が身体中に染み入っていく。
中田裕二のギターって、内を通って含みを持つというよりも、
弾いたそばから前に向かって放たれるような印象がするのだ。
間奏はあたたかさのあるストローク。いいなあ~。
もう完全に、自分の曲になっていて、アドリブが冴えわたる。
歌っている裕二も気持ちよさそうで、
聴いているこちらも体が自然と揺れる。

ギターはガットへ。
まるい、水の膜がはったような音が。
ライトはシルバーグレーと青のコントラスト。

♪「ノスタルジア」

優しい甘い声。
なんだっけこの曲ー。タイトルを意識して聴いていない1曲だ。
どのアルバムだったのかもちゃんと覚えていない。
ずっとカバーが続いたあとのオリジナルは、
中田裕二の声の魅力が大解放。
伸ばした声の音の中に、ぎゅうと濃縮された様々な味わい。
旨味成分。
ひたすら気持ちがよくて、全身をまるくやわらかく包まれていくような声。
やはりカバーよりもオリジナルがよい。
ガットのぷるりとした音が、とても合っている。

「いい歌ですよね~」
自分で言ってハハと笑うのがカワイイ。

ここでロマン街道の振り返り。
全国いろいろな街、いろいろな場所でやるライブ。
映画館だったり、教会だったり、酒蔵だったり。
普段は行けないような場所でやるのが楽しい。
ロマン街道は大都市はあまりやらなくて、
それ以外でもまだ実は行っていない主要都市がある。
名古屋も、奈良も。
「すごい田舎、あっ!(失言)、観光地が多いんだよね」
リストには行った先が書いてあるようで、それを見ながら思い出話をつらつら。

近江八幡では近江牛をハンバーグで食べてごまかしたことが
のちの後悔に繋がり、松阪ではちゃんと肉!なものをランチで食べ
さらにまだ肉モードだったので夜も食べたらしい。
「ハンバーグじゃだめです。潰したらわからん!
まつさかうし、って言うんですよ。ぎゅうじゃなくて。
どーだっていいんだけど、
って松阪の人にとってはどうだってよくない!
で、まつさかぎゅうを」←言ったそばから。

旅とグルメを堪能するロマン街道も、今日で41回目。
「めざせ全都道府県!」
で、行ったことのない奈良の、アンテナショップが近くにあって
富有柿が大好きだと。
「マイブームは柿です。小さい時はあまり好きじゃなかったけどね。
熊本であちこちなってて、落ちてべちゃってなって。」
年齢を重ねると好きになるもののもう一つはパクチーで、
最初はイヤでも、ある一定のラインを超えると快感に、と
シモなニュアンスを漂わせつつ語ってました。
横浜赤レンガのイベントの後でISEKIくんと打ち上げしてて
ひとりでパクチーサラダ2つ食べたらしい。
極端だねえ。

「シンデレラ」

椿屋から。
ガットで、ビョンビョンとしたギター。
さっきまでのマターリな空気が一変する。
抑え目なヴォーカルが切なくてイイ!
ガットが渋くて雰囲気出てる。ギターひとつで効果が変わる。
サビの高めの声がまたカッコイイ!
あーもうずーーーっと聴いてたい。ニヤニヤが止まらない。

「楽しい曲もやってかなきゃね」
エレキにチェンジ。

♪「朝日のあたる道」:オリジナル・ラブ

タイトルは、後で言ったので分かったけど、
聴いてるうちはぜんぜんわかりませんでした。
この時期の曲からもうついていけてないんだなあ。
やわらかであたたか、やさしいヴォーカルとギター。
かわいらしさのある曲。
高い声が甘くていい。
タップしながら弾くエレキ。譜面をじっと見ながら。
ライトも明るめのグリーンやイエローで。

今度はフォークへ。
スラップしながらの渋いギターで軽快に始まったのは

♪「おてもやん」

ノリノリのギター。
ライトは明るくさまざまに変化して。
ラジオのライブ収録で聴いたのが初めてだったけど、
また一段と、自分のものになった!な感じ。なじんでる。
早口のヴォーカルもいいねえー。
オワリはスッ!とキレよく。

「今年はいろいろなことがあって。
ホールツアーのファイナルの前に、熊本で大きな地震があって。
今年はたくさん熊本にも行かせていただいて。
チャリティイベントで地元の歌もやりたいなって、おてもやんを。
子供の時から、祭りとかで、おてもやんサンバってのが流れててね。
(ここで少しギターでさらう)
民謡にしてはリズミカルだし、面白いよね。
ヒップホップの走り。
(僕がやったのも)原曲ともあまり変えてなくて、
江利チエミふうにアレンジしてみました。
おてもやん、ってね、「ブサイク」みたいな意味で
あんな顔してずいぶん調子乗ってんねって歌詞。
ってひどいこと言ってるけど」

ここからリクエストコーナー。
お客さんのいる場所も明るく照らす。
あちこちからパラパラとあるいは同時に(笑)声がかかる。
「キリンジ?歌わねーよ!」
耳に入った「ラブイズオーバー」を、こんなだっけ?とうろ覚えで弾き語り。
歌詞はほとんど輪郭がない状態。
出来ないけれどサービスはしてくれる。
柴田淳の「片思い」もちらっと。
歌詞は怪しいけれど、すーっと歌い出した時のゾクゾクする感じが。
ライトも即興で合わせていくんだからなー、毎度感心します。
「スマップって聞こえたね。最近歌わしていただいてるんですよ。
昨日解散したんだっけ?あ、まだ?」

♪「夜空ノムコウ」:SMAP

最初は歌詞が手元にない中で、
たどたどしい感じ。
ライトは曲に合わせてそれっぽく、暗いけどツヤのある感じに。
気分を高めるように、前を向いて歌う。
タップしつつツンとしたギターはやはり抑え目に。
「ごめん、ちゃんと歌いたかったんだけど」

そのあと、「テレサテン!」の声にこたえようとするも思い出せず
「なんだっけ、今度入れとくね!」
天城越えはワンフレーズのみのピンポイント対応(笑)

ここで、「夜空ノムコウ」の歌詞が見つかって、リベンジ。
歌詞があるだけでこんなに違うか!というくらい
しっとりと落ち着いた趣のあるギターに。
ヴォーカルも、どっしりと腰の据わった感じになって、
味わいの深さがぜーんぜん違う。
切なさでふわーっと包んで空気が締まる。
高いキラリとしたギターの音、寂し気な含みのある甘いヴォーカル。おお~。
私はSMAPになんの思い出も思い入れもないけれど、
いい曲だなあ~としみじみ。
即興リクエストもいいけど、歌詞があってしっかり歌う方が
ぜんぜんクオリティが違うのね、と再認識しました。

袖をうかがう裕二。
何の確認なのか。時間いまどれくらいなんだろう?
もうそんな時間?

「今日がライブ締めなんですけど、
いつもアコギとエレキをやってるんですが、
ピアノを初めて弾いてみようかなって」
おおおー!ピアノ!予想外!
「なんとなく楽しんでください」←真剣に聴かれたくないらしい
袖の方から、キーボードが持ち込まれて、セッティングされます。
「自宅から持ってきました。
YANCYさんからのいただきもので。YANCYさんの音がする気がします。
キーボーディストの人って何本も持ってるから、
いらないのありますか、っていただいた。
最近ピアノで作曲もするようになってね。
竹善さんの弾き語りを見てて、かっこいいなあ~って思って。
練習をはじめていたんだけど」
照れか緊張か。ブツブツ言いながら準備してます。
椅子に座り、さらっと弾いた感じはかなりイイ!
軽快です。へえー。
「固唾をのんで聴かないで。会話とか、してて」
なんて笑顔が可愛くて。

♪「IT'S SO EASY」

おお~!
優しくていいじゃんピアノー!!
そうそう、ピアノで始まる曲だったよね~。
力入ってそうな、探るような感じがカワイイ。
ひゃははって思わず声が漏れて。
なんて愛しい動物。
少し余裕が出てきて、テンポもゆるっとして。
最後に超短いグリッサンドを入れてんの。笑かすなー!
ひきおわって、アハハ!!と笑いながら突っ伏す仕草が
もうたまらなく可愛い。
何か言いかけたところで、勝手に音が鳴りだす。
「ヘンなとこ押しちゃった!!」
自動演奏とかもう、まさかの天然ボケに死にそう。
「どう?オレの練習の成果!」
とピンスポ(グッジョブ!!)浴びてエアピアノの裕二。
「誰か止めてくれー!」
なことやってる間に、ようやく演奏終了。
「目標はあんな感じ」
もうコントですよ。
「手が震える。
よくタレントさんが練習して披露するのってあるじゃない、気持ち分かる」

昨日のバンド編成ライブのときに、
今度の新譜について話をしたらしい。
今日初めて聞く人にとってはかなり大雑把な説明(笑)
3月に出す「シックネス」というアルバムから2曲を披露したんだけど
反応が良かったと。
「また中田裕二は別世界に行ってしまいました。
来年は中田節をつらぬこうかと」

「ピアノで作った曲があって、
それを、 フフ 、やってみようかと。
間違えてもわからん」
けっこう大胆です。

♪「新曲」 タイトルは言ってなかった。

低く、暗く始まる。
なにこれ、いいねえ~。
この暗さ、好きだなあ。
切なさ、少し明るさ。
柔らかで、やさしくて、甘いバラード。
中田裕二的なツボが随所にあるけど、
1曲としてまた新しいものになってる。
これは初聴きでイイ!
シンプルなのにどんどん音が染み入っていく。
どこか濡れた感じもあって。
ずっと聴いてたい気持ちよさ。
声の高さ、弱さ、どれも私のツボにはまりまくり。
あまり凝らないで、
このシンプルさを活かしたアレンジになったらいいなあー。
アルバムでちゃんと聴いた時、
私の印象がまたどう変化するか、楽しみだ。
シメは照れかくしのアクションで。カワイイ。

「はいっ」
切り替えて元の場所へ戻る裕二。
「今年最大のハラハラだったと。
ギターだけじゃなくて、ピアノにも慣れて行こうかなと。
来年の年末には、さっきの自動演奏みたいにできるから!」

フォークをもって、かわいらしいイントロ。
「あ~の子との部屋をあとにして」
おっ、メトロの曲か。
「ちょっと待ってください」
パラパラ譜面をめくりだす。
「曲を変えます」
えっ。えー?

♪「リバースのカード」

ガラッと変わって、力強いストロークへ。
おおっこの男前な曲!
身体が自然と揺れてしまう。
空気がピリッとして、熱くてカッコいい!!
ブルーと深紅のライトが交錯するコントラスト。
声の伸びやかな中に、幾重にも混じりキラメク裕二節。
あーもうほんと、コレなんだよねえ~。たまらないわー。

「おかわり、トイレ、行っていいですよ」
と促しつつ、
今年の振り返りなどをポツリポツリと語る裕二。

ホールツアー、ジャジーエクスペリエンス、そしてシングルCDを2枚。
「今年はなんか5周年てことだったんですけど、
5年周期で何かあるのかなって。
思い悩んだことも多かった。
一筋縄ではいかないなって。
楽しい1年だった、
とは言いずらいんですが、
昨日SKB&ブルーネオンズと久々にやって、
このゆるいバージョンもできて、
ここまでやってきたことに、無駄なことなんて一つもなかったなって。
アルバムに、そんな思いをぶつけて作ってます」
ゆっくりと、思いを巡らせながら語る言葉に
こちらもぐっと静かな気持ちに。

「長く活動していると、新しいことを見つけるのが難しくなっていく。
最初はやることなすこと新しくてもね。
椿屋の時も(と群青を雑にw)こんなふうに。
でも、もっと多くの人に、世代の人に、聴いてほしいって欲が出てね。
前は自分が絶対だった。
だからぜんぜん売れなかったんだけど。
チャゲand飛鳥や安全地帯みたいに、
たくさんの人を感動させるミュージシャンになりたくてやってきて、
だんだん、研ぎ澄まされていくんですよ。
自分にあったもの、自分に得意なものが何なのか。
まあ正解なんて、一生ないんでしょうけど。
でもこんなゆるいライブにお客さんが集まってくれる。
間違ってなかったんだって、
力強い勇気をもらえます。
僕もちゃんと、みんなに返せてるかなって」
お客さんから拍手拍手。
「ポリシーとして、
安っぽいものは絶対につくらないってのがあって。
”そんなこと100も承知ですよ”みたいな歌詞も書きたくないし。
意味のある、深いものを歌ってるねって言われたい。
歌詞が、自分にフォーカスがあってきたんだよね。
大人になるって、すごいいいなって思う。
若いころに戻りたいとか思わなくて、今が最高って思える。
この先もっと最高の出会いもあるって。
いろいろなことがちょっとづず分かってきて。
時間をかけないと分からないものがあるんですよ」

このMCを聴いてて、中田裕二というひとの、
健康な素直さ、強さに嬉しくなったなー。
歌詞にメッセージを込めるようなダサいことはしなくても、
胸のうちにしっかりと熱いココロザシを持って
ちゃんと誠実に、ものを作ることに取り組んでる。
自分のダメなところもちゃんと向き合って、
周りのちゃんとした大人たちと一緒に仕事をすることで
いろいろなことを吸収して大きくなる。
大人になることをこんなに清々しく確信をもって肯定してるって
すごくカッコいいことではないですか。
モノを作るって、こういう謙虚さが大事なんだよねえ。
イイ子じゃ。
「がんばっていきます」
最後はとても前向きな言葉でシメて。

「これもリクエストで聞こえたので」

♪「流星群」

ふわーっとヴォーカルが広がって。
声をメインで聴く曲。ギターはシンプルに。
語るように歌う声がじっくり染み入る。
ライトは森の中にいるようなグリーン。頭上の月明り。
曲が進むごとに美しく変化を見せる。
そういえばあまりこの曲聴いてないなあ。
自分の中でまだすっかり取り込まれていない曲を
だぐりながら味わう感じも、
きっと今ならではの楽しみ方。
スケールが大きくて、どこへ連れていかれるのかわからない奥行きがある曲。

「当初は、この曲はディズニーみたいなイメージ、世界観で作ったんです。
その時はずごい難しくて、歌いこなせなかった。
ライブでも避けてたけど、
最近歌うのが楽しくなってきた」
こういうエピソードを聞くのは嬉しい。
若くても、作った曲の完成度が高かったことと、
自分の技術、表現力が経験とともに増して、そこに追いついたという実感。
頭と感性と身体のバランス。

♪「STONE FLOWER」

また激しいイントロが!
おおーこの曲がー!
弾き語りで聴きたかったんだよね。
カッコいいヴォーカル、かっこいいギター!
嬉しくて体が揺れる揺れる。
逆に曲の激しさとはリンクしない、ライティングがすごい!
パープルで、シンプルに動かさず、照らすだけなの。
ギターを弾く指だけが、激しく動いていく。
1本から出てるとは思えない迫力の音!
やっぱこの曲好きだあー!

終わって、ピアノの方に、水を取りに行くだけ。
「戻らない(笑)」

「というわけで、
長らくお送りしてきました、日本橋だよ裕二だよ・・・(延々タイトル)
ってタイトルが長いんだよ!
お疲れ様でした。
たくさん歌ったんだけど、もう少しやりたい気分。やりましょうか」
ワーイ!!やっぱ今年最後のライブだものねえ。
「だるくない?
じゃあやります」
お客様の中にはタイムリミットな方もちらほら見られて、
名残惜し気に振りむきつつ帰る人も。

「じゃあ僕の好きな二人ユニットの曲をやります」

♪「万里の河」:CHAGE and ASKA

今回はギターだけでなく、口でも楽器。
「イントロも一緒に歌いたいんだよね」
好き加減、曲の馴染み加減がわかる。
早いテンポに、ところどころの裕二節。
シンプルなギターでゆるーいカバー。

エレキに替えて。
「ロマンのテーマ曲を。
お酒が進む季節になりましたね。
今日もぜひウィスキーを。
僕はちょっと苦手なんですけど」

♪「ウィスキーがお好きでしょ」:石川さゆり

これを聴かないと、ロマンに来た気がしないんだよねー。
もうすっかり自分の歌。
余裕のヴォーカル、出すともなく溢れる色気。
そこでなぜ口トランペット。充さんの影が!
そんなネタ入れないでいいのに~。
にやにやしつつ全身で味わう。気持ちイイ。
はやくCMで聴ける日が来てほしい。
変わったばっかで、あとどれくらい待てばいいのか。

フォークにチェンジして。

♪「髪を指で巻く女」

なんか久々に聴く。
ずっとライブに行ってなかったからなー。
軽快にボディをタップする音。
めっさ楽しそうな裕二。
完全に馴染んでるリズムとノリの良さ。
これもまた1本のギターだけの音とは思えない厚み。
豊かで洒落てて楽しい!
ご機嫌なのがこっちにも伝染していく。
顔をフッと動かす加減で揺れる髪がカッコよくて。

「仕事納めは今日じゃなくて明日なんですよ。
ラジオの収録が。
愛の夜間病棟って、僕のいとこのエロ医者っていう設定で、
相越さんて九州でブイブイ言わしてるパーソナリティの方と一緒にやってるんです。
あれは声色を変えるんですよ。
何本かまとめて録っちゃうんで、あれでのどがつぶれる。
だから明日にした。
ライブ出来なくなる。
今日も婦長が来てるはずですよ。いい年したオバサンなんですけどね。
ゼッタイコロサレルー。
僕のファンの方とコミュニケ―ションを取りたいみたいで。
ハグしてもらってください。ご利益あります」

「名残惜しい。さみしいけどまた来年。
面白いアルバム作って頑張りますので、
楽しみに待っててください!」

最後はやっぱり、で。
♪「MIDNIGHT FLYER」

カッコいいギター。
嬉しそうにみんなの顔を見回しながら、
ずっとイントロが続く。
「歌詞が飛んでしまいました。みんながあまりに見つめるから。
ラッキーですね、イントロが2回もきけました」
お客さんは立たないまでも、拍手で盛り上げて。
ワイパーも前の方ではヒラヒラ動きが。
一緒に動いて、と言うよりも
嬉し気な裕二と、かっこいいギターに聴きほれて、
お約束のクラップだけ付き合って。
あーめいっぱい楽しかった!

終わってお客さんに向かってお辞儀。
一人一人の顔を見るかのような(視力2.0)丁寧さで
ステージの上下左右に顔を向けて。
今年最後のステージ、
ボリュームたっぷり、ユルくもガチにもバラエティに富んで。
素直なダダモレMCも、印象に強く残ったなー。
地道に歩んできた人の言葉は強い。
苦しい状況・思いもよらない出来事の中でやってきたことを
ちゃんと最後に受け止めて、さらに前に行くカッコよさ。
一人の限界と、サポートをもらって出来上がるもの、
到達できる地点の面白さ。
言われて気付くのではなく
自分で分かった人の言葉は信用できる。

来年どんなアルバムが出てくるんだろう。
なんか私好みの匂いがして、すごい期待してます。
西部劇風のニュアンスの曲とか、気になって仕方ない。

一緒に行った友人は、アンコールがなくてびっくりしたみたい。
そういえばその辺の説明はしてなかったな。
あとお客さんが静かでビックリしたと。
「最後の曲なんて、立ちそうなのに立たなかったよね!私立つ気満々だったのに」
言われて思い出す、最初に中田裕二を見たときの感じ。そうでしたそうでした。
カバー多めで、知ってる曲も多くて、大いに楽しんでくれたようです。
「ウィスキーがお好きでしょ」もはじめてちゃんと聴いて、
いい曲で、あってるね!と気に入ってくれたみたい。
またなんかの事情でチケットがダブったら、お付き合いしてもらえそうです。

友人と別れ、中田班の人たちを探す。
ようやっと入口付近で会えました。
ばたばたな中、年末最後のご挨拶ができて良かったです。
始まりが遅かったので、去年のように忘年会はできませんでしたが
またどこかのライブでお会いするのを楽しみにしています!

などと書いていたら、公式からツアーのお知らせ。
早くも5月までのスケジュールがアップされました。
RYUMEIさんのファンミがあるので、現時点でわかるのはありがたいー!
今回も、やたら競争率の高そうな、
関内と東京の2公演のみに
勝負をかけることになりそうです。
さいたまは遠いんだよねえ。
無事に見に行けるといいのだけどなあー。
つかやっぱパソコンから会員になれるようにしてくれよう。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二

07:19  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

Comment

暮れ

私も2日目のみ
タロ子 気になりますね~~笑 忘年会の余興じゃないんだけど・・
明日休むし なんだか 気ぜわしいね。
じょん |  2016.12.26(月) 12:59 | URL |  【編集】

日本橋!

すっかりご無沙汰しています^^;
のもんさん、
じょんさん、
(ayuさんとMeさんも…かな?)
日本橋、楽しんで来て下さいね〜♫
まや |  2016.12.26(月) 16:13 | URL |  【編集】

まだ東京に着いてない(笑)

はい、超セレブ移動(新幹線グリーン車)ちうです。
2日間楽しみたいと思いますヽ(^ω^)ノ

現地でお会いできる方よろしくです。
レポ書けるかな?
ayu |  2016.12.26(月) 16:33 | URL |  【編集】

バシ1日目

行って来ました。
恋わずらい、やばかったーー!!
白日にじーんときた。

「3月頃にニューアルバム、"シックネス"発売します!カラフルなリバティーとがらっと変わり、重いグルーヴィーなアルバムです」とお知らせが。

なんてタイトルなんだ、"病的な"って…と思ったら「sickness」ではなく、厚いほうの「thickness」でした。
その中から、今までにない無国籍のような西部劇のカウボーイのような南米(ペルー・チリ方面)のような曲と、タイトなロックの曲を2曲披露。

今日はこの辺で。
明日お会いできる方、よろしくお願いします!


Me |  2016.12.27(火) 00:08 | URL |  【編集】

いやーよかったっす
マジで

あーいい夢みれそうΣ>―(〃°ω°〃)♡→

中田くん少し痩せてたようにみえました
プリけつごっちゃんです(笑)

タロちやん主にコーラスなんですが
上手い ほんとに

久しぶりの奥野せんせー
音がエロい

白根さんは、初ですがこれまたエロい

まふまふもかっこいい

お風呂上がりの風呂泉さんも上手い
ソロがオイラ好みでした。

愛の摂理 たまらんでした
もーほんと好き♥
やばい

あっ、酔っているのでまたシラフの時に出てきます。

Meちゃんお疲れ様でした
また明日もよろしく。

明日お会いできる方もよろしくお願いします!

おやすみちゃん
ayu |  2016.12.27(火) 00:52 | URL |  【編集】

Meさん、ayuさん、
さっそくのチラ見せ、ありがとうございます。
タロちゃん、コーラスメインだったとは。
こだわりを感じますね。
お色直しはしないのかしら。
DVDのスナックで着た衣装は1回きり?

アルバム発売と連動してない、今日限りのライブは
どんなセトリだったんだろ。
ニューアルバム情報もありがとうございます。
西部警察ではなく西部劇ですか。
私好みの匂いが早くも。
3月に発売ってことは、そのへんから怒涛のツアーも始まるんですね。
4月はじまりカレンダーもそのころかー。
誕生日ライブはどこでどういう形でやるんだー。
一気にいろいろなことがアタマに(笑)

今日は開場時間くらいを目安に入ります。
って開演まで1時間もあるとは思わなかったよ。
ビール1杯で我慢できるかしらん。
終わってからは今回なんも考えてないので、
そのとき次第で。
みなさん、手ぶらでいいですからね!(今言っても)
のもん |  2016.12.27(火) 08:52 | URL |  【編集】

おはようございます

昨日は、ちらっとしかお話できませんでしたがありがとうございました。

帰りの新幹線から富士山🗻もきれいに見えてええ感じ。

いやー なにやってもほんとかわいいって
何度も何度も思いながら2日間楽しみました

昨日は、やはりピアノの弾き語りの後の
突っ伏したところで悶えました ((o(`>ω<´)o))
あれであと3日仕事がんばれます

『夜空のムコウ』 (T^T)
SMAPすんごい好きだった
スガくんも好きだった
思い出しちゃった

もう少しで超セレブ移動も終了
出勤モードで行ってきます

また出てきます
ayu |  2016.12.28(水) 08:50 | URL |  【編集】

しびれたよ

個人的に リバーサイドホテル のギター 最高です。音源が欲しい!

ピアノ弾き語り  
神経の95%が「手」にいっちゃってて 「歌」は添え物・・その表情がお気に入り!(変?)

いや~~ オトナになったね。できない自分でもさらけ出せるようになった。

取り急ぎ
 今年もお世話になりました。 最後バタバタでしたが 皆様良いお年を~~~~・・・フェイドアウト
じょん |  2016.12.28(水) 12:34 | URL |  【編集】

第一夜:狂熱のバシ

はい、年も明けてしまいました。
明けましておめでとうございます
本年もどうぞ宜しくお願いします(*-ω人)

セトリ ファンサイトに出ましたので書いていきます

ロマンかイベントかラジオか忘れましたが
「ギターロックみたいなのがやりたい」って
言ってた覚えがあって、きっとアンビヴァの曲を
たくさんやるんかなぁって思ってたら、BTMの曲が
一番多かったのとLIBERTY 曲が1曲もなかったんです。
きっと彼は次のステップへ行ったんでしょうね。

楽しかったのと福岡ほどではなかったけど
がっつり見える席じゃなくてあんまり覚えてないんで
微妙ですが

久しぶりのSKB48で、のびのび歌う中田くん
うれしそうだった😁✨✨

・灰の夢
中田くんのギターがSGだった←イメージになくてタロちゃんやないんやってびっくりした😲
タロちゃんのを借りたのかしら
ほんとにタロちゃんギター持ってないよΣ(⊙ω⊙)

・未成熟
イントロでおぉとなってしまった。

・ベール
タロちゃんもギター弾いてる ギタリスト3人やん‼

・誘惑
あぁ好き好き❤
ちゃんとコーラス居るのいいよいいよと思いながら観てた。

・IT 'S SO EASY
タロちゃんのコーラスほんまええ
だんだん好きになってきたこの曲

・夜をこえろ
好物です カッコいい(〃▽〃)

・愛の摂理
ふぁ~ 色気に襲われる(>ω<〃)~♡
また口押さえて観てしもた
何度も言いますがタロちゃんのコーラス良い
色気倍増💕

・薄紅
Bitter sweet のツアーと同じ流れだね

・白日
生でバンドで観たことなかったのでうれしかった
やさしくていいな

・BUG
この曲好きなんだけど、タロちゃんのギターじゃなかったのが物足りない。跳ねながら弾いて欲しい

・話をしないか
なにも思わずするっと

・ただひとつの太陽
なんか久しぶりに聴いた気がした

・ユートピア
待ってました❗ 
あぁ~ずっと聴いときたい大好き😍💓💓

・恋わずらい
おぉーきたー(/ω\)キャー
もうほんと来て良かった❗
ありがとー😆💕✨
でも欲を言えばマイクスタンドの形が真っ直ぐじゃ無かったのでエロさ控えめがじゃんねん

・THE OPERATION
おぉCDに忠実な感じ
これも好きな曲

アンコール
・静かなる三日月(新曲)←仮タイトルかも
タイトルと曲のイメージが違うように感じた
バンジョーとか入りそうなカントリーチックな曲
CDになると化けるのかな?
レコーディングは1月で白根さんが叩くんですって。

・REBUILD (新曲)←仮タイトルかも
ロックです。
この曲の方が好きやな

・MIDNIGHT FLYER
もう終わりなのね楽しかったー

マネージャーさんによる記念撮影の後
万歳三唱🙌🙌🙌🙌🙌🙌で終了

MCその他もろもろ

*タロちゃんが、コーラス、タンバリン、シェイカー、たまにギター、グッズ紹介。
MCで「コーラスが非常に良いなと思って」って言ってた通りめっちゃ巧い。

*真船さん 前夜のホテルであった怖い話。
深夜一時頃にドア鍵を開けて入ってこようとする気配、ドアチェーンで助かった。
オカルト現象かと思ったらサプライズでどなたかが
やってたとフロントの方が言ってくれたそう。

*平泉さん、ライヴ前にお風呂屋さんへ行ったそう

*奥野さん ジャジーバンドに嫉妬したそうで「携帯から中田くんの連絡先消した」って(笑)

布袋さんに「俺の吉川になってくれ」って言われたってネタが笑た

50歳の誕生祭で総勢41人も出てもらって借金ができたのでTシャツ作って借金の足しにしようと思ったら売れ残った。歳末助け合い運動で中田くんのグッズと一緒に買って~! 売れてたみたい

*3月に出るアルバムタイトル「THICKNESS」について白根さんからシの発音が病気の「SICKNESS」かと思ったと突っ込みあり。

こんな感じの初日でした。

お休みなさい
ayu |  2017.01.04(水) 01:30 | URL |  【編集】

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

ayuさんのレポが完璧!!
そう、その通りです~

以上!・・・というわけにも行きませんので(笑)
感想を。


・初めましての白根さん。
シゲルさんのドラムに慣れていたので、白根さんの音に慣れるまでちょっと時間かかりました。
ですが、歌謡ロック調の曲(夜をこえろ、BUG、ユートピア等)にはバシッとハマってかっこいい!色気もすごかった。

・コーラスのタロウさん。
ギターを持たずにタンバリンやシェイカーを持ってコーラスする姿が珍しくてついつい視線が。
コーラス素晴らしかったです。
ただうまいだけではなく、少しねっとりした声が裕二さんの声と絶妙に絡みつくのがいい!
声の相性が合っているし、コーラス専門の方では出せない魅力があるんだろうなぁ。

・平泉さんは風呂上がり。
それだけでテンションあがります(笑)
ギターもコーラスも素敵だった~

・マフマフ。
最近他のライブで見たので久しぶりではなかったけど
ウッドベースよかった~。
ジャンピングマフマフも見れた。

・久しぶりの奥野さん。
メンバーの中で一番前回からの間隔空いてるかも?!
でもそんな感じはしない。
ROOTS66のバンマスで偉大さを知ってから
奥野さんのピアノって凄いんだな~と改めて感じた。


・新曲 静かなる三日月
タイトルからは想像がつかない明るくアップテンポな西部劇風。バンドメンバーによる掛け声あり。奥野さんはアコーディオンで演奏。
どう反応していいかわからない観客、会場がざわついた。

・ロックな新曲
重めのタイトなリズムのマイナー調ロック。
いいメロディーだったな~という印象が残っている。

AOR方面へ行ってからのファンなので、ロックに回帰したらついていけるか不安に感じていましたが、この曲を聴いて大丈夫、と思った。

・白日
最初は歌とギターだけの弾き語りで始まり、徐々に楽器が重なっていく様がドラマチックでじーんときた。

・恋わずらいの衝撃
ユートピアで盛り上がったところでこの曲がくるとは!
やっと生で初めて聴くことができました。心拍数アップ!まさに狂熱。
はぁ~色気がすごいのなんのって。マイクスタンドに手をすべらせながら歌う姿がなまめかしくエロかった。。。
くるくるターンしながら歌っていた。

・THE OPERATION
バンドで聴きたかった大好きな曲。掛け声のタイミング「Let's get started!」は難しかったけど、やっぱかっこいい!

1日目はセクシーでアグレッシブでかっこいい中田裕二の巻。でした。


Me |  2017.01.04(水) 21:35 | URL |  【編集】

第ニ夜:日本橋ロマン街道 ひとり忘年会

2日目始めます
初日は8列目だったけどこの日は、席が後ろの方で
野鳥グッズ持参でOK(•ω<)✌

舟木一夫さんの「銭形平次」
『誰が呼んだか 誰が呼んだか 中田裕二』と歌いながら
黒いスーツで登場(笑) これだけで来てよかったと思う

ちゃらちゃらギターを弾きながら曲を選ぶ。
ギターうまい、かわいい

・NIGHT LIFE
難しいのか手元を見ながら弾いて、左足が上がる
ラスト辺の声がとても好き。
三重の時と違ってた←だいぶん練習したんやろな

・FUTEKI
赤いライトで綺麗
ギターがまた違ってたのと『謎めいた~』のところで
後光が差すようなライティングだった。
最後の歌詞を間違えてた。

今日は一人なんで昨日よりセットが増えてます
忘年会なんでみんな飲んでますか?
僕も飲んでいいですか ?
ビールを注文してみんなでかんぱーい🍻
めっちゃいい顔してた

・愛し君へ(森山 直太郎)
いい声♥

・悲しい色やね(上田 正樹)
合うなぁ。『青春やった』ってところで泣けてきた😢
噂のモノマネは無かった残念

・ガンダーラ(ゴダイゴ)
前にも聴いたような気がするけどなんか
サビの所に違和感があるんだな
タケカワさんのガンダーラの発音が好きで
モノマネもしてた。

・リバーサイドホテル(井上 陽水)
うれしい!ありがとーと思ったけどちょっと色気が
足らんように思った。←上田に比べて
最後の手つきが好き

・シクラメンのかほり(布施 明)
曲を始める前にカポがなくて探す姿が
小動物で (゚Д゚|ヵ、ヵゎィィ…
ギターがジャカジャカバージョン
弾きながら身体が傾く
この感じもええねぇ
足が上がる
また足が上がる(*/ω\*)
上がった時の太ももの形が好きなんですオイラ。

・ノスタルジア
うん、いい~ぃ 好きだ
いい曲だ

ロマンの話
今までやった場所を読み上げる。
滋賀は近江牛をケッチってハンバーグにしたのが
心残りだったみたいで松阪牛のことをしきりに言ってた。
でも、松阪は岐阜県と勘違い。三重だと教えられたところで恥ずかしがる←その表情ごっちゃんです
まだ、行ったことがないって話で一番に奈良‼
あぁーうれしありがとうー
日本橋のまほろば館で富有柿を買って食べてる
子供の頃あんまり好きじゃなかったのに
最近はとても好きとの話しから今一番好きな食べ物は『パクチー』と。この話はど下ネタなんで書けません((笑)) もう高校生ぐらいの感じ

・シンデレラ
少しギターの音が大きくなってたように思う。
切なくていい

・朝日のあたる道(オリジナル・ラブ)
うれしい、この辺りまで田島くん観に行ってたなぁ
聴けると思わなかったので

・おてもやん(熊本民謡)
初めて生でみた
ずんずん上手く歌えるようになってる←上からでごめんなさい
曲終わりの前かがみがなんとも♡

リクエストコーナー
ラブイズオーバー(欧陽菲菲) 鼻歌歌うが照れてかわいい
片想い(柴田淳) 好きだわ

・夜空ノムコウ(SMAP)
リクエストの時に楽譜を探すけど出てこなくて鼻歌で
歌ったあと『あった!』ってもう一度きちんと歌ってくれた。
号泣ですわ(/Д`;

竹善さんと一緒にやった時にピアノの弾き語りできると
かっこいいなぁって思ってたらしく練習したようで
YANCYさんにもらったCASIOのキーボードを
自宅から持ってきた。
恥ずかしそうに弾きながら
・IT'S SO EASY
きゅーんってなった
この曲は、キーボードで作ったって言ってたから
あっ、オリジナルで聴けてうれしかったなぁ

歌い終わってキーボードに倒れ込む姿が可愛すぎて
悶えたわ(>ω<〃)~♡
その時に自動演奏のボタンを押してしまってどうしたら止まるのか解んなくて戸惑った末に弾いてる真似をするんだがこれまたかわい過ぎた💕

・新曲
これもキーボード弾き語り
『愛に触れる度に』で始まる歌
この曲好き。キーボードで作ると優しい感じになるんだろうか?
また照れてしゃがむ (〃°ω°〃)♡

ギターに持ち替えてサブウェイのイントロやって
チェンジして

・リバースのカード
ホッとしてるようにみえた

今年はとてもいろんな事があってすごい悩んだと。
でも、MCの時にすんごい いい顔をするなぁ
自信ついてきたんやろなぁって

・流星群
いい歌だと改めて感じた
キラキラマグのスロートコート注入

・STONEFLOWER
はーんはーんってなる💓💓
なんでこんなにこの曲好きなんやろ

・万里の河(CHAGE&ASKA)
イントロもうたう、彼の好きなのが伝わる

・ウイスキーが、お好きでしょ(石川 さゆり)
ウイスキーは苦手らしい
くちサックスも入って楽しそう
早くCMをお願いします(人´ω`*)

・髪を指で巻く女
FUTEKIと同じぐらい好きなんだろね

今年の仕事納めは『夜間病棟』と
生「なんですかぁ」が聞けてうれしかった。
何本も録音するので声か潰れると。

・MIDNIGHT FLYER
まさかの歌詞飛びでやり直し(°д° )!!

ほんと2日間楽しい時間でした。
しばらく頑張れるよ
次も来れるといいなぁ

これにて終了です。
お付き合いありがとうございました


ayu |  2017.01.06(金) 16:06 | URL |  【編集】

どうもです。
書き終わりました。
なんかもっとあったような気がしますが、、、

神戸も横浜も行かないので次回四国まで休憩します。

でもそろそろなんか発表になりそうな予感。
ayu |  2017.01.08(日) 14:30 | URL |  【編集】

2日目:ひとり忘年会

色々と発表になりましたが、日本橋ロマン街道の話です。
一度書いたのにうっかり消してしまってショック。

ステージにキラキラした柱のセットが5、6本あり、昨日のメンバーの代わりとか。ゴージャスで綺麗でした。

最初の「NIGHT LIFE」と東京の真ん中で大阪ベイブルースと歌う「悲しい色やね」には意表を突かれた。

「ガンダーラ」は「ガンダ~ゥルァ、ガンダ~ゥルァ♪」と本家の発音を真似て。

「シクラメンのかほり」は昨年のフォーキーなアレンジから変えてきた。コンポジに近いアレンジだったように思います。

「リバーダイドホテル」「おてもやん」は文句なしにかっこいい!!

リクエストコーナー
「キリンジ」は「できない」と却下され、
「テレサ・テン」は「今度覚えてきます」と。

「ラブ・イズ・オーヴァー」「片想い」は歌詞があやふやなまま歌う。
「夜空ノムコウ」は語りかけるように歌い、とてもよかった。

「IT'S SO EASY」初挑戦のピアノ弾き語りで。
かなり緊張していた様子で、鍵盤をガン見しながらハラハラドキドキの演奏。
終わったら鍵盤に倒れ伏し、その勢いで自動演奏モードON。「どうやって止めるの~?」と言いながら演奏に合わせて弾いたフリをしたのが面白かった。愛嬌があってとてもかわいかった。

「新曲」ピアノ弾き語り。こちらの演奏の方が難しくないのか、前を向いてしっかり歌っていました。あたたかみのある美しいバラード。

MC
各地ロマン街道のグルメ話。
松阪牛はとてもおいしかったとか、日立が美味しいふぐ刺しが格安の値段で食べられるとか。
美味しいものの話をするときは本当に嬉しそうな顔!ニコニコしながら話す。
2日目はかわいい中田裕二の巻でした。

最後の方のMCで
「今年は一筋縄ではいかないことも多く思い悩むこともあり、ただ楽しいだけの年ではなかった。でもこれまでの事に無駄なことなんて何一つない」
と言ったのが印象に残りました。
これを糧に2017年は飛躍してもらいたいです。

素敵な空間で歌と演奏を堪能できて、いいライブ納めになりました。
Me |  2017.01.09(月) 22:12 | URL |  【編集】

遅くなりました。
レポもようやっとアップできましたが、
後半失速気味です。
記憶の新しいうちにどーっと書ければいいんだけどねー。
年末ライブはそうも言ってられず。

ayuさん

仕事に挟まれた濃い2日間でしたね。お疲れ様でした。
雨が降った後だったから、富士山もキレイに見えたかな。

1日目のレポ。

LIBERTYが一つもなかったのが面白いですね。
近すぎて、もうそこは終わったって感じなのかな。

「灰の夢」が1発目って、すごいテンション上がるなあー。
ここからどういう流れになるか、
これだけで期待しちゃいますね。
セトリを見ると、かなりいい構成ですね~。
バンドで、タロちゃんのコーラス盛り盛りだったらさぞや、と。

ユルくてシンプルな中に味わいが凝縮されてるようなロマンもいいけど、
やはり中田裕二の曲は、
細部まで行き届いた音の塊で聴きたいなあー。
自分がその一瞬で聴き取り感じられるものが限られててもね。

タロちゃん、
次のツアーもコーラス&鳴り物のお仕事みたいで楽しみです。
やはりギター弾いてるとギターの方を見てしまうから、
次はコーラスをじっくり意識してみたいなあ。

>静かなる三日月

バンジョーが入りそうなカントリー風、なんて、
これは私のツボにピタリとはまりそうな感じが!
(私の大好きなインディーズバンドのジョナサンベルが、
そーゆー曲も作ったりするんだよねー)
うおー早く聴きたい!

2日目

ステージ上の見るべき場所が限られている時は、
全体が見える場所のほうがいいかもですね。
近くてもそこが隠れたら意味ないもん。

>FUTEKI

やっぱ歌詞間違てましたよね(笑)

>シクラメンのかほり

ギター、良かったですよねー。
身体が動くのわかるー。

奈良、いいところがあったら
すぐにでも行きそうな感じがしますね。
そろそろ寺社仏閣もアリな気が。

千葉にもどっか面白そうな、
ロマンでやりたくなるような場所はないのだろうか。

ピアノ弾き語り、
もう最初から最後まで、何をやっても可愛すぎでした。
こんな表情、言い訳する感じ、思わず漏れてしまう素の部分、
いまだけしか見れない貴重なものなのかも。
自動演奏並みにできるようになったら、
もうこんな仕草はみれなくなるね。

同じライブを見ていても、
目にするものが同じだったり違ったり、面白いです。

次のツアーも発表になりましたね。
プレミア会員はあっという間に決断しないといけないから大変ですね。
今回は何か所行かれるんでしょうか。

Meさん

こちらも両日レポ感謝です!!
なんて贅沢~。

1日目

白根さんのドラム初でしたか。
私はまだ生ではないので、こちらも楽しみ。
耳がシゲルさんに馴染んでるというのは分かる気がする。

タロちゃんの声の相性かあー。
そういうのありますよね。
上手いとかそういう以前に、合わさってちゃんと馴染むか。
中田裕二もそこも含めて、
もっと一緒にやってみたいと思ったのかな。

お客さんの新曲の反応が面白いです。
今までにない曲調なのかな。
私は「明るい西部劇風」ってだけでもうワクワクしてきちゃいますが。
アコーディオンなところもそそる。

やはりバンド編成だと、
選曲からして色気増量ですね。
やはり遊びのないバンド編のほうが
盛りだくさんで聴きごたえありそう。
1日だけなんてもったいない。

2日目

消しちゃったショック、嬉しくないあるあるですね。
せっかく時間かけたのに、大変でした(涙)
ヤケクソにならずご報告、ありがとうございます。

「NIGHTLIFE」を聴くと、私はMeさんを思い出します。
まさかバンドだけでなく弾き語りバージョンまで聴けるとは。
またいつかどこかでやりそうな気もする。

>リクエスト

「キリンジ」にソッコー、却下するあたりが面白かったです。
そのうちボケとツッコミばりに
ネタでリクエスト出す人も出てきたり、しないか。

ピアノの自動演奏、笑いましたよねー。
あの時の曲が、ほんとデモっぽいというか、
ブナンな曲だったのもツボでした。

弾き語り、新曲のほうが確かに落ち着いてたかも。
ピアノで作ったばかりだったからかな?

下手にカッコつけたりしない、素直なMCは印象的でしたね。
それだけ強さを身につけたように、逆に思います。
新しいことが少なくなると言ってても、
2017年も、きっと面白いことを見つけて
楽しませてくれるんじゃないかなー。

Meさんには、日曜日に横浜で会えるかな?
レポに時間かけてたら、次のライブがあっという間に近づいてたよ!
チケットが手元にないから、なんかまだ実感が。

じょんさん

お疲れ様でしたー。
毎度の強行軍でしたが、
体調くずしたりされませんでしたか?

長く見守ってきた師匠からすると、
こんな素直なMCは、いろいろ思うところあるんでしょうね~。
ここまでくると母な心境。

さて師匠に次に会うのはどこでいつになるのでございましょう。

のもん |  2017.01.11(水) 15:07 | URL |  【編集】

毎度です。

のもんさん、Meちゃんのレポ何度も読みました
ありがとうございます。
同じものを見たはずなのに自分の文章力の無さに毎度凹みます。
たぶん動き中心に見ちゃうんだろな
音は二の次なのかな

でMeちゃんの書いてくださった
> 「ガンダーラ」は「ガンダ~ゥルァ、ガンダ~ゥルァ♪」と本家の発音を真似て。

先週のRADIO◎CONNECTORで
また言ってました。
ラジコプレミアムのタイムフリーで聞けます。
何度聞いてもちょっと笑いそうになってしまいます

かわいいんだよね♡
ayu |  2017.01.16(月) 11:10 | URL |  【編集】

ayuさん

同じのを見てても、見る人が違うと、
気が付くところが違うから面白いですよね。
私はayuさんのレポ読んでると、
目の前にかわいい裕二がいるような気がして好きですよ。
のもん |  2017.01.17(火) 16:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2675-99dc7c03

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |