2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.03.28 (Tue)

RYUMEI「Add Some Music Plus」できました!!

お待たせしました。
RYUMEIさんのアルバム、「Add Some Music Plus」ついに完成です!
そして本日午後、発送も無事完了いたしました!
お申し込み下さった方には、のちほどメールで追跡番号をお知らせします。
蛸足の記事を見るより先に、
ポストに届いてるのを見つける方もいるかもー。

**********

せっかくなので、追跡サービスをチェックしてみました。
発送の翌日、28日の16:30現在で、
すでに、すべてのお宅を訪問済!!
受け取ってる方は、ほとんど午前中に!!
郵便局すげー!

**********

私はそれより以前の、18日の昼下がりに、
発送用の納品書などを渡すついでに、
できたてほやほやのアルバムをRYUMEIさんからいただきました。
「のもんさんが最初ですよ」
「1枚目は私がもらって当然でしょう」
なんてね。
私は送ってもらうのではなく、手渡してもらいたかったんです。

「12月から始まったんですよね。
今3月でしょう。
本当に、出来上がりましたね」RYUMEIさん
「今こうやって手元にあるんですもんね」
二人でしみじみと喜びましたよ。すごく嬉しい。

アドサムプラス・サイン

チラ見せ。
日にちを入れてもらうのを忘れたわ。

ただいま作成中の新譜についても、
あれこれ話を聞いたり。
完璧主義者のRYUMEIさんは、
うっかりすると終わりのない状況に入り込んでしまうので、
そーならないようにする匙加減が大変みたいです。
一人で作る、全てを把握して責任を持つ、というのは大変なこと。
こだわりぬいた新しいものが生まれるのを
じっくり見守りつつ、
楽しみに待ちたいと思います。

「Add Some Music Plus」、とてもいいです。
すでにお持ちの方々も、今一度、
ヘッドホンなどでじーっくりと、
RYUMEIさんが作ったすべての音を
味わっていただきたいなと思います。

いずれまたレビューのためのページを設けます。
→ コチラ。RYUMEI 『Add Some Music Plus』 いかがでしたか?
みなさまの感想、そこでたっぷりお聞かせください!!

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明

16:46  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2017.03.23 (Thu)

アクアビクス1周年とプログラム再編と女子高生

去年の3月からはじめたアクアビクスにはまって、
格闘系エクササイズにプラスして週2回ほど暴れていたら、
体重がちゃんと落ちて、ちゃんとキープできてます。
インフル前より2.5キロ減。
週末に呑んで0.5キロ増えても、またじわじわと落ちていく。
いい感じです!

アクアビクスも以前は終わった後はボロボロで、
ヨレヨレと家に帰ったものですが、
今は動いた後はスッキリ気持ちよく、
身体中の血が流れてほぐれたのを実感してます。
水の中で腕を伸ばしゆっくり動くだけで、
肩甲骨が引っ張られ、身体が開いていく。
その感覚が本当に気持ちイイ!
圧倒的な水量があるからこそできる負荷のかけ方。
陸の格闘系エクササイズではジャンプするにも限界があるけど
水中ならば膝の負担もそれほどなく飛び上がれるのもイイ。
アクアビクスってほんとおすすめです。
水着になりたくない、なんて理由で
選択肢から外れてしまうのはあまりにもったいない。
(つか人の水着姿なんてそんな見ないし。みんな見るの?)



2014年の10月から始まったストライクボクシング
3月いっぱいで終了となりました。ガーン。
始めたころは、まだ放射線治療の真っただ中で、
ボウズ頭に自作のキャップをかぶって暴れていたのだ。
すげーなワタシ。
グローブをつけ、実際にミットにパンチするアクションのあるエクササイズは
なかなかハードで面白かった。
右左とパンチを繰り出していくので、ウエストひねりまくり。
今後、この動きが減るのかと思うとどーなるやら少し心配。



で、残り少なくなってたところに、
たまたま友人のムスメさんが
「中学卒業したよ!」などと電話をくれたので、
思い立って格闘系エクササイズに誘うことにした。
最初はストライクボクシング
ミットの重さと、つねに腰を落としている状態がキツイけど、
動き自体はシンプル。
最初は腕の高さが低かったり、腰がひねれなかったりしてるので、
合間合間に個人アドバイス(笑)
鏡にうつった自分の顔に向けてパンチすること、
足はL字に広げて立つこと、
打つときはかかとをあげて腰をひねり前に出す感じにすること、
それだけでカッコよくなり、力が乘り、身体も動きやすくなる。
一度に覚えるのは無理でも、だんだんと身体が覚えていく。
終わっての感想は「舐めてた!ハードだ!」
でもかなり面白かった様子。ヨシヨシ。

調子に乗って、次の週はグループファイトストライクボクシング
2連荘でやらせてみる。
足技が入り、動きも複雑になるグループファイトは、
まだまだ蹴り方がわからないけど、なんとなく見よう見まねで。
もともとバスケ・陸上をやっていたので
最初から腰を落として重心低いのがいい感じです。
日ごろ使わない筋肉を動かしまくって、しんどいけど楽しかったようです。
「毛穴がどばっと開いた感じ!」
そうそう。汗をかきまくって悪いものが全部出るこの爽快感。

高校が始まるまでのあと少しの休みの間、
一緒にファイトしようと思ってます。
続けてやるかは新生活次第。
なんというか、素直なプレ女子高生は可愛くてしょうがないっす。
ワタシはお母さんじゃないからヨユーでいいとこどり。
彼女にとってもこういうオバサンの友達がいるってのはいいことだと思うよ。

タグ : グループファイト アクアビクス ストライクボクシング

10:18  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.10 (Fri)

RYUMEI・アドサムPLUS、製作中

3月になりまして、
RYUMEIさんのCDはいつ届くのかな~と
お待ちの皆様もおられるかと思います。

現在、アドサムPLUSは発注まで済んでおり、
業者さんの方で作製中であります。
出来上がりの日時は、3月中旬過ぎとなりそうです。
そのあと発送の作業に入りますので、
みなさまのお手元に届くのは3月末頃、あるいは4月に入ってから、
になるかもしれません。

もうしばらく、お待ちくださいませ

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明

11:41  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.02.23 (Thu)

乳がん記録58:晴れて3年の刑期満了

21日にマンモの検診を終えて、
自分としては、
トリプルネガティブタイプの乳がん患者としての刑期は満了した
ということにしました。
私のサブタイプでは、これ以降、
再発転移の可能性はほぼなくなるといっていい。
乳がんの中では1割くらいで、メジャーなタイプではない。
リスクは他のタイプよりもそれなりに高い。
いろいろな治療法のある乳がんの中にあって、
抗がん剤治療くらいしかドドンと効果のあるものはない。
というか、それ以外の治療はタイプが違うので、
そもそもやる意味がない。
そして3年間逃げ切ればいい。
最初にこのサブタイプだと分かった時はさすがに背筋がヒヤリとするものがあった。
でも治療を進める中で、自分の中でどんどんと受け入れていくことができて、
今や、これで良かったくらいの勢いだったりする。
まわりにトリネガになって激しく悲嘆している人がいたら、
ぜひ私のブログを勧めてほしいと思う。

なところで。
今年に入ってからのあれこれ。

2017.01.19

毎年恒例の人間ドック。
乳がんサバイバーとして気になるのは腹部エコーや血液検査でしょうか。
後日なんやかやと言われないといいんだが、まあ~大丈夫でしょう。
週末の暴飲暴食をなかったことにするべく、
ジムとアクアで大暴れしてきたら、効果がちゃんと出て、
最近の中ではかなりいい数字(体重)を出してしまったので、
来年のハードルをいたずらに上げてしまったなと、複雑な心境です。
キープすればいいだけの話ですけど。

婦人科健診では、数年前から経過観察状態だった子宮筋腫が、
ほぼ無くなってると言われました。
やったー!
去年はまだそこまでではなかったのですが、
化学療法による閉経も時間がたてば効果が出ますね。
これでまたひとつ、心配事が減りました。
まあ早く閉経したらしたで、それなりの弊害があるんでしょうけどね。
今のところ更年期も骨密度も問題ありません。
また一歩、卒業に向けて前進したかな、と思ってます。
閉経という事象も、フツーであれば、
終わるのやら終わらないのやらな不安定な状況だったり、
メンタルに影響出たり、あるんでしょうけど、
「薬のせいだかんね」(キッパリ)と言えるワタシは、
やっぱツイてるんだろうなー。←ほんとにめでたいよ

2017.01某日

人間ドックから結果が届く。
肝臓の障害が考えられるので3か月後に再検査しましょう、
などと今まで見たこともないことが書かれている。
なんちゃらいう数値が高いらしい。
12月から始まった怒涛の飲み会ラッシュのツケが回ったのだろうか。
乳がん絡みの所見はないので、あまり気にしないようにして、
とりあえず次回、センセに会う時にこの結果を持って行くことにする。

2017.02.17

この日で、手術からまる3年となる。
執行猶予期間が終わる。
人間ドックの結果は微妙に気になるし、
まだマンモとエコーが控えているのだが、
とりあえず今日で大きなひとくくり。

昼ゴハン時、同僚に、今日で3年経ったんだよと話す。
3年の間に、社員だけでなくパートの入れ替わりも多く、
今やリアルタイムで知ってる人は半分もいないかもしれない。
もともと自分から治療のあれこれを話したりはせず、
黙々と仕事をしながら、有休を使いつつ通っていた。
別に聞かれればなーんでも答えてあげたのに。
この時も、微妙に返答に困っている人たちがいて、
なんか面白かったっす。
当時の私がやってたこととか、
きっと想像もできないんだろうなあ。

夜は、お祝いじゃー!と、旦那とディナーなどしにいく。
呑み過ぎ食べすぎで、翌日ダルダル。
プールには行けませんでした。うう。

2017.02.21

12月以来の検診。
1年ぶりくらいのひっさびさのマンモ。
今のクリニックでやるのは初めてなので、ドキドキだったが、
今回もあんまり痛くはなかった。
1年くらい前に、術後初のマンモをやった。
誰に聞いても術後マンモは痛いということだったのだが
拍子抜けするほど、たいして痛くはなかったのだった。
手術前にやってた時の方がずっと痛かったよなあー。
で、今回も同じくらいの痛みで、これなら楽勝といっていいくらい。
まあかなりレアケースなのかもしれません。

今のクリニックは、先生が一人でやってるので、
ぜーんぶ先生がやってくれるのであった。
マンモは女性の技師さんらしい人が呼びに来たので、
さすがにこの人がやるんだろうなあ、と思ったら
先生自ら、胸を押さえて挟んでスイッチ押してくれて笑ってしまった。
大病院は言うまでもなく、最初に行ってたクリニックだって、
マンモの検査は他の技師さんが担当してたけどね。

マンモの結果は特に問題なし。
右胸の石灰化にも大きな変化はなく、
何かを疑うような状態では全然ない。
まだ乳腺が白く映るようなので、(若いって言われちゃったー)
マンモだと見えにくいところはある、と言われる。
今日はエコーやんないのか。
なんか不安だなーと、次回やってもらうことにしました。
ここから先はもう普通の定期健診な感じですな。

人間ドックで出ていた肝機能の値は、
とくに神経質になるほどの数字ではないそうなので安堵。

センセ一人で他の患者さんを同時進行で診ているので、
診察室と待合室を行ったり来たりという状態で
時間はそこそこかかったけれど、
親身になって診てもらっているという感じがとても大きいので
気持ちも落ち着くし、安心感もある。
ほんと、いい先生に会えたと思う。

帰りのバスを待ってたら
なーんかとても胸のあたりが軽くなってた。

この数日、なんとなくささくれだった気分でいたのだけど、
やっぱ不安だったんだな。
診察を終えて、何もなかったというのが分かって、
気付くとすっごくラクになっていた。

もうジムに行くには遅かったので、
スーパーでちょっといいエビスビールを買って帰りました。
しみじみと、んまかった。


テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん トリプルネガティブ

16:58  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2017.02.23 (Thu)

1617CL ROUND16#1 パリ・サンジェルマン対バルセロナ

突然のサカ記事。
しかも試合はもう先週おわっていたりする。

いやー大興奮でした!!
久々に、画面にくぎ付け。選手の一挙手一投足から目が離せない。
ユーロ2016以来だよ、こんなにガッツリとサッカーを見たの。

私はもちろんパリサンジェルマン応援。
といってもCLで見るくらいしかできてないけど。
今季ウナイ・エメリに監督が変わって、
去年のゲームは、まだまだ選手たちに、
システムの変化が浸透してない感じのサッカーが多かった。
マテュイディだけ孤軍奮闘、みたいな。
ズラタンが抜けて、カバーニが名実ともにトップになったけど、
相変わらずと言うか、超カンタンそうなシュートを外してたり。
出来上がっていたものを、新しく構築するというのは、
一流プレーヤーが集まっていても、
そうそう簡単にはいかないんだなーともどかしく見てました。

ウィンターブレイクを開けて、
CL決勝トーナメントの組み合わせもちゃんと知らずに予約を入れました。
ニュースでうっかり「あのバルセロナが」などというのを見て、
あ、やらかしたのか?(でないとこんな形で取り上げられない)と思ったけど
その時、バルサの相手がパリだということはすっかり失念。
昨日になって、パリの試合をようやっと見るかあ、と
再生押したら相手がバルサでした。はは。
おかげで、面白い試合になりそうだ、と期待値を持って見ることが出来ましたよ。

でもまさか、前半で2点も先制とか、考えなかったなあー。
冬の人身売買で入ったドラクスラー(もちろんここで初めて移籍を知った)が
すっかりオトナな顔になって、
モチベーション高いでーす!なプレーで見せてくれました。
なんか感無量ですね。

最近流行りのデュエルってのは、ツヴァイカンプってことでいいのかな。
今日のパリはもうそこここでバルサ相手に勝ちまくっていた。
しかもガツガツ、フィジカルでゴリ押しするんじゃなくて、
スマートに体を寄せてスルリとジャマをし奪っていく。
一人で奪いきれなくても、続いて二人目三人目が連動して襲い掛かり、
最初の選手が崩した相手がバランスを持ち直す前に、
ボールを奪って任務を完遂していく。
そして流れるようにカウンター。
痺れるようなスルーパス。
完璧な守備そして攻撃への流れ。
一流のサッカーって、やっぱり最高に面白い。

パリの選手たちがぜんぜん慌てないのだ。
身体が充実していて集中力が半端ない。
サッカーは体型でやるものではないし、
どんな体型でも出来るのが面白いスポーツなのだけど、
今回はパリの選手のスマートさが際立ってたなー。
背が高く、手足が細く、しなやかな動き。
でも体幹が強くて、競り合っても負けないし、
バランスを崩しても次への動きが素早い。
一人がつぶれても、周りにフォローする選手がいるので流れが止まらない。
でもこれは相当の運動量がないとできない技で、
最後まで持たないというのが常なんだけど、
今日のパリは80分まで全然勢いが衰えなかったなー。

ベラッティが怪我で退場した時が、
一番どうなるか!?と思ったところでした。
ラビオ、マテュイディとの中盤3枚が完璧だったから。
しかしながら、入った選手もうまく流れに乗って、
ここまでのペースを崩すことなく、
パリがとどめの4点目を入れたときはもう最高すぎて泣きそうでした。
しかもカバーニ!!
しかも、普通よりもぜんぜん難しいだろ!なハイスピードのシュート!
こんなカバーニを見るのも久々だよー(涙)

この辺から明らかにバルサの選手たちがイライラを爆発させてましたね。
でもパリは冷静さをキープ。
これまで煮え湯を飲まされ続けていたエメリ監督と、
さんざCLで対戦させられてきたパリ。
むしろここまで経験してきたことで、
バルサに対するリスペクトという畏怖やら緊張が無くなって、
フツーに倒す相手として闘えてるように見えました。
もともとサイズの小さいバルサの選手たちが、
いらついて審判に文句を言ってみたり、
相手にいらぬちょっかいを出したりすることで
余計にちっさく見えてしまったなー。

残り10分になって、アウエーゴールを取られたくない&疲労もあって
自陣に引く場面が増えたのでちょっとヒヤヒヤでした。
バルサの前線3枚相手に、たとえあと10分でも、
これは得策ではないんじゃないかと。
ほんのちょっとの隙間だけで、ゴールを奪える力を持ってる選手ばかり。
やはりというか、シュートチャンスが増えてしまって
あわやというシーンも。
これはマズイ、でそのあとは奪ってから中盤、相手陣内でキープという形に
持って行ったので安堵しました。
相手はバルサなのだから、1点だって、持ち帰らせてはいけません。

とにかく、バルサらしいことをすべて封じ込めた試合でした。
お土産ひとつも持たせずに、
次は敵地カンプノウでの対戦です。
バルサだって今回のようなやられっぱなしの試合にはならないでしょうが、
ひっくり返すのは至難の業。
つかパリが!今度こそ上に行くもんね!!

そんで。
またも壮大な後出しジャンケンなんだけど、
ワタシ、ラビオにずーーっと注目してたのです。
彼がローンで出される前から見てたので、
ウィキを調べると1213シーズンに興味を持ったんだなー。
最初からおお!って感じではなく、
パリの試合を他の選手を目当てに見ていて
見終わった後に、プレーがココロに残る選手がいたなあ、というタイプ。
なんか堅実というか、気の利いたプレーを見せてて。
ひょろっとしてるんだけど弱くない。
しかも当時からあのクルクルの髪の毛。
それからパリの試合を見るときは、
必ず出てるかどうか気にして見ていた選手。
なんですが、まあ実際はそこまで上手くなったー!!という試合はなくて、
豪華な選手たちが揃うパリの中では、スタメン確保も難しい位置で。
でもそれなりに出場機会はコンスタントにもらっている感じ。
が、
今回はモッタの出場停止のおかげで最初から起用されたのかな?
中盤の底に入ったのだけど、序盤からすごい気合い。
いきなり後方から走り込んで相手のボールをインターセプトするという技からスタート。
早々にネイマール相手にファウルしてイエロー食らってしまいましたが、
そのあとのプレーはとてもイエローもらってるとは思えないほど
冷静でタフなプレーの連続でした。うーん、メンタルも強いっす。
メッシから何度ボールを奪ったことか!
彼のインターセプトが、何度パリのカウンターの起点になったことか!
もうきゃあきゃあ言いっぱなしでした。
今日のラビオは凄すぎる!
ワタシじゃなくても、この試合で注目する人が増えてくこと必須!
小さいメッシの身体に、190センチ近いラビオの長い手足が絡みついて、
後ろからでも真横からでもするりとボールにタッチして、
今度は細い体をしなやかに動かして
相手をかわして次への動きへ移っていく。
もう惚れ惚れです。
知らん間に、首も太くなって、四肢もハリがあって、
筋肉質なんだけどモリモリじゃない、
とてもイイ感じに体が出来上がってきてます。
しかもまだ21だよ!!!(つか私が注目した時って17とかそんなか?)
これからどんだけ化けるんだろう。
嬉しいことに男前度もアップ。モデルのようですよ。
以前は草食動物のようなちょっと寝ぼけた顔だったのに。
25くらいになったらアナタ、
精悍になってすごい色気も出てきそうな感じですよ。楽しみ―!
パリの中心選手になってるか、
どこかにさらわれていくか分かりませんがね。
こういう自分だけが気になってた選手が、
やっぱ本物だったと知るときが一番楽しいです。ふふん。

思わず、興奮のままにサカレポなどアップしてしまいました。
しかも毎度の自分目線で、
どんな試合展開だったのか誰が出てたんだかというちゃんとした情報が抜ける。
ま自分メモなんでいいんです。(とはいえ、あとから自分で読んでもわからない)

もう誰もサッカー目当てにここなんて来てないよ(苦笑)

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : パリ・サンジェルマン ラビオ

09:32  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT