2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.04.05 (Wed)

中田裕二:『thickness』蛸足的レビュー・初回限定DVD付きバージョン

中田裕二6thアルバム『thickness』、
本日フラゲ日ということで
急きょ場所を設けました。
私は昨日やっとこさHMVにて予約。
宅配便の方に無駄足ふませるのも申し訳ないので
コンビニ受け取りにしました。
発送予定が24日。土曜日には受け取れるのだろうか、どうだろうか。
相変わらず、待ち遠しいくせにちんたら動いてます。

コメント欄にて、皆さんの感想など聞かせていただけたら嬉しいです!
私はもちろん、聴いてから覗きに行くので、遠慮なくどーぞー。
レビューはこのあとにゆるゆる続けます。



リード曲。クセになります。



****************

よーやく出来ました。
最初の印象だけだと偏るかも、と
何度も繰り返してからの感想なども書いてたら
こんなに時間がたってしまいました。
もうみんなライブの話題で盛り上がってるでしょうに。

まあ蛸足は毎度のペースで、
ゆるゆる思うままに続けます。
もう気付かぬ人もいるかもしれないけど、追記へアップします。

             thickness11.jpg

【More・・・】

中田裕二、「thickness」聴いてます。
聴くほど馴染んで行ってるのが嬉しい。
CDレビューやインタビューなどでは、
バラエティに富んだ楽曲と言われてて、
そうなのかもしれないけど、
自分の感覚では、
このアルバムは全部の曲のまとまりがあって
聴きやすいんですよねー。
1stの「ecole de romantisme」に近い感じ。
実はこの1stが中田裕二名義のアルバムの中で、
一番聴いてると思う。
車で流すのにちょうどいいんだよね。

前作の「LIBERTY」は、
いい曲もあるんだけど、そうタイプではない曲もアリで
個々には面白いんだけど、
アルバム全体となるとあまりチョイスしないというか。
この「一つ一つは好きなんだけど、アルバムの印象は詰め合わせ」な感じは
2ndの「MY LITTLE IMPERIAL」に近いかなー。
ついでなのであとの2枚
「アンビヴァレンスの功罪」と「BACK TO MELLOW」は、
これも共通するイメージ。
「艶があって洗練された洒落たアレンジ」
まあ個人の印象です。

で。
今回の「thickness」
貧乏性の私は、初聴きの印象が流れていくのがもったいなくて、
早くからメモを取り出しつつ聴いてました。
最初の感想はこんな感じ。

01. femme fatale

想像してたのと全然ちがう!!
タイトルから「sunday monday」のゆるっとした色気か
「TERMINAL」な艶やかな色気の入り方だと思ってたら。
まさかの演歌。
与作パーカッションと、高い声のコーラスが意外。

02. 静かなる三日月

アルバムの中で一番期待していた曲。
西部劇のような、カントリーな曲と聞いてたので。
これもなんか演歌っぽく感じるのは、このリズムのせいかなあ。
もっと前のめりな疾走感のあるリズムを想像してたら。

03. ラフター・パーティー

歌詞を先に見ていて、
これは夏のイベント「裕二の部屋」で話してた、
メガネパーティーのことかしらんと思った。
歌い方にクセを出し過ぎてるところもあるけど、
この歌詞は好きだなあ。
孤高の開き直り。

04. IT'S SO EASY

シングル曲。
ここまで、このテンポがずーっと続いてますね。
どっしりと座ってるような感じ。

05. 何故に今は在る

ヴォーカルが前に出ている感じ。
一昨年の日本橋・ひとり忘年会で聴いた弾き語りバージョンよりもライト。
このサビがいい~!!
切なさがテンポとあってて。
ストリングスが雰囲気を盛り上げて。
乾いた軽いギター。
歌謡曲的なアレンジがなじむ。中田裕二!って感じ。
レコードにしたとき、この曲がA面の最後ってすごくいいなあ。
エンディングの盛り上がり、エレキのなきっぷりが染みる。くうー。

06. Deeper

「何故に」からの流れがイイー!
B面の最初としても、それっぽくてハマりそう。
このテンポと切なさがちょうどいい。
エレキ、トランペットのマットでシンプルな音が好きだー。

07. リビルド

ここでアップテンポに。
これくらいの疾走感を2曲目に想像してたんだよなあ。
アレンジがシンプルでいいな。素直なギター、ベース。
サビのメロディックな懐かしさ。

08. ただひとつの太陽

ゴージャスなイントロ、
厚みがあって華やか!
雰囲気がぱっと変わる感じ。
ヴォーカルが前に出てきて。
世界がくっきりしてきた。
何度も聴いているからかなあ。

09. ギミー・ナウ

メロディック。
エレキの広がりが懐かしくなじむ。
歌謡曲っぽい感じ。ピアノの入り方とか。

10. 愛に気づけよ

わーっこのイントロ大好き!
ドジャーンとした幸せな音。
こんなイントロの曲あったよなあ、何だっけ。
4つ打ち?なドラムもイイ感じ。
この曲は一発で好きなヤツ。

11. THE OPERATION

前回のアルバム同様、シングルの曲でシメ。
個人的には「STONEFLOWER」のほうが
カッコよくて好きなんだよなあ。

1回目を聴きおわって、
思ったよりもポップだったなあ。
もーっと暗くて渋くてシンプルなアレンジなのかと想像してた。
あえてそうしている、などっしりしたテンポが全体を通じて。
手拍子が入るようなテンポなんだよね。
もっと、一人くらーく聴けるものかと思ってた。
私は年季の入った来生脳なので、
「暗い・重い」と言われたときに、
思うレベルが全然違うんですよねー。
中田裕二が今たどり着いている重さは、
ワタシにはまだ軽く聴こえます。

***************

そのあと、私には珍しく、なんやかやと聴いてます。
最初は演歌っぽいなあと思っていた2曲も、
今はすみずみ楽しんで聴けます。
最初は軽いかなと思っていた曲やアレンジも、
今はとても心地よい。
全体としてまとまりがあって、色合いが同じなので何度でも聴ける。
曲調はいろいろなものが入ってるのは前作と同じかもしれないけど
切り離されてる感じがしない。
キラキラしすぎなくて音があったかいように思うんだけど。
アレンジがシンプルなのもいい気がする。
今までの曲よりも、
細かな違いに惹かれるところが少ない分、
エンドレスでずぶずぶ聴けるというか。

意味がわからないと思うので説明すると、
私の思う中田裕二のアレンジは、
「ここで叩くのにここでは叩かないのか!」とか
「ここでは高くいくのに、こっちは高くしないのか!」
という、同じでありながら同じにしていない、というのが多くて、
そこにすごく魅力を感じてたりするので。
その部分を確かめたくて、そこだけ耳ダンボで聴いてしまうので
自分で聴いてても、なんか偏ってる気がするのです。

ストリングスがさりげなく、ことさらでない感じに入ってるのも好きだな。
実際ライブになったら、その音をどう処理するのかな?

これをレコードのアナログな音で聴いたらどんな風になるんだろう、
と、今はかなり興味があります。
どこに置くんだターンテーブル。
スピーカーだってちゃんとしたの用意しないと意味なさそうだし。
あー、レコードを買うだけでは終わらない問題が多いのが悩ましい。

と、あれこれ書いた後で、
もう一回、聴き馴染んでからの感想など。

01. femme fatale

最初ほど演歌っぽさは感じなくなった。与作は毎回笑うんですが。
ストリングスがいい味出してます。

02. 静かなる三日月

アコースティックギターの軽快な音がカッコいい。好み。
コーラスの「HEY!」の男くささがたまんないです。
「どうしても見たくて」のあたりは好きなんだけど
「なけなしの希望と」からの流れが妙に古臭いのがオカシイ。
アコーディオンの音が懐かしさを出すからかな。
面白くて聴くほど好きになってます。

03. ラフター・パーティー

これは歌詞が好き。
繰り返す感じの曲もクセになる。
気付くと脳内リピートしてる曲。

04. IT'S SO EASY

わりとさらーっと聴いてしまってます。

05. 何故に今は在る

「命を乞う」のはかなげに揺れる声がスキ。
「バス停に立つ人の背に」という歌詞にグッと来てしまう。昭和だなあ・・。
ギター&ストリングスが絡み合うシンプルなアレンジがいい。
あまり伸びやかにせず語るように絞り出すようなヴォーカルもいい。
なんやかやで、こーゆー少し懐かしい切ない曲に弱いのね。

06. Deeper

聴けば聴くほど抜け出せなくなる曲。
気持ちがいい。
最近はMVの、色がしゅーっと溶けて消えていく映像の方が好きで
いつまでも見てしまう。

07. リビルド

ギター・ドラム・ベースなシンプルさがクセになる!

08. ただひとつの太陽

置き場所によって化ける曲だと思う。
ライブで弾き語りで聴いた時から、随分と印象の変わった曲。
ゴージャスさが増して、アルバムで聴いてさらに好きになった。
不思議な曲。

09. ギミー・ナウ

オシャレだけどやっぱ全体に懐かしい感じだよね。
間奏のギターソロも、なんか懐かしくて、キュンとしてしまう。

10. 愛に気づけよ

好きだー。歌詞も可愛くて好み。
歌詞のかわいらしさよりも、
アレンジがずっと豪華で華やかなのが面白い。
盛り上がっていく感じもニヤリとしてしまう。

11. THE OPERATION

ちょっと異質な感じもある。

というところで。次に。

DVD編(ジャジーエクスペリエンス)

カワイイー!!
会場の構造のせいで、
上の方の席を見上げる顔が何度も出てくるのだけど、
これがもーたまらん。
グレンチェックのスーツの色合い、フィット加減のバランス、すっごくいい。
ネクタイの紫かかった濃いグレー、太さも好み。
ちらりと袖口からのぞく白いシャツのカフスがラウンドしてるのもオシャレ。
髪の毛の長さ、後ろ頭のボリュームも、めっさ私好み。
ライブになるとMVよりも色気満載になりますね。
「誘惑」
このジャジーバージョンを繰り返し聴きたかったので、
すごく嬉しいです。
ふたつのまっすぐなフォーンがピリッと締めて。
ヒラヒラとさせる手の動き、少し内また加減の立ち姿。うおー。
「まだ暗い朝」のあとの瞳の色っぽさ!

「イニシアチブ」の前のめりなテンポ。
ジャジーなアレンジになってもカッコいい!
登場からの1曲目、合間のMCまで入ってて、
しっかりとしたライブ盤になってる。
ステージのライティングは、紫がかってて、
オトナで色気のある雰囲気が出てて素敵だー。
いつまでも愛でていられる
腕をきゅんきゅんさせて踊る姿を見て、
ようやくここの歌詞が「胸躍らせるゲーム」だと知る。
↑腕を取らせる、と空耳してました。意味わかんないじゃない。
下から見据えるような瞳のカッコよさ。
歌だけだとマイクスタンドにもたれるアクションが見れるので嬉しいっす。

「つかずはなれず」
この曲好きだー。歌詞も大好きだー。
まさにジャジーにぴったり。ちゃんと再現って感じです。

「月の恋人たち」も前のめりに早くて、
でもしっかりとジャズで。
手拍子のテンポが取りにくくなっても、
かっこよいアレンジが聴けて嬉しい。
CDの幸せでかわいらしい雰囲気から変わってすごく面白い。
客席の女性は手を握りすぎ。こーゆーことをやるのがオバサンです。
「着飾ることも~」のあとの笑顔がカワイイ

「ただひとつの太陽」
裕二と本間さんのフリの掛け合いを後ろで見ているドラムの坂東さんの
超絶爽やか笑顔がすごい。
このヒトも首から上と下が全然違う人だ。
やわらかなヴォーカルと、目を閉じた色っぽい表情。
口説かれてるみたいな歌だなあー。←今さら
あースーツの袖口にボタン4つもついてる!高級~。

「UNDO」が入ってて嬉しい。
本間さんと充さんのコンビは、映画みたいにカッコいい。
ただただ気持ちよく、身体を揺らす。

メンバー紹介も入ってて、ほんとに贅沢。
この時からピアノの佐藤雄大さんはイジられてたのね。
これ初回のオマケというには、完成度高いし豪華すぎるでしょ。
最後の「MF」、フォーンの音を低くした抑え目のアレンジもイイ!
「please me tonight」のあとの顔がカワイイ~。
これもただただ、身体をユラユラさせて聴く。

やっぱフォーンの入るライブはいいなあーと
改めて感じました。
先日久々に「LIBERTY」のライブを見て、
なんか足りないな?と思ったのは、フォーンの音だったんだな。
ライブDVDを見るときにあまり意識してなかったんだけど
CDの音、全部を再現するのはできないものね。
今度はそんなことも考えつつ、見てみようかと。
「LIBERTY」のオマケDVDも、そういやちっとも見てないじゃん。
しまいこんでしまうとダメですね。

このCDもDVDも、ワタシにしてはかなり再生してます。
頭の中でもいろいろ鳴ってるし。
かなりお気に入りの1枚です。
今週末にせまった関内のライブへの期待もガンガン高まってます!

やっと読んだEMTG MUSICのインタビュー記事。
→ http://music.emtg.jp/special/20170309529d58f36
聴きまくったあとに読むと面白さが違う。
「ラフターパーティー」はやはり思った通りの歌詞でした。

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二

14:04  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

おばんです
のもんさん、いつも場所を作って下さってありがとうございます🐜×10

密林さんで注文した初回限定盤、自宅送りにしてしまい
凹みました。
お昼前に『配達完了』のお知らせが、、、
会社着ならお弁当食べながらプレイパス、帰りの車でDVDを観るができたのに😢
年度末故の忙しさで残業して帰宅は9時
「カルテット」の最終回もあるので
ごはん食べながらDVDだけ観ました♡

また、ジャジーのライヴやって欲しいなぁ。
みんな巧い
楽器を持たず、コーラス無しは良いなぁ(๑✪ω✪๑)
レコードでライヴ盤欲しいなぁ
昔の外タレみたいに☜歳がバレる(笑)

これから少し音源聴いて寝ます。
土曜日の神戸にむけて

チケット1枚あります。
このまま行く人見つからなかったらうちの弟かな

追記 
同級生のMちゃんのご主人初参戦となり
夫婦2組(笑)
ツアーグッズも発表でいくら持っていけばいいのか?
かわいすぎるサンダーベアちゃん❤

プレイパス初めて使ったけどめっちゃ楽です。
DVD(ジャジーの分)もスマホに落せてお風呂で観れる(^O^)
ayu |  2017.03.21(火) 23:55 | URL |  【編集】

聴き終わりました。
ラジオで小出しで聴いて不得意な曲も
トータルで聴くとええです。
ギターの音が好み過ぎる。

では、おやすみなさいませ
ayu |  2017.03.22(水) 01:07 | URL |  【編集】

1日遅れで無事ゲット

とりあえず1回聴きおわりました。
ジャジーライブのDVD化に感謝感謝。
かわいーかわいー言いながらニヤニヤ見ました。
ああこれは一人で酒を飲みながら
心置きなく見たいわあー。
コンポジDVDのトキメキを思い出す。

CDは、私が想像していたのとはかなり違ったかも。
もっと暗くて重くて音もシンプルなのかなと思ってました。
ジャケットの雰囲気に近い感じなのかと。
重ねて聴いて行ったら感じ方も変わるかな。
貧乏性なので、家で聞いてるのにメモ取ってた(笑)
第一印象って、時間がたつとリアルじゃなくなっていくからね。

のちほどそんな1発目と、
馴染ませてからの感想など書いていくつもりです。

「ラフターパーティー」ってどんな意味なんだろ。
歌詞を読んでて、
去年の裕二の部屋で話していた、メガネパーティーの話が
下地になってるのかなーと思いました(笑)
こーゆー歌詞を書いちゃうところが好きだわ。

ayuさん

早々のコメントありがとうございました!
ジャジーのライブもレコードで付いてたら、
迷わず申し込んだかも。うおー。

土曜日にはもうツアーが!!
1枚余ってるって、神戸では行けぬ(涙)
こちらもあとで急ぎ場所を作りますね!
私は関内で参戦します!

というあたりで、いったんアップ。
夕飯の準備をしないとー。
のもん |  2017.03.23(木) 17:51 | URL |  【編集】

聴きましたー。

最初の数曲までは頭の中が「?」マークでいっぱいでしたが(苦笑)、
3回ほどループするとあーら不思議、な、今までで一番スルメ度の高いアルバムだなあと感じました。

加えて、今までと違うなーと思ったのが、耳慣れがいいこと。
一回聞いただけで口ずさめるような。
脳内にいろんなフレーズと音がぐるぐる回っています。

最初に言っていたロック回帰、ではないのかな。
今回は歌詞は全く見ずに、曲先で聴きまくってます。

中田くんの音楽はとても不思議で、
何か月というスパンで、勝手に自分の中で育って、久々に聴くと「この曲いいね!」ってなることが多い。
だからこそ、はやりにくいのかもしれないけど、
それが良さなのかなーって思います。

DVDはまだ観てません。
ついでに言うとLIVERTYツアーのDVDも全部観てないという…。これはファンと言ってよいのかしらん。


ayuさん

私もカルテット優先したw。
プレイパスはどうなのかなーと思いつつ、まだ入れてないのだけど、
なかなか使えそうだねー。

チケット、私の迷いのせいではないかしら…申し訳なかったです。
「神戸・スタンディング」が
「京都・着席」だったら即決だったのにな。
同じ関西だけど、新幹線で言うと品川と小田原だもんね(距離はそんなにもだけど)。

ヘイ!ヘイ!と叫んで来てくださいなー。
saki |  2017.03.24(金) 12:02 | URL |  【編集】

売り切れでハシゴ

ご無沙汰しております。

DeeperのMVも見ず、め組もチェックせず、予約もせず、ちょっとうらしま・・・
もう発売なんだ!と買いに行ったら、いつもゆーじ押しの店舗ではないのに珍しく入り口にthicknessコーナーが!なのにCDが1枚もない。なんと売り切れでした。発売日なのになんで?爆買い?!
他の店舗でよーやくゲット。

一通り鑑賞しました。
あーよかったです。
Deeper最高。なんていい曲なんだ。
何故に今がある~Deeperの流れが特に好きです。
ジャジーDVDも素敵でした。

もうツアー始まるのね~
Deeperがバンドでどのように演奏されるのか興味津々。
Me |  2017.03.25(土) 16:09 | URL |  【編集】

コメント大幅に遅れましてすみません。
その間、私はちゃんとこのアルバムを聴いてました。

sakiさん

3回では来なかったけど、
私も今はかなりスルメな味わいを感じてます。
かなり好きです。
耳慣れがいい、というのは、
裕二の言う「シンプル」な作りのせいかもしれないですね。

ぱっと飛びつけるキャッチ―な曲よりも、
何度も繰り返し、間をおいても違和感なく、
聴いていける曲の方がいいと思うんですけどね。
でもそれだと広がっていかないんでしょうねー。
せめて3回、聴いてくれ。

DVD、私もそんなに見るほうではないのですが、
今回のオマケはかなり好きです。
とにかくカワイイ。
短いのもいいし。
2時間くらいかかると思うと、なかなかね~。

Meさん

ひところよりも、みなさんの距離感が変わって、
いい感じにゆるゆる聴いてるのが面白いです。

おなじみの推し店舗以外で、
そんなちゃんとした扱いがされてるとは!
そして売り切れ。
いったいどこにそんなファンが潜んでいるのですか。
私の近所のタワレコは
フツーに棚にひっそり入ってました。えー。

ツアー、どんな感じなんでしょうね。
もう腕を突き出してくるくるやるような曲なんてないかも。
のもん |  2017.04.05(水) 14:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2698-44612578

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |