2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.11.01 (Sat)

0809BL #11 レバークーゼン対ヴォルフスブルク

ああ次から次へと試合が続く。
でも金曜ゲームはネットで確実に見れるので起きました。

シュベーグラーに代わってバルネッタがスタメンに復帰です。
金曜夜の試合だというのにバイアレナは超満員で盛り上がってます。
やっぱり勝つとお客さんも見に来るのね。

さて試合の方はヴォルフスブルクのしつこいチェックで
前線の二人はやりにくそうでした。
やっぱヴォルフスブルクってフィジカルごりごりで感じ悪いー。
ヘルメスが今日はなかなかフィニッシュまで持って行けない。
オフサイドもたびたび取られた。際どいのが多かったけど。
バイヤーはちょっとさすがに疲れが出てきてるのかな?
カストロが微妙にミスが多いのが目立ちました。
前半の終りの方には上手くいかないのが自分でももどかしくて
イラついてましたね。
相手の寄せのせいもあるかもしれないけど、
バイヤー全体にほんのちょっとのズレがあって、
なかなかペースを掴めない状態です。
勢い視野が狭くなってゴール前で人数がひしめいてるのに狭い中を通そうとしてカットされたり。
何をアーセナルのようなことをやっておるのか。
もっとレンジを広くして相手を引きはがしながらワンタッチで前に仕掛けたい。
ヴィダルは体のキレはあるようで、囲まれながらもボールをコントロールして
苦しい中でも切り抜けたりしてましたね。

ヴォルフスブルクの方は、前半の早い段階でミシモビッチを
負傷で交代せざるを得なかったのが痛い。
代わりに長谷部が出てきましたが、特に目立った動きはなかったように思います。
まあ暗い中でネットの映像では、私に長谷部を個体認識することはできません。
ヴォルフスブルクは作戦だったのか、とにかく大きくクロスを上げてくる攻撃が目立った。
まあジェコという分かりやすいターゲットがいるけれど、
こちらにもマヌーとエンリケというセンターがいるので、
高さでいえばそれほど遜色はないのだ。
実際その二人が跳ね返すシーンが多く、
アドラーがボールを触りだしたのは
後半点数が動いてからだったような気がする。
もっと裏を突くようなパスを出すとか、
後半見せたようにサイドからグラウンダーで攻めた方が可能性はあったようだったけど。
しかしちょっとフィジカルきつすぎてなあ。
しばらくゲントナーとザッカルドのプレーは見たくないです。

バイヤーの先制点は、バルネッタの意地が勝ったゴールだった。
もうしつこく暗いついて離れないゲントナーを引きずりながら、
厳しい体制で無理やりシュート!
サイドネットかと思ったボールはしっかりゴールマウスに入ってました!!
よっしゃあああああ!!
バルネッタはマヌーよろしく、味方が近寄ってくるのを振り切って自陣ゴールへ爆走。
そこで待ってたのはビブスのハッギでした。
わーーーーーーん(泣)

バルとハッギ

しかしなんだこのパフォは・・・。お遊戯ですか。

前のマヌー&サッシャの時もそうだったんだけど、
こうやってベンチのメンバーに真っ先に喜びをぶつけに行くのを見ると
チーム状態が良いんだろうなと思う。
やっぱりスタメンとそうじゃない選手の距離って気になるもの。
ハッギなんてサッシャ以上に出場する機会が薄くなってる選手。
冬の動きが気になっているだけに、このシーンにはグっと来てしまいました。

2点目のセットプレーからのキースのヘッドも見事でした。
いやーここに至るまで彼にも結構なチャンスがあったので、
やっと決まったか!という感じ。
ゴール前に1列に並んで一斉にジャンプするバイヤーの4人衆は圧巻でした。

4人とんだ

終わってみれば2?0完封。
シュートはなかなか打てなかったし、
最後の方はちょっと足も止まって間延びした空間も出てきたけど、
終わってみれば順当に勝ったな、って感じでした。
やりにくい相手だったけど、粘って我慢してこじあけた。
今のバイヤーは強いです。
行けるところまで行きましょう。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

15:40  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.01(土) 19:39 |  |  【編集】

はじめまして

最近楽しみに読ませていただいております。
特に今年はレバークーゼンが魅力的なチームで、注目していたので楽しみに読ませていただいています。
ロルフェスが出られない時またはロルフェスにマンマークをつけられた時に対処できるようなら、今年の優勝もありえると思っております。
これからも楽しみに読ませていただきます。
和製フリット ひらめ |  2008.11.01(土) 19:45 | URL |  【編集】

鍵コメさん

どもども~。
私は足球台で生で見てたよ。
試合中も特に鮮明ではないけどそこそこ見れる。
貼った画像は縮小してるからちょっとキレイに見えるのかも。

アドラーの仕事、ほとんどなかったと思う。
ボールに触ったのも結構遅くなってからじゃなかった?
マガトは指示してあの攻撃だったのかなあ。
他のやり方の方がずっと効果がありそうだったのにね。

別角度の写真ありがとう。
ハッギが心から嬉しそうでほっとしたわ。
まだ何があるかわかんないから、彼にはいてほしいんだよね。
でも出さないとカンが鈍りそうで怖い。

ジェノア・・・万が一何かで対戦することがあったら見るかも(笑)
ミリートは名前に聞き覚えがあるな。

和製フリット ひらめ さま

はじめまして!!
ようこそいらっしゃいませ~。
レバークーゼンは今季選手の粒がそろってるので、
より一層チームとしての攻撃守備が、
バランスよくできてきてるように感じます。

ロルが押さえられても結構他の選手が代わりに動けるので、
案外大丈夫かなと思ってます。
「ここを押えろ」というはっきりした選手がいないのが
バイヤーの強みでもあるかなと。
ただロルの成長ぶりは目覚ましいので、
これから替えの効かない選手になってくるかもしれないですね。

優勝はホッフェンよりは可能性あると思ってます。ふふ。
まあまだ先が長いし、このサッカーを続けるのはしんどいので、
どこまで頑張れるか、どきどきしながら見守りたいと思います。
昨季はちょっと失速しちゃいましたからね(汗)

またぜひ遊びに来て下さい!!
意外にバイヤーファンの方のコメントは少ないので嬉しいです。
のもん |  2008.11.01(土) 20:29 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.01(土) 22:41 |  |  【編集】

この試合は、ゴール裏で見てきました!
いやもう、ブンデスでこんなすごい試合が見られるなんて…!って感じでした。
両チームとも、個々の選手のレベルがすごく高くて。
特に、ディフェンス。
ヴォルフスブルクは、人数をかけないで一人でがっちり止めてしまう。対するバイヤーはフォローイングで漏れの無い、機能的ディフェンス。
DFB杯でこの2チームと当たったら、マインツ、勝てるだろうか…?と、深刻に考えてしまいましたよ~
いや、うちはもっともっとうまくならなくちゃ、1部はきつい、と再認識。
この試合、なんと言ってもバイヤーのパスワークが圧巻でした。
ボールへの反応がすばらしく速い。
皆がボールと共に走っているから、プレスで当たられる前に出した速いパスがきれいに通る。
そしてトラップは完璧、ボールキープも強いから、ボールがいつでも前へ通っていく。
とにかく、バックパスがほとんど無いのに唸りました。
これはドイツサッカーじゃないですよ~
そして、この試合、マヌーは強かった。後ろで守備を統率しながら、ベテランのオーラでチームを締めていた。
ああ、マヌーにタイトル、とらせてあげたい。

ハッギは、まもなく「Leisten」(どこだかわからない…)を手術するそうです。手術の予定は試合前に既に発表になっていたのにこの試合にハッギが出ていた、ということは、プレイがまったく出来なくなるような故障ではないみたいですが、どうやら彼はこの故障をずっと抱えていたみたいです。
だから出場回数も減っていたのではないか、と思います。
ただ、エンリケがどんどん良くなっているからハッギ、ちょっと分が悪い。
エンリケは1年しかいないんだから、ハッギをちゃんと大切にしてほしいものです。
MOGUNCIANA |  2008.11.04(火) 08:57 | URL |  【編集】

鍵コメさん

自分の所で語ってなくても、ちゃんと起きて試合見てるんだから愛はあるのよ。
またコメントおくれやす。

MOGUNCIANAさん

おおこの試合見に行ったんですか!!
しかもゴール裏(笑)
最近勝ってるからスタジアムもいい雰囲気だったと思います。

バイヤーの試合、生で見たらゾクゾクするでしょうね。
いや本当に、これはドイツサッカーじゃない(笑)
今季、本当にどの選手も平均値の高いプレーを継続していて、
パスの繋がり具合、選手達の動きっぷりには、目を見張ります。
いやー開幕戦はもっとバタバタしてたからどうなることやらと心配でしたけど。
今は前季よりも改善パワーアップしています。

マヌーのようなキャプテンシーのある選手が
今のバイヤーにいてくれるのは大きいです。
今は経験値はともかく年齢的には若造ばっかりですからね。
タイトル・・・うううう取りたい。
まだ先は長いので考えないようにしていますけど(苦笑)

ハッギは手術するんですね。
そういえば開幕前も怪我を抱えていたような。
エンリケが使えるようなので、安心して(いやできないかw)
きちんと治してほしいです。

去年の今頃はアドラー・マヌー・ハッギで、
バイヤーなのに「鉄壁」という冗談のような素晴らしいコンビネーションでしたよね。
ハッギの復帰を私は心待ちにしています。
のもん |  2008.11.04(火) 23:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/995-4c0f6c79

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |